アニマルライツセンター

  1. 用事が無くても行きたくなる!? 羽田空港国内線ターミナルがヴィーガンフレンドリーに

    羽田空港国内線ターミナルがヴィーガンフレンドリーに進化していたことをご存知でしたか? 以前はヴィーガンメニューのあるレストランは羽田空港で1つしか確認できていなかったのですが、ヴィーガンメニューのあるレストランが4つに増え、しかもそのうちの1つは全メニューヴィーガンのお店になっていたことが分かりました! GGG CAFE ~Good Green Garden~(カフェ) 焼き豆腐のビーガンサラダプレートというメニューがヴィーガン対応です。お店の中で食事ができます。 Mrs Istanbul (トルコ料理) ベジプレートがヴィーガン対応です。フードコートで食べることができます。 JIYUGAOKA BURGER 羽田店 (ハンバーガー) ヴィーガンバーガーお麩 というメニューがヴィーガン対応です。フードコートで食べることも、持ち帰ることもできます。 HealthyTokyo Cafe & Shop (カフェ) サンドイッチ、サラダ、マフィン、ケーキなどの様々なメニューを販売しています。ナッツなどの食品も販売しています。 全てのメニューがヴィーガン対応です!持ち帰りも、フードコートで食べることもできます。 4つのお店とも国内線第2ターミナルの3階にあります。3つのお店は隣接していて、もう一つのお店もすぐ近くにあります。 少し分かりにくいのですが、写真の1番左にあるのがMrs Istanbul、正面にあるのがJIYUGAOKA BURGER、右手にあるのがHealthyTokyo Cafe & Shopです!写真の右の方にさらに歩いていくとGGG CAFEがあります。 羽田空港国内線ターミナルのこの辺りのエリアに来れば、ヴィーガンのあなたも何を食べるか選び放題です! 日本でもヴィーガンレストランやヴィーガンメニューのあるレストランは増えてきていますが、たくさんの選択肢の中から選ぶことができるというのはやっぱりうれしいですね。 羽田空港内には2020年のオリンピックを意識した看板なども多数見られました。オリンピックに合わせて海外からの観光客が多くなることを予測してヴィーガンレストランを増やしているのかもしれません。 これからの時期はヴィーガンのレストランやメニューを増やしてほしいという意見を届けるにはぴったりの、チャンスとなる時期かもしれません。みなさんも、ヴィーガンレストランやメニューがまだ足りないなと思うような施設に意見を届けてみてください。 それぞれのお店の詳しい情報、食レポはこちらからご覧ください。 羽田空港国内線ターミナルにヴィーガンメニュー!GGG CAFE ~Good Green Garden~ フムスたっぷり 羽田空港で食べるヴィーガントルコ料理「Mrs Istanbul」 羽田空港で食べるヴィーガンハンバーガー「JIYUGAOKA BURGER 羽田店」 羽田空港国内線ターミナルに、ついに全メニューヴィーガンのお店が!「HealthyTOKYO Cafe & Shop」

    続きを読む
  2. [歴史を動かす一部になる!~アニマルライツ活動実践講習] 6月1日

    声を上げることが重要なのだと、沈黙は加害者側に立つことになるのだということを、このページを訪れるあなたはわかっていることでしょう。けれども、長い長い肉食の歴史、見えてこない動物たちのための希望、絶望を感じる社会の状況、辛いと感じることも多いのではないでしょうか。 幸い、アニマルライツの運動にも先駆者がいます。積み重ねられた経験、知識、手法、メンタルの維持の仕方を知ることで、動物を助けるための行動はより効果を上げることができます。 この講習会は、実際の活動を続けている方、自分自身のライフスタイルで…

    続きを読む
  3. デモ終了後はゆっくりみんなで話そう!アニマルライツ懇親会

    動物のこと、直前のデモのこと、講習会のこと、活動の悩み、そしてこれからのあなたの行動プランなどを、みんなでゆっくり話しましょう。 デモ行進終了後の場所から比較的近くのナタラジ原宿店へ。カレーとヴィーガンナンと仲間たちが待ってます。 ※席に限りがあるため、デモ参加者を優先しますことをご了承下さい。 2019年6月1日(Sat)デモ行進終了後20時位~ 会費:2500円(税込み) 飲み物別(飲み物は個別にオーダーし精算して下さい) キャンセルの場合はかならず3日前までにご連絡下さい。5月30…

    続きを読む
  4. 中国毛皮市場 鳴き叫ぶキツネの姿。彼の気持ちを想像して下さい。

    彼の鳴き声を聞いて下さい。 2018年、中国の毛皮市場、殺されるのを待っていたキツネたちです。 このケージが並べられた後ろにあるのは、剥がした毛皮の死亡をこそげ取る柱がたくさん並んでいます。 彼の気持ちを想像してみて下さい。 どのような気持ちで叫んでいるのかか、想像してみて下さい。 毛皮製品を買わないという選択をしてください。 企業、お店の方は、すべての製品からリアルファーを取り除き、二度と、毛皮製品を売らないという選択をしてください。。 #furfreejapan #毛皮ゼロへ…

    続きを読む
  5. マッケイン・フーズとホテルショコラが日本でもケージフリー

    業務用冷凍フライドポテトで有名なマッケイン・フーズとイギリス発祥高級チョコレートブランドのホテルショコラが日本でもケージフリーだということが分かりました。

    続きを読む
  6. 参加募集!動物はごはんじゃないデモ行進2019

    2019/6/1、17:30 渋谷区勤労福祉会館集合。 希望のない動物たちに希望を。 700億の畜産動物、1000億以上の水産動物のために声を上げよう

    続きを読む
  7. 書籍「犬が殺される 動物実験の闇を探る」

    日本でどのような動物実験が行われているのか、実験動物たちがどのような環境で飼育されているのか、動物実験関係者の方々がどのような考えを持って実験を行っているのかなどを知ることができる貴重な資料だと思います。…

    続きを読む
  8. 魚も痛みを感じる 道徳的な違いを取り去って下さい

    日本の魚消費量は年々減っています。それは率直に良いことでしょう。 海から多くの魚たちが消えていっていますし、絶滅にひんしている、または居なくなった魚もいます。洋食では海に大量の抗生物質をあなたの近くの海にもつながっている大海に撒き、大切な稚魚を自然から奪い取っています。 犠牲になる数は年間1000億とも、3000億とも言われています。 魚は哺乳類や鳥類と同じように、つまり私達人間と同じように痛みを感じます。 http://www.arcj.org/animals/fish/00/id=393 養殖…

    続きを読む
  9. ようやく!肉用鶏(ブロイラー)に休む時間を与えるよう促す

    農林水産省から1億9100万円を投入した平成30年度畜産GAP拡大推進加速化事業の一部として、畜産技術協会から、「技術レター」なるライトなチラシが2種類出されました。 一つはブロイラーの暗期管理。つまり日本では古い畜産方法が多いため24時間鶏に休む時間を与えず煌々と明かりを照らし続ける農家が 68.1%に及ぶが、その方法が誤りであり、暗い時間を設けて鶏たちに休む時間を与えたほうがよいという主旨です。 もう一つは乳牛の断尾。断尾は7.5%の酪農場がいまだに行っています*2が(放牧農家であっても断尾をしています!なぜ!?)、その畜産方法は古く、断尾はしないほうがよい、どうしても尻尾で体が汚れる場合は、毛をカットする方法が良いという主旨です。 たったこれだけですが、24時間休む時間を与えられずに苦しむ動物、尻尾を切断されるという痛みに耐えなくてはならない動物たちにとっては朗報。さらに日本政府の補助金で世界と同じ考え方のアニマルウェルフェアが推進されたことは大きな前進です。 こちらでチラシをダウンロードできます。活用しましょう! 技術レター ブロイラー 「暗期」  技術レター 乳用牛 「断尾」 暗期の設定 EUでは6時間以上の暗期(暗い時間)を設けることが法的に義務付けられています。 暗期の重要性は明確です。Ege大学のA. Bayram氏は、以下の通り暗期の重要性を裏付けています。 より自然な日中の行動パターンを示す傾向があり、恐怖心(つまり心理的ストレス)を減らし、そして社会性を高める傾向があった。・・・ブロイラー成績に影響を与えることなく、対照鶏群よりも良好な福祉状態にあったと結論付けた。 また浙江大学のYefeng Yang氏は、下記の例のように、適切な長さ(長すぎず短すぎない)暗期が必要であることを裏付けています。 光周期が短すぎる(12時間)または長すぎる(24時間)場合、光刺激はブロイラー鶏の足の成長を強化しなかった(P <0.05)。さらに、腹部脂肪の量と明期の間の二次関係は、光刺激の期間が短すぎるか長すぎると腹部脂肪の量が減少することを示唆した(P <0.05)。 本来は自然光を入れて、飼育してほしいところであり、世界はその方向に進んでいます。自然光を入れたほうが良いとする科学的な裏付けもあります。 自然光があると、 横たわる(座り込んでいる)時間が減少する(76.7 vs 83.5%) 歩く時間が増える(52.4 vs 37.7 events/10分) 食べる時間が増える(15.8 vs 10.0 events/10分) 歩く能力も1.3倍向上する などの福祉面、および健康面への影響が有意にあります。 断尾は無意味 断尾は多くの酪農場が行わなっていません。当たり前に不要であることは誰でもわかります。 乳房の汚れのために断尾をしているところがあるといわれますが、「科学的証拠によれば、牛の清潔さや乳房の健康にプラスの効果がないことを示している*5」状況です。むしろ、断尾をすることで「感染症や持続的な神経損傷や慢性的な痛みを引き起こします*6」。 また、牛が汚れる原因は尻尾ではなく、糞尿の上で寝かせることであることは明白です。たとえ1日3回掃除をしても、つなぎ飼いであればあっというまに糞尿にまみれます。掃除を常時し続けるか、つなぎ飼いや狭い舎飼いをやめ、十分なスペースをとるしか方法はないでしょう。 追加を望む 今回明らかに不要で、また生産性に影響のないアニマルウェルフェアに関する2点について、技術的アドバイスが出されたことは評価できることです。しかし、私達はもういくつか、追加してほしい、同じレベルのことがあります。 一つは豚の歯切り。 もう一つは採卵鶏の強制換羽(低栄養誘導関羽含む)です。 歯切りが不要であるということは多くの養豚農家がすぐに説明してくれるでしょう。実際に歯切りをやめてみたら問題なかったとする農家は増加中です。その分の従業員の時間を、掃除やより丁寧な扱いに当ててほしいと思います。 強制換羽についてももはや不要です。なにも鶏たちに飢餓と乾きを共用する必要はなく、1年の産卵期間でその苦しみを終わらせてほしいと思います。2年目に入れば、鶏たちは更に多くの割合で、ひどい症状の子宮や卵巣の病気に苦しみ、羽はぼろぼろになり、苦しみが長引くのです。 普及はどうやって? せっかく補助金により作られたチラシ、一人でも多くの畜産に携わる人に届けるところまでやっていただきたいと思います。経営層、管理職、現場の方々に行き渡らせ、畜産業全体の意識を上げていかなければ、状況は変わらないでしょう。 業界団体への配布だけでは、行き渡っていない、意識の変革は難しいのです。 *1http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/H26/factual_investigation_blo_h26.pdf *2http://jlta.lin.gr.jp/report/animalwelfare/H26/factual_investigation_cow_h26.pdf *3A. Bayram S. Özkan The Journal of Applied Poultry Research, Volume 19, Issue 3, September 2010, Pages 263–273 https://academic.oup.com/japr/article/19/3/263/708399 *4Yefeng Yang, Growth responses of broiler chickens to different periods of artificial light, https://www.researchgate.net/publication/284174047_Growth_responses_of_broiler_chickens_to_different_periods_of_artificial_light *5https://www.researchgate.net/publication/51212389_Tail_docking_dairy_cattle_Responses_from_an_online_engagement ,Tail docking dairy cattle: Responses from an online engagement *6http://adf.farmonline.com.au/news/magazine/livestock/herd-health/tail-docking-to-be-banned/2752175.aspx

    続きを読む
  10. 72時間放置する屠殺場も!農水省からの3度めの通知

    成鶏の屠殺場が鶏たちをギュウギュウ詰めのかごに入れっぱなして長時間放置している問題に関し、2018年11月、厚生労働省の調査結果がだされた。 驚きの72時間放置 農林水産委員会の答弁の中で示された厚生労働省が行った調査によると、調査対象は全国に32施設(2016年時点)ある成鶏の大規模食鳥処理場のうち28施設。(岡山県の3施設、福岡県の1施設が抜けていた) 厚生労働省の調査は、基本的に衛生面のみの調査だ。そのため、コンテナの高さが足りず頭をあげられない、鶏が別の鶏に乗っかってしまった状態になって…

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る