... TOPIX

3/27 センターレポート A部屋     5頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







<AーⅢ>

※2/20よりレポートに登場 (1/24収容)
▽5106 茶 オス 1-2歳 35-40キロ

f0078320_01352575.jpg
f0078320_01383665.jpg
f0078320_01385222.jpg
f0078320_01390384.jpg
f0078320_01391217.jpg
f0078320_01392421.jpg
f0078320_01393241.jpg
f0078320_01394121.jpg
f0078320_01395706.jpg
とても人懐こくて、性格の良い子です。

ケージの中で吠えている様子だけを見ると、
この体格に、この面構えですから、
一瞬引くくらい迫力があります。

ケージから出してあげると、体当たりをして嬉しさを表してきました。
本犬は悪気など全くないのですが、大きいので油断していると倒されるほどでした。
まだ若い上、これだけ人が好きな子ですので、
その行動も無理はないかと思います。

しかし、そんな動きは最初だけで、
その後は写真のように落ち着き、
人の声にちゃんと耳を傾けられます。

この体格にあった運動量を、思いっきり満たしてあげることで、
躾けも入りやすいのではないかと感じました。

年齢の割には落ち着きがあるように感じますが、
これだけの体格ですから、
大型の飼育経験がある方が望ましいだろうと思います。





<AーIV>

☆コンくん
※28/9/6 よりレポートに登場(引き取り)
▽4927 茶白 オス 5-6歳 6-7歳 13-4キロ

f0078320_01435350.jpg
f0078320_01440322.jpg
f0078320_01441813.jpg
f0078320_01442977.jpg
f0078320_01444462.jpg
f0078320_01445319.jpg
f0078320_01451765.jpg
f0078320_01453723.jpg
f0078320_01455585.jpg
f0078320_13322662.jpg
f0078320_13303676.jpg
今回もいつものように、
ケージの中では四方八方ジャンプをして、
出してもらえるのを待っていました。
なんでそこまでするかなと感じてしまうほどの動きです。

この日は2番目に出してあげたのですが、
珍しく、出してからもしばらくは落ち着かずウロウロ。
写真がなかなか撮れませんでした。

ここでの生活が長くなり、年齢を重ねて来ています。
こんなアピールをしなくても、
コンくんが安心して落ち着ける環境の下で、
一日も早く暮らしてもらいたいです。










<AーⅤ>

☆アポロ
※2/20よりレポート登場 (2/19他抑留所より移送)
▽5105 薄茶 オス 1歳ぐらい 14キロ程度
f0078320_01523022.jpg
f0078320_01524111.jpg
f0078320_01525854.jpg
f0078320_01531534.jpg
f0078320_01533023.jpg
f0078320_01534179.jpg
f0078320_01535955.jpg
f0078320_01541018.jpg
人が大好きで、とても可愛い子です。

ケージの中では騒ぐことなく、
自分の番が来るのを待ってくれていました。
それでもケージの丸い穴から鼻だけを出して、
無言の可愛いアピールをしていました。

情緒が安定しているようで、お顔を見ても伝わるほど、
穏やかで優しい子です。
どこを触っても嬉しい様子で嫌がる素振りもありませんでした。

まだ若いので、家庭に入ったら、
もう少し若い子らしい行動が出るかもしれません。
この子との時間をたっぷり持てる環境が望ましく、
そんな環境の下で暮らせたら、
この子の周りには笑顔が沢山になるのではと、
想像してしまうような、とても楽しみな子です。









<A-Ⅶ>

※3/13よりレポートに登場 (3/12他抑留所より移送)
▽5128 白 オス 8歳ぐらい 10-11キロ

f0078320_01573967.jpg
f0078320_01574919.jpg
f0078320_01580602.jpg
f0078320_01581720.jpg
f0078320_01582830.jpg
f0078320_01584392.jpg
f0078320_01585618.jpg

f0078320_01591267.jpg
人馴れは問題ありません。
扉を開けると、少し考えていたので、
ロープで促すと自ら軽快に出て来てくれました。

まだ環境に戸惑いがあるのか、静かな印象を受けましたが、
尻尾はしっかり上げたままでした。

数度他の子のケージにオシッコを掛けていましたので、
大人しいだけではないかもしれませんが、
他犬に対して過剰な反応は見られませんでした。

表情が少し明るくなり若々しくなりました。
オヤツの食べ方が優しく、手に歯が当たらないよう上手です。

犬生の折り返しに差し掛かってるであろうこの子の第二の犬生。
今度こそ最期の日まで、
愛しんで側から離さないで下さるお家の子になってもらいたいです。

以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
目が少し白くなりつつあり、シニア期に差し掛かっているようです。
差し出したおやつをそっと食べ、そのお口がとても優しかったです。
時間の経過と共に、もう少し元気ハツラツな様子も見られるかもしれません。
獣医師のTさんのお話では
瞳孔が開きっぱなしなのが気になるとのことです。
今のところ目を気にしたり、何か痛がったりする様子は見られません。
視力には問題なさそうで、生活するうえでは支障などはなさそうです。







※3/27レポート初登場 (3/22他抑留所より移送)
▽5133 黒茶白 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

f0078320_02034980.jpg

f0078320_02040604.jpg

f0078320_02041850.jpg


f0078320_02042820.jpg

f0078320_02044247.jpg

f0078320_02045949.jpg

f0078320_02051554.jpg

f0078320_02053174.jpg

f0078320_02054801.jpg

f0078320_02060139.jpg

f0078320_02064390.jpg
人馴れバッチリで、性格も花丸ちゃん。
まだあどけなさが残る、とても可愛い子です。

一番最後まで待たせてしまったのですが、
他犬に対し、都度隙間から手や顔を出して、
挨拶をしたそうでした。
この日見た限りでは、他犬と接するのに問題なさそうでした。

人が大好きで、何をしても嬉しそうです。
抱っこも問題なくでき、慣れています。
一時は可愛がられていたのでしょう。
お座りも教わったようで、できます。

直ぐにでも家庭に入っても違和感なく生活できるのでは。
と感じました。

今後の変化もよく観察していこうと思います。



レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る