啓蒙記事

  1. 「これを着るだけで保護犬の啓発活動ができるTシャツ~愛知県」

    【保護犬を家族に】 この言葉、犬猫の現状を知る人たちには当たり前の言葉になっていますが これをたくさんの方々に知ってもらいたくありませんか? 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 保健所に収容された犬猫を助けたい。 でも自分には引き出して家族になってあげる事ができない。 引き出して里親さんを探してあげたいけど活動できる時間の余裕もない。 活動団体のボランテ

    続きを読む
  2. 「さすがプーチン大統領~ロシアで動物のコロナワクチン接種開始」

    さすがプーチンさんと言うべきなのか? ロシアでは動物たちにもコロナウイルスのワクチンの接種を 始めたそうです。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ロシアのプーチン大統領は犬好きという事は有名です。 4年前の65歳の誕生日にトルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領から お祝いにと犬をプレゼントされた時の様子を見ると 本当に犬が好きなんだという事がわかり

    続きを読む
  3. 「2度も保健所に収容された老犬~徳島県」

    この仔はもう12歳の老犬(大型犬) 保健所に2度も収容されました。 飼い主も心臓疾患があったようですが 一度目は迷子になったのか?新聞で収容されてる事がわかり 引取ましたが・・・・・・・・。 その約2年後 2度目は飼い主自らが飼育放棄で徳島県動物愛護管理センターに収容されたのです。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 徳島県動物愛護管理センターの収容情報の

    続きを読む
  4. 「ねえ だっこして」

    「ねぇだっこして」 竹下文子・文 田中清代・絵 出版社: 金の星社 ねえだっこして [ 竹下文子 ] 犬猫達と一緒に暮らすという事は その生命に最後まで責任を持たなければなりません。 それは当然の事です。 離婚したから 子供ができたから と棄てられる犬猫も少なくありません。 人間の子供ができても 今までと同じように暮らす家族も多いです。 でも、この絵本の猫の様に切ない想いをする犬猫もいます。 犬猫も家族と思う方

    続きを読む
  5. 「保健所の職員になった収容犬メタル~宮崎県」

    まだ宮崎県だけで年間1万頭以上の犬を殺処分していた1996年 1頭の犬が収容されました。 当時、宮崎県では3日過ぎたら殺処分されてしまったそうです。 今の様にインターネットも普及してない時代 収容された事すら知られる事はなかったのでしょう。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); たまたま、しつけ教室のモデル犬を考えていた時だった為 子犬だった、その犬は運良くモデ

    続きを読む
  6. 「小泉環境大臣が予算委員会で「保護犬、保護猫の選択肢を」と訴える」

    環境省の小泉大臣が予算委員会の場で 「保護犬、保護猫の選択肢を」と訴えてくれました。 さすがと言うべきなのか? よくぞ言ってくれました。 公の場で環境省の大臣が保護犬猫の事を議題にしたのは 初めてではないでしょうか? 国会議員の中にも犬猫を飼ってる人はいるでしょう。 でも、ここまで言う人はいないと思います。 こんな一つ一つの行動が社会を動かす原動力になるのだと思います。 私達個人がいろいろな場所で何度言

    続きを読む
  7. 「虐待に遭っていた超大型犬と野良猫のやさしい絆~北海道」

    札幌市北区にある老犬介護施設の「逢犬はうす」 ここでは主に老犬になって介護が必要な犬たちを有料で預かっています。 (通常のちょっとした一時預かりも受けています) その他にボランテイアで保健所の犬たちなども引き取って 面倒を見ています。 その中で飼い主の虐待に遭っていた所をレスキューした超大型犬テイアと 野良だった猫タマちゃんの暖かい物語がありましたので ご紹介します。 2017年9月飼い主から虐待を受けてい

    続きを読む
  8. 「猫の外飼いは危険な事しかありません」

    外猫は自由で良いな・・・・・・・・ という言葉を今日もみました。 本当にそうですか? 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); それはたまたま、ひなたぼっこをしている猫を見ただけじゃないですか? 最近、まだ猫ブームなのか外猫の写真を撮って 癒やされると写真を掲載する方が多いです。 本当に真実を知ってますか? 未だに外飼いする飼い主も居ます。 猫の本能で外で狩

    続きを読む
  9. 「環境省の数値基準は本当に妥当なのか?」

    環境省が来年(2021年)6月から施行する数値基準。 たくさんの方々が関わってこの数値基準が実現するのは 評価できる事だと思います。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ただ、内容を見るとこの数値は本当に妥当なのかどうか? ちょっと疑問に思いました。 1頭に対して1日に世話する時間が約30分を基準にしています。 で、一人が世話できる頭数が20頭までと。 実は

    続きを読む
  10. 「保護犬たちを家族に迎えてもらう為の曲をリリースしたい」

    シンガーソングライターの木村友美さん。 2017年にメジャーデビューしている方が保護犬たちを家族に迎えてもらう為の曲を 世の中に発表したいとクラウドファンデイングに挑戦しています。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 木村さんは2頭の愛犬を看取った経験を元に作ったオリジナル曲を音源化して リリースして飼育放棄などで辛く悲しい思いをしている犬や猫たちがいるこ

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る