... TOPIX

子猫はまだいる!

地域番号30 N町 これまで毎年野良猫が子猫を生みました。 子猫の遺棄や押しつけ餌やりへの苦情はありましたが根本的な解決になりませんでした。 今回、子猫はこちらで引き受ける※と言ってあるので、皆様喜んで協力してくれます。 ※猫の引取りはしないよう保健所から指導を受けています。地域の問題解決力が向上せずボランティアに押し付けるだけになるからです。N町の猫問題は、地元の人ができることで対処すべきですが、現状、登録ボランティアはいないし、早期解決のためやむを得ません。 【2丁目】地域住民がし

関連記事

ページ上部へ戻る