... TOPIX

3/13センターレポート 旧子犬舎    8頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







<1-1>3頭


※3/6よりレポート登場 (3/1他抑留所より移送)
▽茶 オス 7ヵ月 8キロ程度

私たちが旧子犬舎に入った時にはまだ小部屋の中にいたのですが、
小部屋に入ると途端に外スペースに飛び出して行き
他の子の撮影をしている間、ずっと1頭で外にいました。
先週のレポートでは少し唸っていたとのことでしたが
この日は近づいても特に唸ることはなかったものの
人との距離を取ろうと逃げ回っていました。



外スペースにこちらが出て行くと
今度は小部屋の中に入っていったりするので
この子に触れることはできませんでした。
おやつをそばに投げてあげても食べられませんでした。
まだ警戒心が強いようですが、
同室の子が人と接する姿はよく見ていましたので
少しずつでも良い影響を受けてくれることを願っています。

f0078320_23143930.jpg


f0078320_23150595.jpg


f0078320_23152093.jpg


f0078320_23153739.jpg


f0078320_23154877.jpg


f0078320_23160807.jpg


f0078320_23162315.jpg





※2/6よりレポート登場 (1/25収容)
▽茶黒 オス 5-6 6-7ヵ月 6-7 7-8キロ

子犬舎2-8に移動してきた子と本当に良く似ていて
捕獲場所も同じようなので、血縁関係があると思われます。
この子もおやつが大好きな食いしん坊くんで
おやつを持っているとグイグイ近寄ってきます。
人馴れ抜群とはいきませんが、
人への警戒心や恐怖心はあまり見られません。
家庭に入って人と一緒に生活するようになれば
わりと早く人馴れも進んでいきそうな子です。
まだ幼い子ですが、とても足が大きく
かなり大きく成長しそうな感じがします。

f0078320_23202281.jpg


f0078320_23203762.jpg


f0078320_23204934.jpg


f0078320_23210163.jpg


f0078320_23211436.jpg


f0078320_23213269.jpg





※8/29よりレポートに登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7- 8キロぐらい(10/24訂正)

隣の部屋にいたのですが、同室の子たちが卒業して
一頭だけになってしまったので、こちらの部屋に移動に
なったようです。
隣の部屋にいた時には、とにかく人と距離を取りたがり
すぐに外のスペースに出て行ったり、窓際に乗ってしまったり
小部屋を閉めておかないと近づくことができずにいましたが、
この日は窓があいていて、私が中に入っても
外に飛び出して行かずにじっとしていました。



ゆっくりと近づき体を撫でることはできますし
その際に唸ったり、攻撃的になったりすることはありません。
他の子の撮影をしている間もじっとこちらを見ているので
人に興味がないわけではないと思います。
人とどう接していいかわからないのではないでしょうか。
まだおやつは手から食べることはできません。
近づいても逃げずにじっとしていられたのも進歩だと思いますので
焦らず時間をかけて接したいと思います。

f0078320_23252975.jpg


f0078320_23254724.jpg


f0078320_23255845.jpg


f0078320_23261100.jpg


f0078320_23262162.jpg


f0078320_23263582.jpg


f0078320_23264917.jpg







<1-2>2頭


※3/13レポート初登場(3/8引き取り)
▽白茶 メス 3-4歳 16-17キロ

この部屋の2頭は同じ飼い主から持ち込まれた子です。
この子は左目が潰れているようで、
眼球は残っているようですが、目がほとんど開いていません。
本犬はそれほど気にしている様子はありませんでした。
先天性のものなのか、怪我をしてこうなってしまったのか
わかりません。



とても人懐こく、穏やかで甘えん坊な女の子です。
最初こそ少し控えめな感じでしたが、
長く触れ合っているとべったりと甘えてきて
お腹を見せて甘えたり、どこを触っても嬉しそうで
人のことを信頼していることが伺えます。
お乳も大きく、何度も出産経験があるようです。
今度は自分がたくさん甘えて幸せになる番です。
人にくっついていれば幸せを感じられるこの子にも
今度こそ本当の家族が手を差し伸べてくれますように。

f0078320_23305555.jpg


f0078320_23311158.jpg


f0078320_23312345.jpg


f0078320_23313581.jpg


f0078320_23314530.jpg


f0078320_23315648.jpg


f0078320_23321061.jpg


f0078320_23322296.jpg





※3/13レポート初登場(3/8引取り)
▽白 メス 3-4歳 9キロぐらい

人と一緒に生活していたので、
人への興味はあるようですが、少しシャイな女の子です。
近づくと少し逃げようとすることはあるものの、
必死になって逃げ回るというほどではありません。
体を撫でてあげたりすることもできました。
少しビクっとするものの、お口が出ることはありませんでした。



3ヵ月ほど前に出産したとのことで、
まだお乳がはっている感じでした。
子供たちのうち2頭は飼い主が引き取り先を探し、
1頭は他の登録団体さんが引き受けてくれたとのことです。



この子はとてもおとなしそうな感じですし、
小柄ですので飼い易そうな子だと思います。
まだ環境の変化に戸惑っているのかもしれませんので
来週以降様子を見ていきたいと思います。
この子も今度こそ幸せに暮らせるご家庭に
迎えてもらえるように願っています。

f0078320_23353361.jpg


f0078320_23354730.jpg


f0078320_23355783.jpg


f0078320_23360997.jpg


f0078320_23362032.jpg


f0078320_23363181.jpg


f0078320_23364323.jpg







<1-3>1頭


※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

少し前からこの子1頭だけになってしまいましたが、
マイペースにこちらでの生活を送っています。
最近では小部屋のドアをあけてもじっと部屋の奥で
ふせていることが多かったのですが、
この日ドアを開けようとすると立ち上がって
外に出たそうな様子を見せていました。
すぐにドアを閉めたので諦めてまた奥で座りました。



おやつは手から食べられる子ですので
おやつを差し出すと首を伸ばして食べてくれます。
また手のひらにおやつを乗せてあげても
躊躇なく食べてくれましたので
そのまま体に触れるようにしていると
なんとかお口も出ずに我慢することができました。
ただ、その状態からゆっくりと撫でてあげると
少し体勢を変えたりして、やはりまだ警戒しているのが
伝わってきましたので、すぐに触るのはやめました。
それでもこうして体の一部分でも触れることが
出来るようになったのは本当に進歩だと思います。
1年半を経過してようやくここまでこれましたので
これからも焦ることなく、この子と向き合っていこうと
思います。

f0078320_23383705.jpg


f0078320_23385197.jpg


f0078320_23390221.jpg


f0078320_23391582.jpg


f0078320_23392513.jpg


f0078320_23393725.jpg


f0078320_23395052.jpg


f0078320_23395932.jpg







<1-4>2頭


f0078320_23412484.jpg


※2017/8/29よりレポートに登場(2017/6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-3キロ

長く収容室にいましたが、
毎週訪問メンバーでこの子としっかり向き合い、
ゆっくりと接してきました。
他犬とうまくやっていける子と同室になり
少し落ち着いてきたように思います。



収容室にいた時にはロープをかけて接していたのですが
こうしてフリーの状態でも逃げ回ることもなく
差し出されたおやつもしっかりと食べることができて
ずっと見てきた私たちにとっては本当に嬉しく思います。
食いしん坊なのも仲良くなるにはとてもプラスなことだったと
思います。



収容された後お産も経験し、不安なこともたくさんあったと思いますが
これからはこの子自身が幸せになれるように
もっともっとこの子と触れ合っていきたいと思います。
最初は何もかもが怖くて狭いところに逃げ込もうと
していた子がここまで変化を見せてくれていますので、
暖かい家庭に入ればもっと人を信頼することを
覚えていってくれるものと信じています。

f0078320_23470869.jpg


f0078320_23472009.jpg


f0078320_23472941.jpg


f0078320_23474105.jpg


f0078320_23475258.jpg


f0078320_23480224.jpg


f0078320_23481263.jpg


f0078320_23482534.jpg





※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス(不妊済) 10歳~? 13-4キロ

今でも外に向かって威勢よく吠えることもありますが、
一時期に比べれば大分吠えることも少なくなったように
思います。
この子もおやつが大好きなので
おやつを見せればすぐに近づいてきます。
この日は煮干をおやつに持っていったのですが、
1匹与えるとパクっと食べるものの、必ずといっていいほど
しっぽの部分が少し下に落ちていました。
少し大きめのおやつをあげると、いつも口からぽろぽろと
こぼしてしまっていました。



ここでの生活も2年を経過してしまいましたが、
年齢の割りには瞳も綺麗で、あまり白くなっていないように
見えます。
少し前に不妊手術もしましたので、
家庭犬としての準備は整いました。
体を拘束されることをとても嫌がる子で
嫌なことには少しお口が出ることもあるため、
なかなかご縁に繋がりませんが
この子の特徴もよく理解していただける方で
ゆっくりとこの子と接してくださる方とのご縁を
願っています。
残りの犬生、人と一緒の生活がどれだけ楽しいものか
この子にも是非味合わせてあげたいと思います。

f0078320_23495172.jpg


f0078320_23500474.jpg


f0078320_23501638.jpg


f0078320_23502868.jpg


f0078320_23504093.jpg


f0078320_23505160.jpg


f0078320_23510295.jpg



レポートは続きます。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る