... TOPIX

10/1センターレポート 子犬舎4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミのレポートです。


※以前のレポートより転載します。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






子犬舎 


<2-5> 1頭


☆ローズ
※2/26よりレポートに登場 (2018/12/21収容)
▽18352 黒 メス 2歳程度 14.5キロ
とても情緒が落ち着いて来て、
シャイな部分はありながらも、
人馴れが随分と進みました。
身体つきもふっくらしました。

収容当初の様子を知っていただけに、
散歩の準備をする際は、一方的に行わず、
ゆっくりと焦らずにハーネスなど装着したら、
抵抗なく表情も強張らずに行えました。
この子は理解力があると感じます。

外に出たら、しっかり尻尾をあげ、
堂々と歩いている姿に感無量でした。
毎日コツコツと行ってくれていた、職員さん方の努力の賜物です。
まだ苦手なこともあるようですが、
この子のペースを尊重しつつ見守ってあげれば、
ちゃんと応えてくれるコだろうと感じます。

毛艶もよくなり、何より人を見る表情は、
明らかに変わりました。



センターで出産・子育てと、頑張って来たローズです。
今度は、何の心配もなく、この子が幸せになる番です。
しっかり向き合って下さる方の目にとまりますよう、
祈っています。







<2-7> 1頭

☆ミノ
※7/16よりレポートに登場 (7/5収容)
▽19105 茶 オス(去勢済) 6歳ぐらい 14キロ
「飼い主募集中!No.19105」
普段散歩で会う子達と、何ら変わりないです。

表情を見ているだけで、性格の良さがにじみ出ているようで、
年齢から来るものか、程よい落ち着きがあり、
一緒に生活し易いだろうと感じます。

この子も過去には家族がいたのでしょうに、
なぜ今センターにいるのか理解に苦しみます。
この子に原因があるとは微塵も感じません。

散歩もとても上手で慣れています。
今直ぐにでも、家庭犬として馴染めそうです。

人が大好きなこの子を、
今度こそ最期の日まで、
そばから離さないで下さる家族の一員になれますよう、
願っています。








<2-8> 2頭

以下の2頭は兄弟です。

見ていて微笑ましい程、仲の良い兄弟。
ロイドとブーツです。
この日、人手があったので、
一緒にお散歩に連れ出しました。






☆ロイド
※5/21よりレポートに登場 (5/17引き取り・移送)
▽19052 薄茶 オス(去勢済)3歳 16.5キロ
人が大好きなロイドです。

私達が部屋に入ると、
小部屋のきわまで来て大歓迎をしてくれました。
扉を開けると、待ってましたと言わんばかりに、
速攻出て来てくれました。

お散歩の準備中も、
全く抵抗することなく、
ハーネスなど装着させてくれました。
散歩が大好きなのですが、
今の生活では体力が有り余っていて、
暫くは強い引きのままグイグイ行きますので、
負けない体力は必要です。
体格に見合った運動量をしてやることで、
徐々に落ち着いて歩くようになるのではと思います。

独特の空気を醸し出しています。
今度こそは、この子を裏切ることなく、
そばから離さないで下さるお家の子になれますようにと、
心から願っています。





☆ブーツ
※5/21よりレポートに登場 (5/17引き取り・移送)
▽19051 薄茶 オス(去勢済) 3歳 19.25キロ
ここでの生活に慣れてきたようで、
本来の明るさが出始め、当初のシャイな部分は、
殆ど見ることがなくなりました。
この子も人が大好きです。
大喜びで迎えてくれました。

ロイドより、一回り大きいブーツですが、
とても素直で可愛いコです。

この子も、散歩の準備時大変大人しくさせてくれ、
やはり同じくスタートしてしばらくは、
グイグイと引きます。
嬉しくて仕方がないという様子を全身で表してくれるので、
歩いていて嬉しくなる程でした。
しかし、この体格ですから引きはかなり強いです。
すっかり息があがってしまい、
長い舌が出っぱなしになってしまいました。
この子もきっと、毎日散歩に出ることができて、
充分な運動をさせる環境に入ることで、
落ち着いてくるのではないかと感じます。

お互いに慕っている様子をひしひしと感じるこの2頭。
第二の犬生は、
せめて一緒にスタートを切らせてあげたいと、
そう願ってやみません。




レポートは続きます。





関連記事

ページ上部へ戻る