... TOPIX

殺処分ゼロの裏で起きていること

交通事故にあったチャーちゃん 「命が救われて良かったね」という単純な一言では済まない関わった方々の苦悩や葛藤があります。 チャーちゃんが生きているのは高額な医療費を負担し介護を引き受けた方がいたからです。 ある意味、その人のお金や時間や生活を犠牲にして猫の命をつないでいるのです。 大変な負担ですし、普通の人にはできません。 交通事故で死んでいたら、行政で殺処分していたら、一時の涙で終わった話でした。 生きるということ命を引き受けるということは重い責任を伴うものです。 「殺処分

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る