... TOPIX

2/26センターレポート 譲渡管理室 11頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。


※写真はすべて2/26撮影で最新です。
コメントは以前からものを引き続き転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




A-IVより移動
※2/5よりレポートに登場(1/23収容)
▽18325 黒白テリア風 オス(去勢済) 5歳程度 12.5キロ

とても元気一杯な男の子です。
胸からお腹の辺りに白い毛が少しありますが、
身体全体は黒い毛で覆われているテリア風です。
とても甘えん坊なようで、身体をぎゅーっとすると
嫌がるどころか身体を預けてきて尻尾をブンブン振っていました。
ケージから出してみると嬉しいようで
ずっと嬉しそうにはしゃぎ回っては人に飛びつき
全身で嬉しさを表現していました。





お座りや待てもできますので
間違いなく飼われていたのだと思います。
抱っこは慣れていないようではありましたが、
自由になっている時とはうってかわっておとなしくなり
そのギャップに思わず笑ってしまいました。
今すぐにでも家庭に入って普通に生活できそうです。
寒い日が続きますので一日も早く
暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_02212426.jpg



f0078320_02212954.jpg



f0078320_02213404.jpg







☆たたみ

※1/8よりレポートに登場 (12/14収容)
▽18307 茶黒 オス(去勢済) 5歳ぐらい 10.25キロ
飼い主募集中!!No.18307
オスワリや、手を合わせてちょーだいチョーダイ
などなど披露してくれ、
愛嬌たっぷりの可愛い子です。
この子も人と生活をしてきたことは間違いないでしょう。
人を選ばず接して来ますので、
直ぐにでも家庭犬としてスタートできると感じました。
ただ、少しフードガードがあるのと、
しつこく接すると怒ることがある。
と、以前にお聞きしてたので、
注意をしながら接していたせいか、
終始穏やかでいました。

反対に手をガシッと持ってみたり、
飛びついて来たりするくらい、
人との関りをとても楽しんで居ました。

オヤツの受け取り方には、とても優しいです。
小さくした物も、上手に歯を当てずに食べれる子です。
時々、焦れて吠える時がありましたが、
その声は体とは似合わないくらい野太い声です。

この子の嫌がることなどを理解し、
関わり方を考えてやるだけで、
回避できるのではないかと感じたぐらい、
人懐こい子です。
大好きな人の側で、
一日も早く過ごせますよう願っています。


f0078320_02075470.jpg



f0078320_02075950.jpg






☆チャッピー

E-No.1より移動
※2/5よりレポートに登場 (2/4他抑留所から移送)
▽18322 茶黒 オス(去勢済) 1-2歳 11.05キロ

少し環境に慣れてきたのか
最初に見た時よりもやはり少し活発になって元気に吠えていました。
と言っても、パワフル過ぎる感じはしません。
目が合うだけでお耳ぺったんこなるのですが
今回は立耳の写真がバッチリ撮れました。

お顔は可愛い鼻黒ちゃんですが
身体はまるでキタキツネ。
なんともオンリーワンな男の子です。

友好的な雰囲気がすぐ伝わってきて
身体のどこでも不安なく触れることのできる子です。
他の犬にも興味があるようで
柵越しに犬に自分から近寄って尾を振っていました。

家庭犬としてすぐに再出発できると思います。
f0078320_02080698.jpg



f0078320_02081179.jpg



f0078320_02081793.jpg









☆べん※2018/1/9よりレポートに登場(2017/12/15引き取り収容)
▽5162 茶 オス(去勢済) 8歳ぐらい 13.55キロ飼い主募集中!!No.5062

最初は慎重な部分を見せていたべんですが、
今は人を選ばず、
人馴れも問題ないと思えるほどに変わりました。

今回も元気一杯に吠えていたべん君です。
人がそばに行けばピタッと止まります。
早くそばに来て欲しいだけなので、
多くの子達がいる中で、
吠えるなと言うのも無理があるのかなと感じます。
人を見る目が変わって来た証拠のようにも思えます。


オヤツを見せると目がキラキラ。
オヤツ大好きっ子です。
テリア系の毛が、
所々混じっているため、
少々年齢を強調してしまっているかもしれませんが、
まだまだ元気一杯で、
この年齢ならではの魅力も持ち合わせています。
べん君の折り返しの半生が、
どうか楽しく穏やかに過ごせますよう祈っています。

f0078320_02082245.jpg




f0078320_02082620.jpg















☆エイト※2018/2/20よりレポートに登場(2018/1/26収容)
▽5096 薄茶 オス(去勢済) 4歳程度 10.5キロ飼い主募集中!!No.5096 特殊事情(要相談)




人馴れ抜群です。
目が合った瞬間から猛アピール。

飛びついて来るわ、少しでも近くにいたいわで、
その様子は切ないぐらいに必死です。
嬉しくてお耳をペタッとした表情が、
たまらなく可愛い子です。

私達と戯れる時間はほんの少し。
その間は構って欲しくて、
甘えん坊な姿しか見せないのですが、
長い時間関り様子を見ている職員さんから、
時に何かに反応して、強く出る時があると伺いました。
その情報をもらっているので関わり方には注意をしているせいか、
今回も、そのような行動は全く見せませんでしたが、
生活する中で、良く観察をする必要があるかと思われる子です。
*身体の腰から下を触られることがスイッチの一つだと最近分かったようです。
エイトの様子を理解して接して下さる方の目に、
どうか留まりますよう祈ってます。
f0078320_02130768.jpg



f0078320_02131235.jpg



f0078320_02131746.jpg








A-No.VIIより移動

☆きんつば
※10/16よりレポートに登場 (10/2収容)▽18214 白 オス(去勢済) 5歳程度 12.35キロ
「飼い主募集中No.18214」

人馴れは抜群です。
ちょっとアイ~ン気味な口と、
垂れたお目目がチャームポイントの、
可愛い子です。

人の声に、しっかり耳を傾け、
指示を待つことができるのですが、
人が大好きな子にとっては、
今の環境で静かに待ちなさい!は、酷で、
この子も大音量で、↓の子と一緒に出してもらえるまで、
吠えていました。

この子も、ただただ人のそばにいたいのでしょう。
環境が落ち着くことで安心できれば、
吠えの方は改善できるのではないかと期待したいです。


以前はケージに戻すときに少し唸ったりすることがありましたが、
ここ最近の訪問では、そのような行動は見受けられず、
今回も、ケージにオヤツを入れてあげるだけで、
自ら入ってくれました。
ここでの生活や私達との関りに慣れて来て、
今の状況を理解し始めたのでしょうか。
賢い子なのだと思います。

直ぐにでも、
家庭犬としての生活をスタートできそうなきんつば君です。
二度とそばから離さないで下さる家族の一員になれますよう
祈っています。

f0078320_02141258.jpg



f0078320_02141790.jpg



f0078320_02142298.jpg







☆サリー
※2018/3/27よりレポートに登場(2018/3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済) 3歳程度 18.75キロ

会う度、表情が女の子らしくなって来ていると感じます。
優しい目をしています。

環境に慣れるまでに時間を要するコなのでしょう。
最近はランには慣れたようで、
私達の動きを見ている目に余裕さえ感じるようになりました。
それでもまだ、距離を縮めようとそっと近づくも、
来ないでと目で訴えて来ます。

手から食べてくれるようになったオヤツは、
その日によって食べたり食べなかったり。
下に置いたオヤツも、今回は私達が離れてから食べていました。
こんな日もまだまだあるサリーちゃんですが、
それでも決して後退はしていないと思います。

ランの中を清掃してる間は、
ラン外に係留されているのですが、
もう随分、毎日繰り返しやっていることなのに、
今もまだ不安で仕方なく、鳴いて職員さんを呼ぶんです。
職員さんがそばに行きリードを持つと、
ちゃんと従って部屋に入って行くのですが、
その姿は地面にお腹が着きそうなほど低く、
一生懸命に職員さんに遅れないよう着いて行く姿は、
とても微笑ましく、見入ってしまうほど可愛いです。

人に寄り添える子だと思えますから、
サリーちゃんに必要な時間をたっぷり掛け、
一緒に頑張って下さる方とのご縁がありますよう。
願っています。

f0078320_02163674.jpg



f0078320_02163195.jpg



f0078320_02164184.jpg








☆モモ
※1/29よりレポートに登場 (1/24他抑留所より移送)
▽18319 白 メス(不妊済) 7歳 16.25キロ

元気一杯の女の子です。
シニアの域に入りかけているところだとは思いますが
全くそんなことは感じられないほど元気です。
少し落ち着きがない、という言葉が当てはまるくらい
うろうろと部屋の中を動き回っていました。
犬との相性もあるようで、それぞれのケージの近くを回っていても
全く無視できる子もいれば、自分からつっかかってガウガウする子もいて
誰とでも相性が悪いというわけではなさそうです。

ただ、気に入らない犬相手だとかなりの勢いで飛び掛ろうとするので
お散歩などでは注意が必要かもしれません。
お座りや待てなどの躾はほとんどはいっていないようで
たまたまできるときもありますが、きちんと指示を理解している
ようではなさそうです。
人馴れは全く問題ありません。
どこを触っても嫌がるところはなさそうでした。

f0078320_02180443.jpg



f0078320_02180900.jpg



f0078320_02181374.jpg








☆ドラゴン

※11/13よりレポートに登場(10/18収容)
▽18229 こげ茶 テリア風 オス(去勢済) 1歳 17キロ

立ち耳と垂れ耳、
長い足に毛色がお顔に合っており、
とても魅力のある子です。

まだ体は出来上がって無い感じでヒョロヒョロですから、
もう少し体重も増えるのかなと、
見てて感じました。
ガッシリしたら、目を惹くようになりそうで、
とても楽しみです。

まだ完全に人に対して警戒心がとれたとは言えず、
こちらの動きにより引くこともありますので、
無理に関わるのは控えました。
人馴れは確実に進んでいると感じます。
自ら寄って来て、オヤツを普通に食べてくれます。
受け取り方もとても優しいです。


元々優しく穏やかなのかもしれませんが、
まだまだ様子を見ている部分も感じ取れるので、
若い犬らしく、弾ける姿も今後出て来る可能性もあります。
そこそこの体格の若犬ですので、
沢山の運動も必要になるでしょう。
リーダーになれる人の元で、
この子に色々と教えられる環境が望ましいように感じます。



f0078320_02195587.jpg



f0078320_02200102.jpg



f0078320_02200770.jpg













☆リッキー※2018/5/22よりレポートに登場(2018/5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス(去勢済)  6歳  4歳 16.6キロ
慎重派のリッキー君です。

収容当初からこの子を見てきたので、
格段の変化は感じ取れますが、
それでもまだ人に心を許すまでには、
もう少し時間が必要かと思われます。

今はオヤツを誰が差し出しても、
当たり前のように食べてくれるようになりました。
その食べ方も、人の手に歯が当たらないよう、
小さくした物でも優しく受け取ることができます。

オヤツを食べに、直ぐ手前まで寄って来てくれるようになったのに、
こちらから近づいたり、触ろうと手をそっと出すと、
急に素になり、後ずさりして人を避けようとする行動がまだ見られます。
普通の首輪なら抜けてしまうかも知れないと思うほど
咄嗟に反応します。


それでも、攻撃的になるでもなく、
その後またオヤツを見せると、
自らゆっくりと寄って来てくれて、オヤツを口にします。

この子と向き合う時間を、
もう少し多く取れる環境のもとで生活できれば、
警戒心も薄らいでくるのではないかと、
期待しています。



片耳が千切れている古傷がありますが、
リッキーの様子を見ていると荒々しさは感じませんので、
争いに巻き込まれての傷だったのかなと思います。
優しい子だと思います。



f0078320_02224893.jpg



f0078320_02225441.jpg






☆スコア※2/5よりレポートに登場(1/31他抑留所より移送)
▽18326 ビーグル オス(去勢済) 6歳 11.15キロ
飼い主募集中No.18326


人馴れ問題ありません。
そばに行くと目一杯甘えて来て、
オヤツにも目をギラギラとさせて、
ビーグルらしく出されたものは、しっかりと食べてくれました。細かいことにくよくよしない性格なのか、
あまり散歩にも出してもらってなかったのか、
前足に絡んだリードを取る気もないまま、
知らん顔していました。とにかくガリガリに痩せていて、
背骨はゴツゴツ触れますし、あばら骨や腰骨はくっきりと
見えるほどです。
食欲旺盛の犬種が、ここまで痩せているなんて、
収容前はどれほど過酷な日々を過ごして来たのか、
見ていて切なくなるほどです。

個別にケアをしてあげられる環境で、
安心して過ごしてもらいたい。
心からそう願ってやみません。
f0078320_02095142.jpg

f0078320_02095712.jpg

f0078320_02100283.jpg




レポートは続きます。



関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る