... TOPIX

「生き延びる為に砂利を食べて餓死寸前だったハスキー~カナダ」

カナダのバンクーバーでの出来事
道ばたにボロボロになった犬らしき物を発見し
車を止めて見てみると明かに置き去りにされた
犬でした。



発見当時は匂いもひどく泥だらけ毛も毛玉だらけでした。
発見した方はカナダの動物保護団体SPCAに連絡して
この犬は保護されました。

cached (1)
↑写真出展元:http://goo.gl/UqUcZv

発見当時、体重は15kg骨と皮だけだったそうです。
餓死寸前です。
診断した所、胃の中には何も入っておらず
土と砂利で消化不良もおこしていたそうです。

この仔は土を砂利を食べて
空腹をしのいでいたのでした。

cached_20150820104020abc.jpg
↑写真出展元:http://goo.gl/UqUcZv

カナダのSPCAは捜査権も保有しています。
この犬の虐待犯も通報で特定できたため
現在、動物虐待の罪に問われています。
約2000ドルの罰金と10年の動物飼育禁止の保護観察処分を
受ける可能性が高いです。

日本にも兵庫県にアニマルポリスができましたが
結局は何もしません。
相談を受けるだけです。
存在自体、意味ありません。
http://www.police.pref.hyogo.lg.jp/topics/animal/

日本にもSPCAはありますが
一般社団法人でもちろん捜査権などはありません。
警察機関でできないのであれば
こういう機関と連携してある程度の権限を
与える事ができれば、もっと不幸な犬猫を救えると思います。
Nippon SPCA
http://www.nipponspca.com/



道ばたに捨てられ、生き残るために砂利を食べるしかなかった犬に胸が痛む
http://spotlight-media.jp/article/160309065222115339#/






捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





お留守番してる犬猫の様子が見れる。



スマホからいつでも閲覧可能!《監視防犯カメラ》





関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る