... TOPIX

コンビニにゃんこの夏生君、余命僅かの様です(>_

何という事でしょう…

7月にコンビニでうずくまっていたところを保護した夏生くん。

保護した数日後に生死をさまようほどの、大量の吐血。

すぐに病院へ連れて行き血液検査でレントゲン、エイズ&白血病検査を受けたのですが、、、
はっきりとした原因は特定できませんでした。

でもひとまずエイズ&白血病検査は陰性だったので一安心し、その後我が家で療養してもらいながら里親様募集を続けてきたのですが…

なんだか食欲にムラがありすぎるし、下痢気味の便が続くし、、、

朝晩、魚正の缶詰を2缶以上ずつ平らげ安心させてくれていた時期があったのですが、ここ1ヵ月ほどは徐々に食欲不振に。
なかなか体調が安定しないため、去勢手術やワクチン接種も出来ず、他の保護猫との隔離を続けながら様子を見てきました。

さらにここ10日ほどは食事量がぐんと減ってしまったため、先週末受診。
血液一般検査をして頂いたもののやはり原因が特定できなかったため、一泊入院。
各種検査(エイズ&白血病再検査、レントゲン検査、猫コロナウィルス検査など)を行っていただきました。




検査の結果、ショックな展開に(>_<)

保護数日後の検査ではエイズ&白血病検査はどちらも陰性だったのに、今回の検査では、なんとダブル陽性(>_<)
胸水も少し溜まっていて、猫コロナウイルス(人間の新型コロナとは無関係)も陽性。
伝染性腹膜炎も併発している模様。

顕著な食欲不振の原因は、白血病や伝染性腹膜炎によるものと思われます。

この病状では、余命はあと僅か(T△T)
数週間、もたないかもしれません。。。

コンビニで衰弱していたところを偶然に出会い、保護。
せっかく助かったというのに、、、
これから幸せになってもらいたかったのに、、、、

なんという残酷な事でしょう、、、、

保護直後、生死に関わるほどの大量出血があったため、、、

「この夏を生き抜いてほしい」という思いを込めて、「夏生」と名付けました。

名前の通り、夏は乗り切ってくれ、、、秋も生き抜いてくれましたが、、、

このまま、そのうち良い里親様が見つかり、幸せになってくれると思っていたのに、、、、


夏生君、隔離できるような保護場所が不足しているため、使用していない部屋で保護してきたのですが、、、
少しでも愛情を伝えられる場所に移動させたくて、現在、私の寝室で一緒に過ごしています。

いままで私の寝室で過ごしてきたチャー坊は、リビングに移動してもらいました♪


夏生君、今日現在、やはり食欲は大幅に低下していて、、、
今日はヒルズの特別療養食ad缶を1/2缶程度と、ささみをほんの数欠片、それに白飯に鰹節を混ぜたものをほんの僅か食べてくれただけです。
食べないから排便も得られず、、、今日で便秘3日目。



この先、あとどれくらい生きられるのか、、、

余命が限られていることだけは確かです。

私がしてあげられることは、しっかり愛情を伝えること,可能な限り苦痛を緩和する治療を行うこと、、、
かかりつけの獣医さんと相談しながら、最善の選択をしていくしかないかなと、思っています。



IMG_1774.jpg
★私のベッドの占有者が、チャー坊から夏生君に変わりました。

IMG_1768.jpg
★長年野良猫暮らしをしていて、怖い目にもあったのでしょう、、、 人に対する警戒心がなかなか抜けないのだけど、ナデナデすると気持ちよさそうにして、しばらくするとゴロゴロと甘えてくれます♪

IMG_1777.jpg

IMG_1779.jpg

IMG_1784.jpg
★7/27の検査ではエイズも白血病も陰性だったのに、、、

IMG_1782.jpg
★12/19の検査ではダブル陽性(T△T)

IMG_1787.jpg

IMG_1785.jpg







ちなみに、エイズや白血病、感染した直後に検査しても、検査結果には出ません。

夏生君の場合、大量吐血があったので、保護後数日後に検査したのだけど、、、
陰性で安心するのは時期尚早だったようです。

保護直前~数週間前に感染した場合、保護直後に検査して陰性であっても、しばらく待って検査すると陽性であることがあるのです。
やはり、保護後1ヶ月は待って再検査しないと、正確な結果は得られないのです。


夏生君は、食欲や便の状態の不安定さ,そもそも大量吐血の原因が不明であることなど、完全に安心できる状態ではなかったため他の保護猫たちとは隔離していたのですが、、、

ちゃんと隔離していて本当に良かった。




夏生君が生きている間に、どうか幸せを感じる時が少しでも多くありますように、、、、

どうか最期の時まで、苦痛は最小限でありますように、、、、

夏生君のために、私も出来る限りのことをしてあげたいと思っています。









苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、
そして、次に犬猫を迎え入れるときには、是非、保健所やボランティアから、お迎えください。


無理に産ませなくても、、、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)特別譲渡


br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。

関連記事

ページ上部へ戻る