アニマルライツセンター

  1. ファーフリー宣言したブランドでも購入するときは要注意!

    ファーフリー宣言をしたブランドの製品でも、在庫が残っていたりしてリアルファーが使用されている製品が販売されていることもあります。よく確認してから購入しましょう!

    続きを読む
  2. 死体を放置する日本の養鶏場ーこれで防疫はできるのか

    畜産業では日々動物が死亡します。これは工場畜産では避けることができません。死体をどう処理すればよいのか、あまりみなさんが悩んだことがない悩みを、畜産業者は抱えています。 死体を施設に放置することは、動物の愛護及び管理に関する法律に違反しており、44条2項の罰則にもあたります。 第六章 罰則 第四十四条 2項愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にか…

    続きを読む
  3. 住宅展示場で集客のために見世物にされるライオン

    9月15日、練馬区の石神井住宅公園で、東北サファリパークから一頭のホワイトライオンが連れてこられ移動展示されていました。 住宅展示場の真ん中にライオンの檻が設置され、東北サファリパークから当日連れてきたそうで、9歳のホワイトライオンのリック。東北サファリパーク生まれ。 東北サファリパークの関係者の方が、臆病怖がりの性格とおっしゃっていましたが、ただでさえ輸送にもストレスがかかるのに、11時から17時まで住宅街で、檻に入れられたくさんの人の目に触れられなければならないのです。 飲み水はありました…

    続きを読む
  4. ピアスグループ、動物実験の長期無届実施が発覚 ―兵庫県条例違反での刑事告発について―

    イミュ、ケサランパサラン、カバーマークなどのブランドを擁する化粧品大手企業、ピアスグループ(本社:大阪市 代表取締役社長:阪本和俊)が管理運営する「ピアスグループ中央研究所」(兵庫県神戸市西区室谷一丁目3番1号)が必要な行政手続きを期間(最大で25年)にわたりって怠ってきたことが判明したため、「美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会(CFB)」では、兵庫県の「動物愛護及び管理に関する条例」第25条違反でピアスグループを刑事告発することといたしました。 平成5年に施行された同条例では、実験動物…

    続きを読む
  5. FUR FREE WALK直前 アニマルライツランチ会へのお誘い♪

    毛皮反対デモ行進の前に、みんなと一緒にランチ&懇親会いかがですか? デモの出発地でもある代々木公園のすぐそばのカフェを貸し切って、特別にヴィーガンのお料理作ってもらいます! 日時:2018/11/10(土) 11:30~13:00 場所:モンスーンカフェ渋谷店 東京都渋谷区神南1-6-8 カンパリビル 4F 会費:2,500円(ランチビュッフェとワンドリンク付き) 要申し込みです。 お申込みはこちらから ※必ずarcj.orgからのメールが受信できるメールアドレスをご記入ください。 ※11…

    続きを読む
  6. 独立行政法人 家畜改良センターでバタリーケージ使用

    同センターのサイトには単飼ケージの写真が掲載されており、巣も砂場も止まり木も何もない、かなり狭いケージであることが分かります。

    続きを読む
  7. Good News! ロサンゼルスもファーフリーに!

    2018年9月18日、ロサンゼルス市議会はリアルファー(動物の毛皮)の販売を禁止することを全会一致で決定した。 これまでにウェストハリウッド市、バークレー市、サンフランシスコ市がリアルファーの販売を禁止してきたが、今回の決定によりリアルファーが売られない最大の都市はロサンゼルスになる。 WWDによると、ロサンゼルス市弁護士のMike Feuerは以下のように述べている。 私達は残酷で非人道的な習慣を終わらせることを楽しみにしています。LAは人道的な課題のリーダーであり、今回のことはその素晴ら…

    続きを読む
  8. 犬吠埼マリンパークのハニーの診断:内部疾患で苦しんでいる可能性

    都道府県の獣医師は、それぞれの動物種の専門家ではありません。現在のハニーを見て、生きていて、あからさまな傷が少し良くなってきていれば、「問題ない」と判断するでしょう。 しかし、海洋哺乳類を専門とする獣医師による診断は、そうではありませんでした。 海洋哺乳動物医療およびイルカの健康評価を専門とした研修経験を持ち、米国PETA財団の捕獲動物法令施行(Captive Animal Law Enforcement)プログラムの監督獣医師でもあるヘザー・ラリー博士:獣医師(カリフォルニア州獣医師免許)に、…

    続きを読む
  9. これ以上ハニーの人生を翻弄しないで ハニーに穏やかな余生を

    捕獲されたときに妊娠していたハニー 閉館した犬吠埼マリンパークにたった一頭で取り残された「ハニー」は、2005年2月に和歌山県太地町のイルカ追い込み猟で捕獲された、野生のハンドウイルカです。 そして、ハニーが「マリン」を出産したのは、2005年6月26日。 ハンドウイルカの妊娠期間は約12ヶ月です。マリンの父親が野生由来という記録もあることから、捕獲されたとき、ハニーはすでに妊娠していたことがわかります。 当時の新聞記事が残っています。 『思いがけぬ誕生 犬吠埼マリンパークでイルカ出産』朝日新…

    続きを読む
  10. なぜ世界のメダリストたちは東京五輪に「強烈抗議」

    ロンドンオリンピック銀メダリストのドッチィー・バウシュ氏(米国サイクリングチーム)と、平昌オリンピック金メダリストら計9名のオリンピック選手が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下東京大会)で使用される卵や肉など畜産物のアニマルウェルフェア基準が低レベルすぎると抗議し、声明を発表した。 9名のオリンピック選手たちは、鶏をケージに閉じ込めない平飼い卵か放牧卵=ケージフリー卵にし、豚肉は妊娠ストールという母豚を拘束飼育しない農場の豚肉=妊娠ストールフリーの豚肉を使うことを求めている。…

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る