ホームページ

  1. すべて人間の娯楽のために

    娯楽用の動物以下はPETAホームページより翻訳抜粋 チンパンジー、熊、トラ、象、そして他の動物たちは俳優でもなければ、道化師でもない。なのにばかげた、混乱させるような行動を、肉体的罰を行使して強要する。自転車に乗らせられ、逆立ちをし、ボールの上でバランスを取り、火の輪をくぐる。わけのわからない行為をトレーナーは鞭や首かぎ針、きつい首輪、口輪、電気棒など拷問のような道具を使って強制的におぼえさせる。  

    続きを読む
  2. 自分が捕まえられないものは食べない

    食用動物 一般人の目には触れさせないようにしている食肉産業の動物虐待、屠殺場の想像を絶する劣悪環境。毎年毎年皿の上から肉を排除している人が増えている理由はたくさんあります。ベジタリアンになることにより、肉体の健康だけでなく、精神の健康も得ることができるのです。以下はPETAホームページより翻訳翻抜粋 農場動物は知的であり、あなたがたが友達だと呼ぶ犬や猫と同じように痛みを感じる。いろいろなことに興味をも

    続きを読む
  3. 自分で捕まえられないものは食べない

    食用動物 一般人の目には触れさせないようにしている食肉産業の動物虐待、屠殺場の想像を絶する劣悪環境。毎年毎年皿の上から肉を排除している人が増えている理由はたくさんあります。ベジタリアンになることにより、肉体の健康だけでなく、精神の健康も得ることができるのです。以下はPETAホームページより翻訳翻抜粋 農場動物は知的であり、あなたがたが友達だと呼ぶ犬や猫と同じように痛みを感じる。いろいろなことに興味をも

    続きを読む
  4. これほどの残酷な犠牲が必要なのか

    毛皮産業 毛皮農場からだろうと、わなにかかった野生の動物からだろうと、すべての毛皮製品、毛皮アクセサリー、それは死んだ動物たちから毛皮をはいだのではありません。生きたまま皮をはがされるという想像を絶する残酷な苦しみを味わって死んでいった動物たちの遺していったものです。以下はPETAホームページより抜粋毛皮農場の動物たちは汚くせまい、鉄格子の中につっこまれている。皮をはがすのは金のかからない、窒息、電気

    続きを読む
  5. 私たちができる事は

    ハンティング以下はPETAホームページより抜粋 太古の時代には生きるために狩猟は必要だったかもしれない。しかし今は単にスリルを求めて動物を追いつめ、殺す。この不必要な娯楽は動物たちの家族をひきちぎり、多くの孤児を生み出し、急所をはずした動物に地獄の苦しみを味あわせるだけである。痛みと苦しみ 一発でしとめることはまれである。重傷を負わせられ、長い苦しみを経て死に至ることのほうが多い。石弓で射た動物の直接

    続きを読む
  6. イギリスの男と女よ、いつまでこれを続けるのか

    動物の福祉と権利 人間の利便のために動物を利用するものと言えば、ほぼ全部なのですが、とりわけ、毛皮、動物実験、食肉、娯楽、狩猟などの残虐性は一度知ってしまえば、何かせずにはいられません。この分野は昔から一般大衆の目には触れさせず秘密裏で行っています。そこに勇気ある御人が隠しカメラを持って潜入したり、内部告発をしたりして、やっとその残酷な実態がわかるというわけです。  私たちは、何か残酷なことが行わ

    続きを読む
  7. バタシーホームの歴史

    John Charles Dollman, “The Dogs Home,” Pictorial World 27 February, 1875, 522. Author’s collection今や世界各地で理想的な動物保護施設のモデルとされているロンドンの犬猫保護施設バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ・ホームです。野良犬、迷い犬、飼い主と住めなくなった犬猫を新たな飼い主が見つかるまで保護する一時預かり場所です。多少の例外はありますが(獰猛な犬の増加で安楽死をさせるケース)、バタシー・ドッグ

    続きを読む
  8. 動物の苦しみを和らげる社会作りを目指す

     RSPCA Young Photographer Awards 2011: Chris Pritchard英国王立動物虐待防止協会 The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals (RSPCA) は動物福祉を推進するために設立されたイギリスの非営利団体です。世界最大かつ最古の権威ある動物福祉団体である協会の影響力は大きく、英国政府に対しても多大なる発言権を有し、国内のみならず他国での似たような運動のきっかけとなっています。RSPCAの事業はすべて寄付

    続きを読む
  9. 畑を耕し種をまき始めているのは確かである

    RSPCA Young Photographer Awards 2010 Giraffe by Claire Waring,18イギリス動物愛護の歴史 続き飛躍的進歩1781年、動物に関する最初の法律が成立した。ロンドンのスミスフィールド・マーケットの牛の扱いに関する法律である。1786年には屠殺のライセンスを要求する法律ができた。また法律化はしなかったが1800年に闘牛を禁止する書類も国会の議事録の中に見られる。1822年リチャード・マーティンによる牛の取り扱いに関する虐

    続きを読む
  10. 動物保護活動の基礎的理念

    RSPCA Young Photographer Awards 2011: Will Nicholl (16 years old)イギリスの動物愛護の歴史 最も重要なことであるが、動物保護の歴史を見れば、それが社会の変化、政治、文化そして経済と切り離して考えることはできないということである。国によって歴史的見地が違うかもしれないが、イギリスは動物保護に関しては一番長い歴史があり、その動きはヨーロッパや北米の動きの歴史と並行している。動物に対する人間の態度 1500

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る