... TOPIX

1/21センターレポート C部屋   2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママレポートです。





引き続き、動物愛護センターにいる

譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


あの子はどうしましたか?の、
安否確認のみの問い合わせにつきましては、
沢山の対応をしております為、返信が出来ませんので、
ご了承下さい。












※1/21レポート初登場(1/20引き取り)
▽19280 パピヨン オス 3歳8ヶ月 6.15キロ


パピヨンにしては少し大きめの男の子です。
左目が緑内障で眼球が少し出ていますが
本犬はそれを気にしている様子はありませんでした。
それでも眼圧があがってしまっていれば痛みはあると
思われます。
見た目では右目はなんともないように思えましたが
職員さんの話によりますと、
光を当ててみても両目共に反応がなく
両方見えていないようだとのことでした。
前から体を触ろうとしても、その都度ビクッと反応していたのも
やはり視力がないからだったのかもしれません。
おやつを目の前に差し出してもなかなか見つけられずに
鼻を使って探すような様子でした。
また、マズルには細い線のような痕がついており
マズルをしばられていたのか、マズルガードをつけたままに
されていたのかもしれない、とのことでした。
視力もない中できっと不安で仕方ないと思います。
どこかをゆっくり触るとすぐに
抱こうとしている人の腕に反射的に前足をかけてきて
触っている人を確認しているようでした。
抱っこをすると腕にしがみついていたりして
不安でたまらないこの子の気持ちが伝わってくるようでした。
まだまだ若いこの子に最期まで寄り添ってくださる方に
今度こそ巡り合えますように。
_f0078320_00463888.jpg
_f0078320_00465259.jpg
_f0078320_00470003.jpg
_f0078320_00471035.jpg
_f0078320_00472106.jpg
_f0078320_00473441.jpg
_f0078320_00475082.jpg
_f0078320_00475960.jpg













※1/7よりレポート登場(2019.12/20収容)
▽19256 茶 メス 7歳 11キロくらい


収容室②より移動になりました。
収容室で見ていた頃は、環境に慣れていなかったからか
物静かでおとなしい印象でしたが
この日はケージの中で「早く出して!」と
アピールしていました。
ケージから出てくると落ち着きなく動き回り
大分活発な様子を見せていました。
シニアにさしかかっている年齢ではありそうですが
元気一杯で陽気な子のようです。
この日は抱っこしようとすると上手にかわしていました。
ケージの中にいる時に隣のパピヨンが外に出ていると
吠えていましたが、他の子犬を出した時には
反応していなかったので、相性があるのかもしれません。
_f0078320_00502844.jpg
_f0078320_00504086.jpg
_f0078320_00504932.jpg
_f0078320_00505887.jpg
_f0078320_00510670.jpg
↓↓以前のレポートより








レポートは続きます。








関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る