... TOPIX

Good News! ロサンゼルスもファーフリーに!

2018年9月18日、ロサンゼルス市議会はリアルファー(動物の毛皮)の販売を禁止することを全会一致で決定した。

これまでにウェストハリウッド市、バークレー市、サンフランシスコ市がリアルファーの販売を禁止してきたが、今回の決定によりリアルファーが売られない最大の都市はロサンゼルスになる。

WWDによると、ロサンゼルス市弁護士のMike Feuerは以下のように述べている。

私達は残酷で非人道的な習慣を終わらせることを楽しみにしています。LAは人道的な課題のリーダーであり、今回のことはその素晴らしいステップです。中略
私達は、毛皮小売店に彼らの在庫を段階的に終わらせることを毛皮業界に対応することが合理的になるとも考えています。
マイケル・コルス、ジミー・チュウ、ヴェルサーチ、グッチ、バーバリーなど、ファッション業界が製品ラインからリアルファーを廃止することを約束したことを、私達は喜んでいます。米国最大の都市がリアルファーを禁止したことによって、その他の都市が参加してくれる手助けになることを願っています。

動物の毛皮はゼロへ

2018年に入って、ベルサーチ、フルラ、ダナ・キャラン、ジョン・ガリアーノ、バーバリーとハイブランドが次々と毛皮をやめることを宣言しています。

他のアパレル企業もこの社会的環境的責任を重視し、続くべきです。

日本の企業・消費者も後に続いてください。

皆さんから企業にリアルファーを今後一切取り扱わないと決めてくださるよう、お願いをしてください。

プラダにファーフリーを求める世界一斉キャンペーンを展開中です。詳細ははこちらから

#Fur Free LA

関連記事

ページ上部へ戻る