... TOPIX

4/10センターレポート 旧子犬舎   7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。
ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




<1-1>2頭

※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 4歳ぐらい 8キロぐらい

こちらが近付いても触っても一歩も動きませんでした。
動いたのは顔と目だけです。なので同じ写真ばかりです。


くりくりの可愛らしい目をさかんに動かして情報収集し、

私たちの様子をうかがっていました。
この子とはそれなりに長く関わっていますが
おやつもまだ手から食べることはできません。
床に置いたおやつをほかの子が食べても怒りません。
気持ちは優しい子だと思います。


以前ほど逃げ回らなくなったということは
ここでの生活を通して人への警戒心を解き始めたのかもしれませんね。
威嚇したり攻撃的になったりすることはありませんから

少しずつ触れ合いを深めて信頼関係を築いていくようにしたいと思います。
f0078320_21025691.jpg


f0078320_21030459.jpg

f0078320_21030049.jpg





※3/6よりレポート登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス 7ヵ月 8ヵ月 8-9キロ程度

そばに行くと少し唸って方に力が入っていましたが
知らん顔していると割と近くに寄ってきています。
おやつが目当てではありますが、人のそばにいられるのは
良い兆候だと思います。

人の手に対して少し恐怖心があるようで
手を差し出すと鼻にしわを寄せたり唸りが強くなったりします。
ならばとデンと背中をくっつけてみましたが
それに対しては攻撃的になることはありませんでした。
仔犬なので柔軟性はあると思います。
人と接する時間が増えるような環境に入ることができれば
少しずつでも変わってくると思います。
f0078320_21061649.jpg

f0078320_21062094.jpg

f0078320_21062542.jpg

f0078320_21063090.jpg





<1-2>3頭
↓よく似た以下2頭は姉妹だそうです。

4/3よりレポートに登場 (3/29他抑留所より移送)
▽1556 薄茶白(半垂れ耳)メス 7ヶ月齢ほど 7キロ程度

ややシャイですが、攻撃的な面はないそうで
選定作業時、抱き上げたりしても暴れることはなかったそうです。
姉妹とも同じように不安そうにしていましたが
この子の方が積極的に動いていました。
人からも目をそらさずにいて、人を避けるように
距離を保とうとしていました。
おやつなどはまだ食べる余裕はなさそうでしたが
まだ来たばかりなので、時間の経過と共に変化は見られてくると思います。
f0078320_21153594.jpg

f0078320_21154066.jpg

f0078320_21154587.jpg

f0078320_21154985.jpg





4/3よりレポート登場 (3/26他抑留所より移送)
▽1555 薄茶白(立耳)メス 7ヶ月齢ほど 7キロ程度

姉妹でもこの子は他の子の陰に陰にと一生懸命隠れようとしていました。
まだ来たばかりでかなり困惑しているのだと思います。
この子の真下にあった新聞が汚れてしまっていたので
抱き上げて新聞を交換したのですが
ビビリシッコはしたものの、お口が出る様子はありませんでした。
他の犬を頼りにするタイプのようなようなので
人に対してフレンドリーな犬との接触があれば
上手く学んでくれそうな感じがします。
f0078320_21173702.jpg

f0078320_21174332.jpg

f0078320_21174821.jpg

f0078320_21175663.jpg






収容室②より移動
※3/13よりレポートに登場 (2/28収容)
▽1540 茶黒 メス 6ヵ月 7ヶ月齢 6-7 7-8キロ

収容室にいた時と同じように
舌をちょろっと出しながらフリーズしていました。
人に対して恐怖心などがあるようではなく
ただどのように接して良いか分からないようです。
攻撃的な面はないので、撫でたり身体をさすったりすることもできます。
家庭に入り、人との暮らしが始まれば
時間を要さずにすんなり馴染めそうです。
他の子に乗っかられたり踏みつぶされたりしても
怒る様子もなく(緊張してそれどころではないのかもしれませんが)
犬同士の中でもうまくやっていけそうな子です。
f0078320_21313686.jpg

f0078320_21314423.jpg

f0078320_21314983.jpg

f0078320_21315564.jpg

f0078320_21315992.jpg





<1-3>2頭

子犬舎2-4より移動
※3/20よりレポート登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 生後10ヶ月程度 6キロぐらい(痩せすぎ)

収容室②から移動して来ました(撮影後に再度移動)。
フリーで動けるようになった分、ちょこまかと動き回って
私たちからは距離を取りたがっていました。
収容室にいた時のように悲鳴をあげるようなことはなく、
触ろうとすると空噛みをしようとはするものの、
他の子の撮影をしている時に何度も何度も近くを通るので
ちょろちょろしないの~!と隅に追いやると
少し観念したかのように固まったりしていたので
そのときには身体を撫でることができました。
ただ、少し撫でていると我慢しきれないのか
また空噛みをしようとしてきたので
あまり無理はせずにそれ以上は触らないようにしました。


おやつは最初は手から食べることができなかったのですが
置いたおやつはすぐに食べていたので
諦めずに何度も手から受け取らせようとトライしたところ
ようやく手から食べることができ、
その後は躊躇なく食べるようになりました。
人の手が怖いものではないということを教えるためにも
今後も怖がらせないように気をつけながら
大好きなおやつを使いつつ
身体を撫でることは続けていきたいと思います。

f0078320_21501858.jpg



f0078320_21505227.jpg



f0078320_21512255.jpg



f0078320_21511377.jpg



f0078320_21513762.jpg



f0078320_21514736.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  2ー4歳? 12-3キロ

同室に新しい子がまた入ってきましたが
威嚇するわけでも、縄張りを主張するわけでもなく
犬同士では本当に問題のない子です。
小部屋の扉を開けるとお約束のように一度は飛び出てきますが
すぐに自ら戻り、定位置でおやつを手から受け取り食べていました。

f0078320_15394078.jpg

f0078320_15380169.jpg

f0078320_15381134.jpg

f0078320_15395121.jpg

f0078320_15400404.jpg



以下、先週レポートより転載しています。
f0078320_01205133.jpg




ここでの生活が長くなりました。久しぶりに会います。相変わらずのビジンさんです。
私がよく来ていたころは、扉を開けるとすぐに飛び出して
棚の下に潜り込んでいました。
今回はまったく動かず落ち着き払っていました。

おやつは大好きで、手のひらにおやつを乗せてあげても
じょうずに食べてくれます。
そのまま体に軽く触れていても気にせず食べています。
ただ積極的に強めに触ったり、しつこくすると、
お口をパクパクして、この子のやめてよサインを出します。
咬むことをさせたくないのでこちらもここでやめます。
これまで私が接した限りでは、唸ったり、鼻にしわを寄せたり
攻撃的になったことはなかったと思います。


すでに、ここが自分の家と思っていることでしょう。
また違う環境に入ると隠れたりするかもしれません。
それでもこの子も家族のまん中で笑っていてほしいと思います。
静かな子です。どうか気にかけていただきたいと思います。


f0078320_01205171.jpg



f0078320_01205118.jpg



f0078320_01203609.jpg



f0078320_01203526.jpg



f0078320_01203508.jpg



f0078320_01203569.jpg



f0078320_01203585.jpg



f0078320_01205171.jpg





f0078320_01443223.jpg
レポートは続きます。



関連記事

ページ上部へ戻る