... TOPIX

10/23 センターレポート B部屋2頭&C部屋1頭 



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田






B部屋 2頭


☆カブト
※7/24よりレポートに登場(7/20他抑留所より移送)
▽18124 黒ラブMIX(去勢済み) 3歳 23キロ
「飼い主募集中No.18124」
f0078320_23085603.jpg
f0078320_23090634.jpg
f0078320_23091482.jpg
f0078320_23092136.jpg
f0078320_23092913.jpg
f0078320_23093604.jpg
f0078320_23094239.jpg
f0078320_23095057.jpg
f0078320_23095760.jpg
f0078320_23100463.jpg

人馴れ抜群で、天真爛漫、元気いっぱいパワー炸裂のカブトです。

可愛い可愛いだけで、
甘やかされて育てられたのかも知れません。
自由方峰で純粋で、楽しければいいって感じが、
今はそのまま行動に出てしまうような状態です。

この子は人の愛情を知っていて、
声をかけてもらえることに喜びを感じています。
今回は、大型犬の扱いに慣れた男性メンバーがいたので、
リードを引いてもらったところ、
声掛けに従い、まるで別犬のように落ち着いており、
実に凛々しいカブトの姿を見ることができました。
(その時の写真を撮り忘れてしまいました)

カブトは、人を良く見ています。
その後、女性メンバーがリードを持つと、
またデレデレしたり、人を従わせようとしたり、
強い引きになったりと、いつものカブトに戻ってしまいました。

基本は甘えん坊ですから、
しっかりしたリーダーの元で、メリハリある生活をさせてあげることで、
随分と変わるのではないかと感じました。


(以下、以前のレポートより一部転載します)
部屋では、吠えて猛アピールをしていましたが、ケージから出した瞬間、ピタッととまりました。そこそこの体格のオス犬で、更に若い子ですから、
この子の体格にあった運動をさせて、

思いっきり発散させてあげられたらと思います。大型犬の飼育経験がある方の目に留まって欲しいです。

他犬には厳しいようで、近くを通る犬には
かなり吠え掛かっていました。

身体も大きいですから、一瞬の引っ張る力は

相当ありますので、しっかりとコントロールできる方に迎えてもらえたらと思います。








☆ポピー

※9/18よりレポートに登場 (9/13他抑留所より移送)
▼18179 茶 オス(去勢済) 9歳 10.3キロ
「飼い主募集中No.18179」

f0078320_23113804.jpg
f0078320_23114561.jpg
f0078320_23115312.jpg
f0078320_23120149.jpg
f0078320_23121069.jpg
f0078320_23121849.jpg
f0078320_23122567.jpg
f0078320_23125649.jpg
人が大好きな子です。

人と暮らしていたのは間違いありませんが、
この年になって独りにされても、人を疑うことなど全く知りません。
それどころか、私達が部屋に入ると、
嬉しくて嬉しくて、とてもシニアとは思えないほどのはしゃぎようです。
普段寂しい思いをしているのでしょう。
少しの時間ですが、終始ニコニコで、
その時間を目一杯楽しんでいました。

本当にシニアなのかと感じるぐらい、
いきなりこちらのポケットの中を漁ったり齧ったり、
お子ちゃまらしさが混在していて、
元気で可愛い爺ちゃんです。

食べられない時期があったのか、
食べものへの執着は伺えます。
勢いあまって手ごと食いつくといった時もありました。

まだまだ若い子達に負けないぐらいの足腰で、
散歩も上手に歩き、好きなようです。
のんびりとたくさん一緒に歩いて下さる方の目にとまりますように。

(以下↓以前のコメントの一部を引き継ぎます)
車に忘れ物をしてしまい、この子を連れたまま
車のドアを開けたのですが、ものすごく自然に慣れた様子で
ピョンと車に飛び乗っていました。
車に乗せてもらった経験があり、
乗れば家まで帰れると思ったのでしょうか。
その様子にとても切なくなってしまいました。





C部屋 1頭


※7/10よりレポートに登場 (7/6引き取り収容)
▽18120 Aコッカースパニエル オス 9歳 11-12キロ(見た目より重いです)

f0078320_23145026.jpg
f0078320_23145896.jpg
f0078320_23150800.jpg
f0078320_23151723.jpg
f0078320_23152658.jpg
f0078320_23153599.jpg
f0078320_23154473.jpg
f0078320_23155405.jpg
f0078320_23160485.jpg
f0078320_23161417.jpg
コメントのみ、先週のを転用します。
人が大好きで、とても甘えん坊なコです。

人恋しくて仕方がないようで、
毎回部屋に入って行くと全身で嬉しさを表してくれ、
ケージから出してやると、
他には目もくれずに、人にビトッとくっ付いて来ます。
こんなに人が好きな子ですから、
人と触れ合う時間がわずかしかない現状で、
この子にとっては大変辛い毎日だと思います。

少しの時間ではありますが、
ドックランにいた子達が部屋に戻ったあと、
外に出して少し気分転換をさせてみました。
チョコチョコと人の後を着いて歩いてみたり、
臭いを嗅ぎ、手当たり次第にマーキングをしてみたり、
このひと時を、目一杯楽しんでいました。

そんな姿を見ていると、
人と生活をしてきてたこの子に、
この年齢になって寂しい思いをさせた人間と、
自分も同じ人間であることが申し訳ない気持ちで一杯になりました。

今度こそは、この純真な心を二度と踏みにじることなく、
大好きな人のそばで、1日も早く安心して毎日を過ごしてもらいたい。
そう願ってやみません。

右目がチェリーアイになっているようです。
左目にも、年齢を重ねるとできるようなイボが現れています。


10/23追記
甘えて顔を埋める度に、このイボが擦れて出血していました。



以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
かつてこの子と一緒に収容された女の子は、すでにいぬ親さんが決まり

終生幸せな生活を送れることになりました。
この子にも、最期まで一緒にのんびり暮らしてくださる方との出会いが
1日でも早く訪れますようにと心から願っています。




レポートは続きます。



関連記事

ページ上部へ戻る