... TOPIX

Good News!ファッションセンターしまむらファーフリー!

国内第2位のアパレル企業である「しまむらグループ」が2018年から毛皮(リアルファー)の販売をやめ、ファーフリーになっていたことが、株式会社しまむらからの回答をいただいたことにより、わかりました。

しまむらグループは、ファッションセンターしまむらだけでも国内に1430店舗をもち、アベイルや、子供服のバースデイなどのその他のブランドを約700店舗持ち、台湾や上海にも進出しています。

しまむらグループがファーフリーになったことで、日本のアパレルトップであるファーストリテイリングにつづいて、2位の企業がファーフリーとなり、2社あわせて業界規模の45%を占めます。

これまで、エシカルライフクリエイターの山中安澄さんが行ったキャンペーン時や、アニマルライツセンターとの対話などにも応じてきたしまむら、消費者の様子を見ながら・・という姿勢でしたがついにファーフリーへ。いよいよ日本の毛皮ゼロへの消費者の姿勢が明らかになってきたことを感じさせます。

ファーフリーの選択をしてくださったことを私達はとても歓迎しています。

ファッション業界はこれまで個性や個人の欲求、嗜好性を重視していたように見えていましたが、エシカルでおしゃれであるという両面を追求できることを、多くの企業が証明しています。このしまむらの英断に続く企業が出ることに期待します。

関連記事

ページ上部へ戻る