... TOPIX

「虐待罪(殺傷)は 現行の「懲役2年以下または罰金200万円以下」⇒ 「懲役5年以下または罰金500万円以下」に変更」

動物愛護管理法において
現在、
虐待罪(殺傷)の罰則は
「懲役2年以下または罰金200万円以下」ですが
「懲役5年以下または罰金500万円以下」に。



《スポンサード リンク》



この改正案が国会に提出される事になりました。
これにより今国会の会期中に成立を
目指しています。
ほぼ可決される見通しです。

またペットの販売の8週齢規制も
成立する見通しです。
ただ、天然記念物に指定されている
日本犬6種は、規制の対象外となることに
なりそうです。

これは何故か?日本犬保存会
秋田犬保存会の猛抵抗があったことに間違いないそうです。


《スポンサード リンク》



--------------記事転載ここから----------------

[おしらせ]動物虐待罪 最高懲役5年に変更

昨年7月25日から今年の2月20日まで、
皆さまにご署名いただきました
「動物虐待事犯を厳正に処罰するために
法の厳罰化を求める請願署名」ですが、
請願内容通り、虐待罪(殺傷)は
現行の「懲役2年以下または罰金200万円以下」から
「懲役5年以下または罰金500万円以下」
変更されることになりました。

この度の罰則強化は、ひとえに約25万筆もの
真筆署名をいただいた皆様のご協力のおかげと感謝いたします。

60746839_1395098023965659_559183258512785408_n.jpg

殺傷:「懲役2年以下または罰金200万円以下」
⇒「懲役5年以下または罰金500万円以下」
虐待・遺棄:「罰金100万円以下」
⇒「懲役1年以下または罰金100万円以下」

本当にどうもありがとうございました。
心より感謝いたします。
後日改めて感謝の気持ちをお伝えいたします。

そして、昨日開催された第11回総会&動物愛護法改正PT合同会議では
改正案の説明がされ今後成立までの国会審査スケジュールに
ついて説明がありました。

中でも8週齢規制においては、7年もの間取れなかった附則が
やっと外され本則の規制がスタートとなるところ
天然記念物に指定されている日本犬6種は、
規制の対象外となることに。

これまで2年以上にも及ぶ議連PTの場では
日本犬除外の議題が上がる事はなかった
まさに「寝耳に水」です。
今回の除外は、日本犬保存会と秋田犬保存会の
猛抵抗があったことに間違いありません。

第11回総会&動物愛護法改正PT合同会議レポートは
後ほど公開いたします。

-------------記事転載ここまで-------------


記事元:公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva
http://bit.ly/2YJYu86
情報元:一般社団法人共同通信社
http://bit.ly/2VVnOLa



《スポンサード リンク》


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



保護活動ランキング



捨て犬・保護犬ランキング


《スポンサード 検索》



関連記事

ページ上部へ戻る