... TOPIX

6/11センターレポート E部屋    3頭



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野




<E-1>


☆ソラン
※1/29よりレポートに登場 (1/28他抑留所から移送)
▽18321 茶 オス(去勢済)2歳程度 13.5キロ(太り気味)
f0078320_23460244.jpg
f0078320_23462089.jpg
f0078320_23464300.jpg
f0078320_23465628.jpg
f0078320_23470982.jpg
f0078320_23472277.jpg
f0078320_23473969.jpg
f0078320_23475243.jpg
f0078320_23480146.jpg
f0078320_23481310.jpg
*先週のコメントを転用します。
以前と比べて目に見えての変化はなく、
まだ人に対して引き気味の様子ではありますが、
そばに行っても、身体を撫でても、
決して攻撃的な行動に出る様子はありません。
とても穏やかな子だと感じます。

もう少し気持ちを楽にしてあげたいと思いますが、
やはり人と過ごす時間がもっともっと増えないことには、
なかなか難しいのかなと思ってしまいます。

随分と体型が丸くなって来ていて、
もしも抵抗されれば、移動させるのにも大変だろうと思うぐらい、
ウエイトオーバーぎみになってます。

一日も早く家庭で心身ともにケアをしてあげられたらと思います。








<E-4>


※5/21よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)
▽19041 黒茶 メス(不妊済) 4歳ぐらい 8.8キロ
飼い主募集中!!No.19041
f0078320_23544145.jpg
f0078320_23545540.jpg
f0078320_23550519.jpg
f0078320_23552041.jpg
f0078320_23552917.jpg
f0078320_23554075.jpg
f0078320_23554998.jpg
f0078320_23555707.jpg
*先週のコメント転用します。
人に対して過剰な反応は見受けられませんので、
人との生活はして来たのだろうと感じます。
しかし、ちゃんと飼われてはいなかったのか、
ロープでひ引かれることには抵抗しますので、
散歩はされていなかったのかと想像できます。
(ロープをつけるのは、問題なくできます)

収容当初より脱毛があったのですが、
酷くなっている様子はなく、
心なしか改善傾向にあると思います。
(センターでも治療を受けています)

おやつは手から食べることができます。
若いのですぐにでも新しい生活に馴染めそうです。

とても穏やかな様子ではあるのですが、
以前に、他の子を近づけて様子を見たことがあり、
その時は術後だったということも関係したのか、
軽く唸る場面がありました。
今後も気に留めていきたいと思います。





<E-5>

※6/4よりレポートに登場 (6/3他抑留所より移送)
▽19061 茶 オス 9歳ぐらい 10-11キロ
f0078320_23590415.jpg
f0078320_23591363.jpg
f0078320_23592186.jpg
f0078320_23592936.jpg
f0078320_23593830.jpg
f0078320_23594975.jpg
*先週のコメント転用します。
人馴れは問題ありません。
ロープをかけ促すと、自ら出て来てくれました。

人と生活してきた子であるのは間違いなく、
一時は可愛がられていたこともあったのでしょう。
今でも人に信頼を寄せています。
この年になって家族を失い、センター生活をするはめになり、
不憫でなりません。
この子に原因は見つからないほどの穏やかな子です。
他の子が、この子のケージに鼻を突っ込んでも、
優しい対応ができる良い子です。

犬とのんびり過ごしたい方には、
ゆったりとした時間を共有でき、
最高のパートナーになりしそうです。
この先一緒にいられる時間は、
若い子と比べるとより少ないかもしれませんが、
どうか、この子のこれからの大切な時間を、
一緒に過ごして下さる方の目にとまりますようにと
祈らずにはいられません。



レポートは続きます。






関連記事

ページ上部へ戻る