... TOPIX

1/28 センターレポート C部屋 2頭



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




メイマミのレポートです。





引き続き、動物愛護センターにいる

譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


あの子はどうしましたか?の、
安否確認のみの問い合わせにつきましては、
沢山の対応をしております為、返信が出来ませんので、
ご了承下さい。











※1/21よりレポート登場(1/20引き取り)
▽19280 パピヨン オス 3歳8ヶ月 6.15キロ


パピヨンにしては少し大きめの男の子です。
左目が緑内障で眼球が少し出ていますが
本犬はそれを気にしている様子はありませんでした。
それでも眼圧があがってしまっていれば痛みはあると
思われます。
見た目では右目はなんともないように思えましたが
職員さんの話によりますと、
光を当ててみても両目共に反応がなく
両方見えていないようだとのことでした。
前から体を触ろうとしても、その都度ビクッと反応していたのも
やはり視力がないからだったのかもしれません。
おやつを目の前に差し出してもなかなか見つけられずに
鼻を使って探すような様子でした。
また、マズルには細い線のような痕がついており
マズルをしばられていたのか、マズルガードをつけたままに
されていたのかもしれない、とのことでした。
視力もない中できっと不安で仕方ないと思います。
どこかをゆっくり触るとすぐに
抱こうとしている人の腕に反射的に前足をかけてきて
触っている人を確認しているようでした。
抱っこをすると腕にしがみついていたりして
不安でたまらないこの子の気持ちが伝わってくるようでした。
まだまだ若いこの子に最期まで寄り添ってくださる方に
今度こそ巡り合えますように。
1/28:やはり目は殆ど見えていないようです。
でも声を掛けながら触れるいうにすると、不安が軽減するようで
尾を振って嬉しそうにしていました。
マズルに縛った痕があるので、もしかするとお口が出るのかもと
身体に触れながらよく観察しましたが、口の出る素振りは見られませんでした。
光のない暗闇の中、不安でいっぱいだろうに見知らぬ人にも心を開ける子です。
_f0078320_10330870.jpg
_f0078320_10331690.jpg
_f0078320_10332485.jpg
_f0078320_10333571.jpg










※1/7よりレポート登場(2019.12/20収容)
▽19256 茶 メス 7歳 11キロくらい

_f0078320_00224060.jpeg


_f0078320_00225771.jpeg


_f0078320_00231433.jpeg


_f0078320_00232657.jpeg


_f0078320_00234690.jpeg


_f0078320_00240641.jpeg


_f0078320_00242477.jpeg


_f0078320_00244006.jpeg


_f0078320_00245441.jpeg


_f0078320_00250623.jpeg



日に日に、本来のお茶目な姿を出し始めています。
以前のレポートにあげてた、
物静かな様子から明るい面が顔を覗き始め、
嬉しい限りです。
元気一杯です。


少々落ち着きがありませんが、
じっとなんかしていられないって様子が、
とても可愛く感じる子です。


抱っこしようとすると、
上手にスルリと交わされてしまう為、
撫でながら、不意打ちでヒョイと難なく抱っこ成功。
本犬は、唖然としていましたが、
その際も口が出る事もなく、
単に慣れてないだけで、満更でも無さそうでした。


シニアの域に入っているこの子が、
どうか残りの半生、安心して暮らせるお家の子になれますよう、
心から祈ってます。


以前の情報引き継ぎます↓
ケージの中にいる時に隣のパピヨンが外に出ていると
吠えていましたが、他の子犬を出した時には
反応していなかったので、相性があるのかもしれません。








レポートは続きます。






関連記事

ページ上部へ戻る