虐待

  1. 「田んぼの中で、ある日突然口から泡を吹いて倒れていた犬~岡山県倉敷市」

    真実はまだわかりません。 ただ、この仔は田んぼの中で 生きてきた犬です。 ↑写真出典元:フェイスブック http://bit.ly/2VhVmCU 人慣れしていないようで 近々、保護しようとされていた犬です。 近所に危害を加えた事もありません。 ただただ、このたんぼの中に居たそうです。 ある日、突然口から泡を吹いて 倒れていたそうです。 現在(5月5日)事実確認をしている段階ですが 自然な出来事でない事だけは確かです。 《ス

    続きを読む
  2. 「子犬工場、繁殖業者の不起訴は「不当」と福井検察審議会が発表~福井県」

    昨年3月に福井県の繁殖業者が 虐待とされる動物愛護管理法違反で 告発され後に不起訴となった判決に不服とし 福井地検審査会に再審請求を提出していた事件は 「不起訴」=「不当」という判断を出しました。 ↑写真出典元:福井新聞 http://ur0.work/WiIn これによって再度捜査、審議される見通しです。 通常、裁判によって判決が出された場合 その判決に不服であれば原告側は 各裁判所の審査会に最新請求を提出できます。 今

    続きを読む
  3. 「法律で使用禁止のトラバサミを引きずったまま彷徨っていた犬~熊本県」

    2019年1月21日 熊本県宇城保健所に収容された犬は トラバサミをぶら下げたままゴルフ場で 保護された犬でした。 ↑写真出典元:フェイスブック http://ur0.link/XxtQ トラバサミの使用は平成19年4月から 基本的に禁止されています。 (害獣と言われる動物の捕獲の場合も同じ) 環境省 https://www.env.go.jp/nature/choju/capture/pdf/capture2-1.pdf もし犬猫に掛かった場合は 例え狩猟免許を持ち許可されていたとしても 動物

    続きを読む
  4. 「100羽以上も眼球えぐられたり頭蓋骨が露出したまま棄てられる闘鶏の軍鶏~沖縄県」

    沖縄では昔からテレビもない時代 娯楽のために闘鶏が行われていました。 そして今もそれは行われています。 日本では未だ5都道県のみしか禁止されていません。 イギリスでは200年も前に禁止されています。 命どぅ宝(ぬちどぅたから)という沖縄語があります。 「命こそ宝」という意味です。 反戦平和運動のスローガンだそうですが 人の命だけですか? 人間の娯楽のために戦わされ 戦えなくなったら、あちこちに棄てられる。 今

    続きを読む
  5. 「子猫連れ去り&虐待男の情報提供にご協力ください~三重県鈴鹿市」

    三重県某所で撮影された動画。 2つの動画がありました。 1.2019年3月8日22時ころ 男が猫を蹴り上げてる [高画質で再生]猫を蹴り上げる男[広告] 2.2019年3月16日15時ころ 男が子猫の首にひも?を掛けて 逃げようとする子猫を引きずるように 連れ去った。 [高画質で再生]子猫を連れ去る男[広告] どちらも明らかに動物愛護管理法違反。 犯罪です。 警察に届けは出されましたが 多くの方の協力も必要です。 情報元の方はフェ

    続きを読む
  6. 「相模原市河川敷:猫毒殺の男が書類送検~神奈川県」

    神奈川県相模原市の河川敷で 昔から猫が嫌いだった男が 農薬入のフードを猫に食べさせて 毒殺したいた。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); わかっただけでも5頭。 警察がネットの書き込みを分析して 自宅を家宅捜索。 男のパソコンなどを押収して 調べたところ犯行の様子などの 写真が残っていたそうです。 調べに対し男は昔から猫が嫌いだったと 犯行を認めました。 ↑

    続きを読む
  7. 「地域猫がエアガン?で撃たれて亡くなる:他にも虐待が・・・~千葉県」

    地域猫に指定されている千葉県内の公園で エアガン?で打たれた地域猫を保護。 銃弾を摘出手術をしたものの回復せず亡くなったそうです。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 千葉県のこの公園では最近連続して 猫が虐待に遭う被害があったそうです。 虐待は犯罪のポスターを設置しましたが 効果はないそうです。 ↑写真出典元:千葉日報社  http://bit.ly/2SfGvmn ポス

    続きを読む
  8. 「朝日新聞が外猫を害獣扱い!動物愛護管理法に反する記事を掲載」

    2018年12月17日 朝日新聞 科学の扉にて 「有害生物駆除に死角あり エサ場見逃し繁殖/別の生物増える場合も」 という記事を掲載されました。 https://www.asahi.com/articles/DA3S13815107.html 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この記事は外猫の現実を何も知らない記者が 外猫を害獣扱いして、餌を与えるべきではないという内容です。 ↑写真出典元:人と猫の共生を

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る