centre_reportの記事一覧

  1. 7/14センターレポート パート6  ⑭(84)

    猫の手さんのレポートです。
    加筆・修正しています。

    7/14レポートパート5からの続きです。
    引き続き譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

    ここでは4,5日目部屋、ドッグランおよびその周辺の子たちを紹介しています。

    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。

    【4.5日の部屋】多頭飼育放棄のうちの3頭
    ※6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)
    ▼黒 オス 足先と胸白 2歳くらい 15キロ前後
    とても懐っこく可愛らしい子です。
    この日は抱っこはしていないのですが、
    とても15キロあるようには見えないサイズです。
    (実測値ではなく、前週に抱き上げた感じでの重さを記載しています)
    皮膚がきれいになったら見違えるようになると思います。
    おやつはごく自然に手から食べます。
    こんなになるまで放っておかれ、揚句の果てに飼育放棄され、
    それでも人への信頼を失っていないこの子たちにありがとうと言いたいです。




    この子の首輪の痕が痛々しいです。


    ※6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)
    ▼黒 オス 右折れ耳 2歳くらい 16-17キロ
    折れた耳がピコピコ動き、とてもキュートです。
    性格的には何の問題もありません。
    ひどい目にあったと思うのにとてもよい子達です。
    この子は↑の子よりも体重があり、全く肥満体系ではありません。
    ぎっしり筋肉が詰まっているのでしょうか。
    すでに治療は開始されていますが、
    ここから出て個別に治療できるに越したことはないと思います。






    ※6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)
    ▼黒 メス 3歳 13-14キロ
    3頭の中では一番、落ち着いています。
    何度出産させられたのだろう・・・
    何頭の子を育てたのだろう・・・
    見るのが辛くなるお乳です。とても3歳とは思えません。
    そんな感傷的になり過ぎる人間の思いは、この子にとっては何の意味もないと
    わかっていますが、この子のこれまでを思うと泣きたくなります。
    まだ3歳、これからの犬生のほうが長いのですから、
    穏やかな暖かい家族の元で過ごせるようにしてあげたいです。




    以上3頭については、一部先週の写真から


    【ドッグランと周辺で日光浴中の子】11頭

    ※3/31よりレポート登場(3/20収容)
    ▼茶白黒 耳折れ メス 2歳ぐらい?(不妊手術済み) 12キロ前後
    いつも静かに佇んでいる印象です。
    自分から積極的にアピールする子ではありませんが、
    そこがまた気になる子です。
    先週は、手からおやつを食べたようですが、
    この日は肉系おやつではないためか、それともガサツなボラだったからか、
    口にしてくれませんでした。
    2歳にしてはとても落ち着いています。まだまだはじけて遊ぶ年頃ですから、
    家族の元で思い切り遊ばせてあげたいなーと思います。





    ※1/27よりレポート登場(他拘留所からの移送)
    ▼茶鼻黒 メス 2-3歳(不妊手術済み) 14.54キロ 
    「飼い主募集中№2905」
    ややシャイで、大きな音や、急な人や車の動きにびくっと反応します。
    一時とても痩せていて気になったのですが、
    少しふっくらしてきたように見えました。
    手からのおやつを食べることができるようになっていました。
    以前、職員さんと楽しそうにお散歩するのを見たことがあります。
    家庭に入って信頼を築くことで、本来の明るい面を見せてくれると思います。





    ※2/10よりレポート登場(2/2日収容)
    ▼薄茶黒 オス 5-6歳(去勢済み) 12キロ前後 
    「飼い主募集中№2898」
    人懐っこくて活発な男の子。
    人がドッグランに入った時から、うれしくてハイテンション。
    立ち上がっては「おいで おいで」と何度でも手招きしてくれます。
    ようやく順番が来てそばに行くと、
    うれしくてたまらないというようにお耳ペタン。
    おやつも好きですが、それよりかまってもらいたいタイプです。
    犬とは相性があるようで センター側も1頭飼いを薦めているそうです





    ※2/24よりレポート登場(2/9他抑留所より移送)
    ▼茶 鼻黒 折れ耳 オス 2-3歳(去勢済み) 13.38キロ
    「飼い主募集中№2918」
    すらりと伸びた長い脚。スレンダーなボディ。個性的なお顔。
    都内のおしゃれな街が似合いそうな子です(変なレポートですが)。
    この年齢の男の子にしてはおとなしいほうだと思います。
    他の子のところを回っている間にも呼ばれはしましたが
    それほど興奮することもなく、
    比較的落ち着いて自分の番を待っていてくれました。
    おやつも普通に手から食べますし、飼いやすい子だと思います。
    広いドッグランで走る姿を見てみたいなー。とてもきれいだと思います。







    ※6/30よりレポート登場(6/18他抑留所より移送)
    ▼茶 オス 3歳(去勢済み) 17.32キロ 
    「飼い主募集中№3086」
    「大きいくせに子供っぽいところがかわいい」
    と、毎日お世話している職員さんが話されるように、
    とても人懐っこく写真よりずーっと可愛らしい子です。
    おやつも人も大好き。
    かまってほしくて他の子達と一緒になって早く~と呼びますが、
    ワチャワチャしたところはなくおっとりとした男の子です。
    おやつを出すと、言われなくてもわかってますとお座り。
    お手だって何度でもしてくれます。
    この子に限りませんが、いつも人と一緒にいたい子だと思います。






    ※6/23よりレポート登場(6/15収容)
    ▼茶白 オス(去勢済み) 4-5歳 12-13キロ
    この子もおっとりした優しい子です。
    他の子につられて吠えることもなかったと記憶しています。
    手からおやつを食べるときもとても落ち着いていられます。
    この子の優しい目を見ていると、
    こちらが守られているような気になってきます。
    どうしてここにいるのか、いくら考えても理由のかけらすら見つかりません。
    このまま家庭に入ってもごく自然に溶け込んで、
    静かにしっぽを振っていそうです。






    ※6/9よりレポート登場(5/25収容)
    ▼茶黒白 オス 2-3歳(去勢済み) 17.38キロ 
    「飼い主募集中№3057」
    動きもやることも子供っぽくて、3頭身の大きな幼児といった感じです。
    まるっこい(太ってはいません)体で立ち上がり、
    ワッホワッホと低い声で呼ぶのですが、
    ちっともうるさい感じがしません。
    人が傍にいる間は、遊んでもらおうと必死のアピール。
    片時もじっとしていられず、
    常に「えへへへ、ぼくちん楽しい」とニコニコです。
    大きな縫いぐるみみたいなかわいい子です。







    ※7/14レポート初登場(6/29収容)
    ▼白茶黒 メス (不妊手術済み) 2-3歳 12キロくらい
    お隣の長毛ワチャワチャくん↑に影響されたのか、こっちに来てと立ち上がり、
    少しでも注目されようとしていました。
    おやつは若干慌てるものの自然に手から食べることができ、
    人馴れはまったく問題ありません。
    明るくて元気いっぱいですが、収容からまだ日が浅いので、
    ここでの生活に慣れたら、変わっていくかもしれません。
    引き続きレポートで様子をお伝えしていきます。







    ※6/2よりレポート登場(5/20収容)
    ▼薄茶白 目の回り黒 メス 2-3歳くらい(不妊手術済み) 7-8キロ
    4日目部屋の茶白男の子2兄弟の母犬と思われます。
    ここでの生活にまだ戸惑いがあるのか、
    少しオドオドしているように感じました。
    ただ、近付いても吠えたり威嚇したりということはありません。
    4日目の男の子たちのママとは思えないくらい小柄な子です。
    手からのおやつは無理でしたが、お口の前に置くと食べてくれました。
    眼鏡をかけたようなくりくりの目と頭のてっぺんのポチっとの点が
    チャームポイントです。







    ※5/12よりレポート登場(4/30他拘留所より移送)
    ▼茶 メス 1-2歳 8キロ(不妊手術済み)
    私が見るときはいつもこの場所で小さく丸まっています。
    まるで存在を消そうとしているかのような印象でしたが、
    表情が明るくなってきました。
    おやつは食べてくれましたし、目を合わせてもくれました。
    毎週通っているボラのおかげで、人は怖くない、受け入れてもいいかなと
    思うようになってきたのだと思います。
    おとなしく小ぶりな子なので、
    マンションなどでも問題なく暮らせると思います。
    まだう~んと若いのですから、これからたくさん遊んでほしいです。






    ※11/18よりレポート登場(他拘留所より移送)
    ▼薄茶 メス 1-2歳(不妊手術済み)9.42キロ 
    「飼い主募集中№2772」
    人が大好きでたまりません。人影が見えただけで立ち上がり、
    「はやく、はやく、こっちに来て!」と千切れんばかりに尻尾を振り、
    満面の笑顔で迎えてくれます。
    可愛らしくてボラ全員がメロメロ(ですよね)。
    おやつを出しても、それより
    「かまって、かまって!」とすぐにゴロンしてくねくね。
    思わず笑ってしまいます。パンより愛が欲しい子です。









    この日引き出した子たち4頭です。



    預かりボランティア宅で心、身両面のケアを整えてからの募集となります。
    応援よろしくお願いします。

    レポートは以上です。

    当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。
    問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
    (※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
    必ず詳細ページにてご確認をお願います。


    ★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
    ★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
    一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
    (譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

     
    ※小型犬のみの新規預かり希望はげ受け付けておりません。

    お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
    (審査の上、判断させていただきます。)

    卒業犬の迷子が相次いで発生してしまい、ご心配をおかけしました
    まだ保護できていない子もいます。
    近くにお住いの方からの情報をお待ちしています。
    ちばわん迷子情報をご覧ください。
    これからは花火雷など、迷子の危険性が高まってきます。
    万が一にも迷子にさせないために、どうか今一度安全をご確認ください。


    ~お知らせ~

    ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
    新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
    出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。

    定例いぬ親会開催IN篠崎
    【日時】7月19(日) 12:00~15:00
    ※お天気によっては早めに終了する場合もございます。


    品川ねこ親会 品川いぬ親会(西大井)
    【日時】7月26(日) 12:00~15:00


    船橋いぬ親会
    【日時】8月2(日) 12:00~15:00


    市川ねこ親会
    【日時】8月9(日) 12:00~15:00


    いぬ親会情報はこちらをご覧ください。

    続きを読む
  2. 7/14センターレポート パート5      ⑳

    猫の手さんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    7/14レポートパート4からの続きです。
    引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。

    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。

    【C部屋】(元小型犬部屋)1頭

    ※3/24レポート登場(3/17収容)
    ▼茶 柴系mix メス 3-5才 7キロ前後

    ケージを開けるとすぐに窓の方へ向かいます。
    ここは自分のお家じゃなくて外に出たいのか?
    もしくは、隅っこが落ち着くのかもしれません。
    この日も抱っこは嫌だと拒否され、おやつも食べてくれませんでした。
    少しビビリな面がありますが吠えたり、
    威嚇したりなど攻撃的なところはありません。






    【E部屋】(元選定室)子犬8頭 成犬6頭

    中央プール
    子犬が8頭、固まっていました。

    どの子もまだまだ歯は生え変わっていないようで、3-4ヵ月くらいかと思います。

    ※7/14レポート初登場(7/1-6収容)
    4きょうだい
    ①茶 長毛 オス 3-4ヵ月 4-5キロ



    4きょうだいの中では一番大きい子。
    お約束通り抱っこでしっこはしたものの、特に暴れるでもなく、
    のんびりした感じの子。
    抱き上げたらビビリションが少し出ました。

    ②茶 長毛 前足白ソックス オス 3-4ヵ月 4-5キロ




    抱き上げると同じくビビリションしたものの、ぼーっとしたところがあります。
    目の周りに脱毛が見られます。
    どの子も、全体的に皮膚の状態はよくないようで
    このあとO獣医師とO看護士にシャンプーしてもらっていました。

    ③茶/黒 長毛(半長毛?) オス 3-4ヵ月 4キロくらい
    オスの中ではやや小ぶり。
    ややおサル顔がなんとも愛嬌があって可愛らしい子です。
    抱きあげるとジタバタするものの、お口が出るようなことはありません。




    ④茶(黒) 短毛 メス 3-4ヵ月 4キロ弱
    体格的には一番小さく、この子だけ短毛です。

    情けなさそうな表情がなんとも味わいがあって人気者になりそうです。


    このきょうだいは、4頭とも今のところおっとりした印象です。
    今後、どのような変化を見せるか楽しみです。


    3きょうだい
    ①茶 鼻黒 前足白ソックス メス 3ヵ月ぐらい? 2-3キロ
    もれなくビビリション付き抱っこです。
    パタパタと前足で空をかいていましたが、それほど強い抵抗はありませんでした。



    代表で歯を見せてもらいました。


    ②茶 鼻黒 前足白ソックス(短め)メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロ 
    鼻の横大きめのハゲあり
    ↑の子も含めてこの姉妹も、
    栄養不足によるものか、皮膚の状態がよくないです。
    掻いている様子は見られませんでしたが、
    それも緊張で固まっていたためかもしれません。
    早くきれいにしてあげたいですね。




    ③黒 メス 3ヵ月ぐらい 2-3キロ
    ジタバタ暴れん坊で激しく抵抗し、お口が出てしまうビビリっこ。
    そのためボケボケの写真ばかりです。
    床で落ち着いているときは可愛らしいお顔を撮ることができました。
    見事な放物線を描くビビリションも写っていました。
    この中では皮膚の状態が一番悪く、気分もよくないのかもしれません。






    ひとりっこ
    茶黒 メス 3ヵ月超え 3-4キロ
    見事にキュートなお猿さん顔。
    手足をバタバタ暴れるも攻撃性は全く見られません。
    この時期こんなに小さな子がヒトリで(複数でも)
    お外で生きていけるわけがありません。
    怪我もなく保護されてよかった、心からそう思います。



    みんなで幸せになろうね。


    個別ケージ
    ※1/27よりレポートに登場(他抑留所からの移送)
    ▼①柴 オス 6-8才 7-8キロ
    いつも変わらず元気に迎えてくれます。
    ケージから出してあげると静かになって、ちょこんとお座り。
    いつものおやつくださいと、可愛らしい子です。
    ケージに入っていても、目の前にほかの子が来ると、
    「あっちへ行けと文句を言ってしまいます。
    人と触れ合うのは楽しいようですが、犬は好きじゃないようです。






    ※7/14レポート初登場(7/13他抑留所からの移送)
    ▼③茶白 オス 3-4歳? 10キロ前後
    この日最終部屋から新たに譲渡選定されました。
    気の毒なくらい痩せています。

    負のイメージは全く感じられません。性格の良い子だと思います。
    この子に背を向けて仔犬の写真を撮っていたら、
    ケージの隙間から手を出してチョイチョイとつつかれました。
    探してくれない、あるいは飼育放棄した飼い主は、
    たくさん遊んでくれたのでしょうか。
    人に甘えたくて仕方がないのだと思います。
    この子の性格などは今後のレポートでお知らせします。







    7/14レポート初登(7/13他抑留所からの移送)
    ▼④茶 柴 オス 2-3歳 8-9キロ 
    同じく、最終部屋から選定されました。

    お顔から明るい性格がにじみ出ています。
    神経質なところもなく、気のいい柴だと思います。
    抱っこはできますが、プラス前肢を触られるのはちょっと嫌だそうです。
    赤い首輪はまだ真新しい感じなのに、
    飼い主の手掛かりになりそうものは何も着けていません。
    この子のことも、今後のレポートでお伝えしていきます。





    ※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
    ▼⑤ベージュ ラブ風mix 2-3歳 20キロ超え 去勢済み
    すっかりおなじみさんになってしまいました。
    ケージ内ではおやつがほしくて吠えてしまいますが、
    出してしまえばおとなしい子です。
    一度出ると満足するのか、戻されても吠えません。
    言われなくてもお座りまでする、ボラ慣れしている子です。
    まだ少し耳を気にして首を振っているので、
    早めに診断を受けさせてあげられるといいと思います。






    ※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
    ▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
    くりくりのきれいな目が印象的。柴風のとても小さな女の子です。

    人を怖がるようなことはないのですが、
    抱っこは嫌ときっぱり拒否していました。
    べたべたするのは好きじゃない、クールビューティさんです。
    この日は手からのおやつも食べてくれませんでしたが、
    ケージ内に置くと、そっとつまむように食べていました。
    「ハウス」のコマンドでケージに入ったのですが、
    たまたま偶然ではなく、しつけられていたのかもしれません。
    無駄吠えもなく飼いやすい子だと思います。





    ※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
    ▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
    いつも長く待たされて最後になってしまうのですが、
    「早くこっちに来て」と小鳥のさえずりのような甘え鳴きで呼びます。
    換毛もほとんど終わって、すっかりビジンさんになっていました。
    人馴れは全く問題なく、このまますぐに家庭に入っても
    すんなりなじんで違和感なく過ごせそうです。





    【4日目の部屋】6頭

    ※3/31よりレポートに登場(3/30他拘留所より移送)
    ▼茶鼻黒 オス 2-3才くらい 8キロ前後
    私がこの部屋に入るのはとても久しぶりなので、知らない人間と判断したのか、
    常に距離を置いて隅っこで小さくなっていました。




    慎重派なのか、もともとあまり食に関心がないのか、
    床に置いたおやつもまだ食べません。
    他の子の行動から学習してほしいのですが、
    石橋をたたいて渡るタイプなのでしょうか。
    無理に近づいていないので断言はできませんが、
    攻撃的なところは見られません。
    むしろ家庭に入って、人と密に接するほうが良いのかも知れません。


    ※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
    ▼黒茶白 長毛 オス 4-5才 10-11キロ
    アイ~ンのお口が憎めないモコモコちゃんです。
    入った時からコホッコホッと咳が出ていてとても心配です。
    元気にはしていますが、興奮したあとが特にひどいようです。
    原因はフィラリア? 
    そうでなくても、手遅れにならないうちに治療してあげたいです。
    目を離したすきに、ちょっとしたいさかいがあり、
    その後、シュンと落ち込んでいました。
    人には馴れていておやつも手から食べてくれます。





    ※6/3よりレポートに登場(6/22収容)
    ▼白/薄茶 オス 2歳くらい 11-12キロ
    明るい性格でとてもいい子! 太鼓判を押したくなります。
    大きいチョコラブにマウントされても、
    どうぞお好きにとあしらって喧嘩になりません。
    ちょっと目を離したすきに、チョコラブ、↑の子と3頭でいざこざがあって、
    部屋の外から制止したのですが、
    そのあとも自分は関係ないようにケロッとしていました。
    先週のレポートにもあるように、この中では上位にいるのかもしれません。
    とはいえ、人には常にニコニコ笑顔を見せてくれる、フレンドリーな子です。






    ※7/7よりレポートに登場(7/2他抑留所より移送)
    ▼チョコラブ(mix?) オス 3-4歳 20キロ前後
    純血のチョコラブのように見えます。
    天真爛漫と言えなくもないのですが、周りの空気を読まず、
    ↑の子に付きまとってしつこくマウントを繰り返していました。
    歯を見るととてもきれいでしたから、まだ3歳ぐらいかもしれません。
    人にはべたべた甘える感じではありませんが、何をされてもOKですよと、
    ラブらしい大らかさがあります。





    ※6/2よりレポートに登場(5/20収容)
    ▼茶白 オス 1歳前後 11-12キロ
    この日、いちばんおやつに寄ってきてくれた子です。
    全体にまだ幼さが残っています。1歳にしては、とても落ち着いています。
    周りの空気も読めているようで、
    集団の中で上手に行動している賢さを感じます。
    人と生活すると良きパートナー犬となってくれそうです。





    ※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
    ▼白茶 オス 1歳前後 11キロくらい
    ↑の子ときょうだいと思われます。
    足がスラリと長くスタイル抜群ですが、もう少し太らせてあげたいですね。
    付かず離れずでしたが、ちゃっかりおやつを食べていました。
    慎重なだけで、慣れてくれるのも時間の問題でしょう。
    こちらから積極的に触れることはしませんでしたが、
    家庭に入れば案外早く甘えん坊になるのではないでしょうか。






    レポートはパート6に続きます。

    続きを読む
  3. 7/14センターレポート パート2      ⑩

    猫の手さんのレポートです。
    加筆・修正しています。 


    7/14センターレポートパート1からの続きです。
    引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。

    【旧仔犬舎】
    1-4
    ※2/24よりレポートに登場(2/10収容)
    ▼黒茶 メス 1-2歳 8-9キロ
    収容当初、壁に顔を押し付けて、こっちへ来ないで!と小さくなっていた子が
    きちんと目を合わせられるようになってきたこと
    人を避けるのもコソコソ逃げる感じが、さっさっとかわす感じになってきたこと
    この子なりにここでの生活に慣れて落ち着いているのだと思います。
    でも、ここからの進歩といいうか変化があまり進んでいないように感じました。
    そのため、いつもと同じような写真です。
    おやつも肉系ではなくお気に召さなかったのか食べてくれませんでした。




    もっと密接に人と触れ合う経験を積み重ねることが必要なのだと思います。


    1-3
    ※5/12よりレポートに登場(4/23収容)
    ▼白×薄茶が少し メス テリアmix 1歳前後 10キロ前後
    人が入ると結構、太い声で吠えますが、部屋を出ると静かなものです。
    威嚇する感じはなく、吠えながらちゃっかりおやつをもらいに寄ってきますから
    拒否して吠えてるのではないと思います。
    若干慌て気味ではあるものの、
    掌の上に載せたボーロもお口でつまんで食べます。
    同室の子がとても穏やかなので、影響されるといいなーと思いました。


    近すぎてぼけていますが、こんなに寄ってくるようになったのです。

    壁ばかり向いていた子が笑顔らしき表情も見せてくれました。

    同室の子とはとっても仲良しです。



    ※6/9よりレポートに登場(5/28収容)
    ▼薄茶 メス 推定2-3歳 11キロぐらい
    同室のテリアmixが吠えても全く気にせず、
    写真でも分かるようにとても穏やかです。
    動きもゆったりしていて落ち着きが感じられます。
    掌に乗せて差し出したおやつも慌てることなく上手に食べ
    床に落ちたおやつも取り合うことなく譲り合っていました。
    歯は見ていませんが、3歳よりは上かもしれません。
    家庭に入ってもこのペースで、すぐに溶け込んでくれそうです。


    とても痩せているのが気になります。



    1-1
    ※6/30よりレポートに登場(6/22収容)
    ▼茶 柴系 メス 7-8ヵ月 6キロ前後
    とにかく人好き。構ってほしくて寄ってくるため写真が撮れません。
    なでなでして~体を預ける甘えん坊です。
    人がいる間は子犬らしくじっとしていられないみたいですが、
    出てしまうとあきらめて、窓枠に乗って、おとなしく外を見ていました。


    撫でるとクネクネしながらお手までしちゃいます。

    あまりに動いて写真が撮れないのでロープをかけました。





    外のテラスで日光浴中の子
    ※6/9よりレポートに登場(6/8他抑留所より移送 4きょうだいで引き取り)
    ▼茶鼻黒 赤い首輪 メス 6ヵ月半(1月生まれ) 8キロ前後
    落ち着いているのか怖くて動けないのか、いつ見てもこの場所です。
    たまたまなのかもしれませんが仲良しの白い子が逃げて動くのに
    微動だにせずと言った感じです。
    ただ、小さいおやつでも手から食べますし、
    それほどオドオドしている感じもないのですが
    立っている姿、歩く姿を私は見たことがありません。
    月齢的にも子犬らしく跳ね回るところを見たいなーっていつも思います。
    なので、この子もいつも同じような写真です。



    常に肩寄せ合ってとても仲良しです。先住犬のいる家庭が良いかも知れません。



    ※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
    ▼白 オス 6-7ヵ月 10キロ~
    ↑の子といつもくっついていますが、人が入ると避けるように移動します。
    おやつもまったく興味を示しません。
    一番最初に会ったときはちばわんメンバーに抱っこさせてくれたはずなのですが
    その時は、逃げることもできなかったのかもしれません。
    吠えたり威嚇したりは全くないので、もう少し積極的に触れて
    人の手は怖くないことを知ってほしいなーと思います。



    ※6/23よりレポートに登場(6/10収容)
    ▼白茶黒 メス 7-8ヵ月 10キロ
    大好き!おやつちょうだいとまとわりつき、
    接近し過ぎで写真がなかなか撮れません。
    コマンドでお座りしているかどうか微妙ですが、タイミングよくお座りします。
    かわいい目で見上げてきて、おやつちょうだいと迫られると
    あげずにはいられません。
    何回も何回も繰り返すので、同じような写真になってしまいました。
    すぐにでも家庭に入って甘えさせてあげたいと思いました。


    後ろで↑の子が笑顔に注目!



    ※4/7よりレポートに登場(3/23収容)
    ▼薄茶 メス 6歳以上 11キロ
    人でも犬でも誰とでも仲良くできる、そんな感じの子です。
    食いしん坊でずーっとまとわりつき、おやつおやつと言って見上げてきます。
    でもそれが、しつこい感じも、がっついてる感じもないのです。
    落ち着きもあり、すぐにでも人と暮らせる子だと思います。






    ※6/23よりレポートに登場(6/9収容)
    ▼黒茶たれ耳 メス 1-2才 11キロ超え
    人が大好きで、ずーっとニコニコしてくっついてくる甘えん坊です。
    そしてもちろん食いしん坊さんでもあります。
    若い子らしく躍動感がありますから、
    犬とたくさん遊びたい人にぴったりだと思います。
    足が長くてスタイル抜群ですが、やはり痩せすぎ。
    もう少し太られてあげたいです。
    このまま家庭に入っても、問題になるようなところは見当たりません。






    ※6/23レポート登場(6/10収容)
    ▼茶顔だけ薄茶白 メス 7-8ヵ月 10キロくらい
    3つ上↑の白茶黒の甘えん坊と姉妹です。
    さすが姉妹らしく甘え方が似ている気がします。
    この中ではほかの子とも仲良しですが、
    姉妹の子に対しては強く出るという報告もあります。
    相性があるのかもしれません。
    お耳ぺったん、しっぽフリフリで大歓迎してくれますから
    犬とべたべたしたい人にはたまらないと思います。



    レポートは、パート3に続きます。


    続きを読む
  4. 7/14センターレポート パート4      ⑪

    はなこさんのレポートです。
    加筆・修正しています。

    7/14訪問レポート パー3 からの続きです。

    引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。
    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


    ここでは【D室(旧シャンプー室)】【収容室③】の犬たちを紹介します。






    【D室(旧シャンプー室)】(7頭)


    ※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 メス 2-3歳? 13-14キロ

    姿形の美しい子です。



    この日も、いつものように部屋の中を悠然と歩き回っていました。


    外からこの部屋の中を見ているときはそうでもないのですが
    人が中にはいると、この子は外の様子が気になりだすのか
    何度も廊下側のドアの前に行って、外の様子を伺うようなしぐさをします。



    人とのコミュニケーションについては
    きっと経験が浅く、どう接していいのかわからないのでしょう。
    人を怖がったりする様子はありませんが
    積極的に関わりたいと思っている様子もありません。
    人に怖い思いをさせられたこともないかわりに
    人と一緒にいる喜びを感じた経験もないのでしょう。

    なんとか、「人と一緒も悪くない」と感じて欲しいと思いました。


    以前のレポートにもありましたが
    とにかくウロウロ部屋を歩き回ってばかりの印象だったこの子が
    この日も、部屋の隅で何度か伏せたりしている様子を見せてくれて
    新鮮でした。




    この場所がお気に入りなのでしょうか?
    少し落ち着く時間が出来たのは、喜ばしいことだと思います。





    ※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
    ▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ

    まだまだ恐る恐るではありますが
    この中では一番積極的に人のそばに来られる子です。



    おやつも手から食べられます。
    はじめはちょっと躊躇しながらでしたが
    一度手からもらってしまえば、
    煮干のような長さのあるおやつは問題なく取りに来ます。

    でも掌に載せた小さなものは
    行きつ戻りつして、ちょっとドキドキしながら口にしていました。


    この日は、姉妹と思われる茶黒の長毛の子と入れ替わりで、
    部屋の隅にかたまったビビリチームのそばにいるように感じました。



    本犬も決して人が怖くないわけでもないので
    おやつをもらうとき以外は
    なんとなく集団にそばにいるのが安心ということなのかもしれません。

    いずれにしても、
    この子たちはこの部屋で仲間として全くトラブルなく過ごしているようです。


    写真でわかるかと思いますが、
    この日は右足を宙に浮かせて、かばうように歩いていました。
    地面に付けないほどではないようですが、
    今後も様子を見ていきたいと思います。






    ※4/28よりレポート登場(4/20収容)
    ▼茶(半長毛) メス 1-2歳 12-13キロ

    以前はこの中で、一番積極的に前に出てきていた子です。


    最近、選手交代したのか、
    白茶の姉妹のほうが積極的な様子を見せるようになっていましたが
    この日はこの子も負けていませんでした。
    以前の感じが戻ってきたように思います。

    おやつにもかなり積極的にアプローチ。
    小さなおやつもしっかり掌から食べられます。



    時には、他の子に差し出したおやつも横取りする勢いです。


    まだまだ腰が引けている感じはありますが
    おやつをもらえるかも?ということはわかっているようで
    人が来るのを歓迎しているようにも見えます。


    とても可愛らしい子。
    この調子で人との距離を縮めて欲しいと思いました。





    ※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
    ▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ

    いつもビビリチームの中にギュッと身を寄せているこの子ですが
    近くに寄ると居たたまれなくなるのか動きだします。




    この子は見られるのが苦手なのだと感じます。
    見ていなければ、そばにいても動かないのですが
    ジッと見つめるとそこから逃れるように移動するのです。




    人とのコミュニケーションの経験がほとんどないのでしょう。

    ビビリの度合いも決して小さくはありません。
    けれど、意志の疎通ができないという感じはなく
    いつか心を溶かし、こちらの思いを受け止めてくれるだろうという
    希望を感じることも出来る子です。


    この子に過度に干渉せずに、
    そっと見守りながら距離を縮めてくださるような環境で
    ゆっくり人馴れさせてあげることができれば
    そんなに長い時間をかけなくても、人と仲良く暮らせるのではと思います。





    ※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
    ▼茶白黒 メス 10キロぐらい? 


    アイラインくっきりのような目といい、毛並みの色合いといい
    とても美しくて目を引く子です。


    いつも壁際に固まっているビビリチームの中にいるのですが
    この子はそれほどビビリではないのでは?と感じます。

    近づいても全く逃げようとせず、泰然としていますし
    おどおどしている感じもあまりありません。




    これまで、可愛がられたり、愛されたりという
    経験をしてこなかったのではないかと思いますが
    人と全く関わりのないところで暮らしていたのではなく
    むしろ人の様子を近くで見られるような場所で生きてきたのかな?
    と感じました。




    この子の写真は全くズームすることなく撮影していますが
    これだけ寄っても慌てたり、緊張したりする様子はありません。
    これから一緒に何かをする経験をたくさん持つことで
    穏やかなよいパートナーになってくれそうな気がします。






    ※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
    ▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後

    ”たぬきちゃん”と呼びたくなるような、愛嬌のある顔をしています。





    前回この部屋に入ったときは
    壁際の集団から抜け出すことなく、逃げても頭を仲間の後ろに潜り込ませるか
    仲間の後ろに無理やり入り込もうとするだけでしたが
    この日はスノコの上を割りと広範囲に動き回っていました。


    いつも後ろに隠れているので、
    おやつは食べてくれないだろうと思って
    この子には積極的に与えなかったのですが
    他の子の撮影をしているとき、
    たまたま近くにあったおやつを気にしているそぶりがあったので
    そばに置いてみたところゆっくり食べてくれました。




    前回に比べると、グンと環境に慣れて視野が広がってきたのかなと感じます。
    次回は手から直接食べてくれるのでは?と期待してしまいます。





    ※4/21よりレポート登場(4/9収容)
    ▼茶白黒 メス 1-2歳 7キロくらい

    先週からこのお部屋の仲間になった美人さんです。
    以前は収容室のケージにいました。



    収容室ではかなり怖がっていた様子ですが
    このお部屋では、意外やあまり怖がっているようには見えませんでした。

    ジッと見つめても、怯まずにコチラを見ることが出来ますし、
    近づいても慌てて逃げる様子はありません。


    まだまだ恐る恐るという感はありますが
    自分のペースでゆっくり自分の世界を広げているような感じがします。

    近くにおやつを置くと、最初は知らんふりしていましたが
    ちゃんと食べることが出来ました。




    パラパラ撒いたおやつを、上の”たぬきちゃん”と競うように食べていました。


    今後、グンと人馴れも進むのではと思います。



    最後に、
    この部屋を出る時に撮影した一枚。



    なんだかみんな晴れ晴れとした顔をしていて嬉しくなりました。








    【収容室③】(4頭)



    ※6/30よりレポート登場(6/25他抑留所からの移送)
    ▼茶 オス 2-3歳 13-4キロ 

    ケージの扉を開けると、躊躇してなかなか出てきませんでした。
    今まではそんなことはなかったようなので、
    「このオバサン、知らない人だ」と思ったのかもしれません。


    しばらく戸惑っていた後、しずしずと出てきましたが
    あちこちウロウロ歩き回っているなと思ったら
    ウンチをする場所を探していたようでした。



    出てきてすぐにウンチをしていましたので
    個室の中を汚したくなかったのでしょう。
    体調がよさそうな、いいウンチでした。

    お腹が軽くなって気持ちが明るくなったのか
    その後は私によじ登ってみたり、立ち上がって隣の部屋を覗いたり
    精力的に(?)活動していました。




    最初こそ大人しげな様子を見せていましたが
    本来は明るく伸び伸びした性格なのでしょう。
    元気ですが落ち着きもある、笑顔がとても可愛い子でした。







    ※6/23よりレポートに登場 (6/16収容)
    ▼茶黒半長毛 オス 3-4歳 17-18キロ 

    むくむくでふわモコな毛並みの、可愛い男の子です。


    はじめはロープを嫌がって、なかなか出てきませんでしたが
    外に出てくると、終始低く頭を下げて従順な態度でした。
    とても穏やかな男の子だと思います。

    上の柴ちゃんと同様、出てくるとすぐにウンチをしていました。



    その様子をジッと見つめていましたら
    なんだか困ったような顔をしていて、それがとても可愛かったです。

    おやつも喜んで上手に食べてくれますし
    抱き上げても抵抗することはありません。


    毛むくじゃらで大きく膨れて見えますが
    実はそれほど大きいわけではありません。




    外では一切声を出しませんでしたし、
    ケージには、比較的おとなしく入っていきましたが
    他の子の撮影をしているときはけっこうな音量で吠えていました。

    他の子に上げていたおやつが欲しかったのかもしれません。





    ※7/7よりレポート登場 (7/6他抑留所からの移送)
    ▼黒茶まだら メス 4-5歳 11-12キロくらい

    人馴れバツグンの可愛い女の子です。



    遠めには真っ黒に見えますが、違う毛色が混じったブリンドル風です。

    毛並みもキレイで、比較的新しいピンクの首輪をしています。
    その人馴れぶりや懐こさから、
    それなりに可愛がられていただろうことは明らかなのに
    どうしてここにいるのでしょうか?




    人と一緒にいることが嬉しくて楽しくて、
    おやつよりもかまって貰うほうが優先という感じでした。

    撫でていると、チョイチョイと手を出すのですが
    催促しているというほどの図々しさはなく、
    嬉しくて思わず手が動いちゃうという印象です。



    構ってもらっているのが嬉しくて
    頭と一体化してしまうほど、耳をペッタンコにしていました。

    もちろん、体のどこを触っても大丈夫。
    抱っこも喜んでさせてくれました。





    ※7/14レポート初登場(7/1収容)
    ▼テリアMIX 白薄茶 オス  12-13kg?

    初登場の、とてもおとなしいテリアMIXの男の子です。



    テリアにありがちな頑固さや気難しさは感じさせず
    ちょっとボーっとしている?ようにも見える穏やかさです。
    おやつもやさしく上手に食べてくれました。




    他のケージを覗いて、誰かと鼻を付き合わせても不穏な空気になることはなく
    時に吠えられても応戦しませんでした。



    最後は誘導されなくても、自分でケージに戻っていきました。
    ケージの中では吠えてしまう子が多いのですが
    この子はずっとおとなしいままでした。

    もう少しこの環境に慣れてきたら、また違った面が見られるかもしれません。
    トリミングで大変身しそうな子です。





    レポートは パート5に続きます。

    続きを読む
  5. 7/14センターレポート パート1      ⑬

    ぐーちゃんママさんのレポートです。
    加筆・修正しています。



    7/14犬引き出しのため、センターを訪問してきました。
    譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。

    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


    こちらのレポートでは、A部屋、収容室①と②の子達を紹介します。




    【A部屋】 (譲渡室) 7頭



    No.Ⅰ 
    ※6/9よりレポート登場 (6/2乳飲み子連れで収容)
    ▼茶 柴 メス 5-6歳 7キロ 
    子育て中のお母さんでしたが、
    2頭の子犬たちは大分大きくなって乳離れが出来たようで
    前日、他団体さんに引き出されたそうです。
    子育てが終わり、これからは自分が甘える番がやってきました。

    子育て中もとても落ち着いていて
    家庭に入ってもすぐに馴染めそうな子でしたが、
    子育てから開放され、更に甘ったれになった気がしました。

    子供たちに栄養をとられてしまって痩せていますので、
    一日も早く栄養のあるご飯を食べさせてあげたいです。





    No.Ⅲ
    ※6/16よりレポート登場 (6/4収容・6/8出産)
    ▼栗色茶白 メス 2歳程度? 12-3キロ
    5匹の赤ちゃんを育てているお母さんです。
    とても元気一杯で、見ているこちらもその姿から「お母さん」とは
    思えないほど活発な子です。

    赤ちゃんがいるからか、ケージの中で我慢していたようで
    部屋の外に出てきてすぐにうんちをしていました。
    さすがお母さんです。

    とても珍しい栗色がとても綺麗で、
    一度見たら忘れられない子だと思います。
    子供たちが乳離れしたら、きっともっともっと甘ったれになると思います。

    子供たちもすくすくと育っており、かわいい盛りです。
    皆元気で動き回るので、一緒に撮影することが出来なくなってきました。



    もう少し子育て頑張ってね。




    No.IV
    ※5/26よりレポート登場 (5/19収容)
    ▼薄茶 メス 2-3歳 14-5キロ
    いつ見てもとても綺麗な眼をした子です。
    人が大好きで、常にかまって欲しくて
    ケージの中で立ち上がり思いっきりアピールしてきます。
    ケージから出てきたら、抱っこはおとなしくさせてくれます。

    同行していたメンバーに思いっきり甘えていました。
    甘える姿は見ていて微笑ましくなります。

    散々甘えた後、おやつをあげる時には上手におすわりも出来、
    とてもお利口さんです。
    たくさん甘えさせてくれるご家庭に迎えていただきたいです。





    No.V
    ※2/17よりレポート登場(1/29収容)
    ▼クリーム色 メス 2歳くらい 16-17キロ
    いつもはケージから飛び出してきて
    飛びついて顔を舐めまくるのですが
    今日は真っ先に部屋の隅へ行って用をたしていました。
    きっと我慢していたのでしょう。
    自分のケージの中はとても綺麗なままでした。

    その後はいつも通りメンバーに甘えていました。

    おやつをあげる時にはきちんとお座りもできます。
    前足の指を大きく開き、踏ん張りながら笑顔をみせてくれる
    この子のおすわりの姿が大好きです。

    ここでの生活が半年を迎えてしまうこの子にも
    暖かい家庭での生活を味わわせてあげたいと願っています。




    No.Ⅵ
    ※6/30よりレポートに登場 (6/19収容)
    ▽薄茶黒 メス 2-3歳 20キロ程度
    ケージからゆっくりと出て来て、
    とても落ち着いている女の子です。
    シェパードのような容姿、シェルティのようなお顔が
    印象的です。

    積極的に甘えてくるわけではありませんが、
    撫でたり触ったりしている時のこの子の表情を見ていれば
    人との関わりをとても喜んでいるのがわかります。

    大きめの子との生活を望んでいらっしゃる方には
    とても飼い易い子だと思います。

    右前足に床ずれのようなものが出来ていました。
    センターの硬い床ではなく、ふかふかなお布団の上で
    寝させてあげたいです。





    No.VII
    ※2/3よりレポート登場(1/23収容)
    ▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
    センターでの生活が長くなってきたからか、
    運動不足で少し太ってきたような感じがします。

    人懐こく、メンバーにもずっと甘えていました。
    人との関わりに飢えているのではないでしょうか。
    どこを触っても怒ることもなく
    ひたすらメンバーにじゃれついていました。

    ただじゃれついているだけではなく、
    こちらの指示でおすわりも上手にできます。
    おやつも上手に食べることができます。

    少し大きめではありますが、
    かわいい笑顔のこの子にも目を向けて欲しいと思います。





    No.VIII
    ※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
    「飼い主募集中!!№2809」
    お馴染み「シェパじぃ」です。
    今日は得意の排水溝でのおしっこを
    消毒液の入ったバケツめがけてやっていました。
    周りを汚さないようにしているのは本当に感心します。
    ケージから出るとおしっことうんちも済ませてから
    人にアピールをしてくる子です。

    おやつを見せるとあたふたしますが、
    お座りや伏せがきちんと理解できていて、
    どうすればおやつをもらえるかわかっています。

    口の周りに白い毛が増えてきて、
    確かに歳をとってきているのかもしれませんが、
    とても元気です。
    センターでの生活が半年を越えてしまいました。
    早くここを卒業できますように。





    【収容室①】4頭



    ※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
    ▼白茶 メス  4-5歳  12キロ前後
    先週はケージの外に出てこれませんでしたが、
    今日はロープをかけた状態で外に出てくることが出来ました。
    降参しているかのようにずっと伏せていました。

    先週は歯を見ることができなかったので
    推定年齢がわかりませんでしたが
    今日は歯を見ることが出来ました。

    先週見た時に首を傾けたままでかわいいと記載しましたが
    もしかすると少し傾斜があるのかもしれません。
    今日もずっと首を傾けているようでした。
    (先週レポートより)
    来週センターの方に詳しく聞いてみようと思います。




    ※3/17よりレポート登場(3/10収容)
    ▼茶 メス 1歳前後 11キロくらい
    少しずつですが心を開いてきてくれているように感じます。
    やはりロープは嫌がるのでケージを開けたままにしたところ
    そろそろと出て行き、部屋の隅に行って
    少しこちらを伺っていました。
    狭い場所が落ち着くのかもしれません。

    そのあとケージに戻っていき
    ケージの奥で固まっていました。

    それでも触っても噛む様子もなく、
    こちらを見る余裕も出てきました。





    ※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
    ▼茶黒 オス 2-3歳 13キロ前後(やせ気味)
    とても落ち着いていて、
    女の子かと思うほど大人しい子です。

    かちゃかちゃしたところもなく、
    人が触ってくれている時間を静かに喜んでいるようです。

    この子がどういう経緯でセンターに収容されたのかわかりませんが
    これだけ落ち着いているのに、なぜ飼い主さんはこの子を手離したのか
    本当に理解に苦しみます。
    今すぐにでも家庭で暮らせそうな本当にいい子です。





    ※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
    ▼茶 メス 1歳前後 10キロ前後
    まだまだ人が怖いのか、扉をあけても出てきてくれませんでした。
    でも今日はほんの少しですが触ることが出来ました。
    ただひたすら固まっているだけなので、
    同じ写真しか撮ることが出来ませんでした。

    今日もおやつを見せてみましたが、
    「いりません」と拒否されてしまいました。

    ロープはかけないから、
    今度は頑張ってお外に出てみようね。







    【収容室②】2頭


    ※7/14レポート初登場
    ▼茶黒 オス 1-2歳 12キロ前後
    ロープをかけられるのを嫌がったので
    部屋を閉めてフリーにしたところ
    とことこと出てきて部屋の中を動き回りました。

    怯えてる様子はなく、動きもわりとゆっくりでした。
    おやつも手から食べられましたし、
    単純にロープをかけられるのがちょっと苦手なだけかもしれません。

    カメラを近づけても嫌がらず、
    笑顔を見せてくれました。
    馴れてくれるのも時間の問題のような気がします。





    ※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
    ▽白黒 メス 4-5歳 11-12キロ
    大人しい子ですが、どこか遠慮がちな感じに見えました。
    まだ緊張しているのか、目線もなかなか合わせてくれませんでした。

    おやつも匂いは嗅ぐものの、
    食べることは出来ませんでした。
    やはりまだまだ緊張感があるようです。

    しかしながら、触ることも全く問題ありませんので
    もう少し慣れてくればおやつも食べられるようになるのではないでしょうか。




    センターでは古新聞紙が不足しており、
    皆様からのご協力をお待ちしております。
    今回持参した古新聞紙は、撮影し損ねてしまいましたが
    わざわざお送りいただいたものでした。
    本当にありがとうございました。

    引き続きセンターでは古新聞紙を募集しております。
    各いぬ親会会場にて受け付けておりますので、
    ご来場の際にお持ちいただけると非常に助かります。
    ご協力のほどよろしくお願いいたします。

    また、古新聞紙をセンターまで運んでくださる
    運搬ボランティアさんも大募集中です。



    レポートはパート2へ続きます。

    続きを読む
  6. 7/7センターレポート パート3      ⑭

    ぐーちゃんママのレポートです。
    加筆・修正しています。


    センターレポートパート2からの続きです。


    センターで譲渡先・預かり先を探している犬たちを紹介します。
    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




    【E部屋】(旧シャンプー室) メス7頭


    今日はいつもの6頭に加えて、収容室にいた美人犬ちゃんが加わり、
    7頭になっていました。




    ※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 メス 2-3歳? 13-14キロ
    この子もセンターでの生活が半年近くになってきました。
    攻撃性は全くないのですが、落ち着きがなくウロウロしています。
    触ろうとするとスルスルと逃げていってしまいます。

    それでも外の様子は気になるようで、
    いつも廊下の方を眺めています。
    ビビリというわけではなく、とてもマイペースな子なのだと思います。
    (以前のレポートより)
    先週同様、部屋に入ったところ、先週と全く同じ位置で
    また伏せていました。
    特に具合が悪いということではなく、
    この場所で落ち着くことを覚えたのでしょうか。




    ※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
    ▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ
    この中ではこの子が一番前に出てきます。
    茶色の子と役割分担を交代したかのようです。
    おやつは食べに来ますが、触ろうとすると逃げてしまいます。

    こちらで動かなければじっとこちらを見ていたりします。
    おやつに釣られて近寄ってはきますが、
    自分から人に撫でられたくて寄って来るというわけではないようです。
    一番前に出てくるわりには、リーダー的存在というわけでもなく、
    他の子たちがビビリさんなので
    仕方なく前に出来ているという感じではないでしょうか。




    ※4/28よりレポート登場(4/20収容)
    ▼茶(半長毛) メス 1-2歳 12-13キロ
    今まで一番前に出てきて吠えてみたりして、
    他の子を守るような仕草をしていましたが、
    どうやら白茶黒の子に部屋全体のことは任せて
    自分は他のビビリちゃん達を守る役に徹しているようにこの日は見えました。

    自身もそれほど人馴れしているわけではありませんが、
    他のビビリちゃんたちよりはまだ人に近寄れるようになったので
    ビビリちゃんたちの気持ちがわかるのでしょうか。

    時間もあまりなかったため
    今週も個別にロープをかけてみることが出来ませんでしたが、
    いつ見ても笑顔でかわいい子です。




    ビビリちゃんが3頭だったのが、1頭増えて4頭になっていました。
    4頭でくっついて固まっていました。




    ※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
    ▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
    相変わらず人の動きにはビビッてしまい、
    私が動くたびに逃げようとしていました。
    動きをゆっくりとすればその場に落ち着いていられます。

    薄茶黒の子にくっついていることが多いのですが、
    薄茶黒の子よりもビビリ度合いが強いと思われます。




    ※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
    ▼茶白黒 メス 10キロぐらい? 
    経験不足からくるビビリのような気がします。
    固まっているだけで、積極的に逃げようとすることはありません。
    先週触れたのですが、今日は茶色の子がこの子たちの前に
    立ちはだかるようにいることが多く、触ることが出来ませんでした。

    それでも伏せておとなしくしており、
    私が動いてもそれほどビビッてしまう様子も見られません。
    この子は家庭に入れば思った以上に早く馴れるのではないかと
    思ってしまいます。




    ※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
    ▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
    先週と比べると、この子の落ち着き具合が一番進んだかなと思いました。
    こちらがゆっくり動く分には逃げることはありませんでした。

    人が怖くて他の子に頼っている、という感じはありません。
    他のビビリっ子たちが寄ってくるので一緒にいてあげている、
    という感じでしょうか。

    それほど離れていない位置にいても、
    このようにリラックスしていることも出来ました。
    茶色の子や、白茶黒の子くらいまでは馴れてくれるようになるのも
    あと一息ではないでしょうか。




    ※4/21よりレポート登場(4/9収容)
    ▼茶白黒 メス 1-2歳 7キロくらい
    先週までは収容室②にいました。
    先々週動画でもご紹介しました子ですが、
    収容室のケージに入れられていた頃に比べると
    格段に進歩していると思います。

    収容室にいる頃には
    頑なに外に出ることも、ロープをかけられることも嫌がっていたのに
    他の子たちと一緒にいても全く問題ないようでした。
    収容当初には人馴れには時間がかかると思ってしまいましたが
    こちらの大部屋で他の犬たちと一緒にいるのは
    いい刺激になっているのかもしれません。

    ビビリちゃんではありますが、
    経験不足からくるビビリちゃんのようなので
    人が怖くて逃げ回る、というタイプではなさそうです。





    【収容室①】4頭


    ※3/17よりレポート登場(3/10収容)
    ▼茶 メス 1歳前後 11キロくらい
    ロープが怖いとのことでしたので、ケージを開けてみましたが、
    外の様子を伺って少し出てきたものの、すぐにケージに戻ってしまいました。

    以前のようにこちらも見ずに固まっている頃に比べると
    大分顔をあげていられることが出来ました。

    おやつも差し出してみましたが、「いらない」と言われてしまいました。
    直接手から食べられないのなら、と下に置いてみましたが
    見向きもしませんでした。
    まだおやつを食べるまでの余裕はないようですが、
    精一杯頑張っているんだと思います。




    ※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
    ▼茶黒 オス 2-3歳 13キロ前後(やせ気味)
    ケージを開けて、抵抗することなくロープもかけさせてくれ、
    「あれー?また来てくれたの?」とでも言っているかのように
    顔をぬーっと出してから、ゆっくりと伸びをして出てきました。

    おやつも優しく食べることが出来ました。

    とても落ち着いていて、動きもゆっくりで穏やかなので
    女の子と間違えそうになりました。

    まだ痩せ気味ではありますので、15Kgくらいが適正かと思いますが
    初めて犬を飼う方でも、この大きさが気にならないくらい
    落ち着きがある子だと思います。




    ※6/9よりレポートに登場(5/26収容)
    ▼茶 メス 1歳前後 10キロ前後
    ひたすら固まってしまうビビリちゃんのようです。
    触ってみようかとも思ったのですが、
    先週のレポートで見たときよりも顔をあげてくれていたので
    触らずにケージの外から声をかけながら撮影しました。

    おやつを見せても反応はなく、
    とてもそれどろではないといった様子でしたので、
    そのままエサ入れにおやつを入れて
    後でもいいので食べてね、と声をかけてケージを閉めました。




    ※レポート初登場 (6/29収容)
    ▼白茶 メス  12キロ前後
    ケージを開ける時に外に出たそうにしていたので
    (人を見て尻尾を振っていました)
    ロープをかけたところ、首を曲げるようにしていました。
    恐らくロープがイヤなのだと思いますが、暴れるわけではなく、
    そのまま首を曲げた状態になってしまいました。


    それでも外には出たいようで、
    ケージの入口から顔は出すものの、
    結局外には出てきませんでした。

    歯を見ることができなかったので推定年齢がわかりませんが、
    まだ若い子のような感じがしました。
    ケージを閉めても同じように首をかしげたままでこちらを見ていて
    なんだか微笑ましく思えました。





    【収容室③】 3頭


    ※6/30よりレポート登場(6/25他抑留所からの移送)
    ▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ 
    外に出てきて嬉しかったのか、
    ずっとウロウロしていてなかなか撮影が出来ず、
    保定してもらいました。

    どこを触られても大丈夫なようで、
    人馴れは十分だと思います。

    抱っこも先週よりは上手に出来ていました。
    人懐っこくてとてもかわいい子です。




    ※6/23よりレポートに登場 (6/16収容)
    ▽茶黒半長毛 オス 3-4歳 17-18キロ 
    ふわふわもこもこのかわいい男の子です。
    人見知りをするとのことでしたが、確かにケージから出てくる時は慎重でした。

    どこを触られても嫌がることもなく、
    歯も見せてくれました。

    落ち着きもあり、飼い易い子だと思います。




    ※7/7レポート初登場 (7/6他抑留所からの移送)

    ▽黒茶まだら メス 4-5歳 11-12キロくらい
    甲斐犬のような色合いの優しい女の子です。

    歯を見た限りでこのくらいの年齢だと推測されるのですが、
    年齢を感じさせないくらい元気でした。
    常にニコニコ笑顔で人懐こい子です。

    来週もう少しゆっくり様子が見れればと思います。




    レポートはパート4に続きます。

    続きを読む
  7. 7/7センターレポート パート2      ⑰

    ぐーちゃんママのレポートです。
    加筆・修正しています。

    7/7センターを訪問してきました。
    パート1からの続きになります。



    【旧子犬舎】17頭



    <部屋1-1>
    こちらには部屋の中に1頭と、外テラスに3頭が日光浴をしていました。


    ※6/30よりレポート登場 (6/22収容)
    ▼茶 メス 7ー8ヵ月 6キロ弱
    先週までは収容室②にいました。
    今日は一頭で部屋の中にいました。
    収容当時はマダニが体にびっしりついていたらしく、
    貧血状態のようでしたが、今はすっかり元気になっています。
    とても人懐こく、甘え方が上手です。

    おやつもきちんと手から食べることが出来ます。

    まだ幼いですが、成犬になってもそれほど大きくは
    ならないような感じがします。
    まだパピーなのにカチャカチャ騒ぐこともなく、
    こちらの言うことが伝わっているようで、落ち着くことが出来ます。

    抱っこされてもおとなしくしていました。
    おっとりしたかわいい女の子です。




    ※6/9よりレポート登場 
    (4きょうだいで飼い主からの引き取り;6/8他抑留所からの移送)
    ▼茶鼻黒 メス 6ヵ月半(1月生まれ) 7キロ台 赤い首輪
    収容された時に初めて見た時には、
    一緒に収容された他の兄弟の中で一番ビビリちゃんのようで
    固まって動かないような状態でしたが、
    大分人馴れが進んだようで、こちらで少し近づいても
    逃げようとすることもなく落ち着いていられました。

    白い男の子とずっとくっついているのですが、
    この子はおやつも手から食べられましたし、
    人をじっと見ていることが出来ますので
    家庭に入ればきっとすぐに馴れてくれるのではないでしょうか。




    ※6/2よりレポート登場 (5/21収容)
    ▼白(薄茶) オス 6-7ヵ月くらい 10キロぐらい
    こちらの動きは見ているものの、
    触られるのは怖いようで、遠くからこちらを伺っていました。

    一緒にくっついている茶鼻黒の女の子に後ろ向きでおやつをあげた時も
    近づかれるだけで怖いようで、すぐに逃げてしまいました。
    いつも思うのですが、
    下を向いたまま逃げ惑う子は人馴れに時間がかかるようですが
    人の動きを見て逃げている子は、家庭にはいって人の温かさを感じると
    思いのほか人馴れが早いような気がします。

    まだ人を信用していないような目をしているように感じました。
    人は何も怖いことはしないんだよ、と教えてあげたいです。




    ※6/2よりレポート登場 (5/21収容)
    ▼白茶黒 メス 7-8ヵ月 10キロ程度
    とにかく元気一杯で、人にかまって欲しくてたまらない子です。
    ずっとウロウロしては私にしがみつき、
    なかなかうまく写真が撮れませんでしたが、
    しばらくすると落ち着いてこちらを見ながらお座りすることが出来ました。

    こちらが座り込むととにかくカチャカチャと動きながら甘えてきて
    カメラを舐めようとしたり、顔を舐めようとしたりして
    撮影が出来なくなってしまうので、立ち上がって「待て!」と言うと
    我慢できないような仕草を見せながらも
    精一杯言われた通りにしようとしている姿が
    なんとも言えずかわいかったです。

    この子が満足できるくらいにたくさんかわいがってくださるご家庭とのご縁を
    是非探してあげたいと思いました。




    <部屋1-2>
    レポート初登場、7頭のシーズーたちです。
    本来ならばふわふわの柔らかい毛につつまれて、
    中にはリボンなどで飾ってもらうような犬種なのに
    この状態は一体どうしたことなのでしょうか・・。


    多頭飼育崩壊の結果がこの状態です。
    持ち込まれたのは全部で16頭だったそうです。
    それ以前に、亡くなっていた子もいたそうです。
    そして前日に、他団体さんが9頭を引き出してくださったそうです。

    なんでこんなふうになるまで放っておくのでしょう。
    かわいい我が子をこんなに汚れてしまうまで放っておけるものでしょうか。

    たくさんいるから世話が出来ない・・・。
    そうなる前に何故不妊去勢手術をしなかったのでしょう。

    一家族で飼える頭数はそのご家庭によって違うとは思いますが
    かわいい、かわいい、で増やすだけ増やしてしまって
    このようにずっと放っておかれたのでは
    かわいいこの子たちがかわいそうすぎます。

    「かわいい」だけでは飼うことが出来ないのです。
    「かわいい」だけで子供を産ませても、その後面倒を見れないのなら
    産ませてはいけないんです。
    子犬のうちはかわいいかもしれません。
    成犬になっても飼い続ける自信がないのであれば
    お願いですから繁殖はさせないでください。


    一頭一頭詳しく見ることは出来ませんでしたので
    性別も年齢も今日は把握できませんでした。
    しかしながら、高齢な子が何頭かいるように見えました。
    小型犬ですから、大きさでは若いのか高齢なのか見分けが
    つかないのではっきりしたことはわかりませんが、
    それにしてもこの状態で放っておかれては
    この子たちは何のためにこの世に生まれてきたのか
    わからなくなってしまいます。

    この子たちのこれからの犬生を
    どうか応援してあげてください。

    一頭ずつ簡単ですが紹介します。

    ①緑色のタグ  左目白濁
    この子が一番人馴れしています。
    手からもおやつを食べることが出来ましたし、
    自ら人に寄って来ます。
    左目が白濁していますので恐らく見えていないと思いますが
    どのように飼われて来たのかはわかりませんが
    それでもこれだけ人懐っこいこの子を見ていると
    涙が出そうでした。


    ②ピンク色のタグ  右目白濁 左目チェリーアイ
    こちらの子は7頭のうち一番体が大きいです。
    右目は白濁しており、左目はチェリーアイでほとんど視力が
    ないのではないでしょうか。


    ③青色のタグ
    左目の周りが汚れていました。
    きっとうっとうしいことでしょう・・・。早くきれいにしてあげたいです。


    以下④~⑦はタグの色が見えませんでした。 










    この子はずっと下を向いたままの状態が長く、
    元気がないようでした。
    なんとか頑張ってくれますように。




    <部屋1-3>
    部屋には2頭のややビビリちゃん、
    外テラスには人馴れしている2頭がいました。



    ※5/12レポート登場(4/23姉妹で収容)
    ▼白×薄茶 メス テリア雑 1歳前後 9キロくらい
    以前から人の姿が見えると吠えて警戒していますが、
    それでも以前に比べれば遥かに吠えやむ時間が多くなってきました。
    もっと腰を引きながら吠えがひどかったのですが、
    部屋の中に入って撮影をし始めて少ししたら
    落ち着いてこちらをじっと見つめるようにしていました。

    おやつも自分から近寄ってもらおうとしていましたし、
    大分人馴れも進んできました。
    それでもまだ触ろうとすると怖がって逃げるので、
    無理して触らず、遠くから撮影するだけにしました。
    とにかく吠えが長く続かなくなってきたことは進歩だと思います。




    ※6/9よりレポート登場(5/28収容)
    ▽薄茶 メス 若年齢 11キロぐらい?
    先週のレポートではまだ恐々おやつをもらっていたようですが、
    今日は積極的にこちらに寄って来ました。
    大分馴れてきたようです。

    おやつも当然のように手から食べれました。

    落ち着いて伏せることも出来ますし、
    カメラに興味があるのか、ズンズン寄って来ていました。
    とても落ち着いていて、もう家庭犬として過ごしていけるレベルにあると
    感じました。




    ※4/7よりレポート登場 (3/23収容)
    ▼薄茶メス 6歳以上 11キロ
    いつ見てもニコニコとかわいい笑顔でお出迎えしてくれます。
    すごい力で飛び付くわけではなく、人との距離をとるわけでもなく、
    そばにたたずんでずっとこちらをニコニコしながら見ています。
    人が来てくれることが嬉しいのでしょう。

    年齢的に落ち着いているのかとも思いますが、
    これだけ落ち着いていられれば、初めて犬を飼う人でも
    十分コントロールできそうな子です。

    センターに収容されている子たちは、5歳以下の子が多いですが
    初めて飼われる方や、わんちゃんとのんびりと暮らしたいという方には
    この子のような落ち着いた子がお勧めです。




    ※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
    ▽茶 メス 7-8か月 10キロ?やせています。
    部屋1-1にいる白茶黒の子と姉妹です。
    どう表現していいかわからないほど、とにかく甘えん坊です。
    耳をぺったり倒してしっぽふりふり、
    飛び付くのではなく、べたべたと甘えてきます。

    姉妹には強く出ることがあるとのことでしたので、
    他犬との相性があるかもしれません。
    これだけ甘ったれちゃんですので、一頭で飼ってあげた方が
    幸せに過ごせるのかもしれません。

    ここまで甘ったれな子がどうして捨てられてしまったのか
    全く意味がわかりません。
    わんちゃんとべたべたしたい方にとっては
    最高のパートナーになること間違いなしです。




    <部屋1-4>
    部屋の中に1頭、外テラスに1頭、両方黒茶の子です。

    ※2/24よりレポート登場(2/10収容)
    ▼黒茶 メス 1-2歳 8-9kg
    センターでの生活が長くなってきてしまいました。
    ビビリちゃんではありましたが、収容当時から比べれば大分落ち着いて
    いられるようになってきました。
    おやつも手から食べられるようになりました。

    まだ人との距離を取りたいようですが、
    先週レポートでは大分自分から人に近づいてきていたようです。
    これだけ時間をかけて人馴れが進んできたところですので、
    家庭に入れば落ち着くことができるはずです。
    一日も早くこの子をかわいがってくれるご家庭を探してあげたいです。




    ※6/23よりレポ登場 (6/9収容)
    ▼黒茶たれ耳 メス 1-2歳? 11kg~ (痩せ気味)
    人が動くたびに「ワンワン!」と吠えて呼んでいました。
    外テラスで日光浴をしていましたが、そちらに行ってしまえば
    吠えることはありません。
    大きなお耳をパタパタさせて、おやつをせがんできました。

    とても元気が良く、まだお子様かと思うほどでした。

    人が近くにいて欲しいのだと思います。
    まだまだ痩せていますので、
    たくさん栄養のあるご飯を食べさせてあげたいです。




    レポートは、パート3に続きます。

    続きを読む
  8. 7/7センターレポート パート4  ㉜(86)

    ひなのんさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    7/7レポートパート3からの続きです。
    引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。

    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。



    ここではA、B、C、D部屋、4日目の部屋、4.5日部屋、収容室2
    の子達を紹介します。


    A部屋 (譲渡室) 7頭

    No.Ⅰ 
    ※6/9よりレポート登場 (6/2乳飲み子連れで収容)
    ▼茶 柴 メス 5-6歳 7キロ 
    元気いっぱい人が大好きな子育て中のお母さんです。
    和犬らしく、部屋の外で用を足したいようでした。
    人馴れしていて、撫でられたりすることは好きなようです。
    以前には抱っこにも慣れている様子がレポートされています。

    仔犬達もすくすく成長していました。






    No.III
    ※6/16よりレポート登場 (6/4収容・6/8出産)
    ▼栗色茶白 メス 2歳程度? 12-3キロ
    こちらも子育て真っ最中のお母さんです。
    元気があり、「早く部屋から出して~!」とよく鳴いていて
    人にも良く甘え、子犬のような無邪気さがあります。



    無邪気に見えてもやっぱりママなのですね。
    お乳を与えている時は母親の顔にしっかり戻っていました。





    No.IV
    ※5/26よりレポート登場 (5/19収容)
    ▼薄茶 メス 2-3歳 14-5キロ
    人懐っこく活発な女の子です。
    待ちきれなかったのか、部屋から飛び出るように出てきて
    思う存分甘えていました。
    すぐにひっくり返り、ヘソ天していました。



    隣の女の子と一緒にしてみましたが
    お互いあまり関心がないようで、匂いを嗅ぎ合う様子も見られませんでした。





    No.V
    ※2/17よりレポート登場(1/29収容)
    ▼クリーム色 メス 2歳くらい 16-17キロ
    外に出すと、まっ先に人のそばに来て
    しきりに顔を舐めて挨拶してくれました。
    本当はもっともっと甘えたいのだと思います。



    この子はもともと他の子と一緒に大部屋にいたので
    他犬とも仲良く過ごせることはわかっていましたが
    隣の女の子と一緒にしてみても、やはり全く平気そうな様子でした。





    No.VII
    ※2/3よりレポート登場(1/23収容)
    ▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
    明るく活発で
    人との触れ合いも大好きな子です。
    この子も同室の上の子↑と一緒に出してみましたが
    以前この2頭は大部屋でも同室でしたので
    すぐに思い出したのか、軽い挨拶程度で
    特に怒ることも、逆に嬉しがる様子もなく、あっさりとしていました。
    成犬同士、理想的な会い方だと思います。









    ※6/30よりレポートに登場 (6/19収容)
    ▽薄茶黒 メス 2-3歳 20キロ程度
    大きな体に物言わせることもなく
    物静かで、どこか遠慮がちな女の子です。
    それでも人恋しいのはこの子の様子を見ていればわかります。

    思い切り甘えたりはしませんが
    おずおずと寄ってきて、そっと顔を寄せては人の抱擁を受け入れてくれます。

    シェパード犬のような凛々しいお顔と
    大型犬に近い体系をしていますが
    とても穏やかな子で、そのギャップが魅力でもあります。

    歯も嫌がらず見せてくれます。
    まだきれいな歯をしていました。





    No.VIII
    ※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
    「飼い主募集中!!№2809」
    ここでの生活が半年を超えてしまいました。
    外に出ると、すぐに排水溝にめがけてオシッコしていました
    (なんてお利口さん!)
    お座りも伏せもお手のもの。




    シェパじいとの愛称で可愛がられてますが
    じいさんらしさはなくて、まだまだ若々しい子です。






    B部屋(鑑定室)  3頭


    ※6/23よりレポート登場 (6/15収容)
    ▽薄茶黒 オス 去勢済み 3歳ぐらい 15.28キロ
    「飼い主募集中!!№3082」

    まだ若い子で、しかも男の子ですが
    血気盛んな様子は微塵も見られず
    落ち着きがあり、ゆったりとした穏やかさが感じられる子です。
    人馴れも問題なく、すぐに家庭に入れそうだと思います。







    ※6/23レポート初登場 (6/18他抑留所からの移送)
    ▽白茶 メス 1-2歳 15-16キロくらい(痩せ気味)
    外に出てきたいけど、まだちょっと怖いしどうしよう・・
    そんな様子でしたので、おやつで誘導してみました。

    床に置いたおやつに誘導されるように出てきて

    体半分出たところで、ハタと気が付いてしまい

    また奥に戻ってしまいました。

    体半分だけですが、よく頑張って外に出てきてくれました。
    こちらから部屋に入って撫でたりすることは全く平気なようで
    撫でられることも嫌ではなさそうです。





    ※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
    ▽黒白 メス 1歳前後 11-12キロ程度
    元気いっぱいのお転婆な女の子です。
    人に対して不信感や不安感などは全く持っていないようで
    誰が来ても尻尾フリフリで大歓迎してくれます。
    物怖じしませんし、お散歩も好きそうなので
    犬と一緒にアクティブに行動したい方にはピッタリの子だと思います。






    C部屋(小型犬用部屋) 2頭


    ※6/23よりレポートに登場 (6/22他抑留所からの移送)
    ▼柴 オス 去勢済み 3-4歳 9.24キロ
    「飼い主募集中No.3084」
    柴よりは手足も胴もすらりと長く、柴系MIXかも知れません。
    和犬っぽい気難しさは感じられず、ややシャイで控えめな印象です。
    抱き上げたり触れたりすることは全く問題なくできます。
    強そうな子ではありませんが、他犬とは多少の相性があるそうです。






    ※3/24よりレポート登場(3/17収容)
    ▽茶 メス 3-5歳 7キロ前後 
    ややビビりさんで、いつも尻尾を内股に挟んでいるような子です。
    先週もそうでしたが、部屋から出ると真っ先に窓にめがけて走っていくので
    散歩に出たいのかもしれません。
    撫でられることは抵抗しませんが
    抱っこはまだ怖いのか嫌がりましたので、無理にはしませんでした。









    D部屋 選定室 6頭

    ※1/27よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼① 柴 オス 6-8歳? 7-8キロ

    いつも元気いっぱいで、パワーを持て余している様子です。
    人には馴れていますが、部屋の前に犬が来ると
    激しく威嚇しますので、やはり他犬との同居は難しいように感じます。






    ※6/9よりレポート登場(5/28他抑留所からの移送)
    ▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
    手からおやつを食べる姿は
    よく見かける愛らしいシーズー犬の姿そのものです。
    まだロープをつけて外に出すまでには至っていません。
    激しく吠える様子も、一生懸命自分を守っているように見えました。







    ※6/9よりレポート登場 (6/4引取収容)
    ▼③ワイヤーフォックステリア オス(おそらく去勢済み) 7-8キロくらい
    最初の頃は、部屋から出すと真っ先に人に飛びついてきましたが
    先週、今週と、ただひたすら外に出たがる様子しか観察できませんでした。
    人馴れしていて、抱っこも好きなようです。

    歯を見る時だけ怒っていましたが
    この日はボランティア・メンバーが上手に歯を見てくれたので、
    撮影することができました。






    昨年9/16よりレポート登場(9/1収容)
    ▼⑤  ベージュ オス 去勢手術済 2-3歳 20キロ~
    明るく活発で物怖じしない男の子です。
    此処での生活も一年近くになろうとしています。
    おやつが大好きで、飛び切りの笑顔を見せてくれます。








    ※6/23よりレポートに登場 (6/16他抑留所からの移送)
    ▼⑥ 茶 メス 3歳くらい? 7キロぐらい
    人馴れはしていますが少しだけ慎重な様子を見せます。
    おやつの食べ方も静かで優しく
    おっとりとも少し違うのですが、あまり活発ではない印象を受けます。
    小ぶりな成犬なので、マンションでの飼育も可能だと思います。







    ※4/28よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
    ▼⑦ 茶 メス 2-3歳 13-14キロ
    懐っこくて、落ち着きがあり
    情緒の安定した印象を受ける女の子です。
    笑顔が可愛らしく、抜けそうな毛を取り除いている間も
    嫌がらず大人しくしていました。
    家庭に入ってもすぐに馴染みそうな子です。







    4日目の部屋 6頭




    ※3/31よりレポート登場(3/30他抑留所からの移送)
    ▼茶鼻黒 オス 2-3歳くらい? 7-8キロ
    この日は数名で部屋に入りましたので
    最初だけ落ち着かない様子でウロウロしていましたが
    しばらくすると落ち着き、気が付くといつもよりは近くに来ていました。


    人が部屋にいてもおやつが食べられるようになることが
    次の課題です。




    ※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
    ▽黒茶白 オス 4-5歳? 10キロくらい
    先週は収容室①にいました
    下顎がちょっぴり出ているのがチャームポイントの男の子です。
    部屋の外に人が立っていたいた時は、勢いよく鳴いていたものの
    中に入ると途端に鳴き止んでそばに寄ってきました。
    逃げることなく、差し出した手に興味を示し、問題なく触らせてくれます。
    先週は抱っこしたり、歯を見たりできたそうです。









    ※6/30よりレポートに登場 (6/22収容)
    ▽白&薄茶 オス 2-3歳 11キロ程度
    とても人懐っこく甘えん坊な男の子です。
    子犬のように甘噛みしたり、プレイバウしたり
    一生懸命気を引こうとしています。
    新しく入ったチョコラブに何度も乗られていましたが
    喧嘩に発展することはなく
    先週他の子に唸っていた様子は今回は見られませんでした。


    ただ他の弱そうな子がこの子が近づくと
    耳を伏せてササッと逃げていたので
    やはりこの部屋の中では強い方なのかもしれません。
    人にはとてもフレンドリーです。




    ※7/7レポート初登場 (7/2他抑留所からの移送)
    ▽チョコラブ(MIX?) オス 4-5歳 20キロ前後
    怖いもの知らずで思うままに行動しているような印象の子です。
    空気を読めない感はありますが、決して気が荒々しいわけではありません。
    同室の白い子に付きまとってしきりに上に乗ろうとしていました。
    優位性を示すものではなく、発情していたかの様子でした。

    白い子に乗りたくてずっとウロウロしていたので
    人の方にはあまり関心を示しませんでした。
    こちらが抱きしめたり、歯を見たりすることには全く抵抗せず
    本来は人懐っこい子なのだろうと思います。





    ※6/2よりレポート登場 (5/20収容)
    ▽茶白 オス 1歳弱 11キロくらい
    落ち着きがあり、物静かな様子で佇んでいます。
    あまり吠えたりする様子も見られません。
    手を差し出すと寄ってきて、大人しく撫でられています。
    まだおとなには成りきっていないので
    これから活発な面も見られるようになるかもしてません。







    ↑↓の2頭は兄弟と思われます



    ※6/9よりレポートに登場 (5/26収容)
    ▽白茶 オス 1歳弱 10キロ位
    茶の子よりもシャイで、まだ自分から近づいてくることはありません。
    手を差し伸べても身をかわすように逃げますが
    放っておくとすぐ傍までいつの間にか来ていたりします。
    おやつは手から食べられます。







    【収容室 2】2頭


    ※7/7レポート初登場 (7/2他抑留所からの移送)
    ▽白 メス 1歳くらい 6-7キロ
    騒がし様子は無く、大人しい女の子です。
    人馴れしていて問題なく触れることができました。
    ただ、まだ日が浅いので、ここでの暮らしに慣れてくれば
    まだ若い子ですし、活発な面が見られるようになるかもしれません。








    ※7/7レポート初登場 (6/29収容)
    ▽白黒 メス 4-5歳 11-12キロ
    少しシャイなタイプなのか、とても大人しく
    落ち着いてはいましたが、どことなくオドオドした様子でした。
    まだセンターに来て日が浅いので
    困惑しているのかもしれません。




    抱き上げたり、歯を見たりしても怒るような様子は見られず
    困ったような表情をしながらされるがまま、固まるのみでした。






    【4.5日部屋】 6頭

    先週(6/30)に紹介しました
    血縁6頭放棄の子達です。

    ▽黒 メス 生後5-6ヵ月 6-7キロ 


    ▽黒 オス 生後5-6ヵ月 6-7キロ


    ▽黒 メス 2歳 7-8キロ




    以下3頭、引き続き譲渡先・預かり先募集中です。

    3頭とも人馴れしていて
    おやつなどは積極的に食べに来ます。

    子犬に対して(食べ物がらみで)多少怒る場面は見られたものの
    大半は一緒に仲良く過ごしているそうです。



    ▽黒(つま先白) オス 2歳 15キロ前後
    疥癬と思われる皮膚疾患の程度が一番軽い子です。

    ↓先週レポートより







    ▽黒 オス 2歳 16-17キロ

    ↓先週レポートより






    ▽黒 メス 3歳 13-14キロ

    ↓先週レポートより








    レポートは以上になります。





    ~お知らせ~

    ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
    新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
    出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。

    船橋いぬ親会
    7月12日(日)11:00~15:00
    室内開催 雨天決行(荒天中止)

    いぬ親会詳細
    ねこ親会詳細



    定例いぬ親会開催IN篠崎
    【日時】7月19(日) 12:00~15:00
    ※お天気によっては早めに終了する場合もございます。

    定例いぬ親会詳細




    当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。
    問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
    (※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
    必ず詳細ページにてご確認をお願います。


    ★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
    ★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
    一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
    (譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

     
    ※大変申し訳ありませんが、小型犬のみの新規預かり希望はげ受け付けておりません。

    お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
    (審査の上、判断させていただきます。)


    続きを読む
  9. 7/7センターレポート パート1      ㉓

    ひなのんさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    7/7 譲渡対象の犬たちの撮影(見学)のためセンターを訪問しました。


    譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。
    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


    ここでは子犬舎とドッグラン・その他周辺にいた子達を紹介します。





    【子犬舎】13頭




    ※4/21よりレポート登場(4/13収容)
    ▼茶 メス 10ヵ月程度 7キロ前後
    尻尾プリプリで大歓迎・・とまではいきませんが
    恐る恐るでも近づいてきてくれるようになり
    おやつを手から食べることができています。
    経験不足なだけで、家庭に入ればすぐに馴れそうな子です。
    しつこく触れることはできませんが、頭や顎先を撫でることはできます。








    ※5/26よりレポート登場 (5/25他抑留所からの移送)
    ▼茶黒半長毛 メス 10-11ヵ月 6キロ前後
    この子も手からおやつが食べられます。
    ビビりさんではあるようですが
    ただ単に人との触れ合いに慣れていないだけの感が否めません。
    まだ触れられることはやや苦手です。








    ※4/28よりレポート登場(4/15収容)
    ▼薄茶黒 オス 中長毛 7-8ヵ月 8-9キロ
    アイライナーがくっきり入っていて目力があり
    なんとも美しい子です。
    差し出したおやつの端っこを怖々咥え
    一度咥えると、もう離すもんかと口を食いしばってる姿が可愛らしかったです。
    まだ触れられることはやや苦手です。








    ※7/7レポート初登場 (6/29他抑留所からの移送)
    ▽白 オス 5-6ヵ月 6-7キロ
    ビビりな子が最近多い子犬舎で、新鮮に感じたほど人馴れした男の子です。
    程よく懐っこく、程よく控えめな感じで
    ボランティアメンバーにギュッと抱きしめられて
    すごくうれしそうな表情をしていました。




    皮膚の状態が悪く、ところどころ脱毛が見られました。
    見ている限り痒がってはいませんでした。


    ↑↓きょうだい犬と思われます。


    ※7/7レポート初登場 (7/2他抑留所からの移送)
    ▽白 オス 5-6ヵ月 6-7キロ
    きょうだい犬より若干小ぶりです。
    おやつを食べに近づくものの、撫でようとするとササっと身を引きます。
    まだここにきて日も浅いですし、緊張もしているでしょうから
    もう少しすれば、きょうだいのように懐っこい面も
    見られるようになるのではないでしょうか。







    ※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
    ▽黒白 オス 5ヵ月程度 5-6キロ
    ビビりさんでいつも端っこで固まっていた男の子です。
    抱き上げようとしても歯をあてることはなく
    なんとか逃れようとしますが、それもできないとわかると
    その場に伏せて固まっていました。




    歯を見ると、かろうじて前歯が抜け替わりつつあり他の歯はまだ乳歯でした。
    思ったより幼い子ですので
    一日も早く家庭に入って人との暮らしを開始させてあげたいです。






    ※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
    ▽茶 メス 5ヵ月程度 5-6キロ
    白黒の子と同じような程度のビビりさんです。
    触れても歯をあてることはありませんが
    白黒の子よりはすばしっこく逃げるので抱き上げることはできませんでした。
    2頭ともビビりというより経験不足なだけのようです。








    ※4/7よりレポート登場(3/31収容)
    ▼茶たれ耳 メス 8ヵ月ぐらい 8-9キロ
    入口に鍵をかけた状態で、この子の部屋の扉を解放し
    自由に出てきてもらいました。
    人とある程度の距離が取れると安心するのか
    怒ったりパニックになったるすることはありません。



    近づきすぎると、自分を守るために威嚇をしてきますが
    怖がってのことで、この子の方から人に向かってくることはありません。





    ※3/17よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼白 メス 11ヵ月ぐらい 9キロ~(痩せています)
    ビビりさんですが、その程度は軽い方だと思われます。
    手からおやつが食べられ、抱き上げてみても唸り声ひとつあげず
    ビビりションも出ません。
    人との触れ合いの機会があまり持てない環境で育ったものと思われますが
    野性味は全く感じられず
    それでも、もともとの気質が家庭犬として向いているように思います。










    ※4/21よりレポート登場(4/10収容)
    ▼茶黒(中長毛) オス 7-8ヵ月 7キロ前後
    人が近づくとまだ緊張いっぱいの様子です。
    おやつをあげようと近づく手も怖いようです。
    足元に置いたおやつはしばらくするとちゃんと食べられていました。
    これからあなたに関わる人は皆、決して怖くないんだよと
    伝えてあげられたらいいのにと思いました。








    ※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
    ▼茶白 オス 7ヵ月ぐらい 9-10キロ
    口を開けて威嚇しているように見えますが
    そうではなくて、足元に置いたおやつを
    すきを見て食べてモグモグしている表情です。
    無理に触れようとするとまだ空噛みするようなので
    また美味しいおやつで少しでも気持ちを開かせてあげたいです。






    左:※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
    ▼殆ど黒 やや長毛 メス  10ヵ月前後 8キロ前後
    右:※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
    ▼胸と足先は白 やや短毛 メス  10ヵ月前後 8キロ前後
    きっとこんな風に寄り添って
    人とはあまり関わらずに生きてきたのでしょう。
    そばによると緊張した表情をしますが
    この子たちの過ごしていた状況を想像するとそれも無理はないなと思います。


    家庭に入るにはこの子達自身が乗り越えないといけないことも
    たくさんあるとは思います。
    それでも「うちにおいでよ」と言ってくださる方とのご縁がありますように。










    【ドッグラン・その他】10頭




    6/2よりレポートに登場 (5/20収容)
    4日目部屋茶白男の子2兄弟の母犬と思われます。
    ▽薄茶白(目の回り黒) メス 不妊手術済み 7-8キロ
    ややシャイで大人しい女の子です。
    ロープを首にかける時だけ口をパクパクさせてイヤだと意思表示するそうですが
    職員さんには徐々に慣れてきたそうです。
    経験不足からくるビビりさんのようです。


    ↓先週レポートより








    ※昨年11/18よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼うす茶 メス 不妊手術済 1-2歳 9.42キロ
    「飼い主募集中!!№2772」
    人馴れ抜群な女の子です。
    いつも陽気で、いつも笑顔で迎えてくれます。
    甘えっ子なので、人が近づくと嬉しくて興奮してしまいますが
    構ってもらえる時間が充分に取れれば落ち着きも出てくるのではと思います。


    甘えっこさんなので、人にそばに来てほしいがために鳴いてしまいますが
    人の輪の中にいる時は嬉しそうにニコニコするだけで静かです。
    人の傍にいるときに、吠えて騒ぐことはありません。





    ※6/9よりレポートに登場(5/25収容)
    ▽茶黒白 オス 去勢手術済み 2-3歳  17.38キロ
    陽気でフレンドリーな男の子です。
    体は大きいですし、十分おとなですが、まるでやんちゃな子犬のような
    ピュアさと無邪気さが感じられる子です。
    身体をガシガシと触っても、抱き上げても
    怒ることは皆無で、むしろ大喜びします。
    いたずらっ子な笑顔が憎めないかわいい子です。
    「飼い主募集中No.3057」









    ※5/12よりレポートに登場 (4/30他抑留所からの移送)
    ▼薄茶 メス 不妊手術済み 1-2歳 8キロぐらい
    シャイで物静かな女の子です。
    徐々に人の手からもおやつを食べられるようになってきました。
    人の手を怖がる様子も少なくなってきました。
    家庭に入れば明るく甘えっ子に変身しそうです。
    小ぶりな子なので、マンションなどでも充分暮らせると思います。







    ※6/30よりレポート登場 (6/18他抑留所からの移送)
    ▽茶 オス 3歳 去勢済み 17.32キロ
    困ったような、拗ねているような何とも言えない表情を見せる男の子です。
    とても甘えん坊で、撫でられることが大好きです。
    離れると「僕んとこ来てよ~」と鳴いてしまいますが
    人がそばに来るとこのようにお座りしておとなしくいられます。
    「飼い主募集中No.3086」







    ※3/31よりレポートに登場(3/20収容)
    ▼茶白黒 メス 不妊手術済み 2歳くらい 12キロぐらい
    ややシャイな子で、急に近づいたり
    声もかけずに触れられたりということは苦手ですが
    この日は好きなタイプのおやつだったのか
    自分から積極的に近づいてきました。







    ※6/23よりレポートに登場(6/15収容)
    茶白 オス 4-5歳 12-13キロ(やや痩せ気味)
    おやつが早くほしいのか、なかなか“マテ”ができず
    吠えて「早く頂戴」とアピールしていました。
    人馴れしていて、あまり物怖じしない性格のようです。
    触れることは問題なくできます。







    ※3/10よりレポートに登場(3/5他抑留所からの移送)
    ▼④茶白 オス 去勢済み 推定3歳 13.02キロ
    「飼い主募集中No.2948」 
    ビシッと座りができ、ちょっと得意気な「ちくわくん」です。
    明るい性格で、ちょっぴりマイペースですが
    他犬とも仲良く過ごすことができ、特に苦手なことがなさそうな子です。
    人馴れもしていて、問題なく触れられます。






    ※2/17よりレポート登場 (他抑留所からの移送)
    ▼茶(顔黒) メス 不妊手術済 2-3歳 14.54キロ
    「飼い主募集中No.2905」
    ややシャイで、おとなしい印象の女の子ですが
    おやつが好きなタイプだったのか、オモシロ顔が撮れてしまいました。
    「あ~ん」のお顔がかわいらしく
    また次も飛び切り美味しい物を持ってこようと思いました。



    大きな音や、人の急な動きにビクビクしてしまいますが
    性格は素直で扱いやすい子だと思います。
    クレートの中で安心できるようなので
    お留守番のあるお家でも大丈夫だと思います。






    ※2/10よりレポート登場(2/2収容)
    ▼⑥ 薄茶黒 オス 去勢手術済 5-6歳 12キロ
    「飼い主募集中No.2898」
    とっても人懐っこくて 活発な男の子です。


    人には従順で、抱きしめてもらうことや、撫でてもらうことが大好きです。
    他犬は苦手なので、一頭飼いをおすすめします。



    レポートはパート2に続きます。






    続きを読む
  10. 6/30 センターレポート パート4      ⑳

    チェリママさんのレポートです(撮影協力:八王子運営ボラIさん)
    加筆・修正しています。


    6/30センターレポート パート3からの続きです
    引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。



    【仔犬舎】 11頭

    【2-5】

    ※4/21よりレポート登場(4/13収容)
    ▼茶 メス 9ヵ月程度 7キロ前後
    男性メンバーからおやつももらっていました。いま仔犬舎にいる中では
    一番人馴れしているように思います。






    ※4/28よりレポート登場(4/15収容)
    ▼薄茶黒 オス 中長毛 7-8ヵ月 8-9キロ
    以前会ったときより格段に人馴れが進んでいるように思います。
    男性メンバーの手からおやつも食べ、首周りなどずっと撫でてもらって
    いました。ただ、ちょっとびっくりしたりすると逃げる仕草はします。




    【2-6】

    ※5/26よりレポート登場 (5/25他抑留所からの移送)
    ▼茶黒半長毛 メス 10-11ヵ月 6キロ前後
    おやつの煮干が気に入ってくれたようで、差し出されるがままに
    ぱくぱく食べていました。
    まんまるおめめでしっかりこちらを見返してくれます。
    歯もしっかり生えており、この月齢でこの大きさだと
    成犬時は小ぶりの中型犬のように思います。



    ↑前肢の付け根が少しはげていました。



    ※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
    ▽茶 メス 5-8ヵ月 6キロぐらい
    怖がりさんです。置いたおやつも人がいる間は食べられませんでした。
    お顔もなかなかあげることができません。
    この日は終始この場所に固まっていました。





    ※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
    ▽黒白 オス 5-8ヵ月 6-7キロ
    この日は全く動かず、この場所でずっとお顔をうずめていました。
    置いたおやつもまだそれどころではありません。
    お部屋から出ると何度かお顔を向けてくれていたのですが、
    写真を撮りそびれてしまいました。





    【2-7】

    ※3/17よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼白 メス 10ヵ月ぐらい 9キロ~(痩せています)
    仔犬舎にいる期間も長くなってきました。
    この日は緊張して、手からおやつは食べられませんでした。
    撫でられてひたすら緊張しています。
    ただ、以前より動悸が激しくなることは少なくなっているように思います。
    前回会った時からあまり皮膚の状況がよくありませんでした。
    この日はそれほど気にはなりませんでしたが、
    これから益々湿度も高く気温も高くなっていく中、
    同じ姿勢で固まっていることの多い仔は心配です。






    ※4/7よりレポート登場(3/31収容)
    ▼茶たれ耳 メス 8ヵ月ぐらい 8-9キロ
    センターに収容されて3ヵ月になります。
    この日も窓枠の間にほとんどいました。ちょこっとのぞく分には唸ったり
    しません。





    ※4/21よりレポート登場(4/10収容)
    ▼茶黒(中長毛) オス 7-8ヵ月 7キロ前後
    手からおやつまではいきませんでしたが、置いたおやつはもぞもぞ
    すぐ食べていました。





    【2-8】

    ※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
    ▼茶白 オス 7ヵ月ぐらい 9-10キロ
    黒ちゃんのうしろにいるのでなかなか触ることができませんが、
    先週は撫でたりできているそうです。




    ※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
    ▼殆ど黒 やや長毛 メス  10ヵ月前後 8キロ前後
    じっと人の動きを見ています。



    ※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
    ▼胸と足先は白 やや短毛 メス  10ヵ月前後 8キロ前後
    この仔もまんまるおめめでずっと人の動きを観察しています。
    人が入ってくるとびびりしょんしてしまいますが、
    その後目の前の便を片付けるのに新聞を引っ張ってまるめましたが、
    そのままの体勢でパニックになるようなことはありませんでした。




    この黒ちゃん姉妹、わたしが部屋から出ると同時におやつをものすごい
    勢いで頬張っており、あまりの豹変ぶりには笑ってしまいました。
    本当に人の動きをよく観ています。
    少しずつ、人は怖くないよ、と伝えていきたいです。


    【旧子犬舎】9頭


    部屋1-2

    ※5/12レポート登場(4/23姉妹で収容)
    ▼白×薄茶 メス テリア雑 1歳前後 9キロくらい
    前回この仔に会った時は、外から撮影するのみで、触れ合うことが
    できませんでした。この日はもし時間があれば、少しゆっくり時間を
    取ってこの仔と触れ合ってみたいと思ってきました。
    何となくこの仔は触れそうに思っていました。








    身体に触れられることにはまだ抵抗があるようでしたが、まあ一度
    食べだしたら、おもしろいくらいに手からぱくぱくと煮干食べてくれました。

    ※6/23よりレポートに登場 (6/10収容)
    お外でひなたぼっこしている1-1の人懐っこい仔と姉妹のようです。
    ▽茶 メス 7-8か月 10キロ?やせています。
    人大好きっ子です。お部屋に入ってしゃがみましたら、もぞもぞと寄って
    きて甘えながらお膝の上に乗ってきました。
    大変な甘えん坊で、甘え方もとても可愛らしいです。
    姉妹犬に対しては、ちょっぴり強く出ちゃうそうです。
    うれしょんしていました。






    部屋1-3
    ※6/9よりレポート登場(5/28収容)
    ▽薄茶 メス 若年齢 11キロぐらい?
    先週までは収容室①にいました
    先週はまだ手からおやつは取らなかったようですが、この日は落ち着いており、
    躊躇なくおやつをもらってくれました。
    男性メンバーに撫でてもらっています。






    部屋1-4

    ※2/24よりレポート登場(2/10収容)
    ▼黒茶 メス 1-2歳 8-9kg

    この日は自らわたしのそばに随分近付いてきてくれていました。
    おやつも手から取りましたが、食べるまではいかずにぽとりと
    落としてしまいました。それでも逃げる様子もなく、至近距離で
    ずっと落ち着いていられました。



    ↑この3枚はまだ少し距離を置いて撮影しています。




    ↑こちらの4枚は、彼女がわざわざわたしの目の前にきて
    (白衣を少し写るように撮りましたのでわかるでしょうか)
    おやつも受け取り、ずっと目の前にいてくれました。

    時間をかければ、仲良くなれそうな予感です。


    <外テラスで日光浴中>

    部屋1-3
    ※4/7よりレポート登場 (3/23収容)
    ▼薄茶メス 6歳以上 11キロ

    とても懐っこい、可愛らしい笑顔の女の子です。
    うれしくてちょっぴり飛びついてしまいますが、
    押し倒してしまうような勢いではありません。
    年相応の落ち着きは少しあるように思います。






    ※6/23よりレポ登場 (6/9収容)
    ▼黒茶たれ耳 メス 1-2歳? 11kg~ (痩せ気味)
    元気な女の子です。
    そばに行くまでは吠えてしまっていましたが、お部屋に入ると嬉しそうに
    飛びついてきてくれました。おやつも大好きで喜んで食べていました。









    部屋1-1
    ※6/9よりレポート登場 
    (4きょうだいで飼い主からの引き取り;6/8他抑留所からの移送)
    ▼茶鼻黒 メス 6ヵ月半(1月生まれ) 7キロ台 赤い首輪
    下記の白い男の子と一緒にいると安心するようで
    ずっと寄りそっていました。





    ※6/2よりレポート登場 (5/21収容)
    ▼白(薄茶) オス 6-7ヵ月くらい 10キロぐらい

    まだ身体に触れられることには抵抗があるようで、
    一生懸命するりと逃げていました。






    ▽白茶黒 メス 7-8ヵ月 10キロ程度 
    ものすごく甘えん坊の女の子です。
    旧仔犬舎のお部屋の中にいる仔と姉妹のようです。
    その仔と同じように身体をすりつけて甘えてきます。



    レポートはパート5に続きます。

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る