... TOPIX

10/16センターレポート 旧子犬舎   6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。
ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。






お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






<1-2> 1頭

※10/16レポート初登場(10/11他抑留所より移送)
▽18218 薄茶黒 メス 3歳程度 8キロぐらい

一瞬見た目では子犬かと思ったほど幼い表情をしており、
小部屋を開ける前から嬉しそうにはしゃいでいて
開けた瞬間から「遊ぼう!」と言っているかのように
私に対してもプレイバウをしてみせてきました。
人馴れは全く問題なく、ずっとしっぽをブンブン振っていました。
構ってもらえるのがとても嬉しいようで、
とても素直な子という印象でした。
甘えん坊さんのようで、構っているとひっくりかえって
お腹を見せてくれたりもしていました。


フードがほとんど手付かずの状態で心配しましたが
おやつをあげているとスイッチが入ったようで
フードももりもりと食べ始めました。
この日、ボラトリさんが来ていたので早速この子も
綺麗にシャンプーしてもらっていました。
お転婆な面もありますが、小柄ですし集合住宅などでも
飼育可能だと思います。
来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_12525713.jpg
f0078320_12532132.jpg
f0078320_12533137.jpg
f0078320_12534290.jpg
f0078320_12535260.jpg
f0078320_12540173.jpg
f0078320_12541031.jpg
f0078320_12541959.jpg
f0078320_12542859.jpg





<1-4> 1頭

※10/16レポート初登場(10/11他抑留所より移送)
▽18217 メス 柴 6歳程度 7-8キロ

最近、柴犬の収容が多い気がしますが、
この子もとても性格が良く、柴特有の頑固さもあまり見られない
素直な子という印象でした。
人馴れも抜群ですし、足や尻尾、お腹などどこを触っても
全く怒ることはありませんでした。
お座りは教えてもらっていないようでしたが
おやつの食べ方もとても優しく手から受け取ってくれました。
初めて犬を飼う方でも飼い易いかも知れません。


体格も小柄で、女性でもひょいっと抱き上げられる重さです。
こんなに性格も良く、人馴れしている子が
なぜここにいるのか、本当に理解に苦しみます。
今度こそ最期まで一緒にいてくれるご家族のもとで
暮らしていけますように。
f0078320_12570378.jpg
f0078320_12571914.jpg
f0078320_12572863.jpg
f0078320_12573994.jpg
f0078320_12574929.jpg
f0078320_12575825.jpg
f0078320_12580660.jpg
f0078320_12581561.jpg






<1-1> 2頭

※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度

この子もここでの生活が1年を過ぎてしまいました。
収容当初は人への警戒心がとても強く、
常に人との距離を取ろうと逃げ回っていましたが
現在は「人が怖くてたまらない」という感じはなくなっています。
外のスペースへ出られる窓が開いているときでも
「行かなくていいよ」と声をかけながらゆっくり近づけば
外に逃げ出していくのも我慢できるようになっています。
身体や頭を撫でたりすることには抵抗することもなく、
ブラッシングも問題なくやらせてくれるようになっています。
かつて一度だけですが抱っこもすることができました。


大分警戒心が薄らいできていますので
家庭に入って人と一緒に生活していけば
家庭犬として馴染んでいくのにもそれほど時間はいらないのかも
しれません。
まだ若いこの子に、もっともっと楽しいことがあるんだよと
教えてあげられたらと願っています。
f0078320_13002371.jpg
f0078320_13004029.jpg
f0078320_13005183.jpg
f0078320_13005909.jpg
f0078320_13010912.jpg
f0078320_13012119.jpg
f0078320_13013028.jpg
f0078320_13014151.jpg




※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正) 10キロ前後

とても綺麗な顔立ちをしていて、
どことなく少し狐のような雰囲気もある子です。
少し近づくだけで唸っていた子でしたが
現在はめたらやったら唸るということはなくなりました。
まだ自分が近づいてきて欲しくないスペースまで近づくと
唸ることもありますが、「唸らなくていいよ」と伝えると
いつまでも唸るようなことはありません。


おやつは手から食べることができません。
触ろうとするとやはりお口が出そうになることもあります。
まだ1歳程度ですから、
もっともっと人と接する時間を増やしてあげれば
人は怖いものではないと学習してくれると思います。
ここにいるだけではなかなか変化は見られないと思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_13042362.jpg
f0078320_13044093.jpg
f0078320_13045118.jpg
f0078320_13050393.jpg
f0078320_13051316.jpg
f0078320_13052349.jpg
f0078320_13053412.jpg
f0078320_13054750.jpg






<1-3> 2頭

f0078320_13103505.jpg


※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳ぐらい 12-3キロ

今までは私の記憶の中では
この子が吠えているところは見たことがなかったのですが
この日、旧子犬舎に向かうと、この子が外のスペースに向かって
しきりに吠えている姿を初めて目にしました。
この子の中で何かが変わった瞬間なのかと思いました。
いつものように小部屋に入り、おやつを差し出すと
いつもように手から食べてくれましたが
その際に少し手の甲で身体を触ろうとしたときに
これまでのような「余計なことしたら噛むわよ!」というオーラが
あまり感じられなかった気がしました。
私の気のせいなのかもしれませんが、
今まで見せていなかった様子に、何かが変わったのではないかと
期待しています。
なんとかこの子とも仲良くなれないものか、いつも考えています。
f0078320_13113034.jpg
f0078320_13114108.jpg
f0078320_13115045.jpg
f0078320_13115906.jpg
f0078320_13120987.jpg
f0078320_13121741.jpg
f0078320_13122856.jpg
f0078320_13124047.jpg




※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ(8/9修正)

この子も手からおやつを食べられるものの
触ろうとするとさっと逃げてしまいます。
追い詰められたと感じるとお口が出そうになることもあります。
ただ、手からおやつを食べられるということは
食欲が勝っているとはいえ
本当に人が怖いと思っていればできないのではないかとも思います。


同室の子のあまりよくない影響を受けている可能性もあります。
1頭で人と向き合う環境におかれたら
変化を見せてくれるようになるかもしれません。
職員さんのお話では、背中を向けている時には
匂いを嗅ぎに近づいてきたりすることもあるそうです。
まだまだ幼いこの子にも、家庭に入って人の暖かさを
知って欲しいと思います。
f0078320_13150399.jpg
f0078320_13152731.jpg
f0078320_13155497.jpg
f0078320_13160805.jpg
f0078320_13162969.jpg
f0078320_13164467.jpg
f0078320_13170147.jpg
f0078320_13171568.jpg



レポートは続きます。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る