... TOPIX

6/19センターレポート E部屋    3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田





<E-3>

※4/17よりレポートに登場 (4/16他抑留所より移送)
▽5166 薄茶 メス 2歳 8-9キロ

この日も部屋の隅で縮こまっていました。
前回会った時にはビビリションをしてしまったのですが
この日はおしっこをもらすことはありませんでした。
ロープをかけて誘導してみようと思いましたが、
何度も何度も体勢を変え、小さく震えていましたので
今回も無理に出すことは控えました。

ケージの中に入って横に座ると
顔は動かさずに目だけこちらを見ていましたが
「怖いことはしないからね。触ってもいいかな?」
と声を掛けながらゆっくりと撫でてあげると
震えも止まってきました。
身体や顔をなでても抵抗することはありません。
おやつも手から食べることはできませんが
床に置いたおやつは、ケージを閉めて他の子の撮影をしている間に
しっかりと食べたようでなくなっていました。
次回は頑張って外に出てきてもらおうと思います。
f0078320_11543723.jpg
f0078320_11542628.jpg
f0078320_11544774.jpg
f0078320_11545826.jpg
f0078320_11550882.jpg
f0078320_11551976.jpg
f0078320_11552844.jpg
f0078320_11553953.jpg




<E-5>

※5/29よりレポーにト登場(5/24他抑留所より移送)
▽18055 茶黒白 オス 2歳 4歳(6/19訂正) 
 25キロ(肥満・適正体重13-14キロ)

とても人懐こい男の子です。
誰にでも臆することなく近寄って行き、
撫でてもらったりかまってもらうことが嬉しいようです。
お座りやお手までもできますので、
きっとかわいがってもらっていたのだと思います。


常に満面の笑顔で近づいてくるこの子は
人のことをしっかりと信頼してくれていることがわかります。
他のケージにいる子たちの前を通っても
威嚇するようなこともなく、クンクンと匂いを嗅いだりして
他犬との相性も良さそうだと思いました。


収容当初はモコモコの毛が絡み合っていて
今よりももっと大きい子かと思いましたが
ボラトリさんたちが綺麗に毛をカットしてくれて
すっきりしました。
ただ、体重オーバーなのは見た目でもすぐにわかります。
f0078320_11592404.jpg
f0078320_11593542.jpg
f0078320_11594646.jpg
f0078320_11595719.jpg
f0078320_12000805.jpg
f0078320_12002287.jpg

このあと、お散歩に連れていってみました。
とても上手について歩くことができ、引きもありません。
以前はお散歩にも連れていってもらったのでしょう。
また、停まっている車の近くを通ると興味を示し
私が取りたいものがあったために車のドアをあけると
ぴょんと飛び乗りました。
かつては、車にも乗せてもらっていたことを
感じる瞬間でした。


ドッグランに出ている他犬とも喧嘩腰になることもなく
匂いを嗅ぎながら挨拶していましたので、
他犬との相性も良さそうです。
お散歩した様子も動画で撮影しましたので
どうぞご覧ください。
この子の体重管理をしてくださり、
たくさんこの子に愛情を注いでくださる方との
ご縁がどうかつながりますように。

f0078320_12094925.jpg
f0078320_12100279.jpg
f0078320_12101390.jpg




<E-6>

※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5178 白薄茶 メス 4歳 13キロ程度

E-3の子と血縁関係がありそうだとのことです。
こちらの子は警戒心が強く、手を差し出そうとすると
「やめて!」と意思表示してくる子でしたが、
少し環境に慣れてきたのか、先週ケージの外に出られたとの
ことでしたので、この日もロープで誘導してみました。
ほとんど抵抗することなく、自ら外に出てくることができました。


ただ、どこにいれば良いのか所在なさげで
部屋の出入口付近に行ったかと思えば
部屋の奥の隅に行ってで伏せてしまいました。


笑っているように見えますが緊張で一杯一杯なお顔です。
それでも笑っているように見えるこの子のお顔は
とてもかわいかったです。
そして以前とは違い、身体を撫でることもできました。
収容当初は慣れない環境に戸惑っているだけ
だったのかもしれません。
今後も様子を見つつ、人が怖くないものだと
伝えていきたいと思います。
f0078320_12112974.jpg
f0078320_12114152.jpg
f0078320_12115287.jpg
f0078320_12120264.jpg
f0078320_12121064.jpg
f0078320_12122069.jpg
f0078320_12123088.jpg
f0078320_12124720.jpg


レポートは続きます。




関連記事

ページ上部へ戻る