ペットロス

  1. 私の最大の喜びは、ジャックが食事時のエチケットを破ってくれたことである

    私の小さいウィペットが死んだ。過ごした日々はわずか5年だったが、悲しみの重さは支えきれないほどである。シェルターから受け取ったときもまだ骸骨のようで、皆は一か月持たないだろうと言った。何の反応もない。ただ恐怖の中に住んでいるこの小さな生き物の心の中に入ることができなかった。 彼女をジャックと名付けた。短くでシャープではっきりしていてコマンドを教えるときに非常に便利な名前である。あまりにも悲惨な経験

    続きを読む
  2. しっかり休めよ、リトルマン

    ベッドの上で、私にくっついて寝るのが大好きだったのに、今朝姿が見えなかった.おかしいと思ったら、ベッドの下で息絶えていた。やはり動物はあちらの世界へ一人で行くのが好きなようだ。猫免疫不全ウイルスとよく闘った。インテリで、詩人で外交術に長けていて、つつがなく事が運ぶのを愛していた。矜持を持った男であり、私の哲学の師でもあったレビは今朝方短い闘病の末、眠っている間に逝った。動物サンクチュアリー、ビーチ

    続きを読む
  3. 永遠にあの子たちの場所がある

    The dogs who have shared our lives共に人生を分かちあった犬たちは確かな方法で彼らの魂がまだそこにいることを教えてくれる特に昔の習慣を使って。ドアのところで吠え声が聞こえたような気がするおやつを床に落としたとき、思わず待ってしまう。餌を置いていた場所にどうしても足がむく。そして時々だが、本当にたまになのだが、夜、家に戻ったとき寂しくて寂しくて泣き崩れてしまう。時が経ち、新しい友達がきて、新しいボウル

    続きを読む
  4. 逝ってしまった犬への手紙

    一番辛いさようならはそれが言われなかったこと。説明されなかったことThe most painful goodbyes are the ones that are never said and never explained

    続きを読む
  5. ロンドンからトンブリッジへ続く道すがら

    ロンドンからトンブリッジへ続く道路にある標識。交通事故で命を落とした多くのペットのため、地主が作成したもの。人々は花をたむけ、ガレージ経営者は墓碑を刻んだ。1935年イギリ…

    続きを読む
  6. きっと問題をバッグ一杯抱えてやってくる

    最良と最悪が交錯しまくったここ数年であった。まず今まで出会った中で最良の男性と結婚したのがスタートで、夫と私と犬とでウィンスコンシンからメリーランドへ引っ越し。大学卒業後、14年間の時を経て、また学生に戻ったが、学生仲間は私の子供といっていいくらいの年だった。自分にも回りにも子供がいなかったせいか、自分が年をとっていることに気がつかなかった。目の前に実際に成長しているものを見る機会がついぞなかった

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る