資金集めは楽しい

  1. レスキュー犬だらけ

    2017年5月14日ロンドンでは非常に珍しい快晴の下レスキュー犬保護団体の資金集めのお祭りが開催されました。場所はハムステッド公園実にたくさんのお客さん犬たちも訪問しましたが、ほぼ全犬レスキュー犬だったようです。しかし出店の数が客数に比べてちょっと少なかったかな。メインの開催団体はALL DOG MATTERSおじさんのお腹。。。。カラフル・グッズ販売定番の手作りケーキこのボールの海は大型犬には大人気小型犬は埋まってし

    続きを読む
  2. 大の男が号泣するとき

    photo by Phillip Morris「(大の男が号泣するとき」より皆様 電子書籍 「大の男が号泣するとき」をお買い上げくださり、本当にありがとうございました。2015年12月から2016年6月まで90ポンド(約一万3千円)、アマゾンから入金されました。今回は神奈川県動物保護センター建設資金へ一万円そして残りを少し足して50ポンド台湾の The PACK Sanctuaryへ寄付させていただくことにしました。これから7月から12月

    続きを読む
  3. 自分に出来る事を出来る範囲で

    かなり昔の記事ですが、英国人のチャリティ精神の根っこが理解できる興味深い視点だと思っていてずっと保管しておりました。イギリス在住の笹川真理子氏の「広く根を張るイギリス人のチャリティー活動」趣味というのは仕事以外のひまな時間を自分のために使うものと思いがちですが、英国任の中には暇がないようにしているか、あるいは他人のために暇な時間を使う人が結構多いのに気がつきます。少々話が脱線して見えますが、英国人

    続きを読む
  4. 大の男が号泣するとき 経過ご報告 1

    動物支援の電子書籍「大の男が号泣するとき」12月から2月までのロイヤルティがアマゾンから入金されました。何と何と64ポンド37ペンス!日本円にすると10、210円!一冊400円、約2.5ポンドの値段で、売り上げの25%をアマゾンに収めた後というのを考えると、3か月でこんなに買っていただきました。すごいです。皆様のおかげです。とても嬉しいです。ロングセラーと考えて、もう少しお金を積み立てていきます。

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る