... TOPIX

何よりも恐れていたこと

9年前、練馬区が初めて地域猫推進ボランティアを公募した時、 可哀想な猫を助けたくて、応募したかったのですが怖くてできませんでした。 、ひとたび、ボランティア登録したら、町中の猫問題を押し付けられると思ったからです。 何よりも恐れていたのがあちこちから猫を引き取らされ多頭飼育者になることでした。 猫ボラのもとには次から次と厄介ごとが来ます。 「可哀想な猫がいる。ボランティアなんだから引き取れ。あんたが引き取らないなら捨てるか殺すしかないね。」 ついには家の前に猫が捨てられるかもしれ

関連記事

ページ上部へ戻る