ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

円山動物園へ厳しい改善勧告 - マレーグマ暴行死

2015年7月24日
札幌市円山動物園において、メスのマレーグマ「ウッチー」(推定30歳以上)が、同居中のオスのマレーグマ「ウメキチ」(5歳) から少なくとも20分にわたる激しい暴行を受け、翌日死亡。
この同居は、繁殖を目的として6月16日から実施されたもので、ウッチーは、オス「ウメキチ」(5歳)とメス「ハッピイ」(3歳)の繁殖の補 助的役割として同居させられていました。

個人の方が撮影された当日の動画には、暴行後、ウッチーが大きくあえぎながら血だらけで足を引きずり歩いている様子が撮影されています。
動画には、暴行によりすでにヘルニアが発生したためか、室内へ戻ろうにもその階段をなかなか登ることができず、その間にもオスに狙われ暴行を 受け、その後ようやく自力で室内に戻る様子も収められています。
円山動物園によると、ウッチーの同居時には常時飼育員がついており、この様子は飼育員も見ており、その上で「引き離しを行う必要がない」との 判断を下したそうです。

私どもの元へは「これは公開レイプだ」という強い怒りの声が市民から多数寄せられています。


****************************************

私たちはこの件について、下記の質問状を円山動物園に提出しました。

円山動物園 御中

貴園における動物の飼養管理体制に関する公開質問状

貴園では、多くの事故が起こっています。
2010年3月1日、ワラビーの「サンデー」(3歳)死亡。暖房から急に噴き出たスチームに驚いて施設内の壁にぶつかったと見られる。
2010年11月13日、エゾヒグマの「とわ」(2歳)と「カステラ」(0歳)が同じ放飼場に入ってしまい、体の小さな「カステラ」が「と わ」の攻撃に遭い、死亡。
2013年1月7日、コツメカワウソの「コチカ」(1歳)が死亡。プール内ですでに死んでいるところを発見。死亡原因不明。
2013年1月8日、シンリンオオカミの「キナコ」(13歳)が、檻越しに他の個体に噛まれ出血死。
2013年4月24日、インドオオコウモリが死亡(2012年に円山動物園に来園)死亡原因不明。
2013年9月24日、ホッキョクグマのマルルが転落(この事故以前にも飼育環境の危機管理の不備が市民から指摘されていた)
2014年5月28日、マレーバクの「トーヤ」(2歳半)屋外プール内の壁と鉄柵との間に左顎を引っかけ、溺れて死亡。
2015年5月3日、コツメカワウソの「ずんだ」(生後9カ月)がプール内の濾過取水口に右後肢を吸い込まれ溺れて死亡。
2015年7月25日、マレーグマのメス「ウッチー」(推定30歳以上)が、オス「ウメキチ」(5歳)、メス「ハッピイ」(3歳)の繁殖の補 助的役割として同居。5回目の同居の7月24日にウメキチからの暴行を受けて、翌日死亡。

■今回の事故について
1.7月25日に死亡したマレーグマのメス「ウッチー」(推定30歳以上)は、前日にオス「ウメキチ」(5歳)から少なくとも20分の暴行を 受けていることが確認されています。暴行後、ウッチーが大きくあえぎながら血だらけで足を引きずり歩いている様子が動画に撮影されています。 動画には、暴行によりすでにヘルニアが発生したためか、室内へ戻ろうにもその階段をなかなか登ることができず、その間にもオスに狙われ暴行を 受け、その後ようやく自力で室内に戻る様子が収められています。 ウッチーの同居時には常時監視員がついていたとのことですが、ウッチーが自力で室内に戻る以前に、「引き離しを行う必要がない」と考えたの は、どういう判断基準に基づくものか教えてください。
2.管理者が最後に生きているウッチーを確認した時刻を教えて下さい。その際にウッチーの健康状態の異常が確認できたのか、なんらかの治療を 行ったのかどうか教えてください。
3.ウメキチとウッチーは当初から仲が悪く、4回目までにもウッチーがウメキチに右足をかまれています。にもかかわらず5回目の同居に踏み 切った理由を教えて下さい。
4.今回の事故は、すぐにでも引き離す判断が必要であったと思われ、担当飼育員の適正が疑われます。事故が起きた後に担当飼育員への再教育、 または担当の変更を行ったかどうか教えてください。
5.今回のような事故の再発防止のために、どういった対策がとられるのか教えてください。

■貴園の飼育管理方法について(マレーグマに限らず動物全般)
1.貴園における、飼育員一人当たりの管理動物数を教えてください。
2.繁殖のための同居を行なう際、どのような管理体制がとられているか具体的に教えてください。(監視モニター・管理者の常駐の有無、同居を 中止させる判断基準)
3.同居を行なわせる際の、文書化されたマニュアルがあるかどうか教えてください。
4.繁殖時か否かに限らず、通常時の管理体制を教えて下さい。(監視モニターの有無、一日の目視確認回数など)
5.事故が続き改善がなされていないと考えられるのにもかかわらず、貴園では2018年秋に繁殖を目指してアジアゾウ 雄1頭、雌 2~3 頭の導入を予定しています。 一頭一頭の適切な管理ができないのであれば、これ以上の動物の導入や繁殖を廃止すべきだと思いますが、この点どうお考えかお聞かせください。

以上。


********************************
■8月4日 札幌市動物管理センターが、円山動物園へ立ち入り検査

■8月10日 円山動物園が「死亡報告書」「いただいたご質問・ご意見に対する回答」を発表
http://www.city.sapporo.jp/zoo/malayansunbear.html

この報告書、回答を読んでもなお疑問が残ります。
「当園は 44 名の職員配置を行っております。動物飼育は飼育展示課における業務となっております。」と報告書には記載されていますが、円山動物園で飼育している動物の数は、平成27年6月末現在で、合計175種901点とのことです。
44名のうち何人が飼育展示課に配属されているのかわかりませんが、単純に計算すると901÷44=約20点。
少なく見積もっても一人で20頭の動物を管理している計算になります。
同居訓練については、今後”獣医師を含む複数職員での観察”など監視体制を強化することが記載されていますが、動物飼育の人員数はそのままで、さらに同居訓練にともなう観察の業務を増やすということになれば、飼育員の負担がさらに大きくなり、一頭一頭への適切なケアはさらに難しくなります。

今まで多くの事故が起こってきたことを鑑みると、飼育員の増員は急務の課題ではないでしょうか。
もしも飼育員を増員し、一頭一頭への適切なケアを実施できる管理体制をとらないのであれば、今後は同居訓練、繁殖を廃止し、アジアゾウの導入は白紙に戻すべきだと、私たちは考えます。

■8月21日 札幌市が、円山動物園へ改善勧告
http://www.city.sapporo.jp/somu/koho/hodo/201508/20150821.html

以下抜粋(赤字部分は当方が強調)

本事案に係る円山動物園の対応は、法に基づく基準に適合していない部分があると考えられること、6のとおり繁殖推進体制のみならず、組織としての動物の管理体制全般に問題があると考えられること、並びに本事案の社会的影響の大きさを勘案し、以下のとおり対応した。
? 法第 23 条第1項に基づく円山動物園に対する改善勧告
円山動物園が、法第 21 条第1項で規定する第一種動物取扱業者が遵守すべき基準を遵守し、動物の健康及び安全を保持しながら、組織として動物の適正飼育を行えるようにするため、以下の事項に関する改善勧告を行った。
動物の繁殖推進体制のみならず、特に高齢動物や負傷動物に配慮した飼育体制及び獣医医療体制も含めた円山動物園内全ての飼育動物に係る管理体制を見直し、そのために必要な人員配置を確保するとともに、計画やマニュアルを整備するなど、法の基準に適合した適正な動物の飼育を実施できる体制を構築すること。
イ 法第 22 条第1項に規定する動物取扱責任者が中心となって、円山動物園全職員が、前述の計画やマニュアルの内容と、動物の適正飼育や飼育環境の向上に必要な事項を十分に理解するため、必要な教育を改めて実施すること。
ウ 動物の健康及び安全の保持を目的とし、新規計画中の施設、稼働前の施設及び既存の施設の総点検を実施し、必要に応じて速やかに改善措置を講じること。
上記アからウの改善計画については、平成 27 年8月 28 日(金)までに、改善結果については、平成 27 年9月 30 日(水)までに動物管理センターへ報告すること
? 本事案に係る北海道警察への情報提供
? 本事案については、法第 44 条第2項の規定による罰則の適用の可能性があることなどから、円山動物園職員からの事情聴取内容、立入調査結果、法に基づく基準への適合状況などについて、北海道警察へ情報提供をしている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: アニマルライツセンター|動物実験、動物虐待、工場的畜産、犬猫の殺処分、毛皮など非倫理的行為に反対する動物の権利団体の更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る