... TOPIX

11/19センターレポート E部屋   3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママ&時々付き人のレポートです。





引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★あの子はどうしましたか?の、安否確認のみの問い合わせには、
多くの対応をしてる為、返信できませんのでご了承下さい!








※新しく紹介する子(E-7)以外は先週レポートより転載します。
















<E-7>



※11/19レポート初登場(11/14引き取り)
▽19210 白茶 オス 8歳 13キロくらい


半長毛で綺麗な毛並みをしたマルクです。
このひマルクに初めて会ったので、
ケージの前で「こんにちは」と挨拶をすると
小さい低い声でウーーと唸っていました。
あれあれ?怖いのかな?と思い、少しそのまま時間をかけて
様子を見ていると唸る声もすぐ止まったので
ケージの扉を開けるとそろそろと出てこようとしたので
ロープをかけようとすると少し嫌がっていました。
それでもロープをかけると自ら外に出てきて
手を差し出しても唸るようなこともなく
どこを触っても嫌がらない子でした。
やはり初めてだったので、少し警戒していただけなのだと思います。
顔の右半分に模様があるので、
右から撮影したものと、左から撮影したものでは
大分印象が違います。
毛がふさふさなのでわかりづらいですが
抱っこしてみるとこの体長にしてはかなり軽く感じました。
人馴れは問題ありませんので
優しく接してくださるご家族にはすぐに慣れてくれると思います。
マルクが本当の家族のもとで再スタートが切れる日が
一日でも早くやってきますように。
f0078320_12324473.jpg
f0078320_12325877.jpg
f0078320_12343931.jpg
f0078320_12345964.jpg
f0078320_12361026.jpg
f0078320_12362751.jpg
f0078320_12364295.jpg
f0078320_12370373.jpg
f0078320_12372430.jpg














※以下、先週レポートより転載します。


<E-1>

☆ソラン
※1/29よりレポートに登場 (1/28他抑留所から移送)
▽18321 茶 オス(去勢済)2歳程度 13.5キロ(太り気味)


毎週の訪問中、ドキドキしつつもちゅーるを楽しみにしているようにも見えるソランです。
ケージの中にさえ居れば落ち着いているようにも見えますが、メンバーがケージの中へ入るとドキドキは加速します。
それでも怒る事や攻撃的になる姿は無くて、お腹を出す格好のまま固まったりもします。


この日はロープをかけて、メンバー2人で誘導しながらケージの外に出てもらいました。
ケージから出てすぐはパニック状態でロープを噛む姿もありましたが、壁際へ誘導すると少し落ち着いたものの興奮から目はまん丸でした。
頑張ったご褒美のちゅーるは食べられないかな?と少し心配したのですが、
予想に反してちゅーるをしっかり食べる姿に笑ってしまいました。


ソランの知らない楽しい事が一杯あって、怖い事なんかそんなに無いんだよ!
経験不足だけど若いソランに、もっともっと色々な事を教えてくれる方の目にとまりますように。










<E-5>
※11/5レポート初登場(10/23収容)
▽19202 薄茶 メス 7歳程度 9キロくらい

小柄で甘ったれで、思わず抱きしめ守ってあげたくなる女の子です。
今回もケージの中では吠えてましたが人の側に居るときに吠える事はありません。焼きもちを焼いて吠える感じです。


人恋しくてどうしようもない!と言った感じで興奮し、ケージから出るとメンバーに代わる代わる甘え、おやつも他犬も目に入っていない、とにかく今この時に甘えたい!
そんな印象に取れる反面、
一生懸命に媚びを売って嫌われないようにしている?ようにも感じました。
尻尾は嬉しそうに揺れますが、上向きで振る姿はまだ見ていません。




この日は敷地内のお散歩にも出ました。
お散歩で外に出ると、姿勢を低くした、狐のような歩き方をしていました。
人のペースに合わせて歩けていました。
尻尾は終始上がりませんでしたが、ユラユラ揺れていて、怖がってはいないようでした。(そういう尻尾なのかも?)
お散歩中、離れた所に職員さんやメンバーを発見すると、自ら駆け寄っていました。
目が合うとお耳をペタンとしてコロンと転がって甘えていました。お外でも人が大好きな性格は変わらないようです。


室内での撮影時は甘えてばかりで気付きませんでしたが、外での散歩中は歩き方に違和感がありました。

極端に脚を庇うとか引きずるとかでは無いです。
センターからは右後脚関節痛との事なので、本犬も違和感はあるのだと思います。












レポートは続きます。







関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る