... TOPIX

8/14センターレポート A部屋    3頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<A-Ⅱ>

※7/10よりレポートに登場 (7/5他抑留所より移送)
▽18117 茶 メス 6歳ぐらい 10キロ程度
f0078320_00474848.jpg
f0078320_00511758.jpg
f0078320_00522392.jpg
f0078320_00525549.jpg
f0078320_00535417.jpg
f0078320_00541718.jpg
f0078320_00542422.jpg
f0078320_00543527.jpg
f0078320_00544566.jpg
収容されて1ヵ月が過ぎましたが、不安一杯の様子は当初から変わらずです。
ケージ内で気付かれないようそっと息をひそめ伏せていました。

顔に残る無数の古傷の後を見ると、
過酷な毎日を過ごして来たであろうことは容易に想像できます。
(目の下の脱毛は、また別の原因かもしれません)

ロープを試してみましたが、特に抵抗することなく、
固まったままでした。
引いても動きませんでしたので、ムリに引くことはやめ、
時間を掛けて抱いてケージから出てもらいました。

その際、パニックになったり口が出ることはありませんでした。

時間はかかりそうですが、ゆっくり心を開いてくれるのを期待しながら、
接していきたいと思います。




※一般譲渡済です。

<AーⅣ>

☆ケンシロウ
※7/31よりレポート登場 (7/26他抑留所より移送)
▽18130 柴 茶白 オス(去勢済) 5歳ぐらい 10.8キロ程度
飼い主募集中!!No.18130


f0078320_00564851.jpg
f0078320_00565935.jpg
f0078320_00570972.jpg
f0078320_00571863.jpg
f0078320_00572839.jpg
f0078320_00574297.jpg
人馴れ抜群のイケワン君です。
何をするにも表情一つ変えず、
抱っこも慣れており、人に全面の信頼を寄せています。


段々と今の状況に慣れて来たのか、
当初は見られなかったキツイ部分も出始め、
他犬には、ケージの中からしきりに吠えて威嚇していました。
自分が出ている時は他犬のケージに行ったり、
意識するようなことはありませんでした。

対犬には上手に対応する必要はありそうですが、
人に対しては、気難しい所はこの日も見受けられませんでした。







<A-VII>

※8/7よりレポートに登場 (7/30収容)
▽18138 黒垂れ耳(胸に少し白) オス 2歳ぐらい 18-20キロ
f0078320_00590850.jpg
f0078320_00591875.jpg
f0078320_00592659.jpg
f0078320_00593577.jpg
f0078320_00594328.jpg
f0078320_00595274.jpg
f0078320_01000003.jpg
f0078320_01001060.jpg
f0078320_01002165.jpg
人馴れは問題ありません。
こちらのすることを素直に受け入れてくれます。
抱っこもとても慣れています。

まだ人の様子を見ているような感じも受けるぐらい、
年齢の割には落ち着きがあります。
このままとは思えない姿も、この日チラホラと見せてくれてますので、
今後の変化がとても楽しみです。

以前共に暮らしていた人からお座りを教わったのでしょう。
ビシッと披露してくれました。

来週も良く見て来たいと思います。




<A-Ⅷ>

※8/7よりレポートに登場 (6/21引き取り収容)
▽18139 黒茶白 メス 6歳ぐらい 10キロ程度

この日、子犬舎から移動して来ました。


f0078320_23410664.jpg
f0078320_23411862.jpg
f0078320_23413176.jpg
f0078320_23414434.jpg
f0078320_23415758.jpg
f0078320_23421268.jpg
f0078320_23422467.jpg
f0078320_23423565.jpg
収容された直後に出産したお母さん犬です。
お耳が小さくて、あどけないお顔をした可愛い子です。
人馴れ抜群で甘えん坊さんです。

決して落ち着いて子育てできた環境ではなかったはずですが、
子犬達は丸々と太り、情緒の落ち着いた子犬らしい子達に育ちました。
とても素晴らしいママっぷりでした。

子犬達の離乳ができ、お母さんだけでこの日この部屋に移動して来ました。
私達がちょうど部屋にいたので甘えて来ましたが、
ケージに入れると寂しそうな表情に変わりました。
子供達と離れ、数日は寂しいかもしれませんが、
こんなに頑張ったのですから、
とびっきりのご褒美が待っているに違いないと信じています。

皮膚の状態が良くなく、特に尻尾の付け根は角質化しており、
かなり硬くなっています。
随分前から良くなかったのに、放置されていたのでしょう。
お目目も片方だけ白濁しているので、
パッと見では高齢であるかのように見えてしまいますが、
白内障のようではなく、
角膜を傷つけて、これも放置されていたのかもしれません。
歯の方は比較的綺麗で、身体の動きもとても良いので、
見た目よりは実際若いのではないかという気がします。

酷い飼い方をされていたであろうに今でも人が好きで、
人のそばにいたい子です。
一日も早く、大好きな人のそばで不安なく過ごせる日が来ますように。




レポートは続きます。



関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る