... TOPIX

赤い糸を紡いで。

こてつです。ボクの家族になってくれるヒトが『もういつ来ても大丈夫よ〜』って準備を整えてくれたみたい退院後の通院時とか突然眼が見えなくなって最初のうちお皿まで齧ってしまったりとかボクも不安だったけれど…入院中は看護士さんにココからチューブでご飯をもらったり先生に痛いところを治してもらったりこの時はカラダが痛くてシンドくて…でも毎日。『てっちゃん!ご飯だよ〜♪』って。『てっちゃん!お顔拭こうか〜』って。優しくしてもらって今のボクがいます。センター収容中も職員さんが交通事故に遭い衰弱していたボクの命を

関連記事

ページ上部へ戻る