ケージを開けるとすぐに窓の方へ向かいます。
ここは自分のお家じゃなくて外に出たいのか?
もしくは、隅っこが落ち着くのかもしれません。
この日も抱っこは嫌だと拒否され、おやつも食べてくれませんでした。
少しビビリな面がありますが吠えたり、
威嚇したりなど攻撃的なところはありません。






【E部屋】(元選定室)子犬8頭 成犬6頭

中央プール
子犬が8頭、固まっていました。

どの子もまだまだ歯は生え変わっていないようで、3-4ヵ月くらいかと思います。

※7/14レポート初登場(7/1-6収容)
4きょうだい
①茶 長毛 オス 3-4ヵ月 4-5キロ



4きょうだいの中では一番大きい子。
お約束通り抱っこでしっこはしたものの、特に暴れるでもなく、
のんびりした感じの子。
抱き上げたらビビリションが少し出ました。

②茶 長毛 前足白ソックス オス 3-4ヵ月 4-5キロ




抱き上げると同じくビビリションしたものの、ぼーっとしたところがあります。
目の周りに脱毛が見られます。
どの子も、全体的に皮膚の状態はよくないようで
このあとO獣医師とO看護士にシャンプーしてもらっていました。

③茶/黒 長毛(半長毛?) オス 3-4ヵ月 4キロくらい
オスの中ではやや小ぶり。
ややおサル顔がなんとも愛嬌があって可愛らしい子です。
抱きあげるとジタバタするものの、お口が出るようなことはありません。




④茶(黒) 短毛 メス 3-4ヵ月 4キロ弱
体格的には一番小さく、この子だけ短毛です。

情けなさそうな表情がなんとも味わいがあって人気者になりそうです。


このきょうだいは、4頭とも今のところおっとりした印象です。
今後、どのような変化を見せるか楽しみです。


3きょうだい
①茶 鼻黒 前足白ソックス メス 3ヵ月ぐらい? 2-3キロ
もれなくビビリション付き抱っこです。
パタパタと前足で空をかいていましたが、それほど強い抵抗はありませんでした。



代表で歯を見せてもらいました。


②茶 鼻黒 前足白ソックス(短め)メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロ 
鼻の横大きめのハゲあり
↑の子も含めてこの姉妹も、
栄養不足によるものか、皮膚の状態がよくないです。
掻いている様子は見られませんでしたが、
それも緊張で固まっていたためかもしれません。
早くきれいにしてあげたいですね。




③黒 メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロ
ジタバタ暴れん坊で激しく抵抗し、お口が出てしまうビビリっこ。
そのためボケボケの写真ばかりです。
床で落ち着いているときは可愛らしいお顔を撮ることができました。
見事な放物線を描くビビリションも写っていました。
この中では皮膚の状態が一番悪く、気分もよくないのかもしれません。






ひとりっこ
茶黒 メス 3ヵ月超え 3-4キロ
見事にキュートなお猿さん顔。
手足をバタバタ暴れるも攻撃性は全く見られません。
この時期こんなに小さな子がヒトリで(複数でも)
お外で生きていけるわけがありません。
怪我もなく保護されてよかった、心からそう思います。



みんなで幸せになろうね。


個別ケージ
※1/27よりレポートに登場(他抑留所からの移送)
▼①柴 オス 6-8才 7-8キロ
いつも変わらず元気に迎えてくれます。
ケージから出してあげると静かになって、ちょこんとお座り。
いつものおやつくださいと、可愛らしい子です。
ケージに入っていても、目の前にほかの子が来ると、
「あっちへ行けと文句を言ってしまいます。
人と触れ合うのは楽しいようですが、犬は好きじゃないようです。






※7/14レポート初登場(7/13他抑留所からの移送)
▼③茶白 オス 3-4歳? 10キロ前後
この日最終部屋から新たに譲渡選定されました。
気の毒なくらい痩せています。

負のイメージは全く感じられません。性格の良い子だと思います。
この子に背を向けて仔犬の写真を撮っていたら、
ケージの隙間から手を出してチョイチョイとつつかれました。
探してくれない、あるいは飼育放棄した飼い主は、
たくさん遊んでくれたのでしょうか。
人に甘えたくて仕方がないのだと思います。
この子の性格などは今後のレポートでお知らせします。







7/14レポート初登(7/13他抑留所からの移送)
▼④茶 柴 オス 2-3歳 8-9キロ 
同じく、最終部屋から選定されました。

お顔から明るい性格がにじみ出ています。
神経質なところもなく、気のいい柴だと思います。
抱っこはできますが、プラス前肢を触られるのはちょっと嫌だそうです。
赤い首輪はまだ真新しい感じなのに、
飼い主の手掛かりになりそうものは何も着けていません。
この子のことも、今後のレポートでお伝えしていきます。





※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
▼⑤ベージュ ラブ風mix 2-3歳 20キロ超え 去勢済み
すっかりおなじみさんになってしまいました。
ケージ内ではおやつがほしくて吠えてしまいますが、
出してしまえばおとなしい子です。
一度出ると満足するのか、戻されても吠えません。
言われなくてもお座りまでする、ボラ慣れしている子です。
まだ少し耳を気にして首を振っているので、
早めに診断を受けさせてあげられるといいと思います。






※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
くりくりのきれいな目が印象的。柴風のとても小さな女の子です。

人を怖がるようなことはないのですが、
抱っこは嫌ときっぱり拒否していました。
べたべたするのは好きじゃない、クールビューティさんです。
この日は手からのおやつも食べてくれませんでしたが、
ケージ内に置くと、そっとつまむように食べていました。
「ハウス」のコマンドでケージに入ったのですが、
たまたま偶然ではなく、しつけられていたのかもしれません。
無駄吠えもなく飼いやすい子だと思います。





※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
いつも長く待たされて最後になってしまうのですが、
「早くこっちに来て」と小鳥のさえずりのような甘え鳴きで呼びます。
換毛もほとんど終わって、すっかりビジンさんになっていました。
人馴れは全く問題なく、このまますぐに家庭に入っても
すんなりなじんで違和感なく過ごせそうです。





【4日目の部屋】6頭

※3/31よりレポートに登場(3/30他拘留所より移送)
▼茶鼻黒 オス 2-3才くらい 8キロ前後
私がこの部屋に入るのはとても久しぶりなので、知らない人間と判断したのか、
常に距離を置いて隅っこで小さくなっていました。




慎重派なのか、もともとあまり食に関心がないのか、
床に置いたおやつもまだ食べません。
他の子の行動から学習してほしいのですが、
石橋をたたいて渡るタイプなのでしょうか。
無理に近づいていないので断言はできませんが、
攻撃的なところは見られません。
むしろ家庭に入って、人と密に接するほうが良いのかも知れません。


※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
▼黒茶白 長毛 オス 4-5才 10-11キロ
アイ~ンのお口が憎めないモコモコちゃんです。
入った時からコホッコホッと咳が出ていてとても心配です。
元気にはしていますが、興奮したあとが特にひどいようです。
原因はフィラリア? 
そうでなくても、手遅れにならないうちに治療してあげたいです。
目を離したすきに、ちょっとしたいさかいがあり、
その後、シュンと落ち込んでいました。
人には馴れていておやつも手から食べてくれます。





※6/3よりレポートに登場(6/22収容)
▼白/薄茶 オス 2歳くらい 11-12キロ
明るい性格でとてもいい子! 太鼓判を押したくなります。
大きいチョコラブにマウントされても、
どうぞお好きにとあしらって喧嘩になりません。
ちょっと目を離したすきに、チョコラブ、↑の子と3頭でいざこざがあって、
部屋の外から制止したのですが、
そのあとも自分は関係ないようにケロッとしていました。
先週のレポートにもあるように、この中では上位にいるのかもしれません。
とはいえ、人には常にニコニコ笑顔を見せてくれる、フレンドリーな子です。






※7/7よりレポートに登場(7/2他抑留所より移送)
▼チョコラブ(mix?) オス 3-4歳 20キロ前後
純血のチョコラブのように見えます。
天真爛漫と言えなくもないのですが、周りの空気を読まず、
↑の子に付きまとってしつこくマウントを繰り返していました。
歯を見るととてもきれいでしたから、まだ3歳ぐらいかもしれません。
人にはべたべた甘える感じではありませんが、何をされてもOKですよと、
ラブらしい大らかさがあります。





※6/2よりレポートに登場(5/20収容)
▼茶白 オス 1歳前後 11-12キロ
この日、いちばんおやつに寄ってきてくれた子です。
全体にまだ幼さが残っています。1歳にしては、とても落ち着いています。
周りの空気も読めているようで、
集団の中で上手に行動している賢さを感じます。
人と生活すると良きパートナー犬となってくれそうです。





※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
▼白茶 オス 1歳前後 11キロくらい
↑の子ときょうだいと思われます。
足がスラリと長くスタイル抜群ですが、もう少し太らせてあげたいですね。
付かず離れずでしたが、ちゃっかりおやつを食べていました。
慎重なだけで、慣れてくれるのも時間の問題でしょう。
こちらから積極的に触れることはしませんでしたが、
家庭に入れば案外早く甘えん坊になるのではないでしょうか。






レポートはパート6に続きます。" />

... TOPIX

7/14センターレポート パート5      ⑳

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。


7/14レポートパート4からの続きです。
引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。

問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。

【C部屋】(元小型犬部屋)1頭

※3/24レポート登場(3/17収容)
▼茶 柴系mix メス 3-5才 7キロ前後

ケージを開けるとすぐに窓の方へ向かいます。
ここは自分のお家じゃなくて外に出たいのか?
もしくは、隅っこが落ち着くのかもしれません。
この日も抱っこは嫌だと拒否され、おやつも食べてくれませんでした。
少しビビリな面がありますが吠えたり、
威嚇したりなど攻撃的なところはありません。






【E部屋】(元選定室)子犬8頭 成犬6頭

中央プール
子犬が8頭、固まっていました。

どの子もまだまだ歯は生え変わっていないようで、3-4ヵ月くらいかと思います。

※7/14レポート初登場(7/1-6収容)
4きょうだい
①茶 長毛 オス 3-4ヵ月 4-5キロ



4きょうだいの中では一番大きい子。
お約束通り抱っこでしっこはしたものの、特に暴れるでもなく、
のんびりした感じの子。
抱き上げたらビビリションが少し出ました。

②茶 長毛 前足白ソックス オス 3-4ヵ月 4-5キロ




抱き上げると同じくビビリションしたものの、ぼーっとしたところがあります。
目の周りに脱毛が見られます。
どの子も、全体的に皮膚の状態はよくないようで
このあとO獣医師とO看護士にシャンプーしてもらっていました。

③茶/黒 長毛(半長毛?) オス 3-4ヵ月 4キロくらい
オスの中ではやや小ぶり。
ややおサル顔がなんとも愛嬌があって可愛らしい子です。
抱きあげるとジタバタするものの、お口が出るようなことはありません。




④茶(黒) 短毛 メス 3-4ヵ月 4キロ弱
体格的には一番小さく、この子だけ短毛です。

情けなさそうな表情がなんとも味わいがあって人気者になりそうです。


このきょうだいは、4頭とも今のところおっとりした印象です。
今後、どのような変化を見せるか楽しみです。


3きょうだい
①茶 鼻黒 前足白ソックス メス 3ヵ月ぐらい? 2-3キロ
もれなくビビリション付き抱っこです。
パタパタと前足で空をかいていましたが、それほど強い抵抗はありませんでした。



代表で歯を見せてもらいました。


②茶 鼻黒 前足白ソックス(短め)メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロ 
鼻の横大きめのハゲあり
↑の子も含めてこの姉妹も、
栄養不足によるものか、皮膚の状態がよくないです。
掻いている様子は見られませんでしたが、
それも緊張で固まっていたためかもしれません。
早くきれいにしてあげたいですね。




③黒 メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロ
ジタバタ暴れん坊で激しく抵抗し、お口が出てしまうビビリっこ。
そのためボケボケの写真ばかりです。
床で落ち着いているときは可愛らしいお顔を撮ることができました。
見事な放物線を描くビビリションも写っていました。
この中では皮膚の状態が一番悪く、気分もよくないのかもしれません。






ひとりっこ
茶黒 メス 3ヵ月超え 3-4キロ
見事にキュートなお猿さん顔。
手足をバタバタ暴れるも攻撃性は全く見られません。
この時期こんなに小さな子がヒトリで(複数でも)
お外で生きていけるわけがありません。
怪我もなく保護されてよかった、心からそう思います。



みんなで幸せになろうね。


個別ケージ
※1/27よりレポートに登場(他抑留所からの移送)
▼①柴 オス 6-8才 7-8キロ
いつも変わらず元気に迎えてくれます。
ケージから出してあげると静かになって、ちょこんとお座り。
いつものおやつくださいと、可愛らしい子です。
ケージに入っていても、目の前にほかの子が来ると、
「あっちへ行けと文句を言ってしまいます。
人と触れ合うのは楽しいようですが、犬は好きじゃないようです。






※7/14レポート初登場(7/13他抑留所からの移送)
▼③茶白 オス 3-4歳? 10キロ前後
この日最終部屋から新たに譲渡選定されました。
気の毒なくらい痩せています。

負のイメージは全く感じられません。性格の良い子だと思います。
この子に背を向けて仔犬の写真を撮っていたら、
ケージの隙間から手を出してチョイチョイとつつかれました。
探してくれない、あるいは飼育放棄した飼い主は、
たくさん遊んでくれたのでしょうか。
人に甘えたくて仕方がないのだと思います。
この子の性格などは今後のレポートでお知らせします。







7/14レポート初登(7/13他抑留所からの移送)
▼④茶 柴 オス 2-3歳 8-9キロ 
同じく、最終部屋から選定されました。

お顔から明るい性格がにじみ出ています。
神経質なところもなく、気のいい柴だと思います。
抱っこはできますが、プラス前肢を触られるのはちょっと嫌だそうです。
赤い首輪はまだ真新しい感じなのに、
飼い主の手掛かりになりそうものは何も着けていません。
この子のことも、今後のレポートでお伝えしていきます。





※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
▼⑤ベージュ ラブ風mix 2-3歳 20キロ超え 去勢済み
すっかりおなじみさんになってしまいました。
ケージ内ではおやつがほしくて吠えてしまいますが、
出してしまえばおとなしい子です。
一度出ると満足するのか、戻されても吠えません。
言われなくてもお座りまでする、ボラ慣れしている子です。
まだ少し耳を気にして首を振っているので、
早めに診断を受けさせてあげられるといいと思います。






※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
くりくりのきれいな目が印象的。柴風のとても小さな女の子です。

人を怖がるようなことはないのですが、
抱っこは嫌ときっぱり拒否していました。
べたべたするのは好きじゃない、クールビューティさんです。
この日は手からのおやつも食べてくれませんでしたが、
ケージ内に置くと、そっとつまむように食べていました。
「ハウス」のコマンドでケージに入ったのですが、
たまたま偶然ではなく、しつけられていたのかもしれません。
無駄吠えもなく飼いやすい子だと思います。





※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
いつも長く待たされて最後になってしまうのですが、
「早くこっちに来て」と小鳥のさえずりのような甘え鳴きで呼びます。
換毛もほとんど終わって、すっかりビジンさんになっていました。
人馴れは全く問題なく、このまますぐに家庭に入っても
すんなりなじんで違和感なく過ごせそうです。





【4日目の部屋】6頭

※3/31よりレポートに登場(3/30他拘留所より移送)
▼茶鼻黒 オス 2-3才くらい 8キロ前後
私がこの部屋に入るのはとても久しぶりなので、知らない人間と判断したのか、
常に距離を置いて隅っこで小さくなっていました。




慎重派なのか、もともとあまり食に関心がないのか、
床に置いたおやつもまだ食べません。
他の子の行動から学習してほしいのですが、
石橋をたたいて渡るタイプなのでしょうか。
無理に近づいていないので断言はできませんが、
攻撃的なところは見られません。
むしろ家庭に入って、人と密に接するほうが良いのかも知れません。


※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
▼黒茶白 長毛 オス 4-5才 10-11キロ
アイ~ンのお口が憎めないモコモコちゃんです。
入った時からコホッコホッと咳が出ていてとても心配です。
元気にはしていますが、興奮したあとが特にひどいようです。
原因はフィラリア? 
そうでなくても、手遅れにならないうちに治療してあげたいです。
目を離したすきに、ちょっとしたいさかいがあり、
その後、シュンと落ち込んでいました。
人には馴れていておやつも手から食べてくれます。





※6/3よりレポートに登場(6/22収容)
▼白/薄茶 オス 2歳くらい 11-12キロ
明るい性格でとてもいい子! 太鼓判を押したくなります。
大きいチョコラブにマウントされても、
どうぞお好きにとあしらって喧嘩になりません。
ちょっと目を離したすきに、チョコラブ、↑の子と3頭でいざこざがあって、
部屋の外から制止したのですが、
そのあとも自分は関係ないようにケロッとしていました。
先週のレポートにもあるように、この中では上位にいるのかもしれません。
とはいえ、人には常にニコニコ笑顔を見せてくれる、フレンドリーな子です。






※7/7よりレポートに登場(7/2他抑留所より移送)
▼チョコラブ(mix?) オス 3-4歳 20キロ前後
純血のチョコラブのように見えます。
天真爛漫と言えなくもないのですが、周りの空気を読まず、
↑の子に付きまとってしつこくマウントを繰り返していました。
歯を見るととてもきれいでしたから、まだ3歳ぐらいかもしれません。
人にはべたべた甘える感じではありませんが、何をされてもOKですよと、
ラブらしい大らかさがあります。





※6/2よりレポートに登場(5/20収容)
▼茶白 オス 1歳前後 11-12キロ
この日、いちばんおやつに寄ってきてくれた子です。
全体にまだ幼さが残っています。1歳にしては、とても落ち着いています。
周りの空気も読めているようで、
集団の中で上手に行動している賢さを感じます。
人と生活すると良きパートナー犬となってくれそうです。





※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
▼白茶 オス 1歳前後 11キロくらい
↑の子ときょうだいと思われます。
足がスラリと長くスタイル抜群ですが、もう少し太らせてあげたいですね。
付かず離れずでしたが、ちゃっかりおやつを食べていました。
慎重なだけで、慣れてくれるのも時間の問題でしょう。
こちらから積極的に触れることはしませんでしたが、
家庭に入れば案外早く甘えん坊になるのではないでしょうか。






レポートはパート6に続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る