... TOPIX

4/24センターレポート 別室    6頭



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






☆ビスク
※29.8/8よりレポートに登場(29.6/2収容)
▽4912 茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-12キロ(痩せ気味)
f0078320_22395933.jpg
f0078320_22400963.jpg
f0078320_22402214.jpg
f0078320_22403465.jpg
f0078320_22404579.jpg
f0078320_22405446.jpg
f0078320_22412657.jpg
f0078320_22410520.jpg
愛嬌抜群の男の子です。
人が大好き過ぎて、他の子の観察中も待ちきれず、
心配になるほどのテンションで順番を待っていました。

この子は人と触れ合っている瞬間が至福の時。
どの写真も良い表情です。
早く、そんな環境の中で生活してもらいたいです。

人に全面的に信頼を寄せていますので、
何をしてもらっても嬉しいようです。

様子を見ていても、
普段散歩で出会うような子達と何ら変わりはなく、
家庭犬としてすぐにでも馴染んでくれそうな子です。

年齢からくるものか、程よく落ち着きもあり、
人を選ばず甘えて来ますので、
皆に可愛がられると思います。

以前に何度か血尿を確認しているのですが、
様子は至って変わりなく、とても元気にしていました。
(3/12より投薬開始)
しかし、やはり一日も早く個別にケアできる環境に、
移動できることが望ましいのではないかと感じます。








☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済)
3歳ぐらい 18.75キロ
f0078320_23005900.jpg
f0078320_23011504.jpg
f0078320_23012695.jpg
f0078320_23013766.jpg
f0078320_23014749.jpg
f0078320_23021339.jpg
f0078320_23022374.jpg
f0078320_23024013.jpg
f0078320_23025069.jpg
f0078320_23030248.jpg
今回は立ち上がることなく、
ずっと同じ姿勢のままでした。

表情は、心なしか柔らかくなって来ているのかな?
と見受けましたが、心の方はまだ頑なな様子です。


オヤツは、手から受け取ってくれたものの、
ポロリと出してしまい、食べませんでした。
身体を触ることはできますが、触り方によっては、
手を見ていることもあり、
しかしそれ以上の行動はありませんでしたから、
根気よく、日々繰り返し接することで、
きっと理解してくれるのではと、期待しています。

↓以下以前のコメント引き継ぎます。
多頭で飼われていた子の中の1頭ですが
餌はいつもばら撒くように与えられていて
これまで元飼い主との触れ合いや関わり合いは薄く
人馴れはまだまだこれからになります。
まだ怖いと感じることがあると
パクパクとしてしまうことがあるそうですが
基本的な性格は穏やかそうです。









※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス 1-2歳 14キロぐらい
収容室②から移動して来ました。

f0078320_00280421.jpg


f0078320_00282385.jpg


f0078320_00283191.jpg


f0078320_00284106.jpg


f0078320_00285056.jpg


f0078320_00290129.jpg


f0078320_00291127.jpg


f0078320_00291987.jpg


f0078320_00293075.jpg


f0078320_00294128.jpg

こちらの部屋に移動になり、ランに出られたことは、
この子にもいい影響となっているようで、
つり上がって細くなっていたお目目が丸くなり、
表情が穏やかになりました。
とてもイケワンです。

まだ動き回る余裕はなく、この姿勢のままでしたが、
私達を見る目は、落ち着いていました。

オヤツも、手から普通に食べてくれるようになっています。
この子達は、環境によってみるみる変わるのだと、
改めて思います。
職員さんたちのお世話の賜物です。
あとは家庭に入れることで、
この子の魅力は、
更に引き出されるのではないでしょうか。

ロープの引きを嫌がる様子がありましたので、
これから練習が必要になると思います。

皮膚の荒れが気になりましたので、
次回も見て来たいと思います。












※3/27よりレポートに登場 (3/16収容)
▽1552 薄茶黒 メス 生後5ヵ月ほど 6キロ程度
野良の子犬と思われ、人馴れもほとんどしていない状態でした。
職員さんの配慮で、この子を少しでも人に馴らせるためと、
先週から別室にてお世話をし、
より触れ合う時間を多く取るようにしてくれていました。

f0078320_23424213.jpg


f0078320_23425494.jpg


f0078320_23430413.jpg


f0078320_23431958.jpg


f0078320_23434528.jpg


f0078320_23440710.jpg


ただただ固まり、険しい表情で見ていましたが、
「これがあの子?」
と見違えてしまったほど変化していて、嬉しくなりました。

なかなかの勝気な様子も見られ、
成犬の子が通ると、私達が横にいても吠えていました。





f0078320_23441950.jpg

先週は、
足元に置いたオヤツを食べることだけでいっぱいいっぱいでしたが、
今回は更に進歩していました。





f0078320_23442995.jpg

f0078320_23444126.jpg


f0078320_23445769.jpg


f0078320_23451218.jpg


可愛いお口を目一杯開けて、しっかり食べてくれました。

何度も何度も繰り返したら、後ろ足にかなり体重はかけてはいましたが、
自ら体を移動させて、オヤツをもらいにくるほどにまでなっていました。



f0078320_23452546.jpg

f0078320_23453762.jpg

人と触れ合う時間が更に増えれば、
人馴れは思ったほど時間がかからないのではないかと、
感じた今回でした。

やはり仔犬のこの時期は大切であり、
仔犬の柔軟性も改めました。
後は、家庭に一日も早く移動できますようにと、
祈っています。











※4/17よりレポートに登場 (4/12他抑留所より移送)
▽5162 茶黒白  オス 1歳 11キロ程度

f0078320_01082940.jpg


f0078320_01090121.jpg


f0078320_01094725.jpg


f0078320_01101982.jpg


f0078320_01120560.jpg


f0078320_01143170.jpg


f0078320_01155143.jpg


f0078320_01162144.jpg


f0078320_01165424.jpg


f0078320_01172422.jpg


収容されてまだ日が浅いためか、
心臓のバクバクが伝わるぐらい緊張していました。

人馴れしていなくはありませんが、
今はまだ人馴れ問題なしとまでは言い難いです。

オヤツは手から優しく食べることができますし、
身体を触ることもできます。
まだ何が何だかわからない様子で、
不安一杯で、見ていて可哀そうになりました。

他犬に対して唸ると職員さんが言っていました。
今後、どのような変化があるか、
よく見ていきたいと思います。




f0078320_01211161.jpg

室内に戻るため、職員さんが迎えに来てくれた時の様子です。

慣れない環境で、スムーズに移動できない子には、
こうやって1頭1頭に一生懸命に向き合って、
人との関りを学習させてくれています。
本当に大変な作業だと思います。

この子にも必ず伝わり、変化を見せてくれると思います。





☆マミー

E-1より移動
※1/30よりレポートに登場 (1/18引き取り収容)
▽5091 薄茶 メス(不妊手術済み) 4歳程度 11キロ

人馴れ抜群な女の子です。
耳が大きく、足が短くてコーギーのような容姿です。
ちょこちょこと元気良く動き回り、
落ち着かせるのに少し時間がかかりました。
人が大好きなので甘えたくて仕方がないのでしょう。
おやつは手ごと食べそうな勢いで食いつきます。



ケージの中では出して欲しくて大騒ぎしていますが
外に出てくれば吠えることはありません。
E部屋では隣の部屋にいたあぐちゃんとの相性が悪いようで
あぐちゃんが少し動くだけでも歯をむき出して怒っていて
隣との下の隙間に目一杯鼻を突き出して
物凄い形相で威嚇していました。
ただ、他の子がこの子のケージの近くを通っても
そこまで威嚇することはないので
やはり相性があるのではないかと思います。


f0078320_18330419.jpg


f0078320_18330949.jpg


f0078320_18331308.jpg


f0078320_18331802.jpg






レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る