他の犬をケージから出しても、しつこくまとわりつくようなこともなく、
穏やかにしていられます。

それでもやはり外が気になるのでしょうか。
ゆっくりお散歩もしたいよね。





※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
▼①白茶 メス  3-5歳  12キロ前後
外に出たくてワンワンと呼んでいるのですが、
外に出てくると床にべったり張り付いてしまい、なかなか撮影し辛いので
今日は抱っこしたままの写真ばかりになってしまいました。

とにかく人にくっついていたい、というのが誰にでもわかるくらい
すごい甘えっ子です。
抱っこされていればしっかり人にしがみつき、
「このままずっとこうしててくだしゃい~!」
とでも言っているかのようなお顔をしているのが本当にかわいいです。

何をされても無抵抗で、
お子様がいるご家庭でも安心して一緒に過ごせる子だと思います。





※6/9よりレポート登場(5/28他抑留所からの移送)
▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
ロープをかけられるのが苦手で、
今日もロープをかけるのに少し時間がかかってしまいました。
それでもケージから出てくれば抵抗することはありません。

ここに収容される前から、何もお手入れをしてもらっていなかったようで
毛がもさもさしていましたが、
更に3ヵ月経過し、かわいいお顔がよく見えなくなってきています。

トリミングをしてきれいにカットされたら
きっと見違えるほどかわいくなると思います。
この子本来のかわいい姿を早く見てみたいです。





※7/14よりレポート登場(7/13他抑留所からの移送)
▼③茶白 オス 3-4歳? 7キロぐらい?
とても落ち着いていて、おとなしい男の子です。
収容当時、目の周りにかさぶたのような傷があったのが気になっていましたが
もうすっかり綺麗になっていて、かわいいお顔になっていました。

少し緊張しているというか、控えめな感じは
男の子とは思えないほどです。

抱っこも問題なく出来ます。
大きさも小ぶりですので、マンションでも飼える大きさだと思います。





※8/11よりレポート登場 (8/6他抑留所からの移送)
▼④茶赤首輪 メス 10キロ弱 1歳くらい
先週レポートで、他の子が近づいた時に怒っていたとありましたが、
怒っていたのはこの子ではなく、もう一方の子でした。
この子はとても落ち着いています。

おやつも大好きなようで、抱っこされていても
普通に食べることが出来ました。

この子も↑の子と同様に小ぶりで大人しいですから
初めて犬を飼う方にも是非お勧めしたいです。





※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
▼⑤ベージュ ラブ風mix オス(去勢済み) 4歳ぐらい 20キロ超え 
来週センターを訪問する時には、
ここでの生活がとうとう1年になってしまいます。
頭数が多過ぎるせいか、なかなかご縁に恵まれません。
暑い夏も、凍えるような寒さの冬も、
この子はこのセンターで過ごしてきました。

それでも自分のおかれた現状をしっかり受け止め、
1年間もここにいながら、それでもこんな笑顔で私たちを迎えてくれるのです。

この子にも普通の家庭での生活をもう一度送らせてあげたいです。
運動不足もあって体重も増えてきています。
お耳もずっと気にして振っています。
頑張って新しい家族が出来るのを待っているこの子にも
是非目を向けてあげてください。





※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
大人しいのですが、どこか不安な感じを残した子です。
顔や体を触ることには抵抗しませんが、
少し緊張しているような様子を見せます。
何かされるのかしら?と不安感がまだ拭えないのでしょうか。

でも、おやつは食べることが出来ます。

家庭に入って、ご家族全員で愛情を注いであげれば
きっとこの子の不安感もなくなることでしょう。
この子が安心して暮らすことが出来るご家庭に
是非迎えていただきたいと思います。
不安なお顔を笑顔に変えてあげてください。





※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
とても落ち着いていて、人の指示をしっかり聞いています。
この子もこちらでの生活が長くなりつつあります。
他の子も同じですが、ここでの生活が長くなると、
やはり運動不足になってしまいますので
少しずつ太ってきてしまいます。
早くここを卒業してお散歩を一杯してもらえるおうちに行けるよう
願わずにはいられません。

今日はあまり笑顔が出ませんでしたが、
いつもニコニコ笑顔を見せてくれる子です。
たくさん待たされてしまったので疲れてしまったのでしょうか。

ちょっと不満そうなお顔をしていますが、
次回はまた笑顔が見られるように、早く撮影をして
触れ合う時間を少しでも増やしてあげたいと思います。





<プール内>子犬7頭

7頭共にまるでぬいぐるみのようにふわふわして
まるでシーズーやヨークシャテリアの赤ちゃんのような容貌です。
なぜこんなにたくさんの子犬たちがここに送られてくるのでしょう。
何度も繰り返し言うようになってしまいますが、
子犬はかわいいからと、産ませるだけ産ませて、
その後飼えないのであれば絶対に産ませないでください。
不妊・去勢手術をしてあげてください。
本来ならば、ここにいる子たちではないはずです。
この子たちには何の罪もありません。

どの子もまだまだ幼く、夫々の性格などを見ることができませんでしたので
写真と性別のみ掲載します。
どうかこの子たちにも大きくなる前に、人の温かさを味わってもらって
人が怖くないということを教えてあげてください。
ある程度大きくなって人を怖がるようになってしまわないように
一日も早くここを出してあげたいです。

幼犬は、2頭以上での預かり先のみ募集しています。


※8/25レポート初登場 (8/24収容)

オス① 薄茶/鼻・耳黒 生後2ヵ月前後 1キロ台



以下は全て 生後1.5ヵ月前後 1キロ台 
オス② 黒/顔真ん中白い線



オス③ 黒/両足先白



オス④ 黒/左足先のみ白



メス① 黒/両前足後足共に足先白



メス② 黒茶



メス③ 黒白



全て人馴れしており、飼い犬が産んだ子であることは明白です。
実はこの前日、他団体さんが別の9頭ほどの幼犬を引き出されています。
(ほぼ毎週、多くの幼犬を引き受けてくださっています)
そしてこの日、撮影している間にも、
新たに6頭の白い幼犬たちが収容されて来ました。

飼い犬には必ず不妊・去勢手術をする

この簡単なことさえできていたならば防げたはずのこの事態
皆さんはどのように思われるでしょうか。






この日引き出した子、8頭です。








一番上の子のみ、いぬ親さまが決まっています。

他の子たちは、預かりボランティアの元でケアしたのち 
準備が整い次第募集開始いたします。
応援よろしくお願いいたします。

ちばわん・いぬ親さん募集ページ


レポートは以上となります。




篠崎臨時いぬ親会
【日時】9月6日(日) 12:00~15:00
※お天気によっては早めに終了する場合もございます。






いぬ親会情報はこちらをご覧ください。


" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

8/25センターレポート パート6   ⑮(93)

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



8/25レポート・パート5からの続きです。



ここではE部屋にいた子達を紹介します。



問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【E部屋】15頭


※8/4よりレポートに登場 (7/29引取収容)
プールに係留
▼茶白長毛垂れ耳 メス(不妊手術済み) 8歳半 11キロ前後
とても人懐こく、撮影している間もずっとメンバーに甘えようと
近づいてきていました。
プールに係留されているのですが、
ケージに入っているよりも行動範囲が少しは広く、
人が入ってくれば甘えられますし、
この子にとってはいい環境なのかもしれません。

他の犬をケージから出しても、しつこくまとわりつくようなこともなく、
穏やかにしていられます。

それでもやはり外が気になるのでしょうか。
ゆっくりお散歩もしたいよね。





※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
▼①白茶 メス  3-5歳  12キロ前後
外に出たくてワンワンと呼んでいるのですが、
外に出てくると床にべったり張り付いてしまい、なかなか撮影し辛いので
今日は抱っこしたままの写真ばかりになってしまいました。

とにかく人にくっついていたい、というのが誰にでもわかるくらい
すごい甘えっ子です。
抱っこされていればしっかり人にしがみつき、
「このままずっとこうしててくだしゃい~!」
とでも言っているかのようなお顔をしているのが本当にかわいいです。

何をされても無抵抗で、
お子様がいるご家庭でも安心して一緒に過ごせる子だと思います。





※6/9よりレポート登場(5/28他抑留所からの移送)
▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
ロープをかけられるのが苦手で、
今日もロープをかけるのに少し時間がかかってしまいました。
それでもケージから出てくれば抵抗することはありません。

ここに収容される前から、何もお手入れをしてもらっていなかったようで
毛がもさもさしていましたが、
更に3ヵ月経過し、かわいいお顔がよく見えなくなってきています。

トリミングをしてきれいにカットされたら
きっと見違えるほどかわいくなると思います。
この子本来のかわいい姿を早く見てみたいです。





※7/14よりレポート登場(7/13他抑留所からの移送)
▼③茶白 オス 3-4歳? 7キロぐらい?
とても落ち着いていて、おとなしい男の子です。
収容当時、目の周りにかさぶたのような傷があったのが気になっていましたが
もうすっかり綺麗になっていて、かわいいお顔になっていました。

少し緊張しているというか、控えめな感じは
男の子とは思えないほどです。

抱っこも問題なく出来ます。
大きさも小ぶりですので、マンションでも飼える大きさだと思います。





※8/11よりレポート登場 (8/6他抑留所からの移送)
▼④茶赤首輪 メス 10キロ弱 1歳くらい
先週レポートで、他の子が近づいた時に怒っていたとありましたが、
怒っていたのはこの子ではなく、もう一方の子でした。
この子はとても落ち着いています。

おやつも大好きなようで、抱っこされていても
普通に食べることが出来ました。

この子も↑の子と同様に小ぶりで大人しいですから
初めて犬を飼う方にも是非お勧めしたいです。





※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
▼⑤ベージュ ラブ風mix オス(去勢済み) 4歳ぐらい 20キロ超え 
来週センターを訪問する時には、
ここでの生活がとうとう1年になってしまいます。
頭数が多過ぎるせいか、なかなかご縁に恵まれません。
暑い夏も、凍えるような寒さの冬も、
この子はこのセンターで過ごしてきました。

それでも自分のおかれた現状をしっかり受け止め、
1年間もここにいながら、それでもこんな笑顔で私たちを迎えてくれるのです。

この子にも普通の家庭での生活をもう一度送らせてあげたいです。
運動不足もあって体重も増えてきています。
お耳もずっと気にして振っています。
頑張って新しい家族が出来るのを待っているこの子にも
是非目を向けてあげてください。





※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
大人しいのですが、どこか不安な感じを残した子です。
顔や体を触ることには抵抗しませんが、
少し緊張しているような様子を見せます。
何かされるのかしら?と不安感がまだ拭えないのでしょうか。

でも、おやつは食べることが出来ます。

家庭に入って、ご家族全員で愛情を注いであげれば
きっとこの子の不安感もなくなることでしょう。
この子が安心して暮らすことが出来るご家庭に
是非迎えていただきたいと思います。
不安なお顔を笑顔に変えてあげてください。





※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
とても落ち着いていて、人の指示をしっかり聞いています。
この子もこちらでの生活が長くなりつつあります。
他の子も同じですが、ここでの生活が長くなると、
やはり運動不足になってしまいますので
少しずつ太ってきてしまいます。
早くここを卒業してお散歩を一杯してもらえるおうちに行けるよう
願わずにはいられません。

今日はあまり笑顔が出ませんでしたが、
いつもニコニコ笑顔を見せてくれる子です。
たくさん待たされてしまったので疲れてしまったのでしょうか。

ちょっと不満そうなお顔をしていますが、
次回はまた笑顔が見られるように、早く撮影をして
触れ合う時間を少しでも増やしてあげたいと思います。





<プール内>子犬7頭

7頭共にまるでぬいぐるみのようにふわふわして
まるでシーズーやヨークシャテリアの赤ちゃんのような容貌です。
なぜこんなにたくさんの子犬たちがここに送られてくるのでしょう。
何度も繰り返し言うようになってしまいますが、
子犬はかわいいからと、産ませるだけ産ませて、
その後飼えないのであれば絶対に産ませないでください。
不妊・去勢手術をしてあげてください。
本来ならば、ここにいる子たちではないはずです。
この子たちには何の罪もありません。

どの子もまだまだ幼く、夫々の性格などを見ることができませんでしたので
写真と性別のみ掲載します。
どうかこの子たちにも大きくなる前に、人の温かさを味わってもらって
人が怖くないということを教えてあげてください。
ある程度大きくなって人を怖がるようになってしまわないように
一日も早くここを出してあげたいです。

幼犬は、2頭以上での預かり先のみ募集しています。


※8/25レポート初登場 (8/24収容)

オス① 薄茶/鼻・耳黒 生後2ヵ月前後 1キロ台



以下は全て 生後1.5ヵ月前後 1キロ台 
オス② 黒/顔真ん中白い線



オス③ 黒/両足先白



オス④ 黒/左足先のみ白



メス① 黒/両前足後足共に足先白



メス② 黒茶



メス③ 黒白



全て人馴れしており、飼い犬が産んだ子であることは明白です。
実はこの前日、他団体さんが別の9頭ほどの幼犬を引き出されています。
(ほぼ毎週、多くの幼犬を引き受けてくださっています)
そしてこの日、撮影している間にも、
新たに6頭の白い幼犬たちが収容されて来ました。

飼い犬には必ず不妊・去勢手術をする

この簡単なことさえできていたならば防げたはずのこの事態
皆さんはどのように思われるでしょうか。






この日引き出した子、8頭です。








一番上の子のみ、いぬ親さまが決まっています。

他の子たちは、預かりボランティアの元でケアしたのち 
準備が整い次第募集開始いたします。
応援よろしくお願いいたします。

ちばわん・いぬ親さん募集ページ


レポートは以上となります。




篠崎臨時いぬ親会
【日時】9月6日(日) 12:00~15:00
※お天気によっては早めに終了する場合もございます。






いぬ親会情報はこちらをご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る