... TOPIX

「安楽死寸前に保護した犬が心を開くまで」

安楽死寸前にレスキューされた犬
『エディ』

それまで人間に虐待を受けていたのか
首輪を付けると異常なまでに吠えて抵抗する。

だんだん引き寄せられ
ゆっくりゆっくり身体に触れて
ゆっくりゆっくり身体を撫でていく

ほっとしたのか
身体の力が抜けていく。



それから甘えて身体を寄せていくまでに
さほど時間が掛からなかった。

この仔はまだ早く心を開いてくれたほうだと思います。
何ヶ月も心を開けない犬たちはたくさんいます。

全て、人間次第。
飼い主次第だという事がよくわかります。



涙が止まらない…安楽死寸前に救出し、恐怖に怯える犬が飼い主さんに懐くまで
http://petfilm.biz/?p=24872





捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







全世界で愛用されて
販売累計100万袋突破!
『シンプリーキャットフード』


関連記事

ページ上部へ戻る