... TOPIX

6/18センターレポート 収容室①②  5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp (★を@にかえて下さい)ちばわん 高野


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



※6/18レポート初登場(6/10収容)
▽19079 茶 メス 5ヵ月齢 6-7キロ

最初こそケージから出すのに、何をされるかわからずに
暴れていましたが、しばらくワタワタするとドキドキしながらも
諦めたかのように大人しくなり、
すんなり抱っこされていました。
↓のオスと一緒に捕獲されたようですので、
血縁関係があるかと思われます。


こんなに幼い子が自分で食べるものを探し、
寝るところも探しながら放浪していたかと思うと
たまらない気持ちになります。
人にはおそらく関わったことがない半野良状態ではないかと
思われますので、もちろんロープで引かれることは
恐怖でしかなかったのだと思います。


ただ、まだ幼い子ですので吸収する力も強いですから
人に対する恐怖心を取り除くためにも
一日も早く家庭に入って人と一緒に生活することが
家庭犬への一番の近道だと思います。
f0078320_11544469.jpg
f0078320_12014125.jpg
f0078320_12015822.jpg
f0078320_12020945.jpg
f0078320_12021891.jpg
f0078320_12022972.jpg
f0078320_12031497.jpg






※6/18レポート初登場(6/10収容)
▽19080 茶 オス 5ヵ月齢 7-8キロ

↑の子と一緒に捕獲されたようですので
血縁関係があると思われます。
こちらの子の方が少し落ち着きがあり、
ケージの中でわりとすんなりロープをかけることが
できました。
ケージ外に出そうとロープで誘導した時には、↑の子と同様
かなりワタワタして、狭いところに入り込もうと
必死になっていましたが、諦めるまでの時間は早かったです。
抱っこもすぐできましたし、最初はドキドキしていたものの
落ち着くのも早いなと思いました。


この子も一日も早く家庭に入って
人との生活が当たり前になっていくことで
環境に適応していくことができると思います。

f0078320_18193914.jpg
f0078320_18194573.jpg
f0078320_18195194.jpg
f0078320_18210199.jpg






☆かのこ
※2018/10/16よりレポートに登場 (2018/8/21収容)
▽18220 茶 メス(不妊済) 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)

この日は珍しく、ケージを開けてもすぐに出て来ず
ケージの奥で固まっていたので
ロープをかけてみると、途端にバタバタっと外に出てきました。
いつものようにすぐに排泄もせずウロウロしていましたので
ロープを放して自由にしてあげると
はじっこに行って排泄していました。
やはりまだまだロープで引かれることには
抵抗をみせるかのこです。


収容当初はかなり痩せ気味なのが気になっていましたが
最近では大分ふくよかになってきており
運動不足も心配になってきました。
収容からもうすぐ10ヵ月になってしまいます。
ここにいるだけではこれ以上の進歩はなかなか難しいと
思われます。


じっとケージの中にいる際に、
換毛期で浮き出ている毛を取り除くことには
全く抵抗することもありませんでした。
やはり毎日かのこと関わることができる環境になれば
少しずつでも心を開いていってくれるのではないかと
思っています。
かのことゆっくり向き合ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_12061333.jpg
f0078320_12063070.jpg
f0078320_12064090.jpg
f0078320_12065020.jpg
f0078320_12070390.jpg

以下2頭は先週レポートより転載しています。

収容室③ 2頭

6/11よりレポート登場 (6/4収容)
▽19070 薄茶黒 オス 5ヵ月 5-6キロ

野良に近い生活をしていた親から生まれたと思われます。
人馴れはしておらず、今はなにもかも怖いものに見えているようです。
特にロープを掛けられることをとても怖がり
小さな歯を向けて一生懸命自分の身を守っていました。
でもただ怖がっているだけで、ゆっくり時間を掛けてなだめて
気持ちを落ち着かせると、抱き上げることなどもできました。

人の手に噛みつくようなことはありませんでしたが
怯えさせずに時間をゆっくりかけて対応することを
心がけないといけないと思いました。
成長期の真っただ中で、まだ柔軟な今のうちに
家庭にて人との生活に触れ合わせてやりたいです。

f0078320_23434937.jpg



f0078320_23360324.jpg



f0078320_23361473.jpg



f0078320_23360895.jpg



f0078320_23354606.jpg



f0078320_23355196.jpg



f0078320_23361947.jpg



f0078320_23362409.jpg


※4/23よりレポートに登場(4/10収容)
▽19021 薄茶 オス 4-5 2歳 13-14キロ 15キロ

推定年齢と体重を間違えて記載していました。
まだ2歳と若く、この子に悪いことをしてしまいました。
怯えていても決して攻撃的にならずに
安心して触れることができます。

過去、人とどのような接点があったのかはわかりませんが
半野良の犬達が多き地域で捕獲されていますので
おそらくあまり人とは深く関わりを持たずに
生きてきたのだろうと推測されます。
家庭犬として馴染むことは時間を必要とするかもしれません。
ですが、怯えていても攻撃性はなく大人しい子です。
うちにおいでと言ってくださる方の目にどうか留まりますように。

f0078320_23584316.jpg



f0078320_23592252.jpg



f0078320_23595153.jpg



f0078320_23595731.jpg



f0078320_00000593.jpg



f0078320_00001139.jpg



f0078320_00003089.jpg



f0078320_00002497.jpg


レポートは続きます。






関連記事

ページ上部へ戻る