幼くかわいいお顔をしていて、
きっと家庭に入ったら皆に愛される子になると思います。

姉妹と思われる子は、2ヵ月ほど前に個人ボラさんに引き出され、
一足先にご縁探しをしているようです。



※4/28よりレポート登場(4/15収容)
▼薄茶黒 オス 中長毛 7-8ヵ月 7キロ前後
かわった色合いの子で、
遠目から見るとグレーっぽく見えます。
先週も手からおやつを食べれるようになっていましたが、
今日は自ら近づいてくることも出来るようになりました。

触ることは出来るのですが、
まだ少し怖いようで、おやつをもらう時に腰がひけていました。
それでも精一杯頑張っているのだと思います。



【2-6】
※5/26よりレポート登場 (5/25他抑留所からの移送)
▼茶黒半長毛 メス 10ヵ月くらい 5-6キロ
まだ少し人が怖いようです。
それでもおやつもなんとか手から食べれました。


10ヶ月くらいでこの大きさですので、
マンションなどでも飼い易いサイズだと思います。



【2-7】
ビビリさんの3頭と常に窓際にいる1頭の
合計4頭がいるお部屋です。
うち1頭は本日引き出しました。


※3/17よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼白 メス 10ヵ月ぐらい 9キロ~(痩せています)
この子は触られるのが怖いというよりも、
人とどう接していいかわからず固まっているだけ
のように思いました。

おやつは口元に持っていき、そっと口の中に入れてあげると
モグモグと食べることが出来ました。

身体に触っても全く抵抗なく、抱っこも出来たので
早く暖かな家庭で人との関わりを深めていけば
落ち着いてかわいい姿を見せてくれるはずです。



※4/7よりレポート登場(3/31収容)
▼茶たれ耳 メス 8ヵ月ぐらい 8-9キロ
人を信用していない目をしていて
この子は過去にいったいどんな怖い目に遭ってきたのか
考えるだけで胸が詰まります。

少し離れたところからおやつを渡そうとしても
唸ってお口が出てしまいます。
なんとか人を信用できるようになる方法はないものでしょうか。
(先週レポートより)


※4/21よりレポート登場(4/10収容)
▼茶黒(中長毛) オス 7-8ヵ月 7キロ前後
とにかくなにもかもが怖いようです。
ビビリーズ仲間の2頭の上に覆いかぶさるように隠れようとします。
何か怖い思いをしたのでしょうか。

他の子たちが逃げ回っている間は
隅っこで自分はここにいませんから
とでも言っているかのように固まっていました。




【2-8】
こちらの部屋もまだ人には心を開いていない子たちです。
部屋の壁や仲間にくっついて3頭で固まっていました。
3頭とも抱っこすることも出来ませんでした。


※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
▼茶白 オス 7ヵ月ぐらい 8-9キロ
人が怖いのか、黒い子にずっとへばりつき
触ろうとするとイヤ!と顔を隠してしまって
なかなか写真を撮らせてくれませんでした。

人馴れにはもう少し時間がかかりそうです。
(先週レポートより)


※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
▼2頭姉妹 黒 メス  10ヵ月前後 8キロ前後
2頭共にさすが姉妹というべきか、
反応の仕方がほぼ同じでした。
やや長毛の子と短毛の子と、毛の長さに違いはありますが
目元などはそっくりです。
そっと触ることは出来るものの、
捕まえようとすると空噛みをするので
無理に捕まえることはせずに、そっと撫でてあげました。
2頭共におやつを口元に持っていっても
食べることはできませんでした。
もう少し時間をかければ、2頭の性格の違いも
わかるようになってくるのではないでしょうか。

▽殆ど黒 やや長毛


▽胸と足先は白 やや短毛





【選定室】  7頭


※1/27よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼① 柴 オス 6-8歳? 7-8キロ
私たちが部屋に入った時から出してもらうまで、
また、ケージに戻してから私たちが部屋を出て行くまで、
ずっと大きな声で吠えていました。
ケージから出してあげると一切吠えることはありません。
ここでの生活も長くなってきてしまっているので
お外に出たい!という欲求は当然です。

人には馴れていますが、他犬との相性があるようです。

外に出てから落ち着くまでにかなり時間がかかります。
嬉しくて嬉しくてどうしていいかわからなくなってしまうのかもしれません。
(先週レポートより)


※6/9よりレポート登場 (5/28他抑留所からの移送)
▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
警戒心が強いようで、先週も外に出すことをやめたようですが、
今日もドアを開けてリードを見せたところ、
リードをかけられるのが嫌なのか
ケージの奥でワンワン警戒吠えをしていましたので
外に出すことは控えました。


少しゆるい便をしていたので
新聞紙を取り替えようと、
上半身をケージの中に入れたところ
吠えることもなく、おとなしく新聞紙交換をさせてくれました。
正面から接すると怖いのかもしれませんが、
後ろ向きならもしかすると近寄ってきてくれるかもしれません。



※6/9よりレポート登場 (6/4引取収容)
▼③ワイヤーフォックステリア オス(おそらく去勢済み) 7-8キロくらい
人馴れ抜群で、ケージから出す時も戻す時も
おとなしく従ってくれました。
外に出るとすぐに訪問メンバーに甘えていました。

この犬種特有のくりくりの毛がとてもかわいいです。
飛び付くようなこともなく、落ち着いていますので
今すぐにでも家庭で暮らせる子だと思います。

嫌なことは嫌!という面はあると聞いています。


※3/10よりレポートに登場(3/5他抑留所からの移送)
▼④茶白 オス 去勢済み 2-3歳 11-12キロ
とても特徴のあるかすれた声で
「早く出して!」と呼んでいました。
マズルの白い線が入っているこの子のお顔は
一度見たら決して忘れることはありません(「ちくわくん」と呼ばれています)

とても人懐こく、誰からも愛される子だと思います。

早くセンターを出て
かわいがってくれるおうちに行きたいんだよね。



※昨年9/16よりレポート登場(9/1収容)
▼⑤  ベージュ オス 去勢手術済 2-3歳 20キロ~
ここでの生活ももう10ヶ月になろうとしています。
また少し太ってしまったような気がしました。

換毛期で毛がたくさん浮いていて
むしり取っていても平気でした。
ブラシできれいに取ってあげたい衝動に駆られました。

少々吠えはありますが、人懐こくてとてもいい子です。
運動もしてくれて、ダイエットに励んで頂けるお宅へ
迎えてもらえるように祈るばかりです。



※2/10よりレポート登場(2/2収容)
▼⑥ 薄茶黒 オス 去勢手術済 5-6歳 12キロ
「飼い主募集中!!№2898」

年齢不相応なくらい童顔の子です。
見た目とは違って他犬とはうまく接することができませんが
人馴れは抜群で、お座りも上手に出来ます。

一頭で飼って頂くのがお勧めです。
飼い主さんには従順で、
一緒に暮らしたら楽しい子だと思います。



※4/28よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
▼⑦ 茶 メス 2-3歳 13-14キロ程度
とても素直で、ケージの出入りもおとなしくできます。
落ち着きもあり、とても飼い易い子だと思います。

室内で共に暮らすのにもちょうどいい大きさです。
たくさん甘えさせてくれる家庭を探してあげたいです。

(先週レポートより)



レポートはパート2に続きます。
" />

... TOPIX

6/16センターレポート パート1      ⑯

ぐーちゃんママのレポートです。
加筆・修正しています。



6/16訪問レポートです。

センターで譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。
問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。



【子犬舎】  9頭


【2-5】
※4/21よりレポート登場(4/13収容)
▼茶 メス 9ヵ月程度 7キロ前後
かなり人馴れも進んでいるようで、
今まで通り窓際に行くこともありますが
おやつも手から食べれますし、抱っこも出来ました。

幼くかわいいお顔をしていて、
きっと家庭に入ったら皆に愛される子になると思います。

姉妹と思われる子は、2ヵ月ほど前に個人ボラさんに引き出され、
一足先にご縁探しをしているようです。



※4/28よりレポート登場(4/15収容)
▼薄茶黒 オス 中長毛 7-8ヵ月 7キロ前後
かわった色合いの子で、
遠目から見るとグレーっぽく見えます。
先週も手からおやつを食べれるようになっていましたが、
今日は自ら近づいてくることも出来るようになりました。

触ることは出来るのですが、
まだ少し怖いようで、おやつをもらう時に腰がひけていました。
それでも精一杯頑張っているのだと思います。



【2-6】
※5/26よりレポート登場 (5/25他抑留所からの移送)
▼茶黒半長毛 メス 10ヵ月くらい 5-6キロ
まだ少し人が怖いようです。
それでもおやつもなんとか手から食べれました。


10ヶ月くらいでこの大きさですので、
マンションなどでも飼い易いサイズだと思います。



【2-7】
ビビリさんの3頭と常に窓際にいる1頭の
合計4頭がいるお部屋です。
うち1頭は本日引き出しました。


※3/17よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼白 メス 10ヵ月ぐらい 9キロ~(痩せています)
この子は触られるのが怖いというよりも、
人とどう接していいかわからず固まっているだけ
のように思いました。

おやつは口元に持っていき、そっと口の中に入れてあげると
モグモグと食べることが出来ました。

身体に触っても全く抵抗なく、抱っこも出来たので
早く暖かな家庭で人との関わりを深めていけば
落ち着いてかわいい姿を見せてくれるはずです。



※4/7よりレポート登場(3/31収容)
▼茶たれ耳 メス 8ヵ月ぐらい 8-9キロ
人を信用していない目をしていて
この子は過去にいったいどんな怖い目に遭ってきたのか
考えるだけで胸が詰まります。

少し離れたところからおやつを渡そうとしても
唸ってお口が出てしまいます。
なんとか人を信用できるようになる方法はないものでしょうか。
(先週レポートより)


※4/21よりレポート登場(4/10収容)
▼茶黒(中長毛) オス 7-8ヵ月 7キロ前後
とにかくなにもかもが怖いようです。
ビビリーズ仲間の2頭の上に覆いかぶさるように隠れようとします。
何か怖い思いをしたのでしょうか。

他の子たちが逃げ回っている間は
隅っこで自分はここにいませんから
とでも言っているかのように固まっていました。




【2-8】
こちらの部屋もまだ人には心を開いていない子たちです。
部屋の壁や仲間にくっついて3頭で固まっていました。
3頭とも抱っこすることも出来ませんでした。


※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
▼茶白 オス 7ヵ月ぐらい 8-9キロ
人が怖いのか、黒い子にずっとへばりつき
触ろうとするとイヤ!と顔を隠してしまって
なかなか写真を撮らせてくれませんでした。

人馴れにはもう少し時間がかかりそうです。
(先週レポートより)


※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
▼2頭姉妹 黒 メス  10ヵ月前後 8キロ前後
2頭共にさすが姉妹というべきか、
反応の仕方がほぼ同じでした。
やや長毛の子と短毛の子と、毛の長さに違いはありますが
目元などはそっくりです。
そっと触ることは出来るものの、
捕まえようとすると空噛みをするので
無理に捕まえることはせずに、そっと撫でてあげました。
2頭共におやつを口元に持っていっても
食べることはできませんでした。
もう少し時間をかければ、2頭の性格の違いも
わかるようになってくるのではないでしょうか。

▽殆ど黒 やや長毛


▽胸と足先は白 やや短毛





【選定室】  7頭


※1/27よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼① 柴 オス 6-8歳? 7-8キロ
私たちが部屋に入った時から出してもらうまで、
また、ケージに戻してから私たちが部屋を出て行くまで、
ずっと大きな声で吠えていました。
ケージから出してあげると一切吠えることはありません。
ここでの生活も長くなってきてしまっているので
お外に出たい!という欲求は当然です。

人には馴れていますが、他犬との相性があるようです。

外に出てから落ち着くまでにかなり時間がかかります。
嬉しくて嬉しくてどうしていいかわからなくなってしまうのかもしれません。
(先週レポートより)


※6/9よりレポート登場 (5/28他抑留所からの移送)
▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
警戒心が強いようで、先週も外に出すことをやめたようですが、
今日もドアを開けてリードを見せたところ、
リードをかけられるのが嫌なのか
ケージの奥でワンワン警戒吠えをしていましたので
外に出すことは控えました。


少しゆるい便をしていたので
新聞紙を取り替えようと、
上半身をケージの中に入れたところ
吠えることもなく、おとなしく新聞紙交換をさせてくれました。
正面から接すると怖いのかもしれませんが、
後ろ向きならもしかすると近寄ってきてくれるかもしれません。



※6/9よりレポート登場 (6/4引取収容)
▼③ワイヤーフォックステリア オス(おそらく去勢済み) 7-8キロくらい
人馴れ抜群で、ケージから出す時も戻す時も
おとなしく従ってくれました。
外に出るとすぐに訪問メンバーに甘えていました。

この犬種特有のくりくりの毛がとてもかわいいです。
飛び付くようなこともなく、落ち着いていますので
今すぐにでも家庭で暮らせる子だと思います。

嫌なことは嫌!という面はあると聞いています。


※3/10よりレポートに登場(3/5他抑留所からの移送)
▼④茶白 オス 去勢済み 2-3歳 11-12キロ
とても特徴のあるかすれた声で
「早く出して!」と呼んでいました。
マズルの白い線が入っているこの子のお顔は
一度見たら決して忘れることはありません(「ちくわくん」と呼ばれています)

とても人懐こく、誰からも愛される子だと思います。

早くセンターを出て
かわいがってくれるおうちに行きたいんだよね。



※昨年9/16よりレポート登場(9/1収容)
▼⑤  ベージュ オス 去勢手術済 2-3歳 20キロ~
ここでの生活ももう10ヶ月になろうとしています。
また少し太ってしまったような気がしました。

換毛期で毛がたくさん浮いていて
むしり取っていても平気でした。
ブラシできれいに取ってあげたい衝動に駆られました。

少々吠えはありますが、人懐こくてとてもいい子です。
運動もしてくれて、ダイエットに励んで頂けるお宅へ
迎えてもらえるように祈るばかりです。



※2/10よりレポート登場(2/2収容)
▼⑥ 薄茶黒 オス 去勢手術済 5-6歳 12キロ
「飼い主募集中!!№2898」

年齢不相応なくらい童顔の子です。
見た目とは違って他犬とはうまく接することができませんが
人馴れは抜群で、お座りも上手に出来ます。

一頭で飼って頂くのがお勧めです。
飼い主さんには従順で、
一緒に暮らしたら楽しい子だと思います。



※4/28よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
▼⑦ 茶 メス 2-3歳 13-14キロ程度
とても素直で、ケージの出入りもおとなしくできます。
落ち着きもあり、とても飼い易い子だと思います。

室内で共に暮らすのにもちょうどいい大きさです。
たくさん甘えさせてくれる家庭を探してあげたいです。

(先週レポートより)



レポートはパート2に続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る