... TOPIX

「義足を付けてもらったコウノトリ、その陰には人間との厳しい共生の現実が・・・・・」

一時、日本では乱獲や大量の農薬で絶滅した「コウノトリ
その後、2005年に野生復帰事業が行われ何とか復活した「コウノトリ



《スポンサード リンク》



エゾシカも一時、激減したため保護活動が行われ
最近は増え過ぎたと今度は減らすためにハンターを増やし
まさしく人間に生態を左右されています。
どの野生動物も人間の便利な生活と引き換えに生態系を壊されています。

メガソーラーの大量設置で森林が伐採され
野生動物は住処と食料を奪われ
街に出てきたと騒がれて処分されています。

野生動物との共存は難しいと言われていますが
それは全て人間たちの身勝手ではないでしょうか?
自分自身もその人間たちの一人ですが。

怪我をした「コウノトリ」が義足を作ってもらい
歩けるようにリハビリをしています。
それはそれで、とても嬉しいニュースでしたが
もっと根本的な解決が国家単位で必要なのではないかと思います。

【ytv×SDGs】片脚のコウノトリ義足を~人間との共生 厳しい現実~

by: 読売テレビニュース


北海道の釧路動物園では怪我をした丹頂ツルに義足を付けてあげ
一般公開しています。
義足のタンチョウ「モモ」の物語」

by:釧路市動物園Kushiro Zoo



《スポンサード リンク》



この問題とは別に義足で新しい生活ができるようになる動物たちの話題を
掲載しておきます。

「リスに義足 世界初 トルコで」

by: BBC News Japan

【HTBニュース】脚を失った愛犬に義足を 北海道の大学が共同研究

by:HTB北海道ニュース


足を失った猫に“義足”3Dプリンターで制作(2021年7月21日放送「news every.」より)

by: 【公式】日テレNEWS



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬ランキング


関連記事

ページ上部へ戻る