yukawanetの記事一覧

  1. 【可愛くねぇ】なぜか常に激怒している風のネコが全然可愛くないと海外で話題に!

    「ゆるさんぞ虫けらども!じわじわとなぶりごろしにしてくれる!!」と言っているのか言っていないのかどうかは分かりませんが、彼がとんでもなく激怒しているのはよくわかります。何故起こっているのか、そして何故このような表情なのか。実はとんでもない理由があったよう…

    続きを読む
  2. 【訃報】イルカさん死去。タコを喉に詰まらせ「窒息死」

    海の生き物として絶大な人気を誇る「イルカ」さんですが、水族館だけでなくリアルな海の中でも野生イルカに出会うことがあります。野生のイルカも人間にフレンドリーなものも多く、近寄ってきてくれたりするわけですが、彼らの生活は我々が思っている以上に過酷なようです。…

    続きを読む
  3. 【泣ける】そんな顔しないで!飼い主が戻ってこないと悟ったイヌの表情が泣けてくると話題に

    動物は人間ほど感情がない・・・なんて思ってはいないでしょうか。たしかにそう感じるのかもしれませんが、動物に感情がないのではなく、感情を感じ取ることが出来ないと言うだけなのかもしれません。しかしワンちゃんは違います。尻尾や顔の表情で自ずと何が言い…

    続きを読む
  4. 【激萌え】ネコ「オッサン、好きなだけ撫でて宜しい」撫でろと指示するネコが可愛いと話題に

    ネコという生き物はツンデレでございまして、遊んであげたい時に「ツン」と冷たくされたり、逆に向こうから遊んでくれと言ってきたり。そういう時に限ってこちらが忙しいわけですが、なかなか都合がつかないところがゲームと違って面白みがありますね。さてこちらの猫はオッ…

    続きを読む
  5. 【悲報】アルパカを「プードル」みたいにカットした結果!あまりに残念な形に

    これが本当の「悲報」と言うやつなのかもしれません。アルパカといえばモフモフな毛皮が自慢ではありますが、羊と同じく伸びたら毛を刈らなければなりません。しかし、どのようにカットすればいいかなんてアルパカが指示するわけではないので結局人間が思うようにカットする…

    続きを読む
  6. 【怖すぎ】アシカが少女を海の底へいざなう衝撃映像が全英を震撼させる

    人間と動物は切っても切れない関係ではありますが、やはり自然界と人間界を共有する上で、何かしらのトラブルが生まれてしまいます。たとえば、畑を荒らす「イノシシ」や、突如まちなかに現れる「くま」や「猿」これらはもはや人間にとって脅威でしかありません。そん…

    続きを読む
  7. 【完全に一致】「サタデーナイトフィーバー」なカエルが発見される!

    人間は「資本主義」「社会主義」といった概念の社会で生活しております。一方自然界はそのような仕組みはなく、しいて言えば「弱肉強食」と言ったサバイバルでシンプルな社会です。そんな社会において、生きること以外に必要がないものは最低限取り入れないというスタイルで…

    続きを読む
  8. 【何だこれ】120センチの世界最長のネコが本当に長すぎると話題に!ギネス記録

    ネコといえば人間より小型で可愛いというイメージがありますが、これが巨大化したらとんでもないことになります。たとえばイヌが巨大化しても「大型犬」になるだけですが、ネコが巨大化すればほぼ「トラ」とか「ライオン」になってしまいます。恐ろしいことです、ということ…

    続きを読む
  9. 【食べれなぁい】東山動植物園の「コアラアイス」が可愛すぎて溶けると話題に

    日本で見られる希少価値の高い人気の動物といえば「パンダ」そして「コアラ」ですが、コアラに関しては、名古屋の東山動物園で見ることが出来ます。とはいえ、だいたいいつも寝ているので可愛いわぁモフモフモフなんてことはできません。見るだけですが、まあそれでも癒やさ…

    続きを読む
  10. 【謎現象】ネコホイホイ現象、科学者が本気で研究をし始める!

    日本では割と知られているのですが、四角いテープの枠を作るとその中にネコが入るという現象。何故ネコがこの中に入るのか、そして何故殆どのネコが同じような行動を取るのか、まだ謎に包まれております。ということでこの現象を本気で研究をし始めた方が居ると海外で話題と…

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る