... TOPIX

1/8センターレポート D部屋     3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポート
+1/8猫の手さん撮影です。
加筆・修正しています。

先週レポートより転載しています。

引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






f0078320_15371014.jpg
いつでもほとんど変わりないけど1/8の女子部屋です。


※29/8/15よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▽4926 薄茶黒 メス 2歳ぐらい 12-13キロ 
f0078320_15381004.jpg


いつ見ても本当に綺麗な顔立ちをしています。
角度によっては目がきつく見えることもありますが、
この子からは気の強そうな部分はあまり見えてきません。
この部屋ではフリーの状態でいるので
なかなか触ることができないでいますが、
人と一緒にいる環境にいれば、少しずつ馴れていくことが
できるものと思っています。
f0078320_15380791.jpg
f0078320_15381718.jpg
f0078320_15382116.jpg
f0078320_15382370.jpg
f0078320_15382780.jpg
f0078320_15383092.jpg





同室の子がすばしっこく逃げ回るので、

一緒に動いてしまうのがクセになっているように思います。
顔をそむけながら腕をのばしておやつを差し出すと
この子は手からおやつを受け取ることもできます。
ここでの生活が1年を軽く超えてしまいましたが
そこまで問題のある子とは思えません。
この冬こそ、なんとか暖かい家庭のお布団の上で
過ごさせてあげたいと願っています。

1/8記
初めて会った時からほとんど変わっていないと思っていました。
でも写真を整理していて気づきました。
以前と比べると、目がとても優しくなっています。
きつい表情ばかりの印象が強かった子ですが、今回はどれも優しいお顔です。
距離を保てば、手からおやつを食べることだってできるようになりました。
ほかの子より時間はかかるかもしれないけれど、
家庭に入って常に人と接することで劇的に変わる気もします。
もう一歩踏み出してくれたらきっと変わります。と思いたいです。




※29/8/22よりレポートに登場(29/8/10他抑留所より移送)
▼4941 茶黒 メス 3歳ぐらい 12-13キロ(11/27修正)
f0078320_15371871.jpg



最初に紹介した子と血縁関係があると思われます。
少しお姉さんのようなのですが、動きはまるでこちらの子の方が
落ち着きがなく、人への警戒心も強いように思えます。
ずっと動き回って人との距離をとっていますが
人に対して攻撃的になることはありません。
とにかく何をされるかわからなくて、ひたすら逃げ回っている
といった感じです。
f0078320_15374384.jpg
f0078320_15373006.jpg
f0078320_15374660.jpg
f0078320_15374888.jpg
f0078320_15375444.jpg

おやつを差し出す時に顔をそむけて腕を伸ばしていても

何度も少しずつ近づいては後退りするのを繰り返して
なかなか受け取ることができません。
それを繰り返していると、「なんで置いてくれないんだよ!」
「食べたいんだから早く置いてよ!!」
とでも言っているかのように、ヒンヒン鳴きながら
文句を言っているのがかわいかったです。


この子は↑の子よりももっと、何かされるのではないかという

恐怖心が強いようですので、一日も早く人と一緒にいる生活を
経験させてやり、何も怖いことはしないのだよ、と
教えてあげなければと思います。


1/8記
よく似ていますが、この子のほうが人の動きに敏感に反応します。
カメラの向きを変えただけでも固まってしまいます。
それでも以前のように「こっちへ来ないで」と吠えることは
ほとんどなくなりました。


簡単に心の扉を開けることはできないかもしれません。
でも、まだ若い子ですから、土の匂い、草のやわらかさ、お日さまの暖かさ
そして人の優しさ・・・いろんなことを見て感じて
1日も早く犬としての生活を楽しませてあげたいです。







※3/6よりレポートに登場(1/25収容)
▽5108 茶 メス(不妊済)1歳ぐらい 13-4キロ(11/27修正)
f0078320_15383587.jpg
この日はいつもの部屋の奥の定位置で伏せていました。
近づいていくと少し動きそうな気配を見せましたが
大丈夫だよ、と声をかけると、その場に留まっていました。
姿勢は同じでも、本当に表情が変わってきたと感じます。
ずっと顔を隠したり、そっぽを向いていたりしていましたが
しっかり前を向いていて、自信がついてきたような表情に
変わってきました。
身体や頭を撫でることも問題なくできますし、
とても穏やかな子だと思います。
f0078320_15384933.jpg
f0078320_15384735.jpg
f0078320_15383842.jpg
いらないって言ってるのに困っちゃうね。
f0078320_15385882.jpg
f0078320_15391293.jpg

この子も間もなく、ここでの生活が1年になってしまいます。

人への攻撃性も見られませんし、人との生活をしていく中で
心を開いていってくれるものと思われます。
この子にすのこの上ではなく、暖かいお布団で
寝てもらいたいと願わずにはいられません。


1/8記
この子が部屋の端から端まで動くのを初めて見ました。
飲み水の容器を気にすることもできず、冷たい水に足を突っ込み、
ビビリウンチも出てしまいました。
その後は定位置につき、いつものように時が過ぎるのを待っていましたが、
何がそんなに不安にさせたのかわかりませんでした。


とてもビジンさんです。穏やかな子です。怒りません。
お口も出ません(出るようなことをしていないからかもしれません)。
3頭ともですが、前回のレポートに書かれた
「すのこの上ではなく、暖かいお布団で寝かせてあげたい」
この1行にジーンと胸が熱くなりました。
どうかよろしくお願いします。




レポートは続きます。





関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る