ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

野良猫をなんとかしてあげたいと思うなら

ブログで子猫達の家族募集を呼びかけたり、イベントに参加し譲渡会をしていると
メルカート

同じような質問、相談をうけます。
「近所にたくさん猫がいるんです、どうすればいいですか」
「野良猫が小屋で子猫を産んで、ほっとけなくて 保護してくれませんか?」

藁にもすがる思いで
相談、問い合わせしてをされているのは充分分っています。
しかし残念ながら、簡単に
「分かりました保護します!」とは言えないのが現状です。




立派な保護施設があるわけではありません、
ボランティア活動、もちろん報酬なんてありません。

普通の家、生活のために仕事して、家事をして、
その合間にペットの世話をする、皆さんと同じです。
合間に保護猫の世話をしているだけです。

全ての保護依頼を受けいれるほどのスペースや費用はありません。

「じゃあ動物保護管理センター(保健所)に連れて行けばなんとかしてもらえるの?」

管理センターでも収容スペースには限りがあります。
職員さんも24時間居るわけではありません。




平成29年度、滋賀県動物保護管理センターに収容された猫の数
成猫208匹  子猫 531匹計739匹
譲渡されたのは、成猫36匹 子猫182匹」 計218匹
残り成猫170匹(70匹) 子猫349(507匹) 計519匹
500を超える命は殺処分です。




管理センターでは定期的に譲渡前講習会を開き、猫達の新しい飼い主さんを募集しています。
ボランティアも各地のイベントで譲渡会を開いています。
それでも、収容数に対して2割3割の命しか救えていません。

そのため、全ての『助けてください!』に応えることが出来ないのです。

管理センターの職員さん、ボランティアだけが頑張っても限界があります。
ただ新しい飼い主さんを探すだけでなく、
まずは管理センターに収容されてしまう、連れてこられる命を減らすことではないでしょうか。


親猫が育児放棄していなければ、
子育ては親猫に任せてそっと見守ってみてはどうでしょうか?

子猫達の里親募集は、
滋賀県動物保護管理協会さんのホームページにて里親募集の掲載を申し込むことができます。
利用されてみてはどうでしょうか。

滋賀県動物保護管理協会『わんにゃん掲示板』
http://www.sapca.jp/bbs

また里親募集のチラシを作り、動物病院やペット霊園等に掲示していただく、
SNSで呼び掛けるなどの方法もあります。


できれば子育てが終わったお母さん猫は、
同じことを繰り返さないように不妊手術をいていただきたいと思います。

しかしアドバイスをすると、『そんな金はない』と言われることよくがあります



動物病院によって手術費用は異なります。
県外ではありますが、数千円で手術をしてくれる施設もあります。

少しずつ、手術費用を貯めることもむりなんでしょうか。


また『滋賀県動物保護管理センター』では昨年度より地域猫活動を支援を始められ
補助金の交付も行われています。



詳しくは地域で取り組む野良猫との共存を一読ください。 

野良猫を可哀想と思うのでしたら、
アナタ自身が野良猫達に暖かい手を差し伸べてあげてください。
可哀想と思う現実を繰り返さないよう、勇気を出して一歩踏み出してみませんか?
地域猫活動を実践してみませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: しっぽ達のブログ

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る