左右どちらから見ても


立っても



可愛いのです
歯は年齢相応に汚れた部分も。左の犬歯が折れていました。



No.Ⅲ
※6/16よりレポート登場 (6/4収容・6/8出産)
▼栗色茶白 メス 2歳程度? 12-3キロ

ママですが若いだけあってパワフルです。
ケージを開けると親子でワラワラ出てきますが、ママも大きさが違うだけで
子どもと一緒に出てきて、親子というよりお姉ちゃんという感じ。
そろってはしゃいで出てきます。天真爛漫ですごくいい子だと思います。
この日はメスの仔犬3頭を引き出しましたが、さすがママなんですね。
子どもたちが連れて行かれたドアをじっと見ていました。
幸せにするから安心してね。






まだママと一緒に居るオスのきょうだい2頭です。


▼茶白 オス 生後2ヵ月 2.8キロくらい
お子様過ぎて性格などはまだ見えてきませんが、
明るいママと職員さんたちのおかげで
人を怖がることはこの先もなさそうです。
床ではちょこまかと動いていましたが、抱っこするとおとなしくなりました。



▼茶つま先白 オス 生後2ヵ月 2.5キロくらい
ちょっとだけ白いつま先が可愛らしく、一見ゴールデンの仔犬のようです。
性格などは追々わかってくると思います。
今はまだ何をやってもかわいい時期です。
もう少しママから学んでもらいましょう。




No.IV

※5/26よりレポート登場 (5/19収容)
▼薄茶 メス 2‐3歳 14-15キロ

鼻筋が通ったきれいな女の子です。とにかく甘えん坊。
ケージから出てくるともう、
おやつがあってもそれよりも何よりも遊んで、構って! と
へそ天してアピールします。
ドアの向こうにいつも遊んでくれるボラを発見すると、
入ってくるまで目がドアに釘付け。
家族に迎えたら、こんなに可愛らしい子はいないと思います。







No.V
※2/17よりレポート登場(1/29収容)
▼クリーム色 メス 2歳くらい 17~18キロ

ケージから出ると、いつも真っ先に入口のドアまで走っていきます。
お散歩したいのでしょう。体重もちょっと増えたと思います。
ここにはお散歩を楽しみにしている子が大勢いるので、
この子だけ特別はありません。どうしても運動が不足しがちになります。
この日はケージに戻るのも嫌と言って、時間がかかってしまいました。
早くお散歩三昧の日々が来るといいね。




歯は奥まできれいです。



No.VI
※7/21よりレポート登場 (7/8収容)
▼白茶黒 セッター メス 4-5歳くらい 15-16キロ

体重はもう少し軽いかなーと感じました。
抱っこした感じでは13キロ前後。痩せたのかもしれません。
とてもきれい好きらしく、
ウンチをした新聞紙をケージの外に押し出していました。
抱き付いて甘えますが、
セッターを飼っている人がよく言うハチャメチャな面は感じられず、
落ち着いているほうだと思います。
甘えん坊で人恋しいがための行動だと思います。





歯はうまく撮れませんでしたがきれいなほうです。



No.VII
※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ

ケージの中ではみんなと同じように「出して!」と訴えていましたが、
出してしまえばいつもニコニコ笑顔です。
笑顔を見るとおやつをあげたくなるのですが、今日も忘れてしまいました。
それでも入るよと声を掛けると自分から入り、
満足したかのようにチョンと座ります。
人と暮らしても我儘、贅沢は言わない、手のかからない子のように思います。








No.VIII
※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
「飼い主募集中!!」№2809

収容されて8ヵ月。かなり古株になってしまいました。
おやつなしでもお座り伏せは完璧です。
犬とアクティブに遊びたい人には物足りないかもしれませんが、
犬が横にいてのんびり落ち着いた生活をしたい方にはぴったりと思います。
新聞紙が不足しているので、新聞紙ビリビリ祭りを楽しむこの子にケージは
入っていませんでした。ビリビリ祭りがこの子のストレス発散になっています。
新聞紙のご寄附をお願いします。







【4日目の部屋】7頭

※3/31レポート登場(3/30他抑留所より移送)
▼茶鼻黒 オス 2-3歳くらい 8キロ前後

隅っこ好きは相変わらずですが、人からの逃げ方に変化が見られました。
以前ほど身を低くすることもなくゆっくりかわしています。
他の子のたちから教わったことが少しずつ身に付いてきているようです。
もう一歩と言ったところでしょうか。
攻撃的なところは見られないので、家庭に入ってしまえば
人馴れは案外時間はかからないのかもしれません。
人との穏やかな暮らしを早くさせてあげたいです。








※6/30レポート登場(6/22収容)
▼白/薄茶 オス 2歳くらい 11-12キロ

明るい性格でとてもいい子! 太鼓判を押したくなります。
大きいチョコラブにマウントされても、
どうぞお好きにとあしらって、といった感じで喧嘩になりません。
と1ヵ月前のレポートに書いたのですが、

昨日はキラキラだった目が力なく感じました。
マウントされ続け笑ってやり過ごしていたとしても、
ストレスも相当感じているのかも知れません。
毛もゴワゴワで短毛なのに毛玉になっていました。
ちょうど私たちの見ている前でウンチしたのですがかなり緩くて心配です。
あきらめてしまったのでしょうか。
人には常にニコニコ笑顔を見せてくれる、フレンドリーな子です。
早くストレスから解放させてあげたいです。





なんだかんだ言っても仲良しなのかな?



※7/7レポート登場(7/2他抑留所より移送)
▼チョコラブ(mix?) オス 4-5歳 20キロ以上

純血のチョコラブではないでしょうか。
最近よく見る、ちょっと小ぶりなタイプのラブに見えます。
1か月前は、暇さえあれば白い子にマウントしていたのが
かなり減ってきました。
落ち着いてきたのかもしれませんが、
毎週見ているボラによるとこの中での力関係が変わったように感じたとのこと。
ボスでいられなくなったのかもしれません。
歯はとてもきれいです。大事にされていたのでしょうか。
ラブらしい大らかさがあり、人には何をされてもOK。
前よりは人に甘えるようになっていました。




前足にイボのようなものがありました。



※6/2レポート登場(5/20収容)
▼茶白 オス 推定1歳 11-12キロ

1歳にしてはとても落ち着いています。
おやつがなかったので余計落ち着いていたかもしれません。
表情やしぐさに幼さがあって、とてもかわいらしい子ですが、
周りの空気も読めているようで、きっと賢い子だと思います。
人と生活すると良きパートナー犬となってくれそうです。








※6/9レポート登場(5/26収容)
▼白茶 オス 推定1歳 11キロくらい

↑の子ときょうだいと思われます。
足がスラリと長くスタイル抜群ですが、もう少し太らせてあげたいですね。
相変わらず付かず離れずでおやつをもらおうとしていましたが、
残念ながら昨日はおやつはありませんでした。ごめんね。
かなり人馴れが進んでいます。家庭に入っても人との生活を理解するのに
それほど時間はかからないと思います。






※7/28よりレポートに登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼茶 柴(mix?) オス 3歳ぐらい? 10キロ前後

先週のレポートでのオドオドした感じはもう見られませんでした。
比べると目も違うと思います。
おやつを持っていなかったので、
食べ物で他の子とどう関わるかはわかりませんが、
この仲間では問題なく過ごしているようです。
抱っこもOK。お口を見ても問題ありません。
柴気質と言われる神経質なところは感じられませんでした。







※7/14よりレポートに登場 (6/29収容)
▼茶黒 オス 1-2歳 12キロ前後

先週は収容室②にいました。
シェパが入っているような、とてもきれいな男の子です。
おやつがなかったのでワラワラすることもなく、落ち着いていました。
人と触れ合いたいタイプのようで、いつも近くにスタンバイしていました。
歯がきれいなので若いとは思いますが、
この中ではリーダーの風格さえ感じました。








【4.5日目部屋】多頭飼育放棄のうちの3頭
※3頭とも6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)


元々一緒に暮らしていたファミリーですから、
彼らにとっては以前の生活とあまり変わりないのか、
ストレスがたまっている様子はほとんど見られません。
3頭とも人懐っこく、
「わ~い、待ってたよ。早く遊ぼうよ(早くおやつ?)」と
笑顔いっぱいで集まってくれます。とっても可愛らしい子たちです。
見るのもかわいそうなくらいだった皮膚も、
3頭そろってきれいになって、今では収容当時の状態がウソのようです。

▼黒(胸に白い差し毛) メス 3歳 13-14キロ
抱っこすると、この子も見た目よりずっしり重いです。
3頭の中ではおとなしく、甘え方にも女の子らしさが見られます。
目の周りのハゲもきれいになり、キラキラの瞳の美人さんになりました。
何回も何回も出産・育児を続けてきたこの子に、
本来楽しめたはずの時間を取り戻してあげたいです。




▼黒 オス 2歳 右折れ耳16-17キロ
3頭の中では一番大きく、片耳だけ折れ耳がチャームポイント。
若い子らしく元気で明るく、
性格的にも家庭に入るのに何の問題も感じられません。
見た目では14-15キロですが、太っているというより筋肉質。
運動能力がとても高そうです。






▼黒 オス 胸白 つま先白 2歳 15キロ前後
↑の子よりひと回り小さい感じです。
目の周りもお尻のあたりもきれいになりました。
毛がフサフサになったので隠れて見えませんが、この子だけ首回りの毛が
5ミリ幅くらいでぐるりと1周はげています。
細い紐のネックレスみたいに見えました。
ずーっと紐で係留され、その部分だけ毛が擦り切れたのではないでしょうか。
角度によってはカメラを通しても分かるくらいです。
1か月前はちょっとジュクジュクした感じでしたが、きれいに乾いています。
ひどい飼い方をされていたことは明白なのに、こんなにも明るく懐いてくれる
この子たちがとても愛おしく思いました。





この日引き出した子たち6頭です。
心身両面のケアを整えてから、新しいスタートラインに立ちます。
いぬ親様募集となるまで見守っていただけたら嬉しいです。










レポートはパート4に続きます。
" />

... TOPIX

8/4センターレポート パート3      ⑲

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。


8/4レポートパート2からの続きです。
引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。

問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。

【譲渡室A】成犬7頭 仔犬2頭


No.Ⅰ 
※6/9よりレポート登場 (6/2乳飲み子連れで収容)
▼茶 柴 メス 5-6歳 7キロ 

女の子にしては丸顔。とてもの穏やかな柴ちゃんです。
子育手から解放され、いよいよママが幸せになる番です。
丸顔のせいかまだ幼く感じてしまいますが、お乳を見ると
頑張って子育てしてきたんだなーと胸を打たれます。
これからは、あなただけの犬生を歩みましょう。
ここで見る限りでは、性格的にも年齢的にもサイズ的にも
犬飼い初心者でも大丈夫のように思います。
正面から見ても

左右どちらから見ても


立っても



可愛いのです
歯は年齢相応に汚れた部分も。左の犬歯が折れていました。



No.Ⅲ
※6/16よりレポート登場 (6/4収容・6/8出産)
▼栗色茶白 メス 2歳程度? 12-3キロ

ママですが若いだけあってパワフルです。
ケージを開けると親子でワラワラ出てきますが、ママも大きさが違うだけで
子どもと一緒に出てきて、親子というよりお姉ちゃんという感じ。
そろってはしゃいで出てきます。天真爛漫ですごくいい子だと思います。
この日はメスの仔犬3頭を引き出しましたが、さすがママなんですね。
子どもたちが連れて行かれたドアをじっと見ていました。
幸せにするから安心してね。






まだママと一緒に居るオスのきょうだい2頭です。


▼茶白 オス 生後2ヵ月 2.8キロくらい
お子様過ぎて性格などはまだ見えてきませんが、
明るいママと職員さんたちのおかげで
人を怖がることはこの先もなさそうです。
床ではちょこまかと動いていましたが、抱っこするとおとなしくなりました。



▼茶つま先白 オス 生後2ヵ月 2.5キロくらい
ちょっとだけ白いつま先が可愛らしく、一見ゴールデンの仔犬のようです。
性格などは追々わかってくると思います。
今はまだ何をやってもかわいい時期です。
もう少しママから学んでもらいましょう。




No.IV

※5/26よりレポート登場 (5/19収容)
▼薄茶 メス 2‐3歳 14-15キロ

鼻筋が通ったきれいな女の子です。とにかく甘えん坊。
ケージから出てくるともう、
おやつがあってもそれよりも何よりも遊んで、構って! と
へそ天してアピールします。
ドアの向こうにいつも遊んでくれるボラを発見すると、
入ってくるまで目がドアに釘付け。
家族に迎えたら、こんなに可愛らしい子はいないと思います。







No.V
※2/17よりレポート登場(1/29収容)
▼クリーム色 メス 2歳くらい 17~18キロ

ケージから出ると、いつも真っ先に入口のドアまで走っていきます。
お散歩したいのでしょう。体重もちょっと増えたと思います。
ここにはお散歩を楽しみにしている子が大勢いるので、
この子だけ特別はありません。どうしても運動が不足しがちになります。
この日はケージに戻るのも嫌と言って、時間がかかってしまいました。
早くお散歩三昧の日々が来るといいね。




歯は奥まできれいです。



No.VI
※7/21よりレポート登場 (7/8収容)
▼白茶黒 セッター メス 4-5歳くらい 15-16キロ

体重はもう少し軽いかなーと感じました。
抱っこした感じでは13キロ前後。痩せたのかもしれません。
とてもきれい好きらしく、
ウンチをした新聞紙をケージの外に押し出していました。
抱き付いて甘えますが、
セッターを飼っている人がよく言うハチャメチャな面は感じられず、
落ち着いているほうだと思います。
甘えん坊で人恋しいがための行動だと思います。





歯はうまく撮れませんでしたがきれいなほうです。



No.VII
※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ

ケージの中ではみんなと同じように「出して!」と訴えていましたが、
出してしまえばいつもニコニコ笑顔です。
笑顔を見るとおやつをあげたくなるのですが、今日も忘れてしまいました。
それでも入るよと声を掛けると自分から入り、
満足したかのようにチョンと座ります。
人と暮らしても我儘、贅沢は言わない、手のかからない子のように思います。








No.VIII
※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
「飼い主募集中!!」№2809

収容されて8ヵ月。かなり古株になってしまいました。
おやつなしでもお座り伏せは完璧です。
犬とアクティブに遊びたい人には物足りないかもしれませんが、
犬が横にいてのんびり落ち着いた生活をしたい方にはぴったりと思います。
新聞紙が不足しているので、新聞紙ビリビリ祭りを楽しむこの子にケージは
入っていませんでした。ビリビリ祭りがこの子のストレス発散になっています。
新聞紙のご寄附をお願いします。







【4日目の部屋】7頭

※3/31レポート登場(3/30他抑留所より移送)
▼茶鼻黒 オス 2-3歳くらい 8キロ前後

隅っこ好きは相変わらずですが、人からの逃げ方に変化が見られました。
以前ほど身を低くすることもなくゆっくりかわしています。
他の子のたちから教わったことが少しずつ身に付いてきているようです。
もう一歩と言ったところでしょうか。
攻撃的なところは見られないので、家庭に入ってしまえば
人馴れは案外時間はかからないのかもしれません。
人との穏やかな暮らしを早くさせてあげたいです。








※6/30レポート登場(6/22収容)
▼白/薄茶 オス 2歳くらい 11-12キロ

明るい性格でとてもいい子! 太鼓判を押したくなります。
大きいチョコラブにマウントされても、
どうぞお好きにとあしらって、といった感じで喧嘩になりません。
と1ヵ月前のレポートに書いたのですが、

昨日はキラキラだった目が力なく感じました。
マウントされ続け笑ってやり過ごしていたとしても、
ストレスも相当感じているのかも知れません。
毛もゴワゴワで短毛なのに毛玉になっていました。
ちょうど私たちの見ている前でウンチしたのですがかなり緩くて心配です。
あきらめてしまったのでしょうか。
人には常にニコニコ笑顔を見せてくれる、フレンドリーな子です。
早くストレスから解放させてあげたいです。





なんだかんだ言っても仲良しなのかな?



※7/7レポート登場(7/2他抑留所より移送)
▼チョコラブ(mix?) オス 4-5歳 20キロ以上

純血のチョコラブではないでしょうか。
最近よく見る、ちょっと小ぶりなタイプのラブに見えます。
1か月前は、暇さえあれば白い子にマウントしていたのが
かなり減ってきました。
落ち着いてきたのかもしれませんが、
毎週見ているボラによるとこの中での力関係が変わったように感じたとのこと。
ボスでいられなくなったのかもしれません。
歯はとてもきれいです。大事にされていたのでしょうか。
ラブらしい大らかさがあり、人には何をされてもOK。
前よりは人に甘えるようになっていました。




前足にイボのようなものがありました。



※6/2レポート登場(5/20収容)
▼茶白 オス 推定1歳 11-12キロ

1歳にしてはとても落ち着いています。
おやつがなかったので余計落ち着いていたかもしれません。
表情やしぐさに幼さがあって、とてもかわいらしい子ですが、
周りの空気も読めているようで、きっと賢い子だと思います。
人と生活すると良きパートナー犬となってくれそうです。








※6/9レポート登場(5/26収容)
▼白茶 オス 推定1歳 11キロくらい

↑の子ときょうだいと思われます。
足がスラリと長くスタイル抜群ですが、もう少し太らせてあげたいですね。
相変わらず付かず離れずでおやつをもらおうとしていましたが、
残念ながら昨日はおやつはありませんでした。ごめんね。
かなり人馴れが進んでいます。家庭に入っても人との生活を理解するのに
それほど時間はかからないと思います。






※7/28よりレポートに登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼茶 柴(mix?) オス 3歳ぐらい? 10キロ前後

先週のレポートでのオドオドした感じはもう見られませんでした。
比べると目も違うと思います。
おやつを持っていなかったので、
食べ物で他の子とどう関わるかはわかりませんが、
この仲間では問題なく過ごしているようです。
抱っこもOK。お口を見ても問題ありません。
柴気質と言われる神経質なところは感じられませんでした。







※7/14よりレポートに登場 (6/29収容)
▼茶黒 オス 1-2歳 12キロ前後

先週は収容室②にいました。
シェパが入っているような、とてもきれいな男の子です。
おやつがなかったのでワラワラすることもなく、落ち着いていました。
人と触れ合いたいタイプのようで、いつも近くにスタンバイしていました。
歯がきれいなので若いとは思いますが、
この中ではリーダーの風格さえ感じました。








【4.5日目部屋】多頭飼育放棄のうちの3頭
※3頭とも6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)


元々一緒に暮らしていたファミリーですから、
彼らにとっては以前の生活とあまり変わりないのか、
ストレスがたまっている様子はほとんど見られません。
3頭とも人懐っこく、
「わ~い、待ってたよ。早く遊ぼうよ(早くおやつ?)」と
笑顔いっぱいで集まってくれます。とっても可愛らしい子たちです。
見るのもかわいそうなくらいだった皮膚も、
3頭そろってきれいになって、今では収容当時の状態がウソのようです。

▼黒(胸に白い差し毛) メス 3歳 13-14キロ
抱っこすると、この子も見た目よりずっしり重いです。
3頭の中ではおとなしく、甘え方にも女の子らしさが見られます。
目の周りのハゲもきれいになり、キラキラの瞳の美人さんになりました。
何回も何回も出産・育児を続けてきたこの子に、
本来楽しめたはずの時間を取り戻してあげたいです。




▼黒 オス 2歳 右折れ耳16-17キロ
3頭の中では一番大きく、片耳だけ折れ耳がチャームポイント。
若い子らしく元気で明るく、
性格的にも家庭に入るのに何の問題も感じられません。
見た目では14-15キロですが、太っているというより筋肉質。
運動能力がとても高そうです。






▼黒 オス 胸白 つま先白 2歳 15キロ前後
↑の子よりひと回り小さい感じです。
目の周りもお尻のあたりもきれいになりました。
毛がフサフサになったので隠れて見えませんが、この子だけ首回りの毛が
5ミリ幅くらいでぐるりと1周はげています。
細い紐のネックレスみたいに見えました。
ずーっと紐で係留され、その部分だけ毛が擦り切れたのではないでしょうか。
角度によってはカメラを通しても分かるくらいです。
1か月前はちょっとジュクジュクした感じでしたが、きれいに乾いています。
ひどい飼い方をされていたことは明白なのに、こんなにも明るく懐いてくれる
この子たちがとても愛おしく思いました。





この日引き出した子たち6頭です。
心身両面のケアを整えてから、新しいスタートラインに立ちます。
いぬ親様募集となるまで見守っていただけたら嬉しいです。










レポートはパート4に続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る