... TOPIX

12/17センターレポート 譲渡管理室   7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため

ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。

転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママレポートです。





※先週レポートより転載します。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★あの子はどうしましたか?の、安否確認のみの問い合わせには、
多くの対応をしてる為、返信できませんのでご了承下さい!












☆カット
※4/2よりレポートに登場(3/19収容)
▽19002 黒柴 オス(去勢済) 5歳程度 9キロ程度


この日はボラトリさんたちが来てくださり、
何頭かシャンプーやトリミングをしてもらっていました。
緊張からかスイッチが入るとお口が出てしまうこともあるカットですが
この日はボラトリさんがゆっくり時間をかけて
ブラッシングをしてもらっていました。
毎日お世話をしてくださっている職員さんには
ギュッと抱きしめられても大丈夫になってきたカットが
こうして他の人にでも触らせてくれるようになったのだと
普段から人を怖いと思わないようにと
じっくりと時間をかけながらカットに教えてくださった
職員さんの努力の賜物だと思いました。
ブラシが体に当てられる瞬間は
少し緊張した表情をしていたカットも
我慢することが出来ていました。
これからもゆっくりとカットの進化を応援したいと
思います。
↓↓以前のレポートより














☆ドラゴン
※2018/11/13よりレポートに登場(2018/10/18収容)
▽18229 こげ茶 テリア風 オス(去勢済) 1歳 2歳 17キロ


ボラトリさんたちが、ドラゴンにも一生懸命声をかけ
ブラッシングも挑戦してくださっていました。
ブラッシングをしようとするとすぐに移動してしまうので
写真に収めることは出来ませんでしたが
毎日お世話してくださっている職員さんには
体を触らせたり、ブラッシングもさせてくれるように
なってきています。
ドラゴンもここでの生活が1年を超え、
時間はかかっていますが、収容当初の警戒具合からすると
見違えるように変化してきています。
おやつは大好きで、体を触られるのはまだ抵抗があるようですが
首を伸ばしておやつをもらいに来ます。
毎日人間と一緒に暮らしていったら
時間をかけて人を怖くないと教えてもらったドラゴンも
もっと人を信用できるようになるだろうと思います。

↓↓以前のレポートより














☆ブロック
※11/5よりレポート登場(10/23収容)
▽19203 茶白 オス(去勢済) 8歳程度 15キロくらい
飼い主募集中!!No.19203


体形といい大きな垂れた耳といい、
まさにビーグルっぽいのですが
お顔だけが少し柴犬のような和犬っぽく
そのアンバランスさが魅力的なブロックです。
今まであまりブロックの声を聞いたことがなかったのですが
この日はビーグル特有の太く少しかすれた声で
人を呼んでいるのを初めて聞きました。
とても甘えん坊で穏やかなブロックは
一緒に生活したら最高のパートナーになると思います。
年齢的なものもあるでしょうが
基本的な性格がとても穏やかなのだと思います。
近づいて行くとじっと見つめてくる瞳を見ていると
一日も早く家庭で皆にかわいがられる日が
やってきますようにと願わずにはいられません。
↓↓以前のレポートより












☆ダイヤ
※7/9よりレポートに登場 (6/28収容)

▽19098 薄茶 メス(不妊済) 6歳程度 13キロ

飼い主募集中!!No.19098



とにかく人が大好きでかまって欲しいダイヤです。
他犬が苦手なのか、他の子が近くを通ったりすると
激しく吠えていますが
うらやましくてやきもちをやいているような感じを受けます。
わしゃわしゃと頭や体をなでてあげると
とても嬉しそうに飛びついてきたりする
とてもかわいいダイヤです。
いつでも足の指がパーに開いているのが
かわいいなと思って見ています。
後ろ足が少し悪く、お座りしたりすると開いてしまったり
するのですが、もうそんなことはこちらも忘れてしまうほど
元気一杯に飛び跳ねて私たちを呼んでくれます。
活発で明るい子が好きな方にはたまらないダイヤです。











☆ティム
※11/19よりレポート登場(11/8収容)
▽19208 テリア系 茶 オス(去勢済) 6歳 11.3キロ
飼い主募集中!!No.19208


年齢相応な落ち着きのあるティムです。
あまりしつこく触られたりするのは好まないようですが
人馴れについては全く問題ありません。
頭をなでてあげているとひっくり返ってお腹を見せて
くれたりもしていました。
おおはしゃぎするようなことはなくても
静かに甘えてくるタイプなのかと思います。
まだ少し痩せているようなので
家庭に入って栄養のある食事をしていけば
ふっくらしてますますかわいくなると思います。









※12/18のセンター譲渡会にて譲渡決定しました!
☆リリス
※8/27よりレポートに登場 (8/22収容)
▽19146 茶黒 メス(不妊済) 2歳程度 12キロ(やせぎみ)
「飼い主募集中No.19146」


人が大好きでかまってもらえることが本当に嬉しい!と
体全体で表してくれるリリスです。
この日はボラトリさんたちにたくさんかまってもらい
嬉しくてたまらない様子で
しゃがんだ人にアタックしたりしながら
大はしゃぎしていました。
人と一緒に暮らしていくことで
リリスの良さが更に磨かれていくことと思います。
まだまだ若いリリスにもいろいろな経験をさせてあげて
もっともっとたくさん楽しいことを覚えてもらいたいです。
元気一杯で明るいリリスにも
温かい手が差し伸べられますように。











☆ブラウン
※7/30よりレポートに登場 (7/17収容)
▽19115 茶 オス(去勢済) 3-5歳 11-12キロ
「飼い主募集中No.19115」


人が大好きでとても明るく、落ち着きもあるブラウンです。
フィラリアの影響からか、嬉しくてはしゃいでしまうと
少しゼイゼイいってしまいますが
そんなことも気にせず、人が近づいてくると
嬉しい!というブラウンの気持ちが伝わってきます。
柴特有の頑固さもブラウンには見られないように思えます。
フィラリアも予防しておけば、ブラウンのように苦しむことも
ありません。
まだまだ長い犬生、大好きな人間と一緒に暮らせる環境に
一日も早くおいてあげられたらと思います。












☆リッキー




※2018/5/22よりレポートに登場(2018/5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス(去勢済)  6歳  4歳 16.6キロ


いつも目を三角にして吠えているリッキーが
この日時間をかけて一緒に寄り添っていてくださった
ボラトリさんに撫でられながら
柔らかくてとてもいい表情をしていました。
時折笑顔を見せてくれたりもして
こんな表情をしているリッキーは初めて見た気がします。
ここでの生活が1年半を過ぎましたが
収容当初に比べるとおやつも手から食べれるようになったり
少しずつですが進歩しています。
毎日お世話してくださる職員さんたちの優しさを
リッキーもしっかり理解しているのだと思います。
この日のリッキーを見ていると
本当の家族にリッキーだけを見てもらえたら
きっと一気に落ち着いたかわいいリッキーになるんだなと
思わずにはいられませんでした。









※12/18のセンター譲渡会にて譲渡決定しました!

☆シズル
※11/5よりレポート登場(10/23収容)
▽19202 薄茶 メス(不妊済) 7歳程度 10.15キロ
飼い主募集中!!No.19202


人恋しくてたまらないシズルです。
人が近づくだけですぐにひっくり返ってお腹を見せて
きちんと立っていられないくらいの甘えん坊です。
お耳はぺったんこで人への不信感や警戒心などは
微塵もみられないシズルです。
甘えん坊な子が好きな方にはたまらない魅力をもった子です。
お産もしたことがあるお乳をしており
一生懸命子育てもしてきたのだと思います。
これからはシズル本犬が幸せになる番です。
たくさんたくさん甘えさせてくれるご家族に
是非迎えてもらいたいと思います。









※12/18のセンター譲渡会にて譲渡決定しました!

☆バートン
※11/19よりレポート登場(11/12収容)
▽19217 黒茶 オス(去勢済) 3歳 14.8キロ
飼い主募集中!!No.19217


見た目は厳ついのですが、
まるで子犬のようにはしゃぐバートンです。
ドッグランで皆にかまってもらって
大はしゃぎしていたバートンですが、
シャンプーはおとなしくしていたそうで
ボラトリさんたちにもかわいいかわいいと
たくさんかわいがってもらっていました。
まだ若いバートンがご家族にかわいがられ
たくさんお散歩もしてもらい、いろいろなところへ
連れていってもらう姿を想像してしまいます。
バートンの天真爛漫さをさらに伸ばしてくださる
ご家族に迎えていただければと願っています。
↓↓以前のレポートより







レポートは続きます。






関連記事

ページ上部へ戻る