... TOPIX

助けられなかった病気の猫

私達の力及ばずココちゃんを助けることができませんでした。 Before 最初の姿 食べることもできて持ち直すかに見えたのですが・・・ After 一番、元気そうな姿 保護翌日に痙攣発作が始まりその後も散発的な発作が続きました。 痙攣はおさまったものの浅い呼吸が続き、朝7時半ごろ息を引取りました。 ペット火葬のペットパパさんにお世話になりました。 社長さんに最期をお伝えしに行きました。 保護費もお返しするつもりでしたが、ご寄付として使ってほしいと御礼の品と一緒にいただきました。

関連記事

ページ上部へ戻る