... TOPIX

4/3センターレポート E部屋     7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※プール内の子犬2頭以外は先週レポートより転載します。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







↓↓以下幼犬2頭は、預かり先のみの募集となります。


※4/3レポート初登場 (4/3収容)
▽1557 茶・長毛 メス 生後2.5ヶ月ほど 3-4キロ

こんなに幼い子がたった1頭でどこをさまよっていたのか
とあるお家に迷い込んできたそうです。
母犬を探していたようで、切なく鳴いていたそうです。
野良に近い環境の犬が産んだ子なのか
この子自身も人馴れはしておらず、軽く触っただけでも
小さい牙を見せて一生懸命身を守ろうとしていました。
まだ小さいので、ひょいと抱き上げることができて
一度抱き上げてしまえば観念して大人しくなりました。
まだ赤子に近いくらい幼い子なので
これからどのようにでも人と関わっていけるはずです。


f0078320_02043069.jpg
f0078320_02044840.jpg
f0078320_02050225.jpg

f0078320_02053006.jpg
f0078320_02054134.jpg
f0078320_02072075.jpg


※4/3レポート初登場
▽1553 茶白黒 オス 生後3~3.5か月ほど 4-5キロ (3/27収容)
上の長毛の子と同じで、野良に近い状態で育ってきた子だと思われます。
命一杯抵抗するのは一緒ですが
この子の方が身体が大きい分、抵抗も少し強かったです。
口をパックパックさせながら、小さい牙を見せ
懸命に身を守ろうとしていましたが
やはり抱き上げてしまうと途端に大人しくなっていました。
手足が大きく、成長後は大き目の中型犬になりそうです。
2度目に職員さんが抱き上げた時は抵抗が弱めになっていたそうです。
f0078320_02084347.jpg
f0078320_02085483.jpg
f0078320_02090686.jpg
f0078320_02092899.jpg
f0078320_02094595.jpg
f0078320_02095897.jpg






<E-1>
※1/30よりレポートに登場 (1/18引き取り収容)
▽5091 薄茶 メス 4歳程度 10.15キロ

人馴れ抜群な女の子です。
耳が大きく、足が短くてコーギーのような容姿です。
ちょこちょこと元気良く動き回り、
落ち着かせるのに少し時間がかかりました。
人が大好きなので甘えたくて仕方がないのでしょう。
抱っこもできますがあまり好きではないようで
すぐにおろせおろせと暴れていました。
おやつは手ごと食べそうな勢いで食いつきます。



ケージの中では出して欲しくて大騒ぎしていますが
外に出てくれば吠えることはありません。
隣の部屋にいるあぐちゃんとの相性が悪いようで
あぐちゃんが少し動くだけでも歯をむき出して怒っていて
隣との下の隙間に目一杯鼻を突き出して
物凄い形相で威嚇していました。
ただ、他の子がこの子のケージの近くを通っても
そこまで威嚇することはないので
やはり相性があるのではないかと思います。



















<E-2>
☆あぐちゃん

※28.10/4よりレポートに登場 (28./6/13 他抑留所からの移送)
▽4660 薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ  10キロぐらい

この日のあぐちゃんはとても落ち着いていて
ケージの中で順番を待っている時にも
それほど吠えることもありませんでした。
ケージから出してあげると甘えてくるのはいつもの通りなのですが
べったりと顔をうずめてきました。
人には本当に甘えん坊な姿を見せてくれるあぐちゃんです。



私は久しぶりにあぐちゃんと触れ合ったのですが
以前はもっと飛びついたり、激しく甘えてくる感じでしたが
この日は本当に静かに甘えてくる感じで
ずいぶん様子が違っていました。
ギューっと抱きしめてもうっとりした表情を見せ
暴れることもありませんでした。



涙がかなり出てしまっていて、
目の周りがすっかり涙やけしてしまっていました。
ちょっとしたスイッチが入ると少し強く出たり、
他犬との相性もよくないあぐちゃんですが
信頼関係が築ければいいパートナーになってくれると思います。
もう少しでここでの生活が2年を迎えてしまうあぐちゃんにも
暖かい手が差し伸べられますように。




















<E-4>

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス 8歳 12-3キロ

ロープが苦手な子なのですが、
この日ロープをかけて外に出てこれるか誘導してみました。
ほんの少し引いただけでもケージの中でかなり暴れたので
無理に外に出すことはやめました。
お皿の中や床に置いたおやつは食べることができていたので
何度か直接この子の口元におやつを持っていくと
最初は匂いを嗅ぐものの、食べずにいましたが、
何度か繰り返していると、少し首を伸ばしてパクっと食べ
その後からは普通に手から食べることができるようになりました。
勇気を出して頑張ったこの子をたくさん褒めてあげました。


その後、一旦ケージに戻し、
隣にいるこの子の子供と思われる子(ちびたろう)を出すと
キュンキュンと鼻鳴きして気にする様子を見せたので
再度ケージを開けるとスポンとちびたろうがケージに入り、
しきりにちびたろうの匂いを嗅いでいました。
緊張していっぱいいっぱいになっているちびたろうを
後で見守っているような感じがしました。




















<E-5>
☆ちびたろう

※12/28よりレポートに登場 (12/18引き取り収容)
▽5063 茶白 オス(去勢済) 1歳ぐらい 13-4 14.8キロ 

まだまだ臆病な部分が多い子ですが
とてもあどけないお顔でかわいい子です。
去勢手術を施してもらい、家庭犬としての準備のスタートラインに立ちました。



ロープで誘導して外に出てきてもらいましたが
抵抗しながらもなんとか外に出てからは
そわそわしていると、隣のケージにいるお父さんと
思われる子がキュンキュン鳴いて反応していたので
そちらのケージを開けるとすぐにそのケージに入り
緊張で一杯のお顔をしていました。
そこにお父さんがいることにも全く気づく様子もなく
ケージの中から必死に外の様子を伺っていました。
お父さんにおやつを差し出すとパクパクと食べているのに
ちびたろうに差し出しても全く反応できずにいました。



この日はお父さんのケージで様子を見る時間をとり、
ちびたろうをホールドしてあげられませんでしたが
先週レポートによると、ホールドしてあげた方が
落ち着くようです。
また来週以降も様子を見ていきたいと思います。




















<E-6> 

※2/20よりレポートに登場 (1/26収容)
▽5096 薄茶 オス 4歳ぐらい 11キロ程度

人馴れは問題なく、元気一杯の男の子です。
外に行きたくて仕方がないようで
しきり入口のドアの方へ何度も駆け寄っていきました。
それでもこちらに何度か呼ぶと、なに?なに?と
こちらに駆け寄ってくるような子です。



おやつをあげると二本足で立ち上がってアピールする姿は
とてもかわいかったです。
ただ、食べ方は勢いがあるので、気をつけながら与えました。
こちらの指示でお座りもできますし、
賢い子だと思います。



以前、どのタイミングだったかは覚えていないのですが
これだけ人馴れ抜群な子がガウっと豹変したことがあり
その後様子を見ていますが、今のところそういった場面には
遭遇していません。
何がこの子のスイッチなのかがわからないので
いろいろと様子を見ていきたいと思います。



















レポートは続きます。






関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る