動物福祉

  1. 神様が泣いた

    モーツアルトが8歳のとき、この木は40歳ちょっとだった蒸気機関車が特許を取った時、この木は50歳になったライト兄弟の初飛行のとき、この木は180歳だった今この木は英国鉄道路線のため300歳で倒された言葉にならないデイビッド・アッテンボローこの写真はFBより動物擁護活動家フィリップ・ウォレン氏が「この写真を見ると神様が泣いたという聖書の言葉を思いだす」というコメントとともにシェアしたものをお借りしました

    続きを読む
  2. 彼女は去っていったけれど

    どの街にも名物人物がいる。英国のケイト・ウォードさんも例外ではない。通称カンバリーのケイトは1979年に死去するその日まで住民からよく知られ愛された人物である。犬を愛する人であった。出会う犬を次から次へと保護した。生涯に保護した数は600匹以上と言われる。彼女は去っていったけれど、思い出と功績は世界中の人々の胸に永遠に残る。1943年600ポンドでその後犬たちの保護の場所となる最初の家を買う。 足を痛め、安楽死

    続きを読む
  3. 目の前から消えれば、存在も忘れてしまう

    庭の小屋に犬を鎖でつないでおく人がいる。たくさんいる。目の前から消えれば、存在も忘れてしまう。そういう犬たちは一生孤独な独房で過ごすのだ。犬小屋は夏は風通しが悪くオーブンのようになる。暑さをしのぐ手間もかけてもらえない。冬は寒さにさらされ、飲み水も凍り、脱水症状を起こす。雷が恐くても、台風や雪のときも犬小屋の中でひとりぼっちだ。病気になっても気づかれず、友情のかけらなど存在しない形で鎖につながれた

    続きを読む
  4. ただでいいじゃないですか

    いつも聞かれることです。ホームレスの犬猫をひきとってやっているので無料でいいじゃないかと。ううむ。。。そうだったらいいですね。理想の世界です。できないことではないかもしれません。しかし獣医費用やケアコスト。毎日続けていくためにはこの費用をどこかで獲得しなければなりません。全部でなくとも一部はどこからか調達しなければやっていけませんよ。一匹一匹、ヘルス・チェックを受けさせ、予防接種や虫下しも。レスキ

    続きを読む
  5. チャーチル首相とジョック

    英国のチャーチル首相はジンジャー仔猫ジョックと食卓を共にするのを楽しんだ。召使はしばしばこのペットを探しにでかけなければならなかった。そうしないと食事が始まらないのだ。

    続きを読む
  6. 猫はそっと去らない

    共に人生を分かち合った猫たちはまだここにいるよと確かな方法で教えてくれる昔の習慣の中でそう感じるドアのところでにゃあと聞こえたような気がするしおやつを床に落としたとき、つい待ってしまう餌ボウルを置いていた場所を無意識のうちに踏まないように歩くそして時々、夜、家に戻ったときどうしようもない寂しさに襲われる時がたち、新しい猫たちが来て新しいボウルに餌をいれるけれど、胸の中に永遠にあの子たちの場所がある

    続きを読む
  7. パンデミックの中で犬を喪う

    犬を「安楽死させる」というのが正しい言い方なのはわかっているが、まるで殺人を企てるために殺し屋を呼んでいるような気がしてならない。5日前、私はウィリアムズバーグ動物病院の外に立ち、携帯で獣医とルーカスの安楽死の詳細を話し合っていた。最近は人間とウイルスは 獣医の診察室に入れないようになっている。「せめてお別れの時に中に入って 抱っこしてもいいですか?」 と尋ねた。「いいえ」と獣医は言った。「スタッフを

    続きを読む
  8. 家は何を持って家となるのでしょうージャスミンの法律

    英でのペット可の物件は全体の7%です。飼い主さんにとっては厳しい状況です。特に心が痛むのはホームレスの人たち。そのために自分のベッドを諦めている人が多いと聞きます。ドッグス・トラストなどの動物保護団体もペット可の宿泊施設の獲得に奔走していますが、なかなか難しいようです。この状況をなんとかしようと国会議員のアンドリュー・ロシンデルさんと動物保護団体を中心にキャンペーンが行われておりました。そして、こ

    続きを読む
  9. 新しいブログ

    皆様へ2020年は大変な年になりましたが、皆様、お元気でお過ごしでいらっしゃることをお祈りしております。当ブログの統計が古くなったり、リンクが切れたりと手入れが行き届きませんで申し訳ありません。しかし手直しの時間を考えると、これはこのまま残しておき、新たにブログを始めることにいたしました。私は海外の短い引用文をたくさん集めているのですが、ひっぱり出すのに時間がかかり、これは整理して残しておいたほうがい

    続きを読む
  10. 地球号の乗組員

    いつもご訪問ありがとうございます今年は皆様はどのような年をお過ごしになられたかとアーチーが前足を出してお聞きします。私のほうは人生ビッグ・イベントがあり、9月に心臓の手術をうけました。急性のものではなく、何十年も前から、経過観察してもらっていて一番良いタイミングで手術をしていただいたので、ご心配なきように。上は病院ベジタリアン食です。しかし心身弱っているとき、一番美味しいのはイギリスの大衆紅茶と言

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る