※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 2-3歳? 13-14キロ
この子もセンターでの生活が半年近くになってきました。
攻撃性は全くないのですが、落ち着きがなくウロウロしています。
触ろうとするとスルスルと逃げていってしまいます。

それでも外の様子は気になるようで、
いつも廊下の方を眺めています。
ビビリというわけではなく、とてもマイペースな子なのだと思います。
(以前のレポートより)
先週同様、部屋に入ったところ、先週と全く同じ位置で
また伏せていました。
特に具合が悪いということではなく、
この場所で落ち着くことを覚えたのでしょうか。




※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ
この中ではこの子が一番前に出てきます。
茶色の子と役割分担を交代したかのようです。
おやつは食べに来ますが、触ろうとすると逃げてしまいます。

こちらで動かなければじっとこちらを見ていたりします。
おやつに釣られて近寄ってはきますが、
自分から人に撫でられたくて寄って来るというわけではないようです。
一番前に出てくるわりには、リーダー的存在というわけでもなく、
他の子たちがビビリさんなので
仕方なく前に出来ているという感じではないでしょうか。




※4/28よりレポート登場(4/20収容)
▼茶(半長毛) メス 1-2歳 12-13キロ
今まで一番前に出てきて吠えてみたりして、
他の子を守るような仕草をしていましたが、
どうやら白茶黒の子に部屋全体のことは任せて
自分は他のビビリちゃん達を守る役に徹しているようにこの日は見えました。

自身もそれほど人馴れしているわけではありませんが、
他のビビリちゃんたちよりはまだ人に近寄れるようになったので
ビビリちゃんたちの気持ちがわかるのでしょうか。

時間もあまりなかったため
今週も個別にロープをかけてみることが出来ませんでしたが、
いつ見ても笑顔でかわいい子です。




ビビリちゃんが3頭だったのが、1頭増えて4頭になっていました。
4頭でくっついて固まっていました。




※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
相変わらず人の動きにはビビッてしまい、
私が動くたびに逃げようとしていました。
動きをゆっくりとすればその場に落ち着いていられます。

薄茶黒の子にくっついていることが多いのですが、
薄茶黒の子よりもビビリ度合いが強いと思われます。




※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
▼茶白黒 メス 10キロぐらい? 
経験不足からくるビビリのような気がします。
固まっているだけで、積極的に逃げようとすることはありません。
先週触れたのですが、今日は茶色の子がこの子たちの前に
立ちはだかるようにいることが多く、触ることが出来ませんでした。

それでも伏せておとなしくしており、
私が動いてもそれほどビビッてしまう様子も見られません。
この子は家庭に入れば思った以上に早く馴れるのではないかと
思ってしまいます。




※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
先週と比べると、この子の落ち着き具合が一番進んだかなと思いました。
こちらがゆっくり動く分には逃げることはありませんでした。

人が怖くて他の子に頼っている、という感じはありません。
他のビビリっ子たちが寄ってくるので一緒にいてあげている、
という感じでしょうか。

それほど離れていない位置にいても、
このようにリラックスしていることも出来ました。
茶色の子や、白茶黒の子くらいまでは馴れてくれるようになるのも
あと一息ではないでしょうか。




※4/21よりレポート登場(4/9収容)
▼茶白黒 メス 1-2歳 7キロくらい
先週までは収容室②にいました。
先々週動画でもご紹介しました子ですが、
収容室のケージに入れられていた頃に比べると
格段に進歩していると思います。

収容室にいる頃には
頑なに外に出ることも、ロープをかけられることも嫌がっていたのに
他の子たちと一緒にいても全く問題ないようでした。
収容当初には人馴れには時間がかかると思ってしまいましたが
こちらの大部屋で他の犬たちと一緒にいるのは
いい刺激になっているのかもしれません。

ビビリちゃんではありますが、
経験不足からくるビビリちゃんのようなので
人が怖くて逃げ回る、というタイプではなさそうです。





【収容室①】4頭


※3/17よりレポート登場(3/10収容)
▼茶 メス 1歳前後 11キロくらい
ロープが怖いとのことでしたので、ケージを開けてみましたが、
外の様子を伺って少し出てきたものの、すぐにケージに戻ってしまいました。

以前のようにこちらも見ずに固まっている頃に比べると
大分顔をあげていられることが出来ました。

おやつも差し出してみましたが、「いらない」と言われてしまいました。
直接手から食べられないのなら、と下に置いてみましたが
見向きもしませんでした。
まだおやつを食べるまでの余裕はないようですが、
精一杯頑張っているんだと思います。




※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
▼茶黒 オス 2-3歳 13キロ前後(やせ気味)
ケージを開けて、抵抗することなくロープもかけさせてくれ、
「あれー?また来てくれたの?」とでも言っているかのように
顔をぬーっと出してから、ゆっくりと伸びをして出てきました。

おやつも優しく食べることが出来ました。

とても落ち着いていて、動きもゆっくりで穏やかなので
女の子と間違えそうになりました。

まだ痩せ気味ではありますので、15Kgくらいが適正かと思いますが
初めて犬を飼う方でも、この大きさが気にならないくらい
落ち着きがある子だと思います。




※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
▼茶 メス 1歳前後 10キロ前後
ひたすら固まってしまうビビリちゃんのようです。
触ってみようかとも思ったのですが、
先週のレポートで見たときよりも顔をあげてくれていたので
触らずにケージの外から声をかけながら撮影しました。

おやつを見せても反応はなく、
とてもそれどろではないといった様子でしたので、
そのままエサ入れにおやつを入れて
後でもいいので食べてね、と声をかけてケージを閉めました。




※レポート初登場 (6/29収容)
▼白茶 メス  12キロ前後
ケージを開ける時に外に出たそうにしていたので
(人を見て尻尾を振っていました)
ロープをかけたところ、首を曲げるようにしていました。
恐らくロープがイヤなのだと思いますが、暴れるわけではなく、
そのまま首を曲げた状態になってしまいました。


それでも外には出たいようで、
ケージの入口から顔は出すものの、
結局外には出てきませんでした。

歯を見ることができなかったので推定年齢がわかりませんが、
まだ若い子のような感じがしました。
ケージを閉めても同じように首をかしげたままでこちらを見ていて
なんだか微笑ましく思えました。





【収容室③】 3頭


※6/30よりレポート登場(6/25他抑留所からの移送)
▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ 
外に出てきて嬉しかったのか、
ずっとウロウロしていてなかなか撮影が出来ず、
保定してもらいました。

どこを触られても大丈夫なようで、
人馴れは十分だと思います。

抱っこも先週よりは上手に出来ていました。
人懐っこくてとてもかわいい子です。




※6/23よりレポートに登場 (6/16収容)
▽茶黒半長毛 オス 3-4歳 17-18キロ 
ふわふわもこもこのかわいい男の子です。
人見知りをするとのことでしたが、確かにケージから出てくる時は慎重でした。

どこを触られても嫌がることもなく、
歯も見せてくれました。

落ち着きもあり、飼い易い子だと思います。




※7/7レポート初登場 (7/6他抑留所からの移送)

▽黒茶まだら メス 4-5歳 11-12キロくらい
甲斐犬のような色合いの優しい女の子です。

歯を見た限りでこのくらいの年齢だと推測されるのですが、
年齢を感じさせないくらい元気でした。
常にニコニコ笑顔で人懐こい子です。

来週もう少しゆっくり様子が見れればと思います。




レポートはパート4に続きます。
" />

... TOPIX

7/7センターレポート パート3      ⑭

ぐーちゃんママのレポートです。
加筆・修正しています。


センターレポートパート2からの続きです。


センターで譲渡先・預かり先を探している犬たちを紹介します。
問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【E部屋】(旧シャンプー室) メス7頭


今日はいつもの6頭に加えて、収容室にいた美人犬ちゃんが加わり、
7頭になっていました。




※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 2-3歳? 13-14キロ
この子もセンターでの生活が半年近くになってきました。
攻撃性は全くないのですが、落ち着きがなくウロウロしています。
触ろうとするとスルスルと逃げていってしまいます。

それでも外の様子は気になるようで、
いつも廊下の方を眺めています。
ビビリというわけではなく、とてもマイペースな子なのだと思います。
(以前のレポートより)
先週同様、部屋に入ったところ、先週と全く同じ位置で
また伏せていました。
特に具合が悪いということではなく、
この場所で落ち着くことを覚えたのでしょうか。




※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ
この中ではこの子が一番前に出てきます。
茶色の子と役割分担を交代したかのようです。
おやつは食べに来ますが、触ろうとすると逃げてしまいます。

こちらで動かなければじっとこちらを見ていたりします。
おやつに釣られて近寄ってはきますが、
自分から人に撫でられたくて寄って来るというわけではないようです。
一番前に出てくるわりには、リーダー的存在というわけでもなく、
他の子たちがビビリさんなので
仕方なく前に出来ているという感じではないでしょうか。




※4/28よりレポート登場(4/20収容)
▼茶(半長毛) メス 1-2歳 12-13キロ
今まで一番前に出てきて吠えてみたりして、
他の子を守るような仕草をしていましたが、
どうやら白茶黒の子に部屋全体のことは任せて
自分は他のビビリちゃん達を守る役に徹しているようにこの日は見えました。

自身もそれほど人馴れしているわけではありませんが、
他のビビリちゃんたちよりはまだ人に近寄れるようになったので
ビビリちゃんたちの気持ちがわかるのでしょうか。

時間もあまりなかったため
今週も個別にロープをかけてみることが出来ませんでしたが、
いつ見ても笑顔でかわいい子です。




ビビリちゃんが3頭だったのが、1頭増えて4頭になっていました。
4頭でくっついて固まっていました。




※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
相変わらず人の動きにはビビッてしまい、
私が動くたびに逃げようとしていました。
動きをゆっくりとすればその場に落ち着いていられます。

薄茶黒の子にくっついていることが多いのですが、
薄茶黒の子よりもビビリ度合いが強いと思われます。




※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
▼茶白黒 メス 10キロぐらい? 
経験不足からくるビビリのような気がします。
固まっているだけで、積極的に逃げようとすることはありません。
先週触れたのですが、今日は茶色の子がこの子たちの前に
立ちはだかるようにいることが多く、触ることが出来ませんでした。

それでも伏せておとなしくしており、
私が動いてもそれほどビビッてしまう様子も見られません。
この子は家庭に入れば思った以上に早く馴れるのではないかと
思ってしまいます。




※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
先週と比べると、この子の落ち着き具合が一番進んだかなと思いました。
こちらがゆっくり動く分には逃げることはありませんでした。

人が怖くて他の子に頼っている、という感じはありません。
他のビビリっ子たちが寄ってくるので一緒にいてあげている、
という感じでしょうか。

それほど離れていない位置にいても、
このようにリラックスしていることも出来ました。
茶色の子や、白茶黒の子くらいまでは馴れてくれるようになるのも
あと一息ではないでしょうか。




※4/21よりレポート登場(4/9収容)
▼茶白黒 メス 1-2歳 7キロくらい
先週までは収容室②にいました。
先々週動画でもご紹介しました子ですが、
収容室のケージに入れられていた頃に比べると
格段に進歩していると思います。

収容室にいる頃には
頑なに外に出ることも、ロープをかけられることも嫌がっていたのに
他の子たちと一緒にいても全く問題ないようでした。
収容当初には人馴れには時間がかかると思ってしまいましたが
こちらの大部屋で他の犬たちと一緒にいるのは
いい刺激になっているのかもしれません。

ビビリちゃんではありますが、
経験不足からくるビビリちゃんのようなので
人が怖くて逃げ回る、というタイプではなさそうです。





【収容室①】4頭


※3/17よりレポート登場(3/10収容)
▼茶 メス 1歳前後 11キロくらい
ロープが怖いとのことでしたので、ケージを開けてみましたが、
外の様子を伺って少し出てきたものの、すぐにケージに戻ってしまいました。

以前のようにこちらも見ずに固まっている頃に比べると
大分顔をあげていられることが出来ました。

おやつも差し出してみましたが、「いらない」と言われてしまいました。
直接手から食べられないのなら、と下に置いてみましたが
見向きもしませんでした。
まだおやつを食べるまでの余裕はないようですが、
精一杯頑張っているんだと思います。




※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
▼茶黒 オス 2-3歳 13キロ前後(やせ気味)
ケージを開けて、抵抗することなくロープもかけさせてくれ、
「あれー?また来てくれたの?」とでも言っているかのように
顔をぬーっと出してから、ゆっくりと伸びをして出てきました。

おやつも優しく食べることが出来ました。

とても落ち着いていて、動きもゆっくりで穏やかなので
女の子と間違えそうになりました。

まだ痩せ気味ではありますので、15Kgくらいが適正かと思いますが
初めて犬を飼う方でも、この大きさが気にならないくらい
落ち着きがある子だと思います。




※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
▼茶 メス 1歳前後 10キロ前後
ひたすら固まってしまうビビリちゃんのようです。
触ってみようかとも思ったのですが、
先週のレポートで見たときよりも顔をあげてくれていたので
触らずにケージの外から声をかけながら撮影しました。

おやつを見せても反応はなく、
とてもそれどろではないといった様子でしたので、
そのままエサ入れにおやつを入れて
後でもいいので食べてね、と声をかけてケージを閉めました。




※レポート初登場 (6/29収容)
▼白茶 メス  12キロ前後
ケージを開ける時に外に出たそうにしていたので
(人を見て尻尾を振っていました)
ロープをかけたところ、首を曲げるようにしていました。
恐らくロープがイヤなのだと思いますが、暴れるわけではなく、
そのまま首を曲げた状態になってしまいました。


それでも外には出たいようで、
ケージの入口から顔は出すものの、
結局外には出てきませんでした。

歯を見ることができなかったので推定年齢がわかりませんが、
まだ若い子のような感じがしました。
ケージを閉めても同じように首をかしげたままでこちらを見ていて
なんだか微笑ましく思えました。





【収容室③】 3頭


※6/30よりレポート登場(6/25他抑留所からの移送)
▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ 
外に出てきて嬉しかったのか、
ずっとウロウロしていてなかなか撮影が出来ず、
保定してもらいました。

どこを触られても大丈夫なようで、
人馴れは十分だと思います。

抱っこも先週よりは上手に出来ていました。
人懐っこくてとてもかわいい子です。




※6/23よりレポートに登場 (6/16収容)
▽茶黒半長毛 オス 3-4歳 17-18キロ 
ふわふわもこもこのかわいい男の子です。
人見知りをするとのことでしたが、確かにケージから出てくる時は慎重でした。

どこを触られても嫌がることもなく、
歯も見せてくれました。

落ち着きもあり、飼い易い子だと思います。




※7/7レポート初登場 (7/6他抑留所からの移送)

▽黒茶まだら メス 4-5歳 11-12キロくらい
甲斐犬のような色合いの優しい女の子です。

歯を見た限りでこのくらいの年齢だと推測されるのですが、
年齢を感じさせないくらい元気でした。
常にニコニコ笑顔で人懐こい子です。

来週もう少しゆっくり様子が見れればと思います。




レポートはパート4に続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る