... TOPIX

『春になったら桜を見ようね』 そんなことを介護の子には毎回言っていながら実現したことなかった目の前のことでいっぱいいっぱい何ヵ月も先の桜など見れるだけの命はないってわかっていても何ヵ月か先だとしてもそのくらいそっと生きてみようそしたら素敵なことがやってくるんだきっと、そういう思いで 犬たちに声をかけてきたのだと思います火葬がはじまってからは一旦自宅に戻り犬たちにトイレをさせましたまた火葬場に向かう頃には日が沈み暗くなる直前で風が冷たくかわった頃でした骨を小さな壷にいれて毎度のことだけど火葬場のご

関連記事

ページ上部へ戻る