centre_reportの記事一覧

  1. 9/8センターレポートパート4      ㉓

    猫の手さんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    9/8レポートパート3からの続きです。

    引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。
    ここでは、
    仔犬舎10頭
    旧仔犬舎13頭
    を紹介しています。


    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。

    【仔犬舎】10頭

    2-5(1頭)
    ※4/28よりレポート登場(4/15収容)
    ▼薄茶黒 中長毛 オス 9-10ヵ月 10-11キロ前後

    この部屋にはしばらく入っていませんので、
    この子には初対面に近いと思います。
    「いつもと違う、信頼していいのかな」とこちらをうかがっているようでした。

    それでも手からおやつは食べてくれますし、触れるとビクッとしますが
    威嚇したりお口が出たりはなさそうでした。


    ぜんぜん吠えない子だと思ったいたのですが、
    他の子をかまっているのを見て吠えていました。
    もっと遊んでほしかったのかな? 
    だとするとこれからの人馴れは早いかもしれません。

    2-6(4頭)
    ※7/7よりレポート登場(6/29他抑留所からの移送)
    ▼白 オス 6-7ヵ月 8-9キロ

    元気な白兄弟のテンション高めちゃん。
    扉を開けると「遅いんだよー」と元気に飛び出します。


    そしてもれなくまとわりつき飛びつきます。
    人が大好きなのかおやつがほしいのか、両方だと思いますが
    おやつを待ちきれずに指までパク。抱っこも大暴れ。


    でも、落ち着いてくるとお座りもどきも披露してくれました。

    終始ニコニコ、仔犬そのものといった明るい子です。

    ※7/7よりレポート登場(7/2他抑留所からの移送)
    ▼白 オス 6-7ヵ月 8-9キロ
    上の子とお顔はそっくりですが、背中の毛が少しだけウエーブしています。


    兄弟で元気に飛び出してきますが、上の兄弟のパワーに押され気味。
    遠慮して引いちゃうお兄ちゃんタイプのようです。
    抱っこもまんざらでもないようでした。


    おやつのためには瞬間お座りを披露してくれましたが、
    早すぎてシャッターが間に合わずでした。
    人としっかり目を合わせることができるので、
    家庭でのルールを覚えるのは早いのではと思います。

    ※6/23よりレポート登場(6/12収容)
    ▼白黒 オス 6ヵ月くらい 5-6キロ
    この日もほかの子が吠えている中、隅っこで小さくなっていました。

    生まれてまだ半年ほどの小さな子が、どうしてこんな目をしているのでしょう。
    一体どんなことをされたのでしょう。
    あんたなんか信用しないと見つめる目がとても切ないです。

    それでも目を合わせることができ、お口のそばに置いたおやつは
    人が見ていても食べることができるようになりました。

    毎週、触れ合うボラの気持ちが通じているのだと思います。
    頑な気持ちがほぐれて、笑顔を見せてくれる日が待ち遠しいです。

    ※6/23よりレポート登場(6/12収容)
    ▼茶 メス 6ヶ月くらい
    写真でもわかるように、せっかくのビジンさんなのにガリガリです。


    白い兄弟たちとと息の合った合唱で「出して~」と歌っていたのに、
    出てくると静かに逃げ回り、結局はケージに戻ってしまいました。


    抱っこは慣れていないだけだと思いますが、嫌がったのでやめました。
    おやつは若干ためらいながらも手から食べてくれます。


    ややビビリさんですが、家庭に入ったらすぐに甘えん坊になりそうです。

    2-7(3頭)
    ※4/21よりレポート登場 (4/10収容)
    ▼茶黒 中長毛 オス 生後9-10月 8-9キロ
    「長めの被毛がとても可愛らしい男の子ですが、
    かわいそうになるくらい、気配を消そうと必死です。」
    これはこの子がレポートに登場した2回目のレポートです。

    人の目に触れないよう他の子の後ろに隠れようと必死でした。
    半年近くここにいて、まだ抱っこもできません。

    でも、扉を開けると出てくるようになり、私たちが見ていても
    おやつを食べることができるまでになりました。

    人馴れは遅いかもしれません。
    でも威嚇したりお口が出たりの素振りはありませんでした。
    ご承知のように、その日からベタベタになる子もいれば
    1年たってもお散歩すらできない子もいます。
    この子が生まれて収容されるまでの日々がどんなものだったのか
    私たちは想像することしかできません。

    穏やかに暮らせる日が早くきてほしいと願っています。


    ※4/7よりレポート登場(3/31収容)
    ▼茶 中長毛 たれ耳 メス 10-11ヵ月 9-10キロ

    まったく吠えません。扉を開けると↑の子とそろって出てきますが、
    逃げ回って抱っこはできません。


    収容時のレポートと比べてもかわいらしさは変わりませんし、
    大きさもこれ以上にはならないと思います。
    生後半年にも満たない子が収容され、怖い思いをしたのですから
    収容時、触れようとすると唸ったり、お口が出たりしたのも、
    他に身を守るための手段がないのですから仕方がなかったと思います。
    半年たって、そんな様子はもう見られなくなりました。
    誰もこの子が嫌がることはしないからかもしれません。
    人馴れはそれぞれ違うので、今はまだこの子なりに
    人という生き物のデータをいっぱい貯め込んでいる時期なのでしょう。

    本当の家族と出会ったときに、一気に自分を解放するタイプかもしれませんね。

    ※8/11よりレポート登場 (8/3他抑留所からの移送)
    ▼白茶 オス 5-6ヵ月 6-7キロ
    優しげなお顔の男の子です。

    いつものように窓枠に挟まっていました。

    先週のレポートでは窓枠から出して抱っこしても、
    一瞬ぱくぱくしておとなしく抱かれていたようです。


    この日はお口のそばにおやつを持って言っても、
    そばに置いても口にしないどころか見ることもしませんでした。
    かなり緊張しているようでしたから抱っこはあきらめ、
    背中をナデナデ。おとなしく撫でさせてくれました。

    収容から1ヵ月。
    まだまだこちらの様子を高いところから見ているのだと思います。

    2-8(2頭)
    ※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
    ▼ほとんど茶×胸白 オス 8ヵ月ぐらい 10-11キロ
    先週のレポートでは、何度も何度も自分で出てきて走り回っていました。
    とありましたが、この日は一歩も動かず置物のようでした。

    収容当時はもっと隠れて動かなかったようですが、
    動かないにしてもこの日は表情に自信が感じられました。


    それほど怖がっている風には見えなかったのですが、
    おやつは食べてくれませんでした。お口に合わなかったのかな。

    ※8/11よりレポート登場 (8/6他抑留所からの移送)
    (先々週まではC部屋にいました)
    ▼茶白 オス 6ヵ月ぐらい 7-8キロ
    初めてのご対面で、パッと見てバセンジー?と思ってしまいました。

    家で調べたのですが、本当にそっくりです。
    バセmixでしょうか。
    扉を開けると飛び出してカメラに飛びつきます。
    写真を撮ったらおやつがもらえると学習しているのでしょう。


    とても元気、とても懐っこい、お子様代表という感じですが、
    お座りはピシッと決めますし、ゴロンして撫でてと甘えます。


    犬とベタベタしたい人、一緒に遊びたい人にピッタリな仔犬さんです。

    【旧仔犬舎】13頭

    1-1(3頭)
    ※6/9よりレポート登場(5/26収容)
    ▼茶 メス 1歳前後 8キロ前後
    先週は、「収容室のケージにいた時とは別犬のようにしっかりとこちらに
    向き合ってくれます」と書かれていますが、
    この日はなかなか目を合わせてくれませんでした。


    おやつは手から食べてくれましたので、
    もう少し時間が必要なだけかもしれません。



    引き続き様子を見ていきたいと思います。

    ※6/9よりレポートに登場(6/8他抑留所より移送 4きょうだいで引き取り)
    ▼茶鼻黒 赤い首輪 メス 9ヵ月(1月生まれ) 8キロ前後
    少し大きくなって幼さが消えて少女になってきました。

    いつもは外のテラスで写真を撮って触れ合うのですが、
    雨だったためお部屋の中でした。そのためでしょうか、
    心なしか緊張しているように思いました。

    外から入るときも軽く窓枠を超えていましたから
    運動能力は高いと思います。

    楽しい経験をいっぱい積めば、明るい表情を見せてくれると思います。

    ※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
    ▼白 オス 8-9ヵ月 11キロ~
    この月齢の子ならはじけて甘えるのが普通ですが、
    この子は初めて会った時からほとんど変わっていません。

    動いているところを見たことがありません。
    この日も同じような写真ばかりです。
    テラスではお座りのまま、この日は隅っこに伏せたままでした。

    お口のそばに置いたおやつも食べることができません。
    ビビリちゃんではありますが、いつも人を見ています。

    その澄んだ目で私たちをもっともっと見てください。

    キミを裏切るような人はここには来ないですから。

    1-2(仔犬6頭)
    捕獲日は違うものの場所は同じで、皆血縁の子たちのようです。
    6頭ともあまり皮膚の状態がよくありませんが、収容当初と比べると
    少しずつよくなっているようです。
    どの子もおとなしく抱っこできますが、ビビリウン・ション付きです。
    ドアを開けるとちょこまかと出てくる子もいましたが、
    冒険心というより逃げまわっている感じでした。
    ウンチ掃除に大わらわでおやつをあげるのを忘れてしまいました。

    ※8/18よりレポート登場
    ▼テリア系 茶色 オス 3ヵ月くらい 4-5キロ
    長四角の顔で、エアデールテリア系のお顔です。
    一番最初に抱っこできたのも、人に興味があるからだと思います。
    性格はまだつかめませんが、何をされても平気そうです。
    このちびっこの中ではリーダー格に思いました。




    ※8/18よりレポートに登場
    ▼テリア系 薄茶/鼻黒 オス 3ヵ月ぐらい 4キロ程度



    ※8/18よりレポートに登場
    ▼テリア系 茶 オス 3ヵ月ぐらい  4キロ程度
    (唯一茶色一色の子です)




    ※8/18よりレポート登場
    ▼テリア系 薄茶/顔やや長毛 メス 3ヵ月ぐらい 3-4キロ
    (テリア系の4頭の中で唯一のメスです)



    ※8/25よりレポート登場
    ▼薄茶/鼻黒 メス 3ヵ月ぐらい 3キロ程度




    ※8/25よりレポート登場
    ▼黒茶 メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロくらい
    一番体が小さいく、テリアMIXというよりシェパの仔犬のようです。




    1-3(2頭)
    ※6/9よりレポート登場(5/28収容)
    ▼薄茶 メス 推定2-3歳 11キロぐらい
    同室のテリアmixちゃんがさかんに吠えてもこの子は吠えません。

    ドアを開けると2頭そろって嬉しそうに寄ってきます。

    近すぎて写真が撮れないのですが、だからと言って
    しつこくまとわりついたり飛びついたり、子どもっぽいことはしません。

    優しい表情に癒されます。

    犬との暮らしが初めての人にもお勧めできる子だと思います。

    ※5/12よりレポート登場(4/23収容)
    ▼白×薄茶が少し メス テリアmix 1歳前後 10キロ前後
    ドアを開けるまでは顔に似合わない太めの声で「早く~!」と呼び、
    初めて会った時のあの怯えた表情は影も形もありません。

    どこにでもいる元気な女の子になりました。


    ↑同室の穏やかなお姉さん犬の影響が大きいと思います。
    おやつも待ってましたと気ははやるのですが、
    そっとくわえるように食べてくれます。

    会うたびに人馴れ、成長していますが、急激な動きには
    ビクッと反応することがあります。

    1-4(2頭)
    姉妹と思われますが、ふたりとも人にかまってほしくて
    どちらかをかまっているともう一方が「ワタシも」と唸っています。
    いつもお世話してくれている方が、黒白ちゃんが茶白ちゃんをいじめると
    おっしゃっていましたが、この日もかなりやっていました。
    何度か注意しましたが、今のところ怪我するまではやらないようなので、
    姉妹とはいえ気が合わないのかもしれません。

    ※7/7よりレポートに登場 (6/29収容)
    ▼黒白 メス 3-4歳 13キロ前後 
    ドアを開けると我先にと出てきます。

    甘えたくて引っ付きすぎて写真が撮れず抱っこちゃんです。


    人には従順ですが、姉妹には厳しい面があり、
    茶白ちゃんが「ワタシも」と寄ってきたり、邪魔したりすると
    強く出ることがあるようです。
    茶白ちゃんも一方的にやられっぱなしではないので、
    加減はしていて人の取り合いをしているのだと思います。

    ※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
    ▼白茶 メス  3-5歳  12キロ前後
    同じく甘えん坊で抱っこしないことには写真が撮れません。

    抱っこされるのがとても上手で、その間はうっとりと満足そうな
    表情を見せてくれます。


    何をされても無抵抗で、初めての方でも安心して
    一緒に暮らせる子だと思います。

    レポートはパート5に続きます。


    続きを読む
  2. 9/8 センターレポート パート3      ⑥

    はなこさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    9/8訪問レポート パート2 からの続きです。
    引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。



    ここでは【収容室①】と【4.5日部屋】の犬たちを紹介します。



    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




    【収容室①】3頭

    ※9/8 レポート初登場 (9/3他抑留所から移送)
    ▼白 メス 1歳程度 9キロぐらい

    人馴れには全く問題のない、小柄な女の子です。




    まだまだ動きが仔犬っぽく、とても無邪気。
    抱き上げればおとなしくなるものの、
    床に下ろすと好奇心いっぱいに動き回ったり、
    かと思うと人のそばにやってきて遊ぼう!と言ってみたり。




    手を伸ばして体に触れようとしても逃げようとすることもありませんし
    全く人を警戒していません。

    おとなしく抱っこされながら
    耳をペッタンコにしてうっとりしている姿はとても可愛いです。



    すぐにでも家庭犬としてやっていける子だと思います。






    ※9/8 レポート初登場(9/1収容)
    ▼白 オス 3歳ぐらい 12-3キロ

    この子も上の子同様、人が大好きな甘えん坊です。

    出てくるなり、ちばわんメンバーに足をかけて立ち上がり
    嬉しい気持ちをアピールしていました。




    体を撫でれば、もう嬉しくて嬉しくて、力が抜けてしまいます。
    そしてすぐにヘソ天。




    楽しそうにあちこち動き回っていましたが、
    落ち着きがないというほどではない印象。
    基本はケージの中で過ごしていますので、
    外に出れば多少興奮するのは仕方のないことでしょう。

    人に構ってほしくて動くので、なかなかお顔の写真が取れませんでしたが
    急に動きを止めたと思ったら、オシッコでした。

    嬉しくて、楽しくて、排尿するのも忘れていたようで
    「あ、そういえば」というように排泄しだしたので笑ってしまいました。



    足上げではなく、四足をしっかり踏ん張るスタイルです。
    おかげで神妙なお顔をゆっくり撮影出来ました。

    明るいハッピードッグ。
    我を忘れて興奮するようなタイプではなく、人の声が届く印象がありました。
    すぐにもよいパートナーになれそうに思います。






    ※8/25よりレポートに登場 (8/11収容)
    ▼茶 メス  2-3歳 6-7キロ

    人が大好きな甘えん坊。


    (上2枚は先週レポートの写真です)

    ケージから出たら、その辺をちょろちょろっと申し訳程度に偵察して
    あとはずっとちばわんメンバーの傍にいました。

    メンバーに身を委ねてホッとしたような、安心したような顔をしており
    これまでいろいろ大変なことがあっただろうけれど
    これからは安心して幸せを探そうね、と声をかけたくなりました。



    抱きしめられ、撫でられているうちにこんな表情に。
    この時間がもっともっと続けばいいと思っていたのかな。


    とにかく体に触れてもらうのが嬉しくて仕方がないようです。
    歯を見るために頭を押さえても全く問題ありませんでした。


    小柄で、体重制限のある集合住宅でも問題なく暮らせるサイズだと思います。







    【4.5日部屋】3頭


    ※6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)
    多頭飼育放棄のうちの3頭

    皆とても明るくて天真爛漫です。
    部屋に入ったとたんに、いっせいに集まってきてこの状態。


    ここに収容される以前、
    決して満足のいくケアを受けてきたとは言えない子たちですが
    人への信頼を失わずにいてくれるのは本当に嬉しいことです。

    皆、最初はうれしくて興奮していますが
    ひとしきり満足すれば少しずつトーンダウンしていき
    落ち着いて過ごすことができるようです。


    ほんの2ヵ月前には皮膚の状態が悪かったの?というくらい
    皆きれいになっています。




    ▼黒(胸に白い差し毛) メス 3歳 13-14キロ

    この中では唯一の女の子です。

    下の2枚の写真は先週のレポートから。



    体の大きさに比して足が短めで、ちょっと”ずんぐりむっくり”な印象。
    でも、そこがチャームポイントになっています。

    おやつを持っていると嬉しくて興奮してしまいますが
    ほんの短時間だけで、後は少し下がって落ち着いています。

    もともとの性格は、きっと穏やかな子なのだでしょう。



    体を撫でられるのも大好き。
    撫でられている間、おとなしく身を任せてくれます。



    おっぱいの状態から、これまでたくさんの仔犬を産んで育ててきたことがわかります。
    これからはこの子自身が、たくさんの愛情を受けて幸せになってほしいです。






    ▼黒(首に小さく白差し毛) オス 2歳 右折れ耳16-17キロ

    この中では一番大柄な男の子。

    (上は先週レポートから)

    人に構ってもらうのが大好きで、
    撫でてあげるとうれしくてまとわりついてきますが
    ひとしきり興奮が冷めると落ち着いて人と接することができます。




    全体的に黒が強くて白い毛が目立たないので
    とても精悍に見えます。

    体格も立派で惚れ惚れするカッコよさです。






    ▼黒 オス 胸白 つま先白 2歳 15キロ前後


    上の子よりも気持ち小柄な男の子です。



    推定年齢は上の男の子と同じですが、
    この子のほうが子どもっぽいような気がします。

    胸に白い毛があることが、印象を幼いものにしているのかもしれませんが
    行動がなんとなく無邪気なのです。

    他所の部屋が気になるのか、
    何度も背伸びしては隣の部屋を覗き込んだりしていました。

    (反対側の隣りも、同じように覗いていました)

    私たちにもこうして足をかけて立ち上がりニコニコまとわり付いてきます。



    写真撮影のため、メンバーがおやつで気を引いてくれていますが
    必ずしもおやつがあるからこうして寄って来るのではなく
    かまってもらうのが嬉しいのです。



    家庭に入れば、それなりに学ばなければならないことはありそうですが
    素直な子なので躾もしやすいように思いますし
    こちらの愛情にしっかり応えてくれる子だと思います。。





    レポートはパート4に続きます。


    続きを読む
  3. 9/8 センターレポート パート2      ⑫

    はなこさんのレポートです。
    加筆・修正しています。

    9/8訪問レポート パート1 からの続きです。
    引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。



    ここでは【譲渡管理室】【別室】の犬たちを紹介します。



    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。





    【譲渡管理室(クレート内)】1311頭


    ※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
    ▼茶黒 オス(去勢済み) 3-4歳 14.26キロ(やせ気味)
    「飼い主募集中!!№3079」

    毛色のせいか、一見厳つい感じに見えるかもしれませんが
    実は見た目も性格も、とてもあどけない男の子です。





    終始穏やかな様子でしたが、
    歯を見るのだけは「イヤ、イヤ」と抵抗していました。
    それ以外はどこを触っても耳をペッタンコにして静かに喜んでいます。

    抱っこも嫌がらずにさせてくれましたし、
    おやつも手から上手にやさしく食べることが出来ます。




    この推定年齢の割にはとても落ち着いている印象です。
    遠慮している感じもありましたので、
    家庭に入って少し慣れれば、
    もっと自分を出すことが出来るようになるかもしれません。





    ※6/9よりレポート登場 (6/2乳飲み子連れで収容)
    ▼茶 柴 メス(不妊手術済み) 4-5歳 9.82キロ
    「飼い主募集中!!№3068」

    センターで2頭の子育てを無事に終えたお母さんです。


    (上の2枚は先週のレポートから)


    抜糸処置のために別室へ移動したので、ごく短時間のふれあいとなりました。
    ぜひ先週レポートもあわせてご覧下さい。

    移動のためにクレートから出される際も、リードをかけられるときも、
    人の手に素直に従います。



    柴っぽい頑固さはほとんど感じさせない、
    とても穏やかな可愛いらしい女の子です。

    ちょうど別の子を撮影しているときに処置から戻ってきましたが
    他の子にも関心があるようで、自分から匂いを嗅ぎに行っていましたし
    自分のお尻も素直に嗅がせていました。


    (左の茶白の子は、この日引き出しました)


    子どもたちはそれぞれに新たな道を歩み始めています。
    次はお母さんが幸せになる番ですよ!






    ※8/18よりレポート登場 (8/3他抑留所からの移送)
    ▼茶 オス(去勢済) 推定1歳 10.14キロ
    「飼い主募集中!!№4059」
    ※9/10追記;一般譲渡されました。
    いまかいまかと待ちきれずに、飛び出すようにクレートから出てきました。
    まだまだお子ちゃまな、元気のよい男の子です。



    外に出られたのが嬉しくて嬉しくて、動きが止まりません。

    推定年齢は1歳ですが、まだ1歳の前半ではないでしょうか。
    好奇心いっぱいで、まだまだパピーのような動きをしていました。

    床に下ろしておくと写真がブレブレなので抱っこ。
    ようやく動いていないお顔をゆっくり見ることが出来ました。



    しばらくすると「下ろしてよ~」とジタバタしていましたが
    抱っこしてすぐは「お、高い!」と、
    その状況を楽しんでいるように見えました。


    歯を見せてもらおうと思ったのですが、
    これはイヤだったらしく抵抗していました。
    それでもイヤイヤをするだけで、噛んだりすることはありません。
    撮影は出来ませんでしたが、歯はピカピカでとてもキレイでした。

    これから学ぶことはたくさんありそうですが、
    素直なので、いろんなことを楽しんで覚えてくれそうに思います。






    ※2/10よりレポート登場(2/2日収容)
    ▼薄茶黒 オス(去勢済み) 5-6歳 12キロ 
    「飼い主募集中№2898」


    この子もセンター暮らしが長くなりました。
    とにかく人が大好きで、
    一緒にいることを「うれしい、うれしい」と喜んでくれる子です。




    他の犬が苦手と言われていますが
    この日は、それぞれに犬が入っている、たくさんのクレートの前を行き来しても
    唸ったり吠えたりする様子はありませんでした。

    雨続きで、充分に運動できていない状況で
    クレート越しとはいえ他の子とトラブルがないのですから
    犬と一緒に暮らせないことはないのでは?と思いました。




    人にはどこをどう触られても嫌がるそぶりはなく
    むしろワシャワシャされるのを喜んでいるような明るい子です。

    おやつの前はしっかりオスワリもできました。


    人とのふれあいを欲している子です。
    早くよい方とのご縁がありますようにと願っています。






    ※3/31よりレポート登場(3/20収容)
    ▼茶白黒 耳折れ メス(不妊手術済み) 2歳ぐらい? 12キロ前後


    トライカラーの美人さん。


    ビビリというよりも慎重なタイプの子ではないかと思いますが
    この日はクレートの奥から動かず
    外に出たくないそぶりを見せましたので、無理には外に出しませんでした。




    手先に触れてみましたが、
    サッと引っ込めはするものの、お口が出たりすることはありません。


    「この人、何するのかしら?」とジッと観察されている感じです。
    ドッグランに係留されているときは、後ろから匂いを嗅ぎに来たりするので
    人には興味があるのだと思いますが
    まだ付き合い方がよくわからないのでしょう。

    おやつを差し出してみましたが、手からは食べてくれませんでしたので
    足元に置いてみました。


    見ている前では食べませんでしたが、
    次の子を撮影して戻るとおやつはなくなっていました。

    少しずつ人と過ごす経験をすることで
    よい家庭犬になれる子ではないかと思います。






    ※8/25よりレポート登場 (8/17他抑留所からの移送)
    ▼柴犬 茶 オス 5-6歳 8キロ前後


    「小太郎」とか「コロ助」とか、そんな名前が似合いそうな
    柴らしい男の子です。



    元気に良く動き、落ち着きがあるとは言えませんでしたが
    雨続きでなかなかクレートから外に出られない日が続いているでしょうから
    無理もないのではないかと思います。


    柴らしく、嫌なことはイヤ!とキッパリしている印象で
    急に首まわりに触ると「何すんだ!?」という意思表示をします。



    頭を押し付けて甘えたりもするので、人は好きなようです。
    が、あまり触られ慣れていないという印象。
    本犬の予測のつかない触り方には驚いてしまうのでしょう。
    段階を踏んでマナー良く触れば嫌がることはありません。


    巻尾と短躯が”いかにも柴”という感じの元気な子です。






    ※2/24よりレポート登場(2/9他抑留所より移送)
    ▼茶 鼻黒 折れ耳 オス(去勢済み) 2歳ぐらい? 13.38キロ 
    「飼い主募集中№2918」


    お散歩に連れ出してもらえると思ったのでしょう、
    元気良くクレートから出てくると、まっすぐドアのそばに行きました。


    いつもとても落ち着いている子という印象なのですが
    この日は少し落ち着きない様子を見せていました。



    お散歩でないことがわかって、ガッカリしたのかもしれません。
    お天気の日はドッグランにいるのが常なので、
    そろそろ外が恋しいのでしょう。


    先週のレポートにもありましたが
    皮膚の状態が悪化しているように感じます。


    もちろんケアはしていただいていますが、
    やはり天気のせいで充分外に出られなかったりというストレスや
    湿度が関係しているのかもしれません。

    穏やかな良い子です。
    早く個別に治療を受けられる環境に移動できればと思います。






    ※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 メス(不妊手術済み) 5-6歳 14.76キロ
    「飼い主募集中№2847」


    スラッとした姿がカッコイイ女の子です。




    以前D室(旧シャンプー室)にいたときは
    終始外の様子を気にして、ウロウロ歩き回り
    リラックスできていない印象がありました。
    おやつを差し出しても心ここにあらずの様子が気になることがありました。


    でも、この日はしっかりアイコンタクトも取れ、しかも落ち着いていて
    私たちの声かけにしっかり反応していました。
    カメラのレンズに鼻をくっつけて覗き込むような様子も見せてくれ
    部屋の中を歩き回ってばかりだった以前の印象ががらりと変わりました。

    おやつもきちんとオスワリして手から食べていましたし
    顔を挟んでゴシゴシしても、目を瞑って気持ちよさそうにしていました。



    歯も嫌がらずに見せてくれました。


    たくさんの犬が常にまわりにいたD室よりも
    個別に管理してもらうここの環境が合っているのかもしれません。

    人との付き合いに慣れていませんが、怖がりではありません。
    ただ単に経験が不足しているということなのでしょう。
    まとわり付くような甘え方はしませんが
    人には関心を持っていて、撫でられれば嬉しそうにしています。

    お互いのスペースを尊重しあうような関係を望む方とのご縁がありますように。






    ※8/11よりレポートに登場 (7/27日収容)
    ▼茶(長毛)オス(去勢済み) 6-8歳 15キロ台


    フワッフワのモフモフ。
    まるで大きなポメラニアンのように愛らしい男の子です。





    体がもこもこしている子は、
    太っているように見えて実はとても華奢ということがよくありますが
    この子は中身もむっちりしていて、体重もそれなりにあります。



    ワチャワチャ動き回ることがなくとても落ち着いているので
    とても撮影しやすい子でした。
    男の子にしては大人しすぎるかもしれません。
    それほど、ゆったりと穏やかな印象で、
    犬との生活に馴れていない人でも一緒に暮らしやすいのではと思います。

    どこを触っても大丈夫。
    歯ももちろん見せてくれました。



    ギュッと抱きしめても、暴れたり嫌がったりすることなく
    ジッとなすがままでいてくれました。





    ※7/21よりレポートに登場(7/16他抑留所からの移送)
    ▼茶半長毛 オス(去勢済み) 1-2歳 9.96キロ
    「飼い主募集中!!№4032」
    ※9/10追記;一般譲渡されました。

    甘甘の甘ったれちゃん。


    センターでは”ちょも”と呼ばれているようです。
    「なぜ”ちょも”なんですか?」と聞くと「長毛だから(笑)」との返答が。
    私たちも撮影の間、”ちょもさん”と呼んでいました。

    ついこの間まで仔犬だったのでしょう。
    動きはチャカチャカしていますし、
    とにかく甘えたくて、人と一緒にいたくて、ベタベタまとわり付いてきます。
    人を微塵も警戒していません。

    「もっとコッチ来てよ!」というように、
    顔を近づけて見つめ合いたいようなそぶり。
    ピョンピョン飛び上がって大忙しです。



    驚いたことに、撮影した写真は、ほとんど全部立ち上がっていました。
    立ち姿も安定しているので、手をとってダンスを踊れそうなほどです。

    尻尾のふさふさが応援団のポンポンのようで、とても立派です。

    抱っこして、やっと動いていない顔を正面から撮影出来ました。


    小型の愛玩犬がそのまま大きくなったような、
    人馴れバツグンのとても可愛いらしい男の子です。





    ※6/3よりレポートに登場(6/22収容)
    ▼白/薄茶 オス(去勢済み) 2-3歳 9.66キロ
    「飼い主募集中!!№3096」


    ホントに2~3歳?というほど、子犬のように無邪気な男の子。



    歯もピカピカにキレイだし、1歳前後では?と感じました。
    成犬と仔犬の過渡期のような印象です。


    小柄でリードしやすいサイズだと思いますし、人馴れも全く問題ありません。
    体に触るとうれしくて腰砕けのように床に寝そべってしまいます。


    おやつも奪い取るような食べ方はせず、上手に受取っていましたし
    抱っこも嫌がらず、抱かれながら尻尾をブンブン振っていました。

    非常に若い男の子にしてはヤンチャすぎず
    明るくていい子だと思いました。





    ※6/23よりレポート登場(6/15収容)
    ▼茶白 オス(去勢済み) 5-6歳 12.6キロ
    「飼い主募集中№3081」


    顔と尻尾の付け根だけがとてもきれいな茶色で体は白という
    カラーに特徴のある男の子です。



    体の白も、冴え冴えとしてとてもキレイな毛並みです。



    クレートから出てくるときも飛び出したりしません。
    年齢のせいもあるかもしれませんが、
    もともと穏やかでゆったりとした性格なのでしょう。
    一緒にいる人をリラックスさせるような雰囲気を持っています。




    チャカチャカ動き回ることなく、終始落ち着いていて
    私たちの声に耳を傾けることの出来る子です。
    きっとよいパートナーになれると思います。

    撮影が終わると、特に指示をしないのに自分でクレートに戻っていきました。
    「もう帰っちゃうの?」という感じ。
    もっと一緒にいたいと思わせる魅力的な子でした。






    ※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
    ▼黒茶白 長毛 オス(去勢済み) 4-5歳 9.66キロ
    「飼い主募集中!!№3094」

    ビーグルのような大きな目をした、トライカラーの男の子。
    センターでは”いさむくん”と呼ばれています。


    人が大好きで、喜んであちこち触られせてくれます。
    抱っこも嫌がらず、口の中を触っても怒ったりしません。



    ちょっとアンダー気味なのも、この子の可愛らしさの一つになっています。


    おやつも喜んで食べますし、外にいる間終始嬉しそうにしていました。


    明るい子ですが、
    大騒ぎして落ち着きなく動き回るようなことはありませんでした。
    雨続きでお散歩も充分にできていないでしょうに、
    束の間のふれあいを充分楽しんでくれているようでした。





    【別室】1頭


    ※4/21よりレポート登場(4/13収容)
    ▼茶 メス(不妊手術済み) 8-11ヵ月程度 7.98キロ
    「飼い主募集中!!№897」

    ちょっとビビリな女の子です。
    でも、とっても美人さん。そしてとても小柄です。


    クレートの扉を開けても、奥で気配を消していて出てくる様子がありません。
    ロープをかけても、「出たくない」と言っていました。


    職員さんのお話では、
    この子が馴れた職員さんがロープをかけるとスンナリ出てくるとのこと。
    職員さんがロープをかけて下さいましたが
    私たちがいたからか、ちょっと抵抗していました。


    でも、出てきてしまえば逃げ惑ったり、
    過度にビクビクしたりすることはありません。



    ビビリというよりも、慎重派。
    人の近くで、人と日常的に関わるような生活をしては来なかったのでしょう。
    ただ経験が不足しているだけだと思います。


    家庭に入って、誰かと信頼関係を作ることが出来れば
    きっと”慎重ではあるけれども、
    ごく普通の家庭犬”になるのではないかと思います。




    レポートは パート3 に続きます。

    続きを読む
  4. 9/8センターレポート パート1      ⑰

    ぐーちゃんママさんのレポートです。
    加筆・修正しています。

    譲渡先・預かり先を探している子たちの紹介です。


    9/8(火)センターを訪問してきました。


    ここではA部屋(譲渡室)・B部屋(鑑定室)・C部屋(小型犬室)
    にいる子達を紹介します。


    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。





    【A部屋(譲渡室)】5頭+子犬6頭

    ※幼犬は、2頭以上での預かり先のみ探しています。

    No.III
    ※9/1よりレポート登場 (8/25収容)
    ▽白 メス 3-5歳 12-3キロ
    ▽白 子犬6頭(オス3頭・メス3頭) 1.5ヵ月前後 2キロ弱

    先週、収容室①にいた母子です。
    こちらの部屋に移動してもらったようです。

    お母さんは相変わらず疲れたお顔をしていました。
    6頭共にとても元気にはしゃぎ回っていますので、
    お母さんも疲れてしまうのでしょう。

    おやつは嬉しいのでしょう、ゆっくりと食べてくれました。
    疲れているから、という部分を除いても
    とても落ち着いている子なのだと思います。


    でも、上手に子育てしている証拠に、
    子犬たちは本当に元気にすくすくと育っています。
    部屋の中でもキャーキャーワーワー騒いでいる姿は
    本当に見ていても微笑ましいものでした。

    先週も1頭元気がなさそうな子がいたのですが、
    今日もやはり1頭だけ部屋の隅っこにうずくまっていました。

    それでも先週よりは顔をあげている分、少しは元気取り戻したかな?
    と思っていたところ、
    他の子たちがわらわらと出口に向かってきたのを見てか、
    一緒になって寄ってきました!

    元気あるんだね!!良かった!
    ずっと心配だったので、本当に嬉しかったです。

    性別を確認したところ、オスが3頭、メスが3頭でした。
    皆よく似たお顔、色合いなので区別がつきにくいので
    3頭ずつ抱っこした写真でご紹介します。
    まずは最初の3頭です。

    残りの3頭です。

    こちらの3頭の一番右に写っている子の前足後ろ足、しっぽが
    毛が抜けて肌が丸見えになっていました。
    皮膚の状態が悪いようです。
    この子に限らず、他の子もこの子と同様に足やしっぽの毛が抜けている子が
    何頭かいました。


    お母さん、もう少しこの子たちのことをよろしくね。
    子育てが終わったら、今度はお母さんがゆっくり過ごせるご家庭を
    探そうね。
    最後にはこんな笑顔も見せてくれる優しいお母さんでした。





    No.V
    ※2/17よりレポート登場(1/29収容)
    ▼クリーム色 メス 2歳くらい 17-18キロ
    人が大好きで、いつも私たちが来るのを楽しみにしてくれています。
    それでもケージに入っている間に大騒ぎすることもなく
    じっと待っていてくれる、とてもいい子です。

    お散歩が大好きなようで、
    ずっと入口を眺めていました。
    今日はお散歩じゃないの、ごめんね、
    と言っても、しきりに外に行こうとします。
    たくさんたくさんお散歩したいよね。

    おやつもやさしく食べることが出来ます。
    いつもこの子の笑顔に癒されます。
    このかわいい笑顔を迎えてくれるご家庭が早くみつかりますように。





    No.VI
    ※7/7よりレポートに登場(7/2他抑留所より移送)
    ▼チョコラブ(mix?) オス 4-5歳 20キロ以上
    この子も人が大好きで、どこを触っても怒ることはありません。
    後ろからぎゅーっと抱きしめても嫌がることなく体を預けてきます。
    大きな体をゆさゆさと揺さぶりながら、嬉しさを表現してくれます。

    とにかく人と一緒にいるのが嬉しくて仕方がないといった感じです。
    抱きしめられると嬉しくてしっぽをぶんぶん振っていました。
    こんなに人懐こい子がどうしてここにいるのでしょう。
    一緒にいたら本当に楽しい子だと思います。

    おやつを手ごと食べようとしたりもしますが、
    人の言うことは届く子だと思います。
    大型犬との生活を考えていらっしゃる方は是非この子にも
    目を向けてあげてください。





    No.VII
    ※2/3よりレポート登場(1/23収容)
    ▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
    ここでの生活が長くなってきたのもあり、
    私たちが訪問すると、どうしたらいいのかがすっかりわかっているのか、
    ケージから出るのも、戻っていくのも自分からやってくれるお利口さんです。
    人も大好きです。前から触ることも全く問題ありませんが、
    この子は後ろから抱きしめてあげるのがとても嬉しいようです。

    メンバーが後ろから抱きしめてあげている間中、
    ずっと嬉しそうなお顔をしていて、
    それを見ているだけで、こちらもすごく嬉しい気持ちになりました。

    お座りもしっかり出来ます。
    おやつも上手に食べることも出来ます。
    以前は大部屋にいたこともありますので、他犬との相性も問題ありません。
    とても飼い易い子だと思います。
    こんなお利口さんなこの子をお迎えしてくださる方をお待ちしています。





    No.VIII
    ※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
     「飼い主募集中!!№2809」
    お馴染みのシェパじぃです。
    いつもは排水溝に上手におしっこをするのですが、
    今日は何か他のことに興味があったのか、
    なかなかおしっこをせず、気がついたら珍しく違うところでしていました。
    そんな日もあるでしょう。いつもは本当にお利口に、人の手を煩わすことなく
    排水溝でおしっこが出来る子です。
    悲しいかな、ここでの生活が長くなって身についてしまったのでしょう。

    お座りも伏せもすることが出来ます。
    こちらの指示をしっかり聞くことが出来ます。
    とてもこの年齢とは思えないほど元気も良く、
    まだまだシェパじぃと一緒に過ごせる時間は長いと思います。







    【B部屋(鑑定室】3頭



    ※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
    (8番)
    ▼黒白 メス 1歳ぐらい 12-3キロ
    とにかく人が大好きで、ケージの外に出てくるのを楽しみにしています。
    一旦出てしまうといつもはかなりはしゃぎ回って大騒ぎなのですが、
    今日は比較的落ち着いていました。
    男性メンバーが撮影のお手伝いをしてくれたのですが
    特に怖がることもなかったので、男性も問題ないようです。

    とても元気が良いのですが、
    抱っこされればおとなしくしています。
    とてもかわいい笑顔を見せてくれました。
    青い首輪をつけていて、間違いなく人に飼われていた子です。
    (先週レポートより)

    こんなにかわいい子を手離さないで欲しいと
    心底思ってしまいます。
    (先週レポートより)




    ※7/28よりレポートに登場 (7/15収容)
    (9番)
    ▼黒白 メス 1歳程度 11キロ前後
    こちらの子も人がとにかく大好きです。
    ぴょんぴょん飛び跳ねるというよりも、
    体をクネクネさせて人にまとわりつくといった感じで甘えてきます。
    まだ幼いお顔をしていて、子供らしさを残した子です。

    この子も男性メンバーを怖がることはありませんでしたので
    男性も問題ないようです。
    抱きしめられてとても嬉しそうな顔をしていました。

    歯もとてもきれいで、やはりまだ幼い子なのだと思います。

    とても人懐こく、甘えっ子のようですので、
    一日も早く家庭での暮らしを始めさせてあげたいです。
    (先週レポートより)




    ※8/4よりレポートに登場(7/22収容)
    ▼白長毛 オス 3-4歳? 10キロ前後
    先週まで収容室②にいました。
    男の子なのですが、とても落ち着いています。
    人にかまってもらえるのが本当に嬉しそうです。
    ケージにいる時には早く出たくて少し吠えていましたが
    外に出てきてしまえば全く吠えることもありません。

    パッと見た目ではもこもこな毛に覆われているのでわかりませんでしたが、
    よく見てみると前足のひじの部分に脱毛を確認できました。
    足はあまり皮膚の状態がよくないようです。

    出てきてもウロウロすることもなく、
    わちゃわちゃ騒ぐこともなく、
    人に触ってもらってることが嬉しいようで
    ずっと笑顔を見せてくれていました。







    【C部屋(小型犬室)】3頭



    ※8/25よりレポートに登場 (8/11収容)
    ▼茶 オス(去勢済み) 6-8歳? 5-6キロ
    本当に小さな男の子です。
    小型犬のMIXだと思われますが、
    目の中心が少し白くなってきているようです。
    ケージの中ではそれほど騒ぐこともなく、
    外に出る順番を待っていました。

    先週は手術後でカラーをつけていましたが、
    今日は既にはずしてもらっていて、外に出てきたらすぐに抱っこされ
    嬉しそうにニコニコしていました。

    おやつも優しく食べることが出来ます。
    マンションでもちょうどよい大きさだと思います。
    とても人懐こく人馴れは全く問題ありません。





    ※8/4よりレポート登場(7/13収容)
    ▼茶鼻黒 メス 2-3歳 14-15キロくらい
    ロープをかけられるのをとても嫌がりますが、
    少し時間をかけてなんとかロープをつけることが出来ました。
    ロープをかけられることにトラウマがあるのかもしれません。
    しかしながら、かけてしまえばその後抵抗することはなく、
    「怖いことはしないよ。大丈夫だよ。」と
    そっと話しかけてあげると、安心したのか
    笑顔も見せてくれるようになりました。

    最初は不安そうでしたが、
    大丈夫なんだと思ってくれたのか、それからはとても落ち着いて
    メンバーに甘えてきてくれました。

    男性メンバーに甘えていっていましたので、
    男性も苦手でないようです。
    ロープは嫌がりましたが、実はとても甘ったれな女の子でした。
    ケージに出してすぐのお顔とは全く違った笑顔を
    見せてくれて安心しました。





    ※3/24よりレポート登場(3/17収容)
    ▼茶 柴系mix メス 3-5歳 7キロ前後
    まだ慎重な様子は見せますが、
    以前に比べればかなり人に馴れてきたように思います。
    ロープをかけることが怖かった子なのですが、
    急な動きをせずにゆっくりと接してあげれば問題ありません。

    わしゃわしゃと触られるのは恐らく怖いのだと思います。
    ゆっくり話しかけながら触ってあげれば大丈夫なようです。
    この子のペースに合わせてゆっくりと接してあげたいと思います。

    ゆっくりとですが、頭を触ることも出来ました。
    何をするのもゆっくりと、焦らずに接してあげるようにしました。
    少しずつ少しずつ彼女も頑張っていますので、
    そちらを理解して頂き、ゆっくりと彼女との関係を作っていこうと
    思って下さる方とのご縁を願っています。




    レポートはパート2に続きます。



    続きを読む
  5. 9/1センターレポート パート3      ㉑

    ぐーちゃんママさんのレポートです。
    加筆・修正しています。



    9/1レポート・パート2からの続きです。



    ここではE部屋(選定室)・収容室①・収容室③にいた子達を紹介します。



    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




    【E部屋(選定室)】6頭+子犬3頭




    ※8/4よりレポートに登場 (7/29引取収容)
    プールに係留
    ▼茶白長毛垂れ耳 メス(不妊手術済み) 8歳 11.58キロ
    飼い主募集中!! №4051
    私たちが部屋に入るとニコニコ嬉しそうに近づいてきました。
    人が大好きなようで、「わ~い、また来てくれたの~!」と
    体を預けてきます。

    人にはとても従順で、どこを触っても問題ありませんが、
    ケージ越しに他の犬に吠えかかっていたりしたので
    犬とは相性があるのかもしれません。

    どの犬にも同じ対応ではないようなのですが、
    出来れば一頭で飼って頂けるお宅に迎えて頂くのが
    この子にとってもストレスなく過ごせるかもしれません。





    ※8/18よりレポート登場 (8/7収容)
    ▼①薄茶 メス 4-5歳 13キロ程度
    先週まで収容室③にいました。
    収容室ではケージから出しても
    特に他の犬に吠え掛かるようなことはなかったのですが
    今日はプールに係留されている↑の子とかなりガウガウしていました。
    ちょっと相性が悪いのかもしれません。

    しかし、人馴れは抜群です。
    しつこくつきまとうという感じではありませんが、
    撫でられるのは嬉しいようで、体を預けてきますし
    おとなしくしていられます。

    おやつもやさしく食べれますし、
    幼いお顔がとてもかわいいです。
    人に対して攻撃的なところは見られませんので
    一緒に暮らすと良いパートナーになれると思います。





    ※6/9よりレポート登場(5/28他抑留所からの移送)
    ▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
    今日もロープをかけられるのを嫌がっていましたが
    イヤで暴れるとかといったことはなく、
    ケージの隅っこで固まってロープをかけさせてくれました。
    ロープをかけてケージから出てきてしまえば
    おとなしくして、キョロキョロ周りを見回しています。

    おやつも喜んで食べてくれます。
    がっついた感じはなく、やさしく食べることが出来ます。
    おいしそうにペロペロと口周りを舐めていました。

    おやつが欲しくてじっと上を見つめている姿は
    とてもかわいかったです。
    とにかくこのボサボサになってしまった毛を
    早くきれいにしてあげたいです。





    ※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
    ▼⑤ベージュ ラブ風mix オス(去勢済み) 4歳ぐらい 20キロ超え 
    とうとうセンターでの生活が1年になってしまいました。
    でもいつ訪問しても、いつでもニコニコ笑顔で迎えてくれるこの子を
    決して忘れることは出来ません。
    なかなか助けてあげられなくてごめんね。

    いつもいつも私たちを歓迎してくれるこの子に
    こんな短い時間の触れ合いしかもててあげられなくて
    申し訳ない気持ちで一杯になります。

    長期間センターにいる為、元々体格の良い子ではありましたが、
    運動不足で太ってきてしまっています。
    たくさんたくさんお散歩して
    溜まったストレスを思う存分発散させてあげたいです。

    耳をずっと気にして振っているのも心配です。
    早く治してあげられたらと思います。




    ※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
    ▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
    いつも不安そうにケージから出てくるので、
    今日はこの子に寄り添ってしばらくお話してみました。
    「何も怖いことなんてしないんだよ」
    「ずっとここにいたらいろいろ不安になっちゃうよね」
    「でも大丈夫だよ。いい子なんだからきっとここを出れる日が来るよ」
    話しかけながらそっと触ってあげたら
    怖がることなく触らせてくれました。

    先週はおやつも食べれましたが時間がかかりました。
    でも今日はお話しながらあげたところ
    先週よりずっと安心した表情で食べてくれたのが嬉しかったです。

    人の話はきちんと届く子なんだなと思いました。
    ゆっくり焦らずこの子のペースに合わせて
    優しく接してくださるご家族に迎えてもらいたいです。





    ※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
    ▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
    今日もケージから出してあげられたのが一番最後になってしまったので
    「も~遅いよ~!」と言っているようなお顔をしていました。
    順番からいうとどうしても最後になってしまうので
    今度はたまには順番を逆にしてみようかと思います。

    ケージから出てきてからたくさんたくさん撫でてあげたら
    大分彼女にも笑顔が戻ってきて安心しました。
    本当に人に構ってもらえるのが嬉しいようです。

    14キロくらい、となっていますが、
    現在はそれよりも1~2Kgは太ったように思います。
    人の指示はしっかり聞けていますし、
    お座りなどのコマンドも入っていますので
    コントロールしやすいと思います。





    <プール内> 子犬3頭

    先週ここに幼犬が7頭いたのですが、
    そのうち2頭が可哀想なことに亡くなってしまいました。
    感染症ではなかったようですが、やはり体力がな幼犬にとっては
    ほんのちょっとしたことが命取りになってしまうようです。

    責任を持てない命を作り出してはいけない

    犬を飼う人間が、ただこれだけの分別さえ持っていたならば
    たった一度の不妊・去勢手術さえ受けさせていれば

    こんな悲劇は起こらなかったことでしょう。


    残った5頭のうち3頭を、前日に他団体さんが引き出してくださり、
    この日ちばわんでも2頭を引き出すことが出来ました。
    しかしながら、今日ご紹介する3頭は、また別の子たちです。

    今に始まったことではないですが、毎週毎週幼犬が収容されてきます。
    子犬たちは当たり前ですが何もわからずこちらに収容され、
    一緒にいる他の子犬たちとじゃれあって過ごしています。
    この環境が普通だと思わせたくはありません。
    一日も早く家庭に入り、人間との暮らしに馴れることによって
    人を怖がらず、共存していく方法を身につけ、
    お散歩で他犬との関わりあい方を学び、
    家庭犬として成長していくことが出来るのです。

    こちらも個々の性格までは判断できませんでしたので、
    性別と推定年齢、体重のみご紹介します。

    尚、幼犬は、2頭以上での預かり先のみ募集しています。


    ※9/1レポート初登場 (8/31収容) 3きょうだい

    ①黒茶白 メス 2ヵ月ぐらい 2キロ前後




    ②茶黒(顔全体が黒) オス 2ヵ月ぐらい 2キロ前後




    ③茶黒(鼻先黒) オス 2ヵ月ぐらい 2キロ前後







    【収容室①】2頭+子犬6頭



    ※8/25よりレポートに登場 (8/11収容)
    ▽茶 メス  2-3歳 6-7キロ
    とても人懐こく、ケージから出てくるとすぐに人に寄って来ます。
    先週初めてケージから出してみてレポートで紹介しましたが
    その際にもニコニコ嬉しそうに出てきていました。
    やはり人が大好きな子なのだと思います。
    捕獲される際には怖い思いもするでしょうから、
    自分の身を守るために少しお口が出てしまうのは仕方がないと思います。
    でも、先週今週と見る限りでは
    人に対する攻撃性は全くないように思えます。

    おやつをもらうよりも、人に甘えていたいという感じで
    ずっと抱きしめてあげていればニコニコと笑顔でいられる子です。
    愛情が不足してたのでしょうか。
    この子の笑顔を見ているとやるせなくなります。

    体も小さめなので、マンションでの飼育も可能だと思います。
    他犬との相性などはまだ見れていませんので、
    今後様子を見ながら確認したいと思います。





    ※9/1レポート初登場 (8/25収容)
    ▽白 メス 3-5歳くらい 15-6キロ
    ▽白 子犬6頭(性別未確認) 1.5-2ヶ月くらい 2キロ程度

    またも母子共に収容された子たちです。
    お母さん犬と子犬6頭が同じケージの中にいました。


    先週E部屋での撮影を終えようとした頃に
    新たに収容されてきた6頭の子犬たちがいました。
    「また子犬がこんなに・・・」と、
    訪問メンバー誰もが思ったに違いありません。
    本当にまだまだ幼い子たちで、お母さんはどこにいるんだろう??
    お母さんがいなくてこの子たちは育っていけるのかな?と心配でしたが、
    お母さん犬も一緒に収容されていたことをこの日知り、
    (子犬たちのためには)ほんの少しだけ安心しました。

    お母さんは子育てに疲れているようで元気がありません。
    具合が悪いというよりも、
    本当に疲れている、という表現が当てはまる感じです。
    ケージの中の水入れのお水も
    6頭もの子犬たちと一緒に飲んでいるのでしょうから
    すぐになくなってしまうのでしょう。
    外に出してからお母さんに水を飲ませてあげたら
    たくさんたくさん飲んでいました。
    おっぱいもあげなきゃいけないし、
    栄養もとらなきゃいけないのだから、
    お母さんは本当に大変です。

    子犬たちはとても元気にはいつくばっています。
    お子ちゃまパワー全開といった様子で
    ケージの前面に皆が競い合って寄ってくるので
    おまえが踏んだ!あんたが引っ掻いた!と
    ギャーギャー騒いでいて、とても元気そうです。

    ただ、一頭だけ元気なく奥で横たわっている子がいました。
    少し心配です。

    お母さんは本当によく頑張っています。
    もうしばらくは子育てに専念してもらうようになると思いますが、
    子犬たちが乳離れ出来るようになったら
    今度こそお母さんも第二の犬生をゆっくりと過ごせるように
    暖かいご家庭にお迎えして欲しいと思います。
    どうぞお母さんも子犬たちも応援してあげてください!








    【収容室③】4頭



    ※8/11よりレポートに登場(7/31収容)
    ▼うす茶たれ耳 オス  2歳くらい 10キロ前後
    先週短い動画でしたがご紹介した子です。
    とにかく元気一杯で、人に飛びついたり、
    くるっと体をひねって飛び跳ねてみたり、と
    ケージから出られた嬉しさを全身で表現してくれる子です。
    抑えられないほどのパワーではしゃぎ回っているわけでもなく、
    捕まえようと抱きかかえようとすると身をまかせてきます。

    抱っこされるのは本当に嬉しいようです。
    とにかく人とじゃれあっていたい、という子です。
    まだ少し目の周りの毛が薄いように感じました。
    少しずつでも良くなっていくといいなと思います。

    まだまだ赤ちゃんのようにはしゃぐこの子と一緒に暮らしたら
    毎日がとてもハッピーに過ごせること間違いなしです。
    犬とたくさん遊びに行って楽しみたい方には是非お勧めしたい子です。





    ※9/1レポート初登場 (8/20収容)
    ▼薄茶白 オス 3-4歳 18-20キロ
    体が大きいですが、とても落ち着いている男の子です。
    どこを触っても嫌がることもなく、人の手を受け入れることが出来ます。
    ケージの中にいる時からとてもおとなしくしていて、
    ケージを開けてあげても慌てることなく、
    ロープをかけることも嫌がらずお利口に出てくることが出来ました。

    まだこの環境に馴れていないせいもあるかもしれませんが、
    時折ちょっと不安げな顔をすることもありました。

    これだけ落ち着いていられる良い子なんだから
    たくさんの人にかわいいお顔をたくさん見てもらおうね。
    きっと「君がいい!」と言ってくださる方がいるからね。





    ※8/18よりレポート登場 (8/7収容)
    ▽茶(顔周り黒)メス 5-6歳 10キロ弱
    今日も大人しくケージから出てくることが出来ましたが、
    まだキョロキョロしていて、不安感が一杯といった感じがしました。
    でも、人に触られるのを嫌がることもありませんし、
    落ち着いていられる子です。

    抱っこは嫌がるわけではありませんが、
    何をされているのかよくわかっていないといった表情を見せます。
    お目目がまん丸です。

    「あれ?私今何されてるの??」

    「おかしいなー。こんなことされたことないんだけど・・・」

    「このまんまでいても大丈夫なのかなー。」

    「あれ?おやつくれるみたいだわ!!」

    「なんかこうしてもらってると気持ちがいいかも~」

    表情が豊かで、撮った写真もいろいろな表情が写っていました。

    最後にケージに入れてからメンバーが
    この子の首元に細い紐などできつく縛られたような跡を見つけました。
    小さい時につけられた首輪?か何かが
    大きくなってからもそのままにされていたような跡でした。





    ※9/1レポート初登場 (8/24収容)
    ▽白 メス 5-6歳 10キロ前後
    ケージから出してあげようとした時には
    少しとまどった表情を見せていましたが、
    ロープをかけて誘導してあげると素直に出てくることが出来ました。

    皮膚の状態があまり良くなくて、
    頭や脚などにあちこちはげていたり薄くなっている箇所が目立ちました。

    人馴れはしているようで、
    年齢的なものなのか、とても落ち着いていられます。
    おやつもやさしく手から食べることができました。
    抱っこも問題なく出来ます。

    歯を見てみたところ、何本か抜けてしまっているようでした。
    何回か出産したようなお乳もしていたので、
    その影響で抜けてしまったのかもしれません。
    来週もう少しよく様子を見てみようと思います。




    レポートはパート4に続きます。

    続きを読む
  6. 9/1センターレポート パート4   ㉗(93)

    ひなのんさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    9/1訪問レポート パート1~3の続きです。

    ここでは4日目の部屋と4.5日部屋
    A部屋(譲渡室)
    収容室②にいる子達を紹介します。



    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


    【4日目の部屋】 5頭

    ※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
    ▼白茶 オス 推定1歳 11キロくらい
    積極的に寄ってきたりはしませんが
    他の子の撮影をしていた時に、背中越しに匂いを嗅いできました。
    興味はとてもあるようですが、経験不足からか
    真正面から人とかかわるのはまだ苦手なようです。
    でもすぐに慣れそうな子です。




    ↑↓ 兄弟と思われます


    ※6/2よりレポートに登場(5/20収容)
    ▼茶白 オス 推定1歳 12キロぐらい
    きょうだいの子よりは人に積極的に寄ってきて
    触れることもできます。
    あまりしつこく触れることはできませんが
    家庭に入れば人を慕い頼って、甘えん坊になりそうです。




    ※9/1レポート初登場 (8/21収容)
    ビーグル(MIX?) オス 
    11キロ位?(実際の見た目よりかなり軽いです)
    とても人懐っこく、明るく天真爛漫で
    人に対して不信感などは微塵も持っていない様子です。
    他に犬達とぶつかってもニコニコずっと笑顔で
    争いを起こす様子は見られませんでした。
    犬同士の関係とかはあまり気にならないようで
    ビビりでもなければ、遠慮がちでもありません。





    ※7/14よりレポートに登場 (6/29収容)
    ▼茶黒 オス 1-2歳 12キロ前後
    人馴れなど特に問題なく
    若いオスの割に落ち着きもあり
    決して飛びついて来たりするような荒々しい歓迎はしません。
    他の子より大き目ですが、それでも力任せに他の子を
    押しのけたりせず、協調性のある子のようです。







    ※3/31よりレポートに登場(3/30他抑留所より移送)
    ▼茶鼻黒 オス 2-3歳くらい 8キロ前後
    いつものようにすばしっこく逃げてはいましたが
    時折立ち止まってこちらの様子を窺ったり
    鼻をヒクヒクさせて匂いを嗅いでいました。
    興味はあるようで、犬に紛れて気が付くと意外とそばに来ていたりします。








    【A部屋】 6頭


    ※9/1レポート初登場 (8/20収容)
    ▽白黒 E.セッター オス まだ若い
    人懐っこく、とても陽気な男の子です。
    左後ろ脚を負傷していました。本犬はあまり気にせずに
    良く動き回っていましたので、さほどの痛みは無いのかも知れません。
    猟犬として使われていたとはとても思えない甘えん坊さで、
    片時も飼い主さんとは離れていたくないタイプではなかろうかと思います。






    No.IV
    ※5/26よりレポート登場 (5/19収容)
    ▼薄茶 メス 2‐3歳 14-15キロ
    おやつも好きですが
    それよりも人、人、人。
    人が大好きな子です。
    目を輝かせて見つめてきて
    触れたり抱きしめたいすると、もう本当に幸せいっぱいといった感じです。





    No.V
    ※2/17よりレポート登場(1/29収容)
    ▼クリーム色 メス 2歳くらい 17-18キロ
    この子も人が大好きで、良く甘えてくれます。
    それ以上にお散歩の楽しさも知っているようで
    外に出してもらえると思ったらしく
    しきりにドアに向かって歩もうとしていました。
    お散歩をいっぱいしてくださる家族が見つかりますよに。







    No.VI
    ※7/7よりレポートに登場(7/2他抑留所より移送)
    ▼チョコラブ(mix?) オス 4-5歳 20キロ以上
    人馴れしていて、体をギュっとしても
    歯などを見ても抵抗などはしません。
    おやつを見せると早くほしくて要求吠えを少しします。
    我が強いと感じるほどではないですが
    あまり躾などは知らずに育った感は否めません。
    基本的に明るい性格ですので、躾なども楽しくできると思います。






    No.VII
    ※2/3よりレポート登場(1/23収容)
    ▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
    人馴れしていて、アイコンタクトバッチリです。
    コチラの指示にも良く従います。
    長いセンター生活で、少し太めになってしまいましたが
    目が大きく、美しい顔立ちで、とても魅力的な女の子です。




    VIII
    ※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
     「飼い主募集中!!№2809」
    この仔もセンターでの生活が長くなってきました。
    お座りや伏せがビシッとできて
    人の指示をちゃんと聞く子です。







    【B部屋】 2頭





    ※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
    (8番)
    ▼黒白 メス 1歳ぐらい 11-12キロ程度 
    人が大大大好きな子です。
    撮影が終わって部屋に戻すと
    名残惜しそうに切なく鼻鳴きしていました。
    もっといっぱい構ってほしい・・。そんな気持ちが痛いほど伝わってきます。
    身体のどこに触れても平気で、むしろ大喜びします。







    ※7/28よりレポートに登場 (7/15収容)
    (9番)
    ▼黒白 メス 1歳程度 11キロ前後 
    この仔も人が大好き!
    そして遊び好き。
    この子が家の中にいたら、毎日が明るく楽しいだろうと
    思わず想像してしまいました。
    まだ若いのでハチャハチャしたところはありますが
    それでもとても従順なので
    素晴らしいパートナーになれる子だと思います。






    【C部屋】 6頭


    8/25レポート初登場 (8/11収容)
    ▼オス 茶 6歳くらい? 5,6キロ
    小型犬のMIXでしょうか。
    とても甘えん坊で、抱っこも慣れています。
    膝の間にちょこんと座ってして
    以前もそのようにしながら飼い主さんに甘えていたのかなと
    見ていて切なくなりました。







    ▼兄妹3頭
    ※8/18よりレポートに登場

    元気いっぱいの子犬ちゃん達ですが
    扉を開けるとちょっぴり尻込みする
    チャーミングな子達です。

    ▼オス クリーム 生後2-3ヵ月 3キロ台


    ▼オス 茶 生後2-3ヵ月 3キロ台



    ▼メス クリーム 生後2-3ヵ月 3キロ弱
    扉を開けると少し恥ずかしいようにもじもじしていて
    大変可愛らしい女の子です。





    先週までは収容室③にいました。
    ※8/4よりレポート登場(7/13収容)
    ▼茶鼻黒 メス 2-3歳 14-15キロくらい
    ロープを首に掛けられることにだけ抵抗を示すので
    収容室の扉に鍵をかけ、安全を確認した上で
    自由に出てきてもらいました。
    そうすれば落ち着いて接することができる子です。
    あと、首に掛けさえしてしまえばもう観念して抵抗しません。
    人にはまだ近づきすぎないようにしているようです。
    でも触れたからといって攻撃的になるようなことはありません。






    ※3/24よりレポート登場(3/17収容)
    ▼茶 柴系mix メス 3-5歳 7キロ前後
    繊細で儚げで、静かな環境でゆっくりじっくり接してあげたい子です。
    それでも最初の頃に比べると、人の手を怖がらなくなりましたし
    頭を撫でる時、びくっとしますが
    それでもじっと受け入れてくれます。







    【収容室②】 3頭




    ※8/4よりレポートに登場(7/22収容)
    ▼白長毛 オス 3-4歳? 10キロ前後
    日本スピッツのような風貌の男の子です。
    とても甘えん坊で、人にも抱き着くようにしてアピールしてきます。
    毛がモコモコしているので大きく見えるのですが
    抱き上げると意外に軽いです。
    スピッツっぽいといってもキャンキャン騒ぐ感じはありません。





    ※9/1レポート初登場 (8/19収容)
    ▽黒 メス 5-6キロ
    まだ子犬だと思うのですが、パニックになって暴れてしまうため
    あまり細かい確認はできませんでした。
    また詳しく見てきたいと思います。




    ※9/1レポート初登場 (8/25収容)
    ▽白茶黒 メス 生後5-6か月 5キロ前後
    ビビリちゃんというより、まだ戸惑っているという感じで
    触れようとするとやや尻込みするものの
    おやつは手から食べられ、触れたり抱き上げたりしても
    比較的落ち着いています。





    【別室】 2頭

    先週までは4日目部屋にいた子で
    医療処置により別室にいましたので
    先週レポートより記事を転記します。

    ※7/28よりレポートに登場 (7/23他抑留所からの移送)
    ▼茶 柴 オス(去勢済み) 3歳ぐらい? 10キロ前後
    あまりに動きすぎて写真が撮れず、シャッターを切りまくったら意外に撮れて
    いました。まるで仔犬さんのように元気一杯の男の子です。ほとんどじっと
    していることがありませんでした。歯もきれいですし、3歳よりももう少し
    若いようにも思いました。
    人は好きなようですが、他犬に強く出ることもあるようです。











    先週は収容室③にいました。
    医療処置のため別室に移動中。
    詳細は先週レポートより転記。


    ※8/11よりレポートに登場 (7/27日収容)
    ▽茶(長毛)オス(去勢済み) 3歳ぐらい 15キロ台
    今日もとても落ち着いていて、
    ゆっくりとケージから出てきました。
    全く興奮することもなく、本当に落ち着きがあります。
    年齢的にも、オスということからも、
    本来ならばもっと元気よく飛び跳ねていてもおかしくありませんが
    ここ数週間見ていますが変わりないので、
    この落ち着きは元々の性格なのだと思います。

    これだけおとなしいと、初めて犬を飼う方でも
    コントロールし易いと思います。

    ふわふわもこもこで触り心地も抜群です。
    とても良いパートナーになると思います。








    【4.5日目の部屋】3頭
    多頭飼育放棄のうちの3頭

    会うごとに人懐っこくさらにさらに人懐っこくなってゆく3頭です。
    皮膚の状態も良くなり、健康そうでした。
    詳細は先週レポートより転記します。





    3頭とも皮膚の状態がかなり良くなりました。
    とても人懐っこく明るく元気な子たちです。

    ※3頭とも6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)


    ▼黒 オス 胸白 つま先白 2歳 15キロ前後
    元気いっぱい、人に飛びついてきます。当初とは見違えるように
    立派にきれいになりました。









    ▼黒(首に小さく白差し毛) オス 2歳 右折れ耳16-17キロ
    この仔も上の仔と同じように人が大好きすぎて飛びついてきます。
    かっこいい男の子です。










    ▼黒(胸に白い差し毛) メス 3歳 13-14キロ
    遠目に見たらみんな同じに見えてしまったのですが、近くで見ると
    この仔はとても女の子らしいお顔をしています。
    ↑上の男の子たちより体高が低くて一回り小さく感じます。
    この仔も人が好きな仔です。






    この日引き出した子達10頭です。









    ↓この子はいぬ親希望者さんのお家に行きました。

    その他の子達は体調が整い次第いぬ親様募集となります。
    応援のほどよろしくお願いします。




    レポートは以上となります。




    ~お知らせ~

    ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
    新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
    出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。


    【日時】9月6日(日) 12:00~15:00
    ※お天気によっては早めに終了する場合もございます。


    2015年9月13日(日) 13:00~15:30


    2015年9月19日(土曜日)10時00分~15時00分
    ※雨天実施


    【日時】9月20日(日) 12:00~15:00
    ※お天気によっては早めに終了する場合もございます。



    いぬ親会情報はこちらをご覧ください。


    当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。
    問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
    (※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
    必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)


    ★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
    ★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
    一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
    (譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

     
    ※大変申し訳ありませんが
    小型犬のみの新規預かり希望はげ受け付けておりません。

    お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
    (審査の上、判断させていただきます。)

    続きを読む
  7. 9/1 センターレポート パート1      ㉔

    チェリママさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    雨の後に日が差し、蒸し暑い日となりました。
    今週もセンターを訪問しましたので、
    譲渡先・預かり先を探している子たちを撮影してきました。
    こちらでは仔犬舎と旧仔犬舎にいた仔たちを紹介します。


    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




    【子犬舎】 11頭

    <2-5>2頭

    ※4/28よりレポート登場(4/15収容)
    ▼薄茶黒 オス 中長毛 9-10ヵ月 10-11キロ
    先週レポでは、柵越しであればおやつを食べに寄ってきます、
    とのコメントでしたが、この日は何かが吹っ切れたかのように、
    ぴったりとそばに寄ってきておやつも積極的に食べていました。
    2ヶ月前に会った時より格段に人馴れ進んでいるようです。
    人が大好きでたまらない女の子と同室になったことで、
    良い影響を受けてくれたのでしょうか。
    表情も優しくなっているように思います。










    ※8/11よりレポートに登場(7/31収容)
    ▼黒白たれ耳  メス  3-4歳?  7-8キロくらい
    人が大好きで寄り添う姿がとても可愛らしい女の仔です。
    出産経験があるようなお乳をしています。
    見つめる瞳が大変可愛らしいです。










    <2-6>4頭

    ※7/7よりレポートに登場 (7/2他抑留所からの移送)
    ▼白② オス 6-7ヵ月 8-9キロ
    出してほしくて兄弟で勢いよく吠えています。
    お互いぶつかったりしてちょっと喧嘩のようなこともしていました。
    こちらの仔のほうが出てくると少し控えめです。








    ↓↑きょうだい犬

    ※7/7よりレポートに登場 (6/29他抑留所からの移送)
    ▼白① オス 6-7ヵ月 8-9キロ
    扉を開けるとジャンプして飛びつきまくる大変元気なこどもらしい仔です。
    べたべたの甘えん坊さんです。
    元気すぎてどこかにひっかけたのか?
    内股に引っかき傷のようなものがありました。








    ※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
    ▼黒白 オス 6ヵ月ぐらい 5-6キロ
    先週同様、ケージから走って出て来て新聞紙の上で 糞をしていました。
    手からは まだ食べられませんが 床に置いたおやつは食べられます。
    以前より随分と顔を上げて周りの様子を見ることができるように
    なっていました。
    扉を開けておくと何度も出てきていました
    (仔犬舎のドアは中から鍵をかけて安全に配慮しています)




    ※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
    ▼茶 メス 6ヵ月ぐらい 5-6キロ
    先週はまだおやつは食べられなかったとのこと。
    この日はとても人の動きに興味を持ち、一緒に動いていましたので、
    メンバーがおやつをあげたら、しっかりと手から食べてくれました。
    同室の白い兄弟に取られないよう、一所懸命食べていました。
    少しずつですが人のほうに寄ってきます。大変いじらしいです。






    <2-7>3頭

    ※4/7よりレポート登場(3/31収容)
    ▼茶たれ耳 メス 10ヵ月ぐらい 9-10キロ





    ※4/21よりレポート登場(4/10収容)
    ▼茶黒(中長毛) オス 9-10ヵ月 8-9キロ前後



    2頭一緒に。
    この2頭はまだすばしっこく人の横をすり抜けてしまって
    触れることも難しいです。








    ※8/11よりレポート登場 (8/3他抑留所からの移送)
    ▼白茶 オス 5-6ヵ月 6-7キロ
    なかなか狭い場所に手を入れることが難しかったのですが
    何とか引っ張りだしてみました。
    ちょっと怖かったようで、一瞬ぱくぱくっとなりましたが、
    その後はおとなしく抱かれていました。
    とても緊張していたようです。












    ↑この仔の撮影をしている間、後ろからそっとのぞいている姿が
    なんとも言えず可愛らしかったです。




    <2-8>2頭

    ※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
    ▼茶白 オス 8ヵ月ぐらい 10-11キロ
    同室だった黒長毛姉妹が先週引き出され、
    この日はドアを開けると人が中に入らずとも、
    何度も何度も自分で出てきて走り回っていました。
    もれなくびびりうんは出ていました。
    おやつは手から食べてくれます。








    ※8/11よりレポートに登場 (8/6他抑留所からの移送)
    (先週まではC部屋にいました)
    ▽茶白 オス 6ヵ月ぐらい 7-8キロ
    先週同様、お座りをかっこよく決めてくれます。
    とても元気一杯のおこさま、という感じです。人が大好きな明るい仔です。









    【旧子犬舎】 13頭

    <1-1>3頭




    ※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
    ▼茶 メス 1歳前後 10キロ前後
    収容室のケージにいた時とは別犬のようにしっかりとこちらに
    向き合ってくれます。
    おやつもにおいをかぎ、舌をぺろりとしたりしていました。
    来週には手から取るのではないかなと思います。








    ※6/9よりレポートに登場(6/8他抑留所より移送 4きょうだいで引き取り)
    ▼茶鼻黒 赤い首輪 メス 7ヵ月(1月生まれ) 8キロ前後
    まだ緊張はしていますが、2ヶ月前に会った時よりも人馴れ進んでいるように
    感じます。この日も躊躇なくおやつを手から取ってくれました。
    カメラを向けるとまんまるおめめを一層まんまるにして食べられません。




    ※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
    ▼白 オス 8-9ヵ月 11キロ~
    まだまだ怖いようで近くに寄ることはできませんでした。
    おやつも、下に置いても食べることができません。



    <1-2>子犬6頭(内2頭8/25レポ登場)

    捕獲日は違うものの場所は同じで、皆血縁の子たちのようです。
    6頭ともあまり皮膚の状態がよくありません。
    先週はどの子もおとなしく、問題なく抱かれてます。
    この日は一人での撮影でしたので抱っこはしていませんが、撫でる
    と何頭かは移動して遠巻きにこちらを見ていました。
    床に置いたおやつは、私が入っている間は食べませんでした。

    ※8/18よりレポートに登場
    ▼テリア系 茶色 オス 3ヵ月ぐらい 3-4キロ程度
    (一番顔が長く、最もテリアに近い顔をしています)
    一番人に興味津々で一所懸命様子をうかがっています。






    ※8/18よりレポートに登場
    ▼テリア系 薄茶/鼻黒 オス 3ヵ月ぐらい 3-4キロ程度




    ※8/18よりレポートに登場
    ▼テリア系 茶 オス 3ヵ月ぐらい  3-4キロ程度
    (唯一茶色一色の子です)



    ※8/18よりレポート登場
    ▼テリア系 薄茶/顔やや長毛 メス 3ヵ月ぐらい 3-4キロ程度
    (テリア系の4頭の中で唯一のメスです)




    (うち3枚は先週レポより)

    ※8/25よりレポート登場
    ▼薄茶/鼻黒 メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロくらい








    ※8/25よりレポート登場
    ▼黒茶 メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロくらい
    (一番体が小さい子です)




    <1-3>2頭
    2頭で大喜びで迎えてくれて驚きました。






    ※6/9よりレポートに登場(5/28収容)
    ▼薄茶 メス 推定2-3歳 11キロぐらい
    もじもじしながらにじり寄ってくるかわいこちゃんです。
    何度もカメラのレンズに鼻をぶちゅっとくっつけてくれました。






    ※5/12よりレポートに登場(4/23収容)
    ▼白×薄茶が少し メス テリアmix 1歳前後 10キロ前後
    もう「びびり」なんて言葉がふさわしくないくらい、ものすごい
    勢いで何度も飛びつかれて驚きました。
    しゃがんだわたしの肩に手をかけてしっぽぶんぶんふっています。
    初めての人が見たら、人が大好きな甘えん坊さんのように見えるでしょう。
    身体に触れられることにはもしかしたらまだ若干の抵抗は
    あるかも知れませんが、これだけ人に自分から触れてきて
    くれるので、この先は馴れる一方なのではないかと思いました。









    <1-4>2頭

    ※7/7よりレポートに登場 (6/29収容)
    ▼黒白 メス 3-4歳 13キロ前後 
    先々週までは収容室②にいました。







    ※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
    ▼①白茶 メス  3-5歳  12キロ前後
    先週まではE部屋にいました。





    ↑恐らく姉妹と思われますが、お互い人が大好きで甘えたくて
    しかたがないので、一方を撫でるともう一方がやきもちを焼いて
    唸っています。
    お互い唸りますが、黒白ちゃんのほうが強く出ます。
    何しろ人が好きでしかたありません。
    隣のお部屋の仔たちを構っていると結構な勢いで吠えていましたが
    甘えたいだけのように思います。


    たくさんの古新聞を我が家にわざわざお持ち頂きましたMさん、
    ありがとうございました↓↓
    お届けしてまいりました。




    レポートはパート2に続きます。

    続きを読む
  8. 9/1センターレポート パート2      ㉑

    姫菜ママさんのレポートです。
    加筆・修正しています。

    犬たちの引き出しのため、今週もセンターを訪れました。

    譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。
    ここでは、譲渡管理室(クレート内) ドッグラン D部屋(旧シャンプー室) にいる子たちを紹介しています。
    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。



    【譲渡管理室(クレート内)】 13頭


    ※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
    ▼黒茶白 長毛 オス(去勢済み) 4-5歳 9.66キロ
    「飼い主募集中!!№3094」
    センターで「いさむくん」と呼ばれているそうです
    明るく元気な男の子で おやつ大好き 人も大好きです
    おやつの為なら頑張っちゃう可愛い子です




    お散歩に出してもらっている時のお顔は楽しそうにニコニコです



    ※6/3よりレポートに登場(6/22収容)
    ▼白/薄茶 オス(去勢済み) 2-3歳 9.66キロ
    「飼い主募集中!!№3096」
    クレートから待ってましたと元気に出て来て外に出ようとしていました
    クレートの中でも外でも吠えることはなく比較的落ち着いているようです
    抱っこされている時のほんわかした表情はなんとも可愛いです
    飼い主さんには甘えん坊になりそうな気がします







    ※8/18よりレポート登場 (8/3他抑留所からの移送)
    ▽茶白柴風 オス(去勢済) 推定1歳 10.14キロ
    「飼い主募集中!!№4059」
    クレートから出すと 嬉しくて嬉しくて しっぽブンブンで
    こちらまで楽しくなるほどの喜びようでした
    人も大好きで抱っこも上手にされていました
    おやつも上手に食べられます 
    狭い所に入っていますから はしゃぐのは仕方が無いです
    アイコンタクトも取れますので練習次第で落ち着いた子になれそうです







    ※8/25よりレポート登場 (8/17他抑留所からの移送)
    ▼柴犬 茶 オス 3-5歳 8キロ前後
    目が濁っています 良く見えていないようで 
    手やロープが顔の近くに来ると驚いていました
    おやつも匂いがするので分かるのだろうと思いますが
    探しながら受け取っているようでした
    声をかけながら手を出せば驚かずに触られても平気です








    ※6/2よりレポート登場(5/20収容)
    ▼薄茶白 目の回り黒 メス(不妊手術済み) 2-3歳 7-8キロ
    まだ少し怖いですと 後ずさりをしたりしますが
    この日はクレートに入っていたので 尚更消極的でした
    オヤツは食べることが出来ます 
    職員さんには馴れているようで ロープをかければ
    自分から出て来るそうです お散歩は好きで喜んで歩くそうです







    ※4/21よりレポート登場(4/13収容)
    ▼茶 メス(不妊手術済み) 8-11ヵ月程度 7.98キロ
    「飼い主募集中!!№897」
    クレートから出る気は 全く無い様で奥に下がってしまいました
    お外にいる時とはテンションが違うようです
    ロープを近づけると顔をそむけるので無理に出すのは止めました
    置いたおやつは食べられます クレートの出口近くに置いても
    取りに来ていましたので もう一息だなという印象です








    ※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 メス(不妊手術済み) 5-6歳 14.76キロ
    「飼い主募集中№2847」
    お部屋の中だと安心するのでしょうか
    外に居る時よりも積極的におやつをもらいに来ていました
    触ろうとしても逃げるようなことはなくて緊張していないようです
    落ち着いた場所で関係を築いていけば早く馴れてくれそうです








    ※2/10よりレポート登場(2/2日収容)
    ▼薄茶黒 オス(去勢済み) 5-6歳 12キロ 
    「飼い主募集中№2898」
    いつもニコニコ嬉しそうな可愛い子です
    早く来て!と呼んでいました 
    おやつを下さいとお座りをして待っています
    クレートから出たことが嬉しかったようで
    一気にテンションが上がってしまって他の犬に吠えついていました








    ※3/31よりレポート登場(3/20収容)
    ▼茶白黒 耳折れ メス(不妊手術済み) 2歳ぐらい? 12キロ前後
    クレートから出るのは嫌だったようです
    おやつも いらないですと そっぽを向いていました
    外にいると 自分からタッチしに来るのですが
    今日はそんな気にはなれなかったようです






    ※7/21よりレポートに登場(7/16他抑留所からの移送)
    ▽茶半長毛 オス(去勢済み) 1-2歳 9.96キロ
    「飼い主募集中!!№4032」
    人馴れ抜群の男の子です
    おやつをもらえることがわかっているので早く欲しくて
    頑張って飛び跳ねていました
    撫でてもらうと気持ち良さそうに もっとやってと催促していました








    ※2/24よりレポート登場(2/9他抑留所より移送)
    ▼茶 鼻黒 折れ耳 オス(去勢済み) 2歳ぐらい? 13.38キロ 
    「飼い主募集中№2918」
    嬉しそうにクレートから出て来てご挨拶をしてくれました
    比較的落ち着きのある子だろうと思います
    おやつも優しく食べられます お座りも得意です
    以前より皮膚の状態が悪くなっているようで少し心配になりました








    ※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
    ▼茶黒 オス(去勢済み) 2歳ぐらい 14.26キロ(やせ気味)
    「飼い主募集中!!№3079」
    男らしいお顔をしています 落ち着きのある子です
    自分からお座りをして ゆったりと待っていられます
    オヤツの食べ方もとても優しいです
    人は好きで撫でていると体の力が抜けて来るようです








    ※6/9よりレポート登場 (6/2乳飲み子連れで収容)
    ▼茶 柴 メス(不妊手術済み) 4-5歳 9.82キロ
    「飼い主募集中!!№3068」
    子育てを無事終えたお母さん犬です
    手を上から出して撫でようとすると フッと避けていました
    自分から おやつをもらいに来ていました
    手を握ると嫌がって引っ込めていましたが威嚇することもなく
    こちらの顔を見つめていました 
    慣れれば もう少し甘えん坊さんになりそうな子です








    【ドッグラン】 1頭


    ※6/23よりレポート登場(6/15収容)
    ▼茶白 オス(去勢済み) 5-6歳 12.6キロ
    「飼い主募集中№3081」
    2人で撮影をしたのですが カメラを持っている人がおやつをくれる と
    学習したのかカメラに付いて歩いていました
    少しおやつを焦らすと 吠えて催促をします
    とても毛艶のいい 綺麗な子です
    触られる事には あまり抵抗が無くなって来ているようです









    【E部屋(旧シャンプー室)】 7頭






    ※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
    ▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ 
    少しづつですが人馴れして来ていると思います
    だんだんと距離が近くなって来ました
    おやつを手から食べられますし 咥えて逃げたりしません
    こちらから近づくと下ってしまいます
    ゆっくりと向き合っていけば 人馴れは出来て行くと思います
    甘えて寄り添ってくる姿が見たいです








    ※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
    ▼トライカラー ビーグル メス 6-7歳位 10キロ前後
    人馴れ抜群です しつこいくらいかまってチャンです
    ビーグルらしく とても食いしん坊さんです
    今のところ 吠え声は聞いていません
    他の犬とも上手くやっているようです








    ※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
    ▼薄茶 メス 3-4歳くらい 12-13キロくらい
    おとなしめで 少し後ろから近づいて来ます
    本当は沢山撫でてもらいたいのだろうと思います
    ニコニコ笑顔の可愛い子です
    1頭で 甘えさせてあげたい子です








    ※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
    ▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
    相変わらず ビビりちゃんですが この環境では仕方ないです
    逃げ回っているだけで 攻撃性はありません
    この子にとって、このまま長居は良くないと思います
    以前よりは 焦って逃げなくなっていますので家庭に入れば
    いい方向に馴れは進むのではないかと思います
    この子だってきっと甘えたいはずです








    ※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
    ▼茶白黒 メス 10キロぐらい?
    壁の隅にペタッと くっついています
    こちらをいつも観察しているようです
    固まっていることが多く 近くに行ってもあまり動きません
    皆で寄り添っているのが安心のようです








    ※3/17よりレポート登場(3/10収容)
    ▼茶 メス 1歳過ぎ? 11キロくらい
    まだまだ ビビり全開です 人の動きを見ることはできています
    逃げまどうだけで 攻撃性はありません
    常に誰かの後ろに隠れています
    他犬を頼りにしているようです








    ※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
    ▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
    この部屋の中で一番かたい表情をしています
    人とどう接して良いのか 分からないといった感じです
    犬同士で固まっていることで安心出来ているようです
    無理をせず この子のペースで関わってあげたい子です







    4頭で固まってこちらを見ていました



    慰霊碑にお花をお供えして手を合わせて来ました



    レポートはパート3に続きます



    続きを読む
  9. 8/25センターレポート パート6   ⑮(93)

    ぐーちゃんママさんのレポートです。
    加筆・修正しています。



    8/25レポート・パート5からの続きです。



    ここではE部屋にいた子達を紹介します。



    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




    【E部屋】15頭


    ※8/4よりレポートに登場 (7/29引取収容)
    プールに係留
    ▼茶白長毛垂れ耳 メス(不妊手術済み) 8歳半 11キロ前後
    とても人懐こく、撮影している間もずっとメンバーに甘えようと
    近づいてきていました。
    プールに係留されているのですが、
    ケージに入っているよりも行動範囲が少しは広く、
    人が入ってくれば甘えられますし、
    この子にとってはいい環境なのかもしれません。

    他の犬をケージから出しても、しつこくまとわりつくようなこともなく、
    穏やかにしていられます。

    それでもやはり外が気になるのでしょうか。
    ゆっくりお散歩もしたいよね。





    ※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
    ▼①白茶 メス  3-5歳  12キロ前後
    外に出たくてワンワンと呼んでいるのですが、
    外に出てくると床にべったり張り付いてしまい、なかなか撮影し辛いので
    今日は抱っこしたままの写真ばかりになってしまいました。

    とにかく人にくっついていたい、というのが誰にでもわかるくらい
    すごい甘えっ子です。
    抱っこされていればしっかり人にしがみつき、
    「このままずっとこうしててくだしゃい~!」
    とでも言っているかのようなお顔をしているのが本当にかわいいです。

    何をされても無抵抗で、
    お子様がいるご家庭でも安心して一緒に過ごせる子だと思います。





    ※6/9よりレポート登場(5/28他抑留所からの移送)
    ▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
    ロープをかけられるのが苦手で、
    今日もロープをかけるのに少し時間がかかってしまいました。
    それでもケージから出てくれば抵抗することはありません。

    ここに収容される前から、何もお手入れをしてもらっていなかったようで
    毛がもさもさしていましたが、
    更に3ヵ月経過し、かわいいお顔がよく見えなくなってきています。

    トリミングをしてきれいにカットされたら
    きっと見違えるほどかわいくなると思います。
    この子本来のかわいい姿を早く見てみたいです。





    ※7/14よりレポート登場(7/13他抑留所からの移送)
    ▼③茶白 オス 3-4歳? 7キロぐらい?
    とても落ち着いていて、おとなしい男の子です。
    収容当時、目の周りにかさぶたのような傷があったのが気になっていましたが
    もうすっかり綺麗になっていて、かわいいお顔になっていました。

    少し緊張しているというか、控えめな感じは
    男の子とは思えないほどです。

    抱っこも問題なく出来ます。
    大きさも小ぶりですので、マンションでも飼える大きさだと思います。





    ※8/11よりレポート登場 (8/6他抑留所からの移送)
    ▼④茶赤首輪 メス 10キロ弱 1歳くらい
    先週レポートで、他の子が近づいた時に怒っていたとありましたが、
    怒っていたのはこの子ではなく、もう一方の子でした。
    この子はとても落ち着いています。

    おやつも大好きなようで、抱っこされていても
    普通に食べることが出来ました。

    この子も↑の子と同様に小ぶりで大人しいですから
    初めて犬を飼う方にも是非お勧めしたいです。





    ※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
    ▼⑤ベージュ ラブ風mix オス(去勢済み) 4歳ぐらい 20キロ超え 
    来週センターを訪問する時には、
    ここでの生活がとうとう1年になってしまいます。
    頭数が多過ぎるせいか、なかなかご縁に恵まれません。
    暑い夏も、凍えるような寒さの冬も、
    この子はこのセンターで過ごしてきました。

    それでも自分のおかれた現状をしっかり受け止め、
    1年間もここにいながら、それでもこんな笑顔で私たちを迎えてくれるのです。

    この子にも普通の家庭での生活をもう一度送らせてあげたいです。
    運動不足もあって体重も増えてきています。
    お耳もずっと気にして振っています。
    頑張って新しい家族が出来るのを待っているこの子にも
    是非目を向けてあげてください。





    ※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
    ▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
    大人しいのですが、どこか不安な感じを残した子です。
    顔や体を触ることには抵抗しませんが、
    少し緊張しているような様子を見せます。
    何かされるのかしら?と不安感がまだ拭えないのでしょうか。

    でも、おやつは食べることが出来ます。

    家庭に入って、ご家族全員で愛情を注いであげれば
    きっとこの子の不安感もなくなることでしょう。
    この子が安心して暮らすことが出来るご家庭に
    是非迎えていただきたいと思います。
    不安なお顔を笑顔に変えてあげてください。





    ※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
    ▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
    とても落ち着いていて、人の指示をしっかり聞いています。
    この子もこちらでの生活が長くなりつつあります。
    他の子も同じですが、ここでの生活が長くなると、
    やはり運動不足になってしまいますので
    少しずつ太ってきてしまいます。
    早くここを卒業してお散歩を一杯してもらえるおうちに行けるよう
    願わずにはいられません。

    今日はあまり笑顔が出ませんでしたが、
    いつもニコニコ笑顔を見せてくれる子です。
    たくさん待たされてしまったので疲れてしまったのでしょうか。

    ちょっと不満そうなお顔をしていますが、
    次回はまた笑顔が見られるように、早く撮影をして
    触れ合う時間を少しでも増やしてあげたいと思います。





    <プール内>子犬7頭

    7頭共にまるでぬいぐるみのようにふわふわして
    まるでシーズーやヨークシャテリアの赤ちゃんのような容貌です。
    なぜこんなにたくさんの子犬たちがここに送られてくるのでしょう。
    何度も繰り返し言うようになってしまいますが、
    子犬はかわいいからと、産ませるだけ産ませて、
    その後飼えないのであれば絶対に産ませないでください。
    不妊・去勢手術をしてあげてください。
    本来ならば、ここにいる子たちではないはずです。
    この子たちには何の罪もありません。

    どの子もまだまだ幼く、夫々の性格などを見ることができませんでしたので
    写真と性別のみ掲載します。
    どうかこの子たちにも大きくなる前に、人の温かさを味わってもらって
    人が怖くないということを教えてあげてください。
    ある程度大きくなって人を怖がるようになってしまわないように
    一日も早くここを出してあげたいです。

    幼犬は、2頭以上での預かり先のみ募集しています。


    ※8/25レポート初登場 (8/24収容)

    オス① 薄茶/鼻・耳黒 生後2ヵ月前後 1キロ台



    以下は全て 生後1.5ヵ月前後 1キロ台 
    オス② 黒/顔真ん中白い線



    オス③ 黒/両足先白



    オス④ 黒/左足先のみ白



    メス① 黒/両前足後足共に足先白



    メス② 黒茶



    メス③ 黒白



    全て人馴れしており、飼い犬が産んだ子であることは明白です。
    実はこの前日、他団体さんが別の9頭ほどの幼犬を引き出されています。
    (ほぼ毎週、多くの幼犬を引き受けてくださっています)
    そしてこの日、撮影している間にも、
    新たに6頭の白い幼犬たちが収容されて来ました。

    飼い犬には必ず不妊・去勢手術をする

    この簡単なことさえできていたならば防げたはずのこの事態
    皆さんはどのように思われるでしょうか。






    この日引き出した子、8頭です。








    一番上の子のみ、いぬ親さまが決まっています。

    他の子たちは、預かりボランティアの元でケアしたのち 
    準備が整い次第募集開始いたします。
    応援よろしくお願いいたします。

    ちばわん・いぬ親さん募集ページ


    レポートは以上となります。




    篠崎臨時いぬ親会
    【日時】9月6日(日) 12:00~15:00
    ※お天気によっては早めに終了する場合もございます。






    いぬ親会情報はこちらをご覧ください。


    続きを読む
  10. 8/25 センターレポート パート5      ⑩

    チェリママさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    8/25センターレポート1-4からの続きです。
    4日目の部屋、4.5日目の部屋の仔たちを紹介します。

    【4日目の部屋】7頭

    ※6/2レポート登場(5/20収容)
    ▼茶白 オス 推定1歳 11-12キロ
    笑顔の素敵な可愛らしい男の子です。
    甘え方もハイパー過ぎず、優しい男の子のような気がします。







    ↑↓ 兄弟と思われます

    ※6/9レポート登場(5/26収容)
    ▼白茶 オス 推定1歳 11キロくらい
    とてもきれいな男の子です。↑上の兄弟の仔のように積極的に人の
    そばには寄ってきませんが、さほど怖がりというようにも見受けられません。





    ※7/14よりレポートに登場 (6/29収容)
    ▼茶黒 オス 1-2歳 12キロ前後
    この仔も優しいお顔をしています。
    メンバーのそばにそっとお座りする姿がとても健気に思えました。




    ※7/28よりレポートに登場 (7/23他抑留所からの移送)
    ▼茶 柴 オス 3歳ぐらい? 10キロ前後
    あまりに動きすぎて写真が撮れず、シャッターを切りまくったら意外に撮れて
    いました。まるで仔犬さんのように元気一杯の男の子です。ほとんどじっと
    していることがありませんでした。歯もきれいですし、3歳よりももう少し
    若いようにも思いました。
    人は好きなようですが、他犬に強く出ることもあるようです。









    ※3/31レポート登場(3/30他抑留所より移送)
    ▼茶鼻黒 オス 2-3歳くらい 8キロ前後
    以前会ったときよりは近距離まで近付いても逃げなくなっていました。
    少しずつ人は怖くないことを知ってくれたらと思います。





    ※8/25レポート初登場 (8/11収容)
    兄弟?でしょうか。とても可愛らしい風貌の男の子たちです。
    D部屋(旧シャンプー室)の人馴れ抜群の茶・ダックスミックスの仔と
    血縁関係にあるようです。女の子は人が大好きなようでドアに張り付いて
    ずっとしっぽをふっていましたが、オスの2頭は一所懸命逃げていました。

    ▼茶 垂れ耳 短足 6キロ前後 







    ※レポート初登場 (8/18収容)
    ▼こげ茶 垂れ耳 短足 5キロ弱


    ↓うっかり走りだしちゃった感じです。まだあどけない雰囲気ですが
    歯は未確認です。





    慌てたお顔が可愛らしいです。

    2頭一緒に寄り添って





    【4.5日目の部屋】3頭
    多頭飼育放棄のうちの3頭

    3頭とも皮膚の状態がかなり良くなりました。
    とても人懐っこく明るく元気な子たちです。

    ※3頭とも6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)


    ▼黒 オス 胸白 つま先白 2歳 15キロ前後
    元気いっぱい、人に飛びついてきます。当初とは見違えるように
    立派にきれいになりました。









    ▼黒(首に小さく白差し毛) オス 2歳 右折れ耳16-17キロ
    この仔も上の仔と同じように人が大好きすぎて飛びついてきます。
    かっこいい男の子です。










    ▼黒(胸に白い差し毛) メス 3歳 13-14キロ
    遠目に見たらみんな同じに見えてしまったのですが、近くで見ると
    この仔はとても女の子らしいお顔をしています。
    ↑上の男の子たちより体高が低くて一回り小さく感じます。
    この仔も人が好きな仔です。




    レポートはパート6に続きます。




    篠崎臨時いぬ親会
    【日時】9月6日(日) 12:00~15:00
    ※お天気によっては早めに終了する場合もございます。






    いぬ親会情報はこちらをご覧ください。


    当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。
    問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
    (※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
    必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)


    ★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
    ★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
    一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
    (譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

     
    ※大変申し訳ありませんが
    小型犬のみの新規預かり希望はげ受け付けておりません。

    お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
    (審査の上、判断させていただきます。)

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る